2017年09月07日 (木)ストレッチマンV「ふいてうごかそう」(9/14ほか)


ストレッチや遊びを通して、体を動かす楽しさを伝える番組 ストレッチマンV(ファイブ)170906s1.jpg

 

今回はストレッチマンパープルが、長崎県立諫早特別支援学校で「焼き菓子怪人カステーラ」と戦います。長崎県は、車いすバスケの強豪県です。ストレッチマンパープルが、車いすバスケチーム・長崎サンライズと彼らの本拠地・諫早市でバスケをしていると、諫早特別支援学校に焼き菓子怪人“カステーラ”が現れました。おしゃれなお菓子ばかりがもてはやされて、伝統的なお菓子・カステラの人気がないことに腹を立てた怪人は、子どもたちに襲い掛かりカステラの敷き紙でぐるぐる巻きにしてしまいます。駆けつけたストレッチマンパープルは、怪人を倒そうとしますが、逆にピンチに陥ってしまいます!その時、意外な人たちが助けにやってきて・・・。

170906s2.jpg

もちろん、今回の怪人の衣装も学校の先生の手作りですので、ご注目くださいね。
感覚あそびは「ふいてうごかそう」です。ラップの芯を吹いて動かしたり、穴を狙ってピンポン玉を吹いたりして遊びます。

170906s3.jpg
ストレッチマンV「ふいてうごかそう」
< Eテレ 14(木)午前9:00~9:10 >
<Eテレ 21(木)午前9:00~9:10>(再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年09月05日 (火)コノマチ☆リサーチ「"スーパーマーケット"につれていってくれ!」(9/13ほか)


1709051.png

コノマチ☆リサーチは、マンガ家のハジメと宇宙人のズビが“マチのひみつ”を調べて、わかったことをイラストにまとめていく、小学校3年生向けの社会科番組です。今回は、人々の暮らしに欠かせない、まちの“スーパーマーケット”を調査します。

ある日、ズビはさまざまな商品を一度に買うことができる“スーパーマーケット”に興味を持ちました。そこで、ハジメと一緒に店を訪ね、店長に案内をしてもらいながら「スーパーマーケットはなぜ便利なのか」を調べていきます。店では、お客さんが買いものをしやすいように商品の並べ方を工夫していることや、お客さんがほしい物は何かという情報を集めて売り場に生かしていることなどを知ります。いつもはハジメとズビの2人で調査をしますが、今回は、ズビが初めて1人で調査を行う場面も!ズビの活躍を楽しみにしていてください。

170905k2.png

スーパーマーケットのひみつを調べてわかった販売の工夫や店長の仕事の様子を、いつものように楽しくわかりやすくまとめていきます。授業でスーパーマーケットのひみつを調べて、子どもたちがまとめたものを番組ホームページの「みんなのマチ報告」までお寄せください。


コノマチ☆リサーチ「“スーパーマーケット”につれていってくれ!」
< Eテレ 13(水)午前9:10~9:20>
< Eテレ 20(水)午前9:10~9:20>(再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:30 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年09月04日 (月)おはなしのくに「いっすんぼうし」 松岡茉優さんにインタビュー!


170904oh1.jpg

おはなしのくに は、一流の語り手が、古今東西の物語を魅力的に読み聞かせる国語番組です。9 / 11(月)は、日本の昔話「いっすんぼうし」をお届けします。語り手を務める、俳優の松岡茉優さんにお話を伺いました。

〈今回の「いっすんぼうし」のあらすじ〉
昔、子どもに恵まれなかったおじいさんとおばあさんに、念願の男の子が生まれました。しかし、その子は体が一寸(3センチ)ほどしかなく、何年たっても大きくなりませんでした。男の子は村の人から「一寸法師」と呼ばれ、子どもたちにいじめられました。
ある日、一寸法師は都に行きたいと両親に決意を告げて旅立ちます。都で大臣に気に入られた一寸法師は、そのお屋敷の姫様にも可愛がられます。ある日、清水寺にお参りに出かけた姫は鬼に襲われます。一寸法師は姫を守ろうとしますが、鬼に飲み込まれてしまい…。
夢と勇気があれば人生を切り開くことができると説く、昔話です。

170904oh2.jpg

――おはなしのくにの出演依頼を聞いたときは、どう思いましたか?

