2017年06月07日 (水)「香川照之の昆虫すごいぜ!」2本まとめてアンコール放送 (6/10)


170607ko1.jpg

俳優の香川照之さんの昆虫への愛を熱く語る姿で話題沸騰の 香川照之の昆虫すごいぜ! 。アンコール放送を希望する多くの声におこたえして、2本まとめて放送します!見逃してしまったという方、もう一度見たいという方、要チェックですよ!
クレーンにつり下げられてトノサマバッタのジャンプ力のすごさを体感するなど、体当たりで昆虫のすごさを伝えていく香川さん。これを見たら、きっとあなたも昆虫のことをもっと知りたくなる!

 170607ko2.jpg

香川照之の昆虫すごいぜ!

「1時間目 トノサマバッタ」
〈 Eテレ 10 (土) 午後4:00~4:30 〉

「2時間目 モンシロチョウ」
〈 Eテレ 10 (土) 午後4:30~5:00 〉

番組ホームページ では、番組の動画を公開しています。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:20 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック (0)

2017年06月06日 (火)NHKスペシャル「ニッポンの家族が非常事態!? 第1集 わが子がキレる本当のワケ 」 (6/10)


170606nsp1.jpg

2016年1月と3月に放送した NHKスペシャル「ママたちが非常事態!?」では、「母親たちが子育てに苦しむ本当の理由は人類の進化にある」というメッセージを伝えて大反響を呼びました。そこで再び最新科学で、ニッポンの家族の問題に斬り込みます!

10(土)に放送する NHKスペシャル「ニッポンの家族が非常事態!?第1集 わが子がキレる本当のワケ」のテーマは、「思春期の異変」です。
最近思春期の子どもたちに“うつ”や自殺、いじめなどが増加し、社会問題になっています。その原因を最新科学で探ると、人類が進化の過程で獲得した「特別な仕組み」が深く関わっていることがわかってきました。

かわいかったわが子が急に反抗的になり、親を戸惑わせる思春期。一見厄介に思える行動ですが、人間が高度に脳を発達させるうえで、極めて重要な意味を持っているのです。しかし現代では子どもを取り巻く社会環境が急速に変化し、思春期特有の脳の働きが子どもたちを追い詰めていることが明らかになります。番組では、インターネットなどが思春期の子どもに与える思わぬ影響にも、科学的な実験を交えて迫っていきます。

170606nsp2.jpg

170606nsp3.jpg

NHKスペシャル「ニッポンの家族が非常事態!? 第1集 わが子がキレる本当のワケ 」
< 総合 10(土) 午後9:00~9:49 >
NHKスペシャルTwitter :@nhk_n_sp  

※翌日に第2集を放送します。
「ニッポンの家族が非常事態!? 第2集 妻が夫にキレる本当のワケ 」
< 総合 11(日) 午後9:00~9:49 >

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:30 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年06月02日 (金)学校の先生 やはり忙しい


170602hayakawa.jpg

 小中学校の先生の勤務実態について、文部科学省が10年ぶりに行った調査結果がまとまり、前回に比べて勤務時間が大幅に増えていることがわかりました。

■ 調査の結果は

 10年前の前回と比べて、小学校の場合、勤務時間が平日で43分、土日で49分増えています。土日については、時間数にして、前回の3.7倍にまで増えています。また、中学校の場合は、平日で32分、土日は1時間49分と大幅に増えています。土日については、こちらも時間数が2.2倍に増えています。今回の調査で、学校の先生の多忙化に一層拍車がかかっていることが裏づけられた格好です。
 この調査は学校の先生の長時間勤務が社会問題になっている中で、実態を調べるために文部科学省が10年ぶりに行ったものです。全国の小学校400校と中学校400校を対象に行い、合わせて796校およそ2万人から回答を得ました。今回は、去年(2016年)10月から11月にかけての7日間の勤務実態についてまとめたものです。

■ どれぐらい忙しいのかというと

 1週間の勤務時間数を厚生労働省が示している「過労死ライン」と比較してみると、そのラインを超えている先生が、小学校で33.5%、中学校で57.6%にのぼっています。この「過労死ライン」は、1か月でおおむね100時間を超えるか、2か月から6か月間の1か月の平均がおおむね80時間を超えた場合を言います。この調査に当てはめてみますと、週20時間以上の残業をした先生が、この先も同じペースで働き続けた場合、過労死ラインを超えることになります。そうでなくても、1週間の時点で、すでに40時間を超えた先生は、中学校では、8.5%とおよそ12人に1人の割合にのぼっていて、本来の勤務時間の2倍以上という働き過ぎの状態になっています。

■ どうして忙しいの?

