川路利良・泉澤祐希さん

元薩摩藩士

川路かわじ 利良としよし
泉澤いずみさわ 祐希ゆうき

薩摩藩士で後に日本の初代警視庁大警視となる。その生真面目な仕事ぶりや人柄を西郷に愛され大抜擢され、戊辰戦争での働きが認められ、警察をまかされる。頑固で人を簡単に信用しない男だった。西郷と大久保がたもとを分かつ中、新政府に残り、大久保の右腕となる。後に「西郷暗殺の刺客を送った男」と言われることに。