おはなしのくに は、小学校の時に授業で見ていたので、うれしかったです。もう27年も続いているそうですね。私が生まれる前から放送されている、歴史のある番組に出演することができて光栄です。
出演が決まって、番組ホームページ や おはなしのくにの100冊 で公開されている、過去の回の動画を見させていただきました。そして改めて、数々の俳優さんやタレントさんがご出演されてきた番組なんだと感じ、身の引き締まる思いでした。演者の方と登場人物の息がぴったり合っている様子を見て、「私もこんな風に、一寸法師と息を合わせることができたらいいな」と思って収録にのぞみました。

――出演してみて、いかがでしたか?

おはなしのくにでは、一人ですべての役を演じます。ほかの回では演者さんが、1つのカットの中で何役も演じ分けていますが、今回の「いっすんぼうし」ではちょっと違うんです。
一寸法師は3センチほどしかないので、ひとつの場面でも、一寸法師が話すところとほかの登場人物が話すところは別々に撮りました。一寸法師を演じる時は相手を見上げるようにして、ほかの人たちが一寸法師に話す時は目線を下げて語りかけるようにして、演じました。

――「いっすんぼうし」ならではの工夫がされているのですね。
「いっすんぼうし」というお話について、改めてどんな感想を持ちましたか?

一寸法師ってかわいらしいイメージだったのですが、それはサイズだけだったんですね。小さいのに一人で都に行って、鬼に立ち向かって倒すなんて、強い男の子なんだなと思いました。今回改めて本を読んでみて、一寸法師はおじいさんとおばあさんが神様にいっぱいお願いして授かった子だということや、体が小さかったために村の子どもたちにいじめられていたことなどを知って、このお話をもっとよく知りたいと思うようになりました。そして読みながら、自分の小さい頃のことを思い出しました。
私は子役をしていたこともあり、時にはテレビを見た周りの子からからかわれたりしたことがありました。そういう時は我慢していたのですが、祖母に「嫌な時は言い返せばいいじゃない」と言われて、相手に言い返してみたんです。そうしたら嫌なことを言われなくなりました。その時「自分が思っていることを相手に伝えることで、変わることってあるんだな」と思いました。
一寸法師は体が小さいというハンディを抱えていても卑屈にならず、まっすぐな心を見失いません。そして困難を乗り越えて幸せをつかみます。その姿はきっと、子どもたちに勇気を与えると思います。

私は小さい頃、母に絵本を読んでもらうのが大好きでした。その体験が気がつかない間に体の中にしみ込んでいたようで、大人になった今、スタジオで小さい子に読み聞かせをしている自分が、母の言い回しにそっくりになっているなと思いました。
この番組を見たことも、子どもたちの思い出のひとつになってくれたらうれしいですね。そして、自分でも絵本を読んでみたいと思ってくれたらいいなと思います。

170903oh3.jpg

170904oh4.jpg

おはなしのくに 「いっすんぼうし」
〈Eテレ 9/11(月) 午前9:00~9:10〉

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年08月30日 (水)ハートネットTV 「生きるためのテレビ~#8月31日の夜に。~」(8/31)


170930h1.png

「生きづらさ」を抱える全ての人に向けた番組 ハートネットTV 。番組のホームページには、「死にたい」「生きるのがつらい」という10代の声が数多く届いています。今回の「生きるためのテレビ」は、「#8月31日の夜に。」と題し、複数の番組を連動したキャンペーンで、10代の心のうちに耳を傾けます。夏休みの終わりは、学校や友達関係、生き方に悩む10代にとって、もっとも緊張感の高まる時期だといいます。休み明けの9月1日は、18歳以下の自殺する人が最も多い日です。番組では8月31日の夜、第1部と第2部、2つの生放送で、悩む10代の声を受け止め、思いを共有し、一歩前に進むためのヒントを探ります。

第1部では番組にメールをくれた10代に連絡をとり、番組スタッフとのひと夏の交流を通して、「死にたい」と感じてしまう瞬間の、リアルな感情の揺らぎを伝えます。そうした10代の思いを受け止める出演者は、千原ジュニアさん、栗原類さん、大森靖子さんです。

第2部では、10代が抱えるモヤモヤとした思いを、第1部から引き続き出演する千原ジュニアさん、栗原類さん、大森靖子さん、精神科医の松本俊彦さんが加わって受け止めます。10代にスマートフォンから送ってもらった言葉を、特殊なスクリーンに映し出されるアバターの姿を通して伝え、出演者と対話します。
出演者たちが10代の頃同じように悩んだ体験談を話したり、つらいときに救われた曲を紹介したりしながら、「夏休みが明けても、生きていく」ための手段や、前に進むヒントを語り合います。