 今回の調査では、業務内容ごとの増減を調べています。平日は、小中学校とも授業と授業の準備にかける時間が最も増えていて、小学校では35分増えています。これは、前回の調査の後、学力低下の批判にこたえるためとして、学習指導要領が改訂され、理科と算数・数学を中心に2009(平成21)年から授業時間数が増やされたことが影響しているとみられます。一方で、生徒指導にかける時間が小学校で平均16分、中学校で8分短くなっているのが気になります。事務的な作業の時間は減っていませんので、授業と事務的な作業に追われて、授業以外で子どもたちと向き合う時間が少なくなってきていることを示しています。

【続きを読む】

投稿者:解説委員 | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:早川解説委員の教育コラム | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年05月31日 (水)NHKスペシャル「私たちのこれから #子どもたちの未来」 (6/4)


170531nsp1.jpg

NHKスペシャル「私たちのこれから」は、専門家や市民による徹底討論で、日本の課題と解決策を考えていくシリーズです。6/4(日)は、深刻化する子どもの貧困について考えます。

今日本では、子どもの6人に1人、およそ300万人が、国が基準としている“貧困ライン”(一人世帯122万円未満)以下で暮らしているといわれています。この状況を放置すると、子どもたちの教育や成長に著しい影響を及ぼすだけでなく、社会全体にも大きな損失を及ぼすという試算もあります。
すべての子どもたちが未来に可能性と希望を持てる社会にするにはどうしたらいいのでしょうか。番組では、国をあげて対策に乗り出したイギリスの取り組みやノーベル賞を受賞した経済学者の最新研究などをもとに、専門家と市民が徹底討論。いじめをノックアウト のMCを務める高橋みなみさんも参加し、議論を深めていきます。

★視聴者の皆さんは、2つの方法で番組に参加できます。いただいたご意見は、生放送で番組に反映していきます。

① 番組の中で「気になる」意見や内容に、テレビのリモコンのDボタンを押して投票してください。視聴者の皆さんが議論の中で、どの意見に共感したのかなど、生放送中に振り返ります。

②「質問・意見大募集」
番組では、視聴者の皆さんからの質問や意見もインターネットで募集します。
・番組ホームページ
NHKスペシャル「私たちのこれから#子どもたちの未来」 ホームページ 
・Twitter(ツイッター)
番組Twitter :@nhk_ourfuture  ハッシュタグ :#子どもたちの未来

子どもたちの未来のために、私たちにできることは何か、みんなで一緒に考えましょう!

170531nsp2.jpg


NHKスペシャル「私たちのこれから#子どもたちの未来」
< 総合 6/4(日) 午後9:00~9:59 >

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:30 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年05月30日 (火)「夏休み子ども文芸」で、小・中・高校生のみなさんの作品を募集中!


170530natsu.jpg

ラジオ番組 夏休み子ども文芸 では、ただ今全国の小・中・高校生のみなさんの短歌と俳句、川柳を募集中です!

〈短歌〉
お題「自由題」
選者・・・穂村弘さん(歌人)
締め切り・・・7/26(水)

〈俳句〉
お題「麦茶」「夏の蝶」
選者・・・大高翔さん(俳人)
締め切り・・・7/19(水)

〈川柳〉
お題「力 (ちから・りょく)」
選者・・・やすみりえさん(川柳作家)
締め切り・・・8/19(土)

それぞれの作品は、1人3首または3句までです。
送り先や応募方法など、詳細は 夏休み子ども文芸ホームページ をご覧ください。

なお、番組は、〈俳句〉は7/29(土)〈短歌〉は8/5(土)、川柳は8/26(土)の午前11:05にラジオ第1で放送する予定です。

あなたの作った短歌や俳句、川柳が紹介されるチャンスです!すてきな作品をお待ちしています。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:おしらせ | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年05月25日 (木)小学校理科専科の先生が語る!新コンテンツ「りかまっぷ」のおすすめ活用法


170525rika1.jpg

NHK for School に、新コンテンツ りかまっぷ が登場しました!
りかまっぷ は、小学校理科・中学校理科の学習指導要領をテキスト解析し、学習項目どうしのつながりを構造化・可視化したものです。
早速、筑波大学附属小学校の辻健(たけし)先生が「子どもの学びにたいへん役立ちます!」という声を寄せてくださいました。りかまっぷ は、先生の立場から見てどう役に立つのでしょうか。辻先生に詳しくお話を伺いました。

★ まず、まっぷ全体を眺めてみましょう!

