桐野利秋・大野拓朗さん

元薩摩藩士

桐野きりの 利秋としあき
大野おおの 拓朗たくろう

貧乏郷士の家に生まれるも独学で剣術を極め「人斬り半次郎」として恐れられる。能力で人を登用する西郷に心酔し、幕末の動乱の中、西郷の右腕となり薩摩藩の中核として存在していく。後年は、桐野利秋と名乗り、日本最初の陸軍少将となる。西郷が下野するとき、桐野も鹿児島に帰り、最期は西郷と共に西南の役で死す。