また、この日の夜は、特設サイトでは夜8:30ごろ~12:00ごろにかけ、中川翔子さんをパーソナリティーに、およそ3時間半にわたる特別番組をライブ配信します。詳細は「#8月31日の夜に。」特設サイトをご覧下さい。

番組公式Facebookページからは番組のPR動画などもご覧いただけます。こちらもぜひ、チェックしてみてくださいね。


ハートネットTV 生きるためのテレビ「#8月31日の夜に。」第1部

<Eテレ 31(木)夜8:00~8:29>
<Eテレ 9/7(木)午後1:05~1:34>

ハートネットTV+ 生きるためのテレビ「#8月31日の夜に。」第2部
<Eテレ 31(木)夜10:00~10:45>

◇ハートネットLIVE「その気持ち ひとりだけじゃない」(特設サイトでのライブ配信)
特設サイト「#8月31日の夜に。」 31日(木)夜8:30ごろ~12:00ごろ>

※夜10:45ごろからは、ツイッターでも見ることができます。 
 ハートネットTVの公式アカウント「@nhk_heart」からご覧下さい。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年08月30日 (水)キャンペーン「8月31日の夜に。」特設ページ公開中


0831.png

多くの子どもたちが夏休みを終え、学校に戻る時期です。学校のことを考えると、モヤモヤ、憂うつ…そんな気分になってしまう子どもたちが、実はとても多いのです。
Eテレでは、子どもたちが抱える憂うつな気持ちを受け止め、すこしでも解消できるよう、8月31日の夜にさまざまな番組を生放送します。キャンペーン内容や番組情報を「#8月31日の夜に。」特設ページからチェックできます。

また、身近な悩みから誰にも言えないつらい思いまで「#8月31日の夜に。」というハッシュタグでツイートを募集しています。(70文字程度)「新学期が憂うつ」子どもたちがそんな気分を一人で抱えず、みんなと分かち合える場を用意しました。投稿してもらったツイートは8月31日(木) 夜8:30ごろ~12:00ごろに特設ページからライブストリーミングで中川翔子さんがご紹介します。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:13:30 | カテゴリ:イベントなど | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年08月28日 (月)仕事や家事に疲れきったオトナたちのために、黄色いアイツが帰ってきた!「オトナのストレッチマン」5夜連続放送!(8/28~9/1)


170828s1.jpg

Eテレの人気キャラクター・ストレッチマン(宇仁菅真さん)が「オトナ向け」になって新登場します。オトナのストレッチマンとして仕事や家事に疲れたオトナたちにピッタリのストレッチを、5夜連続・日替わりでたっぷりお届けします!

まずは「ストレッチマン」世代には懐かしい、ストレッチ星での「ストレッチ体操」から番組がスタートします。「どこでもストレッチ」のコーナーでは、通勤中の電車内や、会議中のオフィス、さらにはトイレなど、職場や家で気軽にできるストレッチを紹介します。くたびれたサラリーマン役には、ストレッチマンV(ファイブ)で活躍中のちゅうえいさん(流れ星)が出演します。 また、三石琴乃さん、神谷浩史さん、沢城みゆきさん、花澤香菜さん、大塚明夫さん、といった、日替わり豪華声優陣のボイスにのせた「癒やしのストレッチ」をたっぷりご紹介します。

170828s2.jpg

放送後には、番組HPで、番組がまるごと視聴可能です。いつでもどこでも好きな時にストレッチができますね。さらに、放送後はHPからストレッチマンオリジナル壁紙もダウンロード可能です。明日も頑張るオトナたちに、ストレッチマンからパワーを送ります!