――辻先生は小学校で理科を専門的に教えていらっしゃいますね。理科の先生から見て、りかまっぷのどんなところが役立つと感じたのですか?

まず、まっぷ全体のデザインにぐっと来ましたね。まっぷ上には空や山などが描かれていて、その上にさまざまなカプセルが散りばめられています。よく見るとその一つ一つに、小・中学校で学ぶ理科のテーマが描かれています。
これを眺めていると、「台所にこんなにカプセルがある。台所って理科が関係しているんだな」といったように、自分の生活と理科を結びつけることができます。私はいつも、理科は教室の中で勉強するだけでなく、それを生活に結びつけるようにしたいと思っているので、いいなと感じました。
そして、いろいろな学年のカプセルがごちゃまぜになって散らばっていることで、学年の壁を越えて理科をとらえることができるのもいいですね。

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:デジタル教材情報 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年05月24日 (水)ETV特集 「"いるんだよ"って伝えたい~横浜・特別支援学級の子どもたち~」(5/27ほか)


170524etv1.jpg

今回の ETV特集 では、神奈川県横浜市にある小学校に密着します。
この学校の「個別支援学級 (特別支援学級)」では、発達障害などさまざまな理由で助けを必要とする子どもたち一人ひとりに、担任の先生が寄り添って指導をしています。ここで落ち着き、自己肯定感を育む子どもたち。次の大きなステップは、一般学級の授業に参加する「交流」の活動です。

番組では、個別支援学級の6年生の女の子と3年生の男の子を見つめます。
大勢の中だと極度に緊張して話せなくなってしまう男の子。自分の感情をコントロールするのが苦手な女の子。でも二人とも心の中では、友達と仲よくなりたいと思っています。

支援学級の子にとって、大勢と過ごす交流は、簡単なことではありません。コミュニケーションが苦手なため、みんなの輪から離れて過ごす日が続きます。一般学級の子どもたちも、どう接したらいいか戸惑っている様子。

そんな中で起こったある出来事をきっかけに、先生たちは、子どもたちの心の壁を取り払いたいと、全校をあげて心の授業を行うことを決めました。こうした学校全体の動きの中で、子どもたちが少しずつ変わっていきます。

特別支援学級と一般学級の交流の難しさは、どの先生も少なからず感じたことがあるのではないでしょうか。ETV特集 「“いるんだよ”って伝えたい~横浜・特別支援学級の子どもたち~」では、両者の心の壁に向き合う先生たちの奮闘ぶりと、子どもたちが成長する姿を描きます。この番組が、支援学級と一般学級の双方の先生にとって、子どもたちがお互いを認め合って過ごせる環境などについてご自身の学校をあてはめて考える、そのヒントやきっかけになれたらと願っています。

170524etv2.jpg

ETV特集 「“いるんだよ”って伝えたい~横浜・特別支援学級の子どもたち~」
< Eテレ 27 (土) 午後11:00~11:59 >
< Eテレ 6/1 (木) 午前0:00~0:59 > = 5/31(水) 深夜

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:10 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(4) | トラックバック (0)

2017年05月23日 (火)仲間と一緒にいじめを減らす「LINKプロジェクト」に、参加しませんか?


170523link1.jpg

いじめをノックアウト  は、「たかみな」こと歌手の高橋みなみさんと、いじめについて考える番組です。この春、いじめを減らすために立ち上がる学生を応援する「LINKプロジェクト」を始動。いじめを減らすアイデアを実現させるために動きたい!でも仲間がいなくて心細い・・・と思っている、小学生から大学生、専門学校生までの方を募集します。

まずは、番組のホームページに具体的なアイデアを送ってください。同じ思いを持つ仲間と結びつけ、そのアイデアの実現化に向けて応援していきます。

例えば
「ホンネを書けるいじめアンケートを作りたい」
「友達に『いじめだよ!』と言葉以外で伝えるツールを作りたい」
「いじめで苦しんでいる人が相談できるアプリを作りたい」
といったアイデアがあったらぜひ投稿してください。

また、「アイデアは思いつかないけど、参加したい!」という方も大募集しています。

このプロジェクトの取り組みの様子は、8月に放送予定の特集番組 いじめをノックアウトスペシャル 第10弾 で紹介する予定です。

「いじめを減らしたい!」というあなたの願いは、仲間とつながることできっと形になるはず。

詳しい内容や応募方法は こちら をご覧ください。

170523link2.jpg

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:おしらせ | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年05月19日 (金)「NHK for Schoolで授業力アップ!」2017年度版更新


