ドレミノテレビ ドレミノテレビって? ううあとうたおう CD・DVDについて ドレミノゲーム もどる

ドレミノテレビって?
いめーじ 番組のねらい
 

『ドレミノテレビ』は、2003年4月から2005年3月まで放送されていた、小学1・2年生むけ音楽の教育番組です。
音楽がいかにいきいきと楽しいものなのかという音楽の本質を感じることや、歌や楽器の演奏によって自己開放・自己表現の素晴らしさを知るということを、ねらいとしています。

 
 
   
出演
ううあ(UA・歌手)/ともとも(山口とも・打楽器奏者)/はるはる(木南晴夏)/ドレミノコドモ
 
     
     
いめーじ 番組の内容  
  『ドレミノテレビ』は、音楽を楽しむためのいくつかのコーナーで構成されます。  
 
   
こんげつのうた
こどもたちがよく知っている歌や、世代を越えて伝えたい名曲を、ううあやこどもたちが楽しくうたってくれます。
   
ドレミノアソビ
  教室で簡単に取り組める音楽あそび。歌う、聴く、演奏する、身体を動かすなどのさまざまな音楽体験を通して、こどもたちの瑞々しい感性を養い、音楽によるコミュニケーションの楽しさを実感してもらうことを目指しています。年間を通じて「リズム・旋律・強弱・速度・音色・和音や和声・拍の流れやフレーズなど」音楽を構成する要素を網羅し、それらを系統的に楽しく体験できるようなプログラムになっています。
   
ドレミノゲスト
  一流のアーティストが登場し、世界各地のいろいろなリズムやめずらしい楽器の演奏を聴くことができるコーナー。
   
ドレミノソング
  こどもたちに親しみのある歌を、レギュラー出演者のみなさんとこどもたちが元気に歌います。
 
     
     
いめーじ ラインナップ
 
  タイトル ねらい
1 つなぐ 音楽にのって身体を動かす楽しさを味わう。
2 まねる リズムや動きを真似て、リズム遊びを楽しむ。
3 のびる 身体表現を通して、音の高低がだんだん変化する様子を感じ取る。
4 あるく リズムにのって歩く楽しさを味わう。
5 うごく いろいろな楽器の音を聴き、音にはさまざまな響きがあることに気づく。
6 ささやく 音の強弱に気づいて、楽器を使ってリズム問答を楽しむ。
7 きく 楽器の音色の違いを聴き分けて、楽しく遊ぶ。
 
 
8 はずむ 音楽を聴いたり歌ったりして、リズムにのって弾む楽しさを感じる。
9 たたく 身の回りの物を使って、いろいろな音を表現する楽しさを味わう。
10 うたう 音を言葉で表現する楽しさを味わいながら、言葉の持つリズムに気づく。
11 きえる 遊びを通して音の響きに耳を傾け、音をじっくり聴く気持ちを育てる。
12 ゆれる いろいろな音の揺れを感じよう。
13 あがる 音の高低の変化を、楽しみながら体験することで、階名に興味を持つ。
14 おいかける 歌やリズムで、追いかけっこする楽しさを味わう。
15 まわる リレー遊びなどを通して、音やリズムの流れにのる心地よさを味わう。
 
 
16 つくる 身の回りにあるものを使って、手作り楽器の音楽を楽しむ。
17 かさねる 異なったリズムを重ねることで、新しい表現が生まれることを感じる。
18 こねる 粘土などを使って、音のイメージを形で表現する。
19 やぶる 新聞紙などを使って、即興的に音楽を作って表現する。
20 ひろがる 1年間の番組で紹介してきた「ドレミノアソビ」を振り返り、心と身体で音楽を楽しむ。
 
     
     
いめーじ
スタッフ 番組委員  
 
 
ドレミノアソビ この番組の企画にあたっては、次の方がたのご協力を得ました。(50音順)
  石丸由理 PIRAMI
  東京都板橋区立加賀小学校教諭 石上 則子
  ユリ・リトミック教室主宰 石丸 由理
  日本女子大学講師 伊藤 俊彦
  国立音楽大学教授 繁下 和雄
  文部科学省教科調査官 高須  一

 
振付
  珍しいキノコ舞踊団
 
美術
  Q-con
 
衣装
  北村道子
 
ヘアメイク  
  市川土筆 牧田健史    
     
タイトル映像
  生西康典 掛川康典 せきやすこ    
       
タイトル音楽
  ククナッケ    
       
サブタイトル
  タケイグッドマン(#1〜#7)
   
     
構成協力
  大桶真(#1〜#10)    
 


NHK ネタブラカタブラ 学校放送ONLINE ヘルプ お問合せ Copyright 2003 NHK(JAPAN BROADCASTING CORPORATION)All rights reserved. 許可なく転載を禁じます