<ストレッチマンからのコメント>
「みんな、オトナになったなぁ!久しぶりの我が輩の活躍、ぜひ見てくれ!おっと、それから、現在放送中の、後輩達ががんばっている『ストレッチマンV』(毎週木曜午前9:00~)にも、我が輩が登場するぞ!今回の『オトナのストレッチマン』ともろいろ繋がりが出てくるので、こちらもチェックだ!」

NHK広報のHPでは宇仁菅真さんのインタビュー記事を公開しています。こちらもご覧ください。

170828s3.jpg


オトナのストレッチマン
< Eテレ 8/28(月)~9/1(金) 午後7:55~8:00 >
◇8/28(月)第1回 声の出演:三石琴乃さん
首のストレッチ、電車内でもできる背中のストレッチを紹介。

◇8/29(火)第2回 声の出演:神谷浩史さん
腕のストレッチ、オフィスでもできる手や指のストレッチを紹介。

◇8/30(水)第3回 声の出演:沢城みゆきさん
おなかのストレッチ、トイレでもできる肩甲骨のストレッチを紹介。

◇8/31(木)第4回 声の出演:花澤香菜さん
お尻のストレッチ、会議中でもできる上半身をひねるストレッチを紹介。

◇9/1(金)第5回 声の出演:大塚明夫さん
太もものストレッチ、帰り道でもできるふくらはぎのストレッチを紹介。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:30 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年08月25日 (金)地球ドラマチック「世界の果ての通学路~ルーマニア ペルー フィリピン~」(8/26)


170825c2.png

地球ドラマチック は、海外のよりすぐりのドキュメンタリーを放送し、世界中の“どきどき”や“ワクワク”をお届けする番組です。現在Eテレでは「#8月31日の夜に」というキャンペーンを展開中です。夏休み明け、学校のことを考えるとモヤモヤ、憂うつな気分になってしまう10代のみなさんに向けて、そんな気分を受け止めて、すこしでも解決できるよう、さまざまな番組を放送します。地球ドラマチックでは26(土)に、「世界の果ての通学路~ルーマニア ペルー フィリピン~」 を放送します。学校に行きたいという強い思いを胸に、道なき道を何時間もかけて通学する子どもたちがいます。ルーマニア、ペルー、フィリピンの、冒険に満ちあふれた通学風景を見つめます。

170825c1.png

ペルーの標高5千メートルの高地で放牧生活を送るウィリアムは雪で凍った山道を、毎朝2時間半かけて学校に通っています。フィリピンの路地裏に暮らすニエッサとニコルは、家計の足しになるように、通学路でアクセサリーを売ります。ルーマニアの農場の娘、ルミニッツァは、通学途中で家畜のヤギと遭遇したり、悪天候で足止めを食らうことも。それぞれの通学路を通って登校する彼らを支えているのは、将来への大きな夢でした。

地球ドラマチック「世界の果ての通学路~ルーマニア ペルー フィリピン~」
< Eテレ 26(土)午後7:00~7:44 >

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:16:30 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年08月23日 (水)ウワサの保護者会スペシャル「不登校~保護者ができることは?」


170823uwa1.png

ウワサの保護者会 は、スタジオに集まった小・中学生の保護者(ホゴシャーズ)が、
“尾木ママ”こと尾木直樹さんと教育や子育ての悩みを語り合う番組です。

170823uwa3.jpg

現在、小中学生の不登校は全国で12万人を超えるといわれています。その割合は中学生では35人に1人にもなります。番組では、子どもの不登校に今まさに悩んでいる、あるいは過去に悩んだ経験のある保護者、さらにはかつて不登校をしていた当事者をスタジオに招き、不登校が始まったとき保護者がすべき対応とは何か、進学や就職の問題はどう考えていけばいいのかなど、子どもの不登校に対して保護者ができることは何か考えていきます。

170823uwa2.jpg    

ウワサの保護者会スペシャル「不登校~保護者ができることは?」
<Eテレ 26(土)午後21:00~21:54>

 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック (0)

2017年08月22日 (火)いじめをノックアウトスペシャル第10弾「スイッチ!」生放送(8/25)


 

170822iji0.png

いじめをノックアウトは、「たかみな」こと歌手の高橋みなみさんと、
いじめについて考える番組です。25(金)は生放送!
スペシャル第10弾「スイッチ!」をお届けします。

 

 

170822iji1.jpg

あなたは知っていますか?子どもたちの自殺が一番多い日が9/1だということを。
いじめで負った心の傷がどれだけ深いか、あなたは考えたことがありますか?
いじめられた子どもたちの心の叫びを、あなたは聞いたことがありますか?
いじめ自殺、ゼロに向けて…できることってなんだろう?
あなたも本気で考えるモードに、スイッチ!

 

 

170822iji3.jpg

また、今や子どもたちのコミュニケーションに欠かせないLINEで、
何気ない一言がある子を追い詰めることになっていく様をカメラがとらえました!
そこから見えてきた子どもたちの実態とは?!