170519zyugyou.jpg

ウェブコンテンツ NHK for Schoolで授業力アップ! は、学校現場の先生方が、実際に授業でNHK forSchoolのコンテンツを使った実践事例を掲載しています。
各実践事例では、番組を視聴させる目的や場面、番組に関連した動画クリップの活用方法などをわかりやすく紹介。それぞれに対し、研究者によるアドバイスも載せています。

今年度は、授業実践のラインナップがさらに充実させました!
具体的には、以下のポイントです。
・幼稚園保育所向け番組の実践では、しぜんとあそぼ  ノージーのひらめき工房 の他 ミミクリーズ の実践を増やしました。
・プログラミング教育の導入で話題を集めている Why!?プログラミング の実践事例は、小学校と中学校の両方のものを掲載しています。
しまった! カテイカ 10min.ボックステイクテック など、2016年度の新番組の実践も掲載しています。

「NHK for Schoolを使ってみたいけど、どう使っていいかわからない」という先生、「いつもと違った使い方をしてみたい」という先生、ぜひご覧ください。きっと授業活用のヒントが見つかるはずですよ。

 

NHK forSchoolで授業力アップ!

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:13:40 | カテゴリ:おしらせ | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年05月18日 (木)「ウワサの保護者会」で、プログラミング教育についてわかりやすく解説!(5/20ほか)


170518uwasa1.jpg

ウワサの保護者会 は、スタジオに集まった小・中学生の保護者が、教育評論家・法政大学教授の“尾木ママ”こと尾木直樹さんと教育や子育ての悩みを語り合う番組です。今回のテーマは、プログラミング教育です。

文部科学省は、2020年度以降に実施される次期学習指導要領で、小学校でプログラミング教育を必修化する方針を打ち出しました。プログラミング教育とは、いったいどんなことをするのでしょうか?今回のウワサの保護者会は、保護者目線でプログラミング教育の内容に迫ります。

番組ではまず、スタジオに集まった小学生から高校生の“ホゴシャーズ”が、プログラミング教育についての率直な意見を出し合います。「子どもはゲームが好きだから、せっかくならプログラミングができた方がいい」というものから、「なんだか目が悪くなりそう」「今でもカリキュラムはいっぱいいっぱいなのに、他の授業を削るほど優先順位が高いの?」「小学校でやると遊びになってしまうのでは?中高に行ってからでも遅くはないと思う」というものまで、その意見はさまざま。中でも目立ったのは、「よくわからない」という声でした。

そこで番組では、なぜ今プログラミング教育が必要なのかを解き明かしていきます。
保護者の不安を解消すべく、番組では、プログラミング教育がなぜ今必要なのかを丁寧に解説していきます。
プログラミング教育は、文部科学省だけではなく、総務省や経済産業省も連携して進められています。番組では総務省の担当者に、必修化の理由を聞きました。
またスタジオに、茨城県古河市教育委員会でプログラミング教育を進めてきた平井総一郎さんをお招きし、ホゴシャーズも「コンピューターを使わずにプログラミング的思考を学べるワークショップ」を体験。プログラミング教育が行われている千葉県柏市の小学校の活動の様子なども紹介します。

プログラミング教育のねらいや内容を、保護者の本音を交えながら伝えていく24分間。新しい教育の動きに保護者はどうかかわっていけばいいか、尾木ママと一緒に考えます。

 170518uwasa2.jpg

ウワサの保護者会 「“プログラミング教育”って何?!」
〈 Eテレ 20 (土) 午後9:30~9:54 〉
〈 Eテレ 27 (土) 午後0:00~0:24 〉 (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:16:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年05月17日 (水)「しぜんとあそぼ」よりすぐりの25本を公開中!


170518sizen.jpg

NHK forSchoolのホームページで、幼児に人気のある しぜんとあそぼ をいつでも見られるようになりました!

しぜんとあそぼ は、身近な生きものの生態をじっくり見ていくことで、自然の不思議や命の輝きを感じてもらう番組です。自然と縁遠くなったといわれる子どもたちに、生きものに共感する、優しい心がはぐくまれることをねらいとしています。

NHK forSchoolでは、しぜんとあそぼセレクション として、これまでに放送した番組の中から厳選した、「つる」(写真)「くまのみ」「うま」など25本の公開を始めました。

見たいときにいつでも番組を丸ごと見られるので、とても便利です。幼稚園保育所で、学校で、ご家庭で、子どもたちと一緒にぜひお楽しみください!


