番組活用3ポイントチェック

中橋 雄 教授

番組活用3ポイントチェック

中橋 雄  武蔵大学教授

プロフィール:1975年生まれ。武蔵大学社会学部メディア社会学科教授。日本教育メディア学会理事。専門分野は、教育工学、教育の情報化に関する実践研究、メディア・リテラシー論。

番組活用3ポイントチェック

中橋 雄 教授

中橋 雄
武蔵大学教授

プロフィール:1975年生まれ。武蔵大学社会学部メディア社会学科教授。日本教育メディア学会理事。専門分野は、教育工学、教育の情報化に関する実践研究、メディア・リテラシー論。

NHK for Schoolは、「上手に」活用することで、教育の質を大幅に高めることができます。ここでは、そのポイントを3ステップに整理しました。これらを意識して、授業力をアップさせましょう。

ポイント1 番組を選ぶとき

教材研究・授業デザインの効率を高めてみましょう

教材研究・授業デザインの効率を高めてみましょう

NHK for Schoolには、さまざまな番組・動画クリップが準備されています。教科・単元に直接対応したものもあれば、これからの時代を生きる人々に必要な能力を育むことを目的としたものもあります。大人が見ても楽しくて、ためになるものばかりです。まずは、授業と関係なくさまざまな番組のページを閲覧してみてください。授業で活用するアイデアがどんどん湧いてくるはずです。

次に、授業で使うことを想定して番組を選択し、年間ラインナップのタイトルから授業との関連を判断します。「あらすじ」を読めば、10分番組を10分間視聴しなくても内容を把握できます。番組によっては指導案やワークシートなども掲載されているため、それを参考にすることができます。こうした情報を活用すると、教材研究・授業デザインの効率を高めることができます。

ポイント2 番組を見せるとき

子ども目線で学習環境をチェックしてみましょう

番組を見せるとき、学習者である子どもの目にはどのように映っているのか、その目線から感じとり、学習環境を整えましょう。例えば、テレビの画面に太陽光や蛍光灯の光が反射して見えにくいということはないでしょうか?それは、照明を消したり、遮光カーテンを閉めたりすることで改善できるでしょう。

テレビとの距離や角度はどうでしょうか。画面に表示される小さな文字が、テレビから離れた席の子どもにも見えやすいかどうか確認して、見やすい位置への移動を促すことも有効です。同様に音量が適切かどうかも事前に確認しましょう。また、内容に対する子どもの反応を確認することも重要です。集中しているか、楽しんでいるか、疑問を持った表情ではないかなどを確認しておくと、視聴後の活動をどう展開するのがよいかが見えてきます。

ポイント3 番組を見せた後

子どもの発言を基に授業を組み立ててみましょう

番組を見せた後には、さまざまな授業展開が考えられますが、番組活用を始めたばかりの方にもお勧めの方法を紹介したいと思います。まずは、どんなことでもかまわないので番組の感想を発言させます。本時の目標に関わらない感想も出ると思いますが、できるだけ発言を募り、板書をまとめましょう。その中から学習の目標に関する発言に着目させ、本時の目当てに重ね合わせていきます。

学習者が自分で気付いたことから深めていくことで、学習意欲を高めることができます。番組は年間を通じて継続視聴していくことが重要です。回数を重ねるごとに、学習者は番組の構成や授業展開に慣れていきます。初めは発言できなかった子どもも、視聴態度や考え方を身につけていくことで、発言ができるようになっていきます。学級全体で学びを深めていく授業に、ぐっと近づいていくことでしょう。

ページの先頭へ