 

 

170822iji2.jpg
ゲストはちゅうえいさん(流れ星)と岡田結実さん。
視聴者投稿も交えながら徹底議論する80分の生放送です!!

夏休みが明けてしまう前に考えたい、一人一人にできること…。

 

特設ページでは、LINEのトラブルを防ぐためのアイディアや、いじめについてみんなに聞いてみたいこと、悩みなどを募集しています。みなさんの投稿をお待ちしています。


いじめをノックアウトスペシャル第10弾「スイッチ!」 
< Eテレ 25(金)午後7:25~8:45 生放送!>

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:12:20 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年08月17日 (木)ストレッチマンV「ふうせんでバレー」(8/24ほか)


170816s1.jpg

ストレッチや遊びを通して、体を動かす楽しさを伝える番組 ストレッチマンV(ファイブ)
今回はストレッチマンレッドが、東京都立城北特別支援学校で「コマツナ怪人ナッパラー」と戦います。なんと、あの初代ストレッチマンも登場します!

170816s2.jpg

ストレッチマンVたちが思い思いに過ごしていると、なんと、初代ストレッチマンから連絡が入ります。初代がみんなの頑張りをしっかり見てくれていること分かり、喜んでいたところ、警報音が響きます。東京都足立区のコマツナ畑に「コマツナ怪人ナッパラー」が現れたのです。怪人は、野菜が苦手な子どもたちを無理やりコマツナ好きにさせようと、学校で大暴れ。早速レッドは子どもたちを助けに向かいますが、怪人が手強くピンチに陥ってしまいます。そのとき、みんなが頼りにしている‘あの人‘が助けに現れました!

感覚遊びは「ふうせんでバレー」です。みんなで輪になって、ふうせんを地面に落とさないよう打ち合ったり、手やうちわなどを使って、二人で打ち合ってラリーをして遊びます。みなさんも、ぜひ試してみてくださいね。

170816s3.jpg

ストレッチマンV「ふうせんでバレー」
<Eテレ24(木)午前 9:00~ 9:10>
<Eテレ 31(木)午前 9:00~ 9:10>(再)ほか

 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年08月15日 (火)小学校4年生向け社会科番組「よろしく!ファンファン」を放送します!(8/18)


170815y.jpg

この夏、小学校4年生向け社会科の番組、よろしく!ファンファンを放送します。4年生の社会科では、自分たちが暮らす「都道府県」の特徴、生活を支えるインフラの仕組み、先人の努力などさまざまな事象を学びます。番組ではそうした社会的な事象を「時間」「空間(地形)」「人」という3つの視点から調べてみせることで、次期学習指導要領で重視されている「見方や考え方」のお手本を示します。

番組の舞台は、現代の日本のどこかにある秘密基地。地球へと調査にやってきた宇宙人のトッキー(レイラニさん)、チズル(藤沢 元さん)、ココロ(野添 芙羽さん)が主人公です。トッキーは3人のリーダー的な存在でしっかり者、チズルは地図を見るのが大好きでマイペースな性格、ココロはおっちょこちょいなムードメーカー。それぞれ、「時間」・「地形」・「人」の視点から物事を調べるのが好きです。
3人は地球人と仲良くなるため、日本の人々の考えや暮らしの工夫を調べたい!と考えていました。ところが地球に来てみると、自分たちが地球人よりもはるかに小さいことがわかります。そこで3人は、様々な機能を持った高性能ロボット、ファンファン(声: 福圓美里さん)に調査を手伝ってもらうことにします。

今回のテーマは、「地域の困難に立ち向かった人々」。山梨県の甲府盆地で400年以上に渡って地域の人を苦しめた「日本住血吸虫症」(地方病)を調査します。その治療や撲滅活動に尽力した杉浦健造・三郎医師の取り組みから、先人たちの思いや努力、そしてそれが今の生活にどう息づいているかを学びます。

よろしく!ファンファンは、来年春からシリーズでの放送を視野に入れた開発番組です。ご意見、ご感想を大募集します。「こんな授業をしてみたい!」といった声もぜひこのブログにお寄せください!

よろしく!ファンファン
< Eテレ 18(金)午前10:00~10:10>

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年08月14日 (月)おはなしのくに「きんたろう」 渡辺直美さんにインタビュー!