しぜんとあそぼセレクション

しぜんとあそぼ
〈Eテレ 火曜日 午後3:45~4:00 〉
〈Eテレ 金曜日 午前10:00~10:15 〉 ※ミミクリーズと隔週で放送するため、ラインナップは異なります。

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:16:00 | カテゴリ:デジタル教材情報 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年05月12日 (金)「こどもにんぎょう劇場セレクション」よりすぐりの10本を公開中!


170512nin1.jpg

NHK forSchoolのホームページで、なつかしい人形劇をいつでも見られるようになりました!

こどもにんぎょう劇場 は、古今東西の昔話や名作などを、人形劇で紹介する番組です。子どもたちの豊かな感性と、すこやかな想像力を育てることをねらいとしています。
NHK forSchoolでは、これまでに こどもにんぎょう劇場 で放送したものの中からセレクトして、「こどもにんぎょう劇場セレクション」として公開しています。

現在公開しているのは、「てんぐのかくれみの」(写真)、「賢者のおくりもの」「たのきゅう」「タイムマシンのぼうけん」「かたあしだちょうのエルフ」「ハーメルンのふえふき男」「三枚のお札」「ねずみのすもう」「くもの糸」「ないたあかおに」の10本です。

見たいときにいつでも丸ごと見られるので、とても便利です。幼稚園保育所で、学校で、ご家庭で、子どもたちと一緒にぜひお楽しみください!


こどもにんぎょう劇場セレクション

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:40 | カテゴリ:デジタル教材情報 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年05月10日 (水)Nコン2017スーパー合唱教室「高等学校の部」 (5/14)


170427ncon1.jpg

NHK全国学校音楽コンクール(Nコン)  は、小学校・中学校・高等学校の児童・生徒を対象とした合唱のコンクールです。Nコン2017スーパー合唱教室 では、日本を代表する合唱指導者たちによる、Nコンの課題曲を使った特別レッスンの様子を紹介します。高等学校の部の公開収録は4/16(日)にNHK広島放送局にて行われました。

高等学校の部の講師を務めるのは、全国11団体の合唱団の音楽監督を務め、その情熱的な指導が人気の合唱指揮者、雨森文也さんです。公開練習に参加するのは、公募で集まった一般の高校生たち。歌詞と楽譜を照らし合わせて曲の成り立ちを分析する方法や、曲の冒頭部分の歌い方、さらには歌詞ではない部分の歌の表現などのポイントについて、雨森先生がわかりやすく指導していく様子は必見です。公開収録に参加した生徒たちが、その指導によって、見事なハーモニーを作り出していきます。この番組を見たら、だれでもちょっとしたコツで歌声をブラッシュアップさせることができると実感できるはず!

毎年たくさんの反響が寄せられ、Nコン参加校の多くが「練習の参考にした」と答えている、この スーパー合唱教室。課題曲のレッスンを通して、合唱がさらに楽しくなりますよ♪

170427ncon2.jpg

170427ncon3.jpg

Nコン2017スーパー合唱教室「高等学校の部」
〈Eテレ 14(日) 午後3:30~4:00 〉
※放送終了後に、Nコン番組ホームページ で動画も配信します。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年05月08日 (月)Nコン2017スーパー合唱教室「中学校の部」 (5/13)


170508ncon1.jpg

NHK全国学校音楽コンクール(Nコン) は、小学校・中学校・高等学校の児童・生徒を対象とした合唱のコンクールです。Nコン2017スーパー合唱教室 では、日本を代表する合唱指導者たちによる、Nコンの課題曲を使った特別レッスンの様子を紹介します。3/29(水)に東京・渋谷のNHKみんなの広場ふれあいホール、そして4/16(日)にNHK広島放送局にて収録が行われました。

中学校の部の講師を務める合唱指揮者は、東京会場が仁階堂孝さん(下写真左)、広島会場が雨森文也さん(下写真右)です。

170508ncon3.jpg 170508ncon4.jpg

東京会場ではスペシャルゲストとして、今年の中学校の部の課題曲「願いごとの持ち腐(ぐさ)れ」の編曲を担当した横山潤子さんが登場し、編曲で新たに加えた曲の最後の部分についての解説や、生徒からの質問に答えます。会場リポーターは、AKB48の峯岸みなみさん、小栗有以さん、小田えりなさんです。

番組では、公募で集まった合唱団の中学生たちが、レッスンを受け成長していく様子を伝えます。すべてのパートが同じメロディを歌う「ユニゾン」の練習のポイントや、曲の“サビ”の部分を歌詞に注目し、どう歌い分けるのかといった表現の工夫について、指導していきます。課題曲の練習はもちろん、ほかの合唱曲の練習にも生かせるようなヒントがいっぱいです。この番組を見ればきっと、合唱がさらに楽しくなりますよ♪

170508ncon2.jpg


Nコン2017スーパー合唱教室「中学校の部」
〈Eテレ 13(土) 午後4:00~4:30 〉
※放送終了後に、Nコンホームページ で動画も配信します。
 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年05月01日 (月)リニューアルした「NHK for School ポータルサイト」、もう使いましたか?


