西郷信吾(従道)/錦戸 亮さん

隆盛の弟

西郷さいごう従道じゅうどう
錦戸にしきど りょう

西郷家の三男。血気盛んな性格で、有馬新七ら過激な藩士たちと伏見の寺田屋に潜伏し京都所司代暗殺を謀る。2度目の島流しから召還された兄・隆盛に従い、戊辰戦争に従軍。明治新政府となると、西郷は大久保らと袂を分かつが、従道は明治政府に残り“西南戦争”で兄を追い詰める側に立つ。