相関図:第1週〜
相関図:第1週〜
相関図:第1週〜

登場人物

  • 西郷吉之助(隆盛)/鈴木亮平さん(子ども時代:渡邉蒼さん)

    西郷さいごう吉之助きちのすけ(隆盛たかもり)
    鈴木すずき亮平りょうへい

    薩摩の貧乏な下級武士の家に生まれた大家族の長男。唯一無二の魅力あふれる人柄で、とにかく男にも女にもモテた。どんなときも困った人を放っておけない、ちょっと迂闊(うかつ)で心優しき熱血漢。カリスマ藩主・島津斉彬に見いだされ密命を帯びるが、幕府に追われ、南国奄美に島送りとなる。しかし、そこには運命の出会いが待っていた。

    子ども時代(小吉)
    渡邉わたなべ あお

  • 西郷満佐/松坂慶子さん

    吉之助の母

    西郷さいごう満佐まさ
    松坂まつざか慶子けいこ

    男だったら家老になったと言われる肝っ玉母さん。貧乏でも明るく、子どもたちに愛情を注ぐ。「子どもは藩の預かり物」と考え、西郷を芯の通った男に育てようと愛をもって厳しく教育する。西郷の深い愛と胆力は母譲り。

  • 西郷吉兵衛/風間杜夫さん

    吉之助の父

    西郷さいごう吉兵衛きちべえ
    風間かざま杜夫もりお

    西郷の父。どちらかと言えば、ダメ親父。次右衛門とは、何かとケンカになる犬猿の仲。そろばん片手に会計係の仕事を細々とやっているが、実は若いころ、剣の腕がすごかったらしい!?西郷の優しさと人間味は父譲り。

  • 西郷琴/桜庭ななみさん(子ども時代:栗本有規さん)

    吉之助の妹

    西郷さいごう こと
    桜庭さくらばななみ

    西郷家の長女、吉之助の妹。何かとトラブルを起こす兄にあきれながらも、幼い弟妹の面倒を引き受け、家計のやりくりに奔走するしっかり者。嫁入りしても何かと西郷家を気にかけ、兄を慕い、支え続ける。

    子ども時代 栗本くりもと有規ゆき

  • 西郷吉二郎/渡部豪太さん(子ども時代:荒井雄斗さん)

    吉之助の弟

    西郷さいごう吉二郎きちじろう
    渡部わたべ豪太ごうた

    西郷家の次男。兄の波乱の生涯の裏側で、貧乏に追い込まれる西郷家を、兄に成り代わり、一家の大黒柱として支える。畑仕事や内職にいそしむギリギリの生活ながらも、西郷の熱い思いを理解し、家族を守る優しく実直な弟。

    子ども時代 荒井あらい雄斗たけと

  • 熊吉/塚地武雅さん

    西郷家の使用人

    熊吉くまきち
    塚地つかじ武雅むが

    西郷家に親子代々仕える使用人。西郷が生まれたときからその成長を見守り、貧乏な西郷一家を支え続けた。幕末の動乱の中、江戸へ京へと西郷に従い、西南戦争では西郷の息子を戦地から救出。義理人情に厚い男で、生涯、西郷に尽くす。

  • 西郷龍右衛門/大村 崑さん

    西郷家の祖父

    西郷さいごう龍右衛門りゅうえもん
    大村おおむら こん

    吉之助の祖父。涙もろく物静かで温厚だが、侍としての矜持(きょうじ)は忘れない。息子の吉兵衛はいまひとつ出世できなかったことを不甲斐なく思い、孫の小吉(吉之助)の成長を楽しみにしている。

  • 西郷きみ/水野久美さん

    西郷家の祖母

    西郷さいごうきみ
    水野みずの久美くみ

    吉之助の祖母。貧しくてもたくましい西郷家のゴッドマザー。自慢の嫁・満佐が生んでくれた小吉(吉之助)は、鹿児島城下に敵無しと言われた西郷家の先祖「無敵斎様」の生まれ変わりだと信じている。

  • 西郷従道/錦戸 亮さん

    吉之助の弟

    西郷さいごう従道じゅうどう
    錦戸にしきど りょう

    西郷家の三男。血気盛んな性格で、有馬新七ら過激な藩士たちと伏見の寺田屋に潜伏し京都所司代暗殺を謀る。2度目の島流しから召還された兄西郷に従い、戊辰戦争に従軍。明治新政府となると、西郷は大久保らと袂を分かつが、従道は明治政府に残り“西南戦争”で兄を追い詰める側に立つ。