170501po1.jpg

NHK for School のポータルサイト が、4月からデザインを一新しました!大きく変わったポイントを2つお伝えしましょう。

 

1 トップページ(ホーム)が、2つのモードに切り替わります!

NHK for School のポータルサイトの右上に、〈学校モード〉〈放課後モード〉という切り替えスイッチがあることに気づきましたか?

 170501po2.jpg

太陽マークの〈学校モード〉では、授業での利用におすすめのコンテンツが、
月マークの〈放課後モード〉では、家で子どもたちが楽しめるコンテンツが、トップページ(ホーム)に並びます。
アクセスする時間帯に応じて自動的に切り替わる仕組みになっていて、9:00~16:00は〈学校モード〉、16:00~翌朝9:00は〈放課後モード〉になります。
時刻に関係なく、切り替えスイッチでお好みのモード画面に切替・固定することもできます。2つのモードをお楽しみください。

 

2 あなた専用のプレイリストを作成、みんなと共有できます!

【あなた専用のプレイリストを作成できる!】
プレイリストとは、後で見せたい/見たい動画をリスト化しておける機能です。公式アプリでは先行して備えていた機能です。

NHK for Schoolでは、9000本以上の番組や動画クリップを配信していますが、その中の動画を再生すると、「りれき」に追加され、あなただけのプレイリストを作ることができます。動画の順番は自由に入れ替えることができます。

 170501po3.jpg

 

例えば、授業で子どもたちに一斉に見せたい動画が何本かある時。先生のPCで事前に動画をプレイリストにしておくと、提示したいタイミングですぐに呼び出して見せることができます。
授業中に動画を探す手間がなくなり、その時間が有効に使えます。

【ほかの人とプレイリストを共有できる!】

自分が作ったプレイリストを公開し、ほかのPCやスマートフォン、タブレットから読み込んで共有することができます!
例えば、子どもたちが1人1台タブレットを持っている時、子どもたちのタブレットにあらかじめプレイリストを設定しておくのは、とても面倒な作業になります。
そこで役に立つのが、プレイリストを公開する/もらう 機能による共有です。
先生が自分で作ったプレイリストを、他のタブレットやスマートフォンから読み込むことができるのです。
プレイリストを公開すると、何桁かの数字(公開番号)が発行されます。

子どもたちのタブレットで
プレイリストメニューから
「ともだち・せんせいのプレイリストをもらう」を選択して
「もらうプレイリストのばんごうを入れてね」の入力欄に、先ほどの公開番号を打ち込めば、先生が作ったプレイリストが一瞬で子どもたちのタブレットに入ります。
これで、子どもたちが授業と関係ない動画を見て、活動時間が長引いてしまうといったお悩みを解決します。

もちろん、先生どうしでプレイリストを共有することもできます。
「ぼくはこの単元の授業で、この動画をこの順番で見せたよ」といった感じで、同僚の先生に動画活用法を紹介することも。

新しくなったNHK for School、活用のしかたはあなたしだいです。周りの先生とも情報交換して、ぜひ使ってみてくださいね。


NHK for School ポータルサイト

※ プレイリストの公開番号は発行から3日間有効です。期間が過ぎると使えなくなります。

※ 改めて公開すると違う番号が発行されますので、ご注意ください。

※ 動画そのものは、パソコンにはダウンロードされません。

 

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:12:15 | カテゴリ:デジタル教材情報 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年04月28日 (金)「Nコン×AKB48」の特番を、大型連休に2本放送!