170814k1.jpg

おはなしのくに は、一流の語り手が、古今東西の物語を魅力的に読み聞かせる国語番組です。8/21(月)は、日本の昔話「きんたろう」をお届けします。語り手を務めるのは、バラエティ-番組などで活躍中の渡辺直美さんです。収録の感想などを伺いました。

〈「きんたろう」のあらすじ〉
金太郎は、足柄山の山奥でお母さんと二人で暮らしている男の子。友達は山の動物たちです。力が強い金太郎は、相撲で熊も投げ飛ばしてしまいます。
金太郎は力が強いだけでなく、優しくてお母さん思いです。お母さんはそんな金太郎に、お侍になってほしいと願っています。
ある時、金太郎が大木を倒して橋を作っている様子を、都の武士である源頼光が見かけ、金太郎を武士にとりたてます。
心優しき少年が立派な武士へと出世する、元祖ヒーロー物語です。


――金太郎を演じるという話を聞いたときは、どう思いましたか?

「面白いな!」と思いました。金太郎って男の子じゃないですか。それを成人女性が演じるなんて、斬新で、ぜひやってみたいと思いました。
あと、出演するすべての役を一人で演じることがこれまであまりなかったので、芸人として挑戦したいと思いました。

――渡辺さんはコントをなさるので、こうした芝居に慣れていらっしゃるかと思いましたが・・・。

コントとは全然違いますね。例えば山道を登るシーン。コントだったら、平面の床を山を登っているように歩きます。ドラマや映画だったら本当の山道を歩きます。それがおはなしのくにでは、セットの山の絵の後ろに置いた階段をのぼります。山だけでなく木や草のセットも絵で作られていて、演じながら、ああ、子どもたちが絵本の世界に入り込みやすいように工夫されているんだなと思いました。

――一一人芝居ということで、今回渡辺さんは、ナレーションを含めて1人で8役を演じ分けています。どうやって演じ分けたんですか?

役の区別は声色でつけました。猿はいたずら好き、いのししは強くてのんびり屋というように、自分の中で設定を決めて演じました。子どもたちが番組を見た時に、いろいろな動物の姿が思い浮かぶといいなと思って、いろいろな声を出しました。
そして金太郎は、強いけど誠実な男の子ということを意識しました。強いだけではなく、その中に優しさを出すようにしました。

170814k2.jpg

――「きんたろう」という作品について、どう思いましたか?

実はこのお話をいただくまで、「きんたろう」のストーリーをよく知らなかったんですよ。だからこの機会にちゃんと知りたいと思いました。
金太郎って、まず名前が面白いじゃないですか。桃太郎なら桃から生まれたから桃太郎なんだなとわかるけど、なぜ「金」なんだろうって(笑)。そして髪形も格好もインパクトがあるから、お笑いに登場することも多いんです。私も金太郎の腹掛けをしてコントをしたことがあります。それだけおなじみのキャラクターなのに、やっぱりみんな、ストーリーはあまり知らないんですよね。
今回「きんたろう」のお話を改めて読んで、「金太郎、めちゃくちゃいいやつだな!」と思いました。力が強いだけではなく前向きで、お母さん思いで。動物たちに教わって滝も登れるようになるなんて、最強ですよ!もう、金太郎のよさをみんなに知ってもらいたい!と強く思います。

――渡辺さんは小さいころからよくおはなしのくにを見ていたそうですね。実際に出演してみて、いかがでしたか?

子どもたちに楽しく見てもらうために、大人たちが真剣に番組を作り上げている様子に感動しました。
例えば、金太郎の背中についている縄。既製品の縄でなく、もっとリアルにしたいということになって、衣装さんが全部手で編んでくれたんです。
あと、背景に映し出される動物などの影絵がとてもきれいなんです。鯉が滝登りをするシーンでは、動きの違う2枚の鯉の影絵を点滅させると鯉が泳いでいるように見えて、すごいなって思いました。
衣装さん、照明さん、美術さんといったプロの方たちが、細かいところにも手を抜かず作り上げているところが、おはなしのくにの魅力なんだなと思いました。その中で演技させてもらうのは、新鮮で貴重な経験でしたね。

――そうやって作り上げた番組を、子どもたちが楽しんで見てくれるといいですね。

はい!家で家族と見ても、学校でみんなと見ても楽しいと思います。
私は、好きな人ができたら一緒に映画を見に行くようにしています。同じ作品を一緒に見て感想を言い合うと、「この人とは価値観合うわ」とか「私とは違う見方をして面白いな」とか、いろいろな発見ができるんです。ほかの人の考えを聞くことで、自分自身の見方にも広がりが出ます。
子どもたちには、「きんたろう」を見て、いろいろなことを感じてほしい。さらに周りの人たちと感想を語り合ってくれたら、すごくうれしいですね。