170420ncon.jpg

NHK全国学校音楽コンクール(Nコン) は、小学校・中学校・高等学校の児童・生徒を対象とした合唱のコンクールです。
今年の中学校の部の課題曲は「願いごとの持ち腐(ぐさ)れ」。作詞は、日本を代表する作詞家で、AKB48グループなどの総合プロデューサーとしても有名な秋元康さんです。
3月11日に放送した 発表!Nコン2017課題曲 の中で、AKB48のメンバー35人がこの曲を合唱で歌ったところ、大反響を呼びました。彼女たち自身も、ふだんの楽曲とは違う、合唱ならではの魅力に気づくきっかけになったそうです。AKB48は、Nコン2017のサポーターを務めるほか、この「願いごとの持ち腐(ぐさ)れ」を自分たちの楽曲としても歌います。

ここで皆さまにビッグニュースです!
大型連休に、「AKB48 Nコン合唱選抜」のメンバーが、各地で合唱に取り組む子どもたちを訪ねる特別番組を放送します!
Nコンの全国コンクールに出場する強豪校や、全校生徒でNコンに挑戦する学校など、その状況はさまざま。それぞれの場所で合唱に打ち込む子どもたちと出会い、合唱の楽しさや奥深さを感じていくAKB48の変化にご注目ください。ラジオは AKB48が語る!Nコン課題曲&合唱曲の魅力 、テレビは Nコン×AKB48 ~合唱に胸キュン!~ です。テレビ番組では “AKB48バージョン” の「願いごとの持ち腐(ぐさ)れ」を初披露します。合唱版とはひと味違うアレンジをお楽しみください。

国民的アイドルグループが全国の合唱部員とふれあう姿を通して、幅広い世代の人たちへ合唱の魅力を伝えます。


AKB48が語る!Nコン課題曲&合唱曲の魅力
〈NHK-FM  5/3(水・祝) 午前7:20~10:00 〉

Nコン×AKB48 ~合唱に胸キュン!~
〈総合 5/5(金・祝) 午後6:05~6:43 〉

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:45 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年04月27日 (木)香川照之の昆虫すごいぜ!~2時間目 モンシロチョウ~ (5/5)


170427mono1.jpg

昨年10月に放送して大反響をいただいた 香川照之の昆虫すごいぜ!
その第2弾が、大型連休の5/5(金・祝) に放送されます!

テレビや映画で活躍中の俳優・香川照之さんですが、実は知る人ぞ知る、昆虫マニア。そんな香川さんがカマキリの着ぐるみを着て「カマキリ先生」となり、トノサマバッタのすごさに迫った 香川照之の昆虫すごいぜ! は、子どもだけでなく大人にも話題となりました。そして続編を希望する多くの声にこたえ、第2弾の放送が決まりました!

香川さんが“2時間目”のテーマに選んだのは、「モンシロチョウ」です。野原をヒラヒラ飛ぶかわいらしい姿のモンシロチョウ。いったいどこが“すごい”のでしょうか?

モンシロチョウのすごさをみんなにわかってもらうため、香川さんふんするカマキリ先生は、またまた体を張ってロケにのぞみます。河川敷にモンシロチョウを捕まえに行ったり、広げると幅4メートルにもなる羽をつけて宙づりになり空を飛ぶモンシロチョウのすごさを体感したりと、まさに体当たり!
カマキリ先生はスタジオで、その体験を振り返りながら、モンシロチョウのすごさを講義します。講義で使われるのは、NHK for Schoolのコンテンツ  ものすごい図鑑 モンシロチョウ です。番組ではその秘蔵映像を絡めながら、モンシロチョウの秘密と魅力を伝えます。

香川さんの昆虫への愛が、ギュッ!と詰まった30分間。これを見たらあなたも、昆虫のすごさを熱く語りたくなりますよ。

170427mono2.jpg


香川照之の昆虫すごいぜ!~2時間目 モンシロチョウ~
〈  Eテレ 5/5(金・祝) 午前9:00~9:30  〉

※第2弾の放送に先駆けて、第1弾の「トノサマバッタ」 をアンコール放送します。
香川照之の昆虫すごいぜ!~トノサマバッタ~
〈 Eテレ 4/30 (日) 午後4:25~4:55 〉

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:17:15 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年04月24日 (月)「しまった!」番組 ホームページに、新コーナーが誕生!


170424motto.jpg

新年度、しまった!~情報活用スキルアップ~ に新しいコンテンツが誕生しました!しまった!は、調べ活動や協働学習などで役に立つ「情報活用スキル」を学べる番組です。「しまった!」というタイトルには、子どもたちがつまずいたり、失敗したりした時にあげる「しまった!」という声に加え、「し(しらべて) ま(まとめて) つた(伝える)」という意味がこめられています。

番組で、情報活用スキルを身につけようと悪戦苦闘する子どもたちを導くのは、“あらゆる情報活用のスキルを体得している”デーモン閣下です。
アーティスト活動を中心に幅広く活躍している閣下は、コンサートでトークをしたり、番組でインタビュアーやコメンテーターを務めたりといったさまざまな場面で、情報活用能力を駆使しています。

そんな閣下の、番組で伝えきれなかったワザをまとめて紹介しちゃおう!というのが、番組ホームページの新コーナー もっと教えて閣下! です。
このコーナーは、担当ディレクターがそれぞれの回のスキルについて閣下にアンケートを取っていたものの、番組内では紹介しきれなくて、「子どもたちにも教えてあげたい!」「オトナが知っていてもいい話だな」など、もったいないなぁーと思っていたところから生まれました。

このコーナーでは、〈インタビュー〉〈写真撮影〉など、番組で紹介した「調べる」「まとめる」「伝える」際に必要なスキルについて、閣下が駆使している技やこころがけている事などを、Q&A形式で紹介しています。
10万年間もの経験で培い、磨き上げたという閣下のワザの数々を、ぜひご覧ください。きっと総合的な学習の時間のほか、社会科、理科、国語など、さらには日常生活の(!?) さまざまな場面での指導で役に立つはずです。


しまった!「もっと教えて閣下!」コーナー

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:20 | カテゴリ:デジタル教材情報 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年04月21日 (金)「NHK for School 2017番組&WEBガイド」を掲載!


170421guide.jpg

NHK for Schoolポータルサイト では、2017年度のNHK for Schoolの情報が詰まった 「NHK for School 2017番組&WEBガイド」 を掲載しています。NHK for Schoolに掲載しているPDFは、無料でダウンロードすることができます。

「NHK for School 2017番組&WEBガイド」では、新番組  コノマチ☆リサーチ  エイゴビートWhy!?プログラミング をはじめとした番組の情報はもちろんのこと、NHKが提供しているさまざまな教育サービスについても紹介しています。

学校現場の先生にすぐ役立つ読み物も、満載です!
昨年リリースした NHK for School公式アプリ の機能や使い方、NHK for Schoolを利用した授業でICT機器とNHK for School をうまく組み合わせて授業を作る技を「ビギナー編」「中級編」に分けて、わかりやすく解説しています。
スペシャルインタビューでは、中央教育審議会で新学習指導要領の審議にも携わった東北大学大学院の堀田龍也教授が、新学習指導要領の注目ポイントや新しい時代の教育のあり方などについて語ってくださいました。
また、しまった!~情報活用スキルアップ~ のデーモン閣下、おはなしのくに の壇蜜さん、吉岡里帆さんといった、豪華出演者のインタビューも必見です。

この「NHK for School 2017番組&WEBガイド」の冊子は、全国の小中高等学校、特別支援学校にも配布しました。新年度を迎え年間指導計画を立てられる時をはじめ、授業のお供として1年を通してぜひご活用ください。

 

NHK forSchool 2017番組&WEBガイド  (PDF形式)

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:12:30 | カテゴリ:おしらせ | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年04月19日 (水)Nコン2017スーパー合唱教室「小学校の部」 (4/23)


170419ncon.jpg

NHK全国学校音楽コンクール(Nコン)  は、小学校・中学校・高等学校の児童・生徒を対象とした合唱のコンクールです。Nコン2017スーパー合唱教室 では、日本を代表する合唱指導者たちによる、Nコンの課題曲を使った特別レッスンの様子を紹介します。3/29(水)に東京・渋谷のNHKみんなの広場ふれあいホールで行われました。

講師を務めるのは、声楽家としても活躍する合唱指揮者の清水雅彦さんです。スペシャルゲストとして、今年の小学校の部の課題曲「いまだよ」を作曲した信長貴富さんが登場し、番組を盛り上げます。リポーターは、中学校の部の課題曲「願いごとの持ち腐(ぐさ)れ」を歌うAKB48の小嶋真子さんと武藤十夢さんです。

番組では、公募で集まった合唱団の小学生59人が、清水先生のレッスンを受け成長していく様子を伝えます。
清水先生は子どもたちに、「曲調が変わるところの表現の仕方」や「二部合唱のパートごとのかけあいのコツ」など、合唱のポイントを伝えながら、課題曲の歌い方を丁寧に指導していきます。レッスンをするうちに子どもたちの歌声が変わっていく様子にご注目ください。

毎年たくさんの反響が寄せられ、Nコン参加校の多くが「練習の参考にした」と答えている、この スーパー合唱教室。これを見ればきっと、合唱がさらに楽しくなりますよ♪

 

Nコン2017スーパー合唱教室「小学校の部」
〈Eテレ23(日) 午後4:30~5:00 〉

※ Nコン2017スーパー合唱教室「中学校の部」は5/13(土)午後4:00~4:30、「高等学校の部」は5/14(日)午後3:30~4:00に、Eテレにて放送する予定です。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:15:10 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

ページの一番上へ▲