170814k3.jpg

おはなしのくに 「きんたろう」
〈Eテレ 8/21(月) 午前9:00~9:10〉
〈Eテレ 8/28(月) 午前9:00~9:10〉(再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック (0)

2017年08月10日 (木)香川照之の昆虫すごいぜ!特別編「出動!タガメ捜査一課」 (8/12)


170810t1.png

テレビや映画で活躍中の俳優・香川照之さんは、実は知る人ぞ知る、昆虫マニア。「昆虫すごいぜ!」では、毎回、香川さんがカマキリの着ぐるみを着て「カマキリ先生」となり、昆虫のすごさに迫ります。

今年5月の放送では「モンシロチョウ」のすごさをお届けしました。香川さんは、その番組の中で、「タガメ捜査一課」を設置し、タガメの目撃情報を募集しました。子どものころからタガメが大好きだったのですが、買ってもらったタガメを逃がすという苦い想い出があったためです。呼びかけに、放送直後から目撃情報が続々!そこで、香川さんは今回、「タガメ捜査一課長」として出動。特別編の課外授業を行うため、最も多くのタレコミがあった栃木県に向かいました!

どうしてもタガメを捕らえたいタガメ捜査一課長。自ら体を張って犯人(タガメ)を捕獲しに行きます。ほかのさまざまな昆虫に寄り道しながら、水たまりを捜索すること数時間。途中、一課長としてはありえない失態もしつつ、犯人(タガメ)を追って現行犯逮捕を目指します。はたして、逮捕できたのでしょうか?

170810t2.png

「タガメ」という名前は知っていても、どんな昆虫なのか知らない人も多いのではないでしょうか?カマキリ先生の情熱のこもった授業で「タガメ」という昆虫に興味がわくこと請け合いです!これであなたもタガメマニア?!

今回も休憩を取ることなく、およそ4時間もの間タガメ捕獲に夢中になったカマキリ先生。そんな先生の昆虫愛がぎっしりとつまった番組です。

170810t3.png

香川照之の昆虫すごいぜ!特別編「出動!タガメ捜査一課」
< Eテレ 12(土) 午前9:30~10:00>

 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:12:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック (0)

2017年08月09日 (水)「昔話法廷」新作2話を放送します!(8/14~15)


170809m1.jpg

「昔話法廷」は、「もし昔話の登場人物が訴えられたら…?」という設定のもと描かれる、異色の法廷ドラマシリーズです。検察官、弁護人、被告人、証人のやりとりを、一人の裁判員の目線で描きます。

番組には、二つの特徴があります。一つ目は、昔話を新たな視点から見つめていることです。たとえば「三匹のこぶた」裁判。被告人は、原作の主人公のこぶたです。煙突から侵入してきたオオカミを殺害したこぶた。正当防衛で無罪か、計画的犯行で有罪かが争われます。「アリとキリギリス」裁判で裁かれるのは、働き者のアリです。キリギリスを見殺しにしたアリが、保護責任者遺棄致死罪に問われます。“正義”と思っていたものが本当に正義なのか、改めて子どもたちに“気付き”を与えます。
二つ目の特徴は、番組で判決が出ないということです。判決を下すのは、番組を観た子どもたち。法廷でのやりとりをもとに、友達や家族と議論し自分なりの判決を考えます。子どもたちが主体的、かつ多面的に考える力を養うことが、番組のねらいです。実際に、番組は、教育現場でも高い評価を頂けていて、小学校から大学まで、数多くの授業で使われています。
そして、8月14日(月)と15日(火)に、待望の新シリーズが放送されます!

●第7話「ヘンゼルとグレーテル」裁判
貧しさゆえ親に捨てられたヘンゼルとグレーテルの兄妹は、お菓子の家に暮らす年老いた魔女に保護されました。ひと月後、ヘンゼルとグレーテルは、魔女を燃えさかるかまどの中に押し込んで殺害し、山のような金貨を持って帰りました。検察官は2人を、強盗殺人の罪に問います。しかし、2人は、魔女を殺し金貨を持ち帰った事実は認めるものの、魔女の殺害に関しては“正当防衛”を主張します。ヘンゼルとグレーテルが犯した罪は、強盗殺人なのか、それとも単なる窃盗に過ぎないのかを考えます。

170809m2.jpg

そして、15日放送の「さるかに合戦」では、初めて”死刑”を取り上げます。

●第8話「さるかに合戦」裁判
カニの親子が体を粉々に砕かれて殺害された事件。逮捕されたのは、猿。猿は、まだ青くて硬い柿をカニに執拗に投げつけました。罪を認める猿に、検察官は「残虐極まりない」と極刑を求めます。一方弁護人は、猿が十分に改悛していること、衝動的な犯行であり計画性がないことを主張し、「猿は生きて償うべきだ」と訴えます。猿を死刑にするかしないかを考える中で、人が人を裁くとはどういうことか、償いとは何か、そして、命の重さについて考えます。

どちらの裁判も、判決は、番組を観たみなさんにゆだねられます。みなさんも1人の裁判員として一緒に判決を考えてみてください!

170809m3.jpg

昔話法廷

第7話「ヘンゼルとグレーテル」裁判
<Eテレ 14(月)午前9:30~9:45>

第8話「さるかに合戦」裁判
<Eテレ 15(火)午前9:30~9:50>

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:16:45 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年08月07日 (月)Q~こどものための哲学~


170807q1.jpg

日本で初めてのこども向け哲学番組Q~こどものための哲学が8/14から5日間放送されます!

この番組は、幼少期に誰しも抱く疑問について、深く考える哲学対話の人形劇です。
小学3年生の少年Qくん(声・本田翼さん)と、Qくんが大切にしているぬいぐるみのチッチ(声・ガッツ石松さん)がじっくり対話をしながら、自分なりの答えを探求していきます。
近年注目されているアクティブ・ラーニングにおいて不可欠な、思考力と対話力をはぐくむことを目指している番組です。

170807q2.jpg

「なんで勉強をしなきゃいけないの」「カッコイイってなんだろう?」「便利っていいこと?」「死んだらどうなるの?」といった誰もが抱く素朴な疑問について、Qくんはチッチと対話しながら納得できる答えを導き出します。

170807q3.jpg

自ら考えて答えを出していく力はアクティブ・ラーニングにおいて必要であるのはもちろんのこと、生きていく上でも重要なスキルといえます。この番組が、こどもたちがさまざまなことを「考える」きっかけになることを願っています。

Q~こどものための哲学~
< Eテレ 14(月)~18(金) 午前9:00~9:15 >
14(月) 第1回「なんで勉強しなきゃいけないの?」
15(火) 第2回「カッコイイってなんだろう?」
16(水) 第3回「便利っていいこと?」
17(木) 第4回「死んだらどうなるの?」
18(金) 第5回「みんなで対話しよう」

 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:30 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック (0)

2017年08月04日 (金)ティーンズビデオ2017~第64回NHK杯全国高校放送コンテスト~(8/9,10)


170804t1.png

全国の高校の放送部が、日ごろの活動の成果を競う NHK杯全国高校放送コンテスト 。“放送部の甲子園”とも呼ばれ、今年も日本各地から16000人以上の高校生が参加し、優勝を目指して作品づくりに情熱を燃やしました。

170804t2.png

番組では2日連続で、決勝大会の模様を交えながら、上位作品を紹介します。高校生の目線で学校生活や社会の一面を切り取ったドキュメント作品や、瑞々しい感性が光るドラマ作品など、個性豊かな作品ばかりです。どの作品が優勝するのかを予想しながらお楽しみください。

170804t3.jpg

ゲストコメンテーター・小泉徳宏さん(映画監督,映画「ちはやふる」の監督・脚本を担当)による作品の見どころ解説も必見です!

ティーンズビデオ2017 「創作テレビドラマ部門」
< Eテレ 9日(水) 午前9:10~9:55 >

ティーンズビデオ2017 「テレビドキュメント部門」
< Eテレ 10日(木) 午前9:10~9:55 >

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:15:30 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年08月03日 (木)子ども安全リアルストーリー新作2本を放送!(8/9,8/10)


170803ko1.jpg

子ども安全リアルストーリー は、小学生(4~6年生)の子どもたちに、さまざまな危険から自分の身を守る方法を教える番組です。〈悪い人=サングラスとヒゲ〉というようなデフォルメされた表現を少なくし、実際にあったケースを織り交ぜ、再現ドラマでリアルに伝えます。進行役は、現在中学1年生の芦田愛菜さんと、ヤギのヤギ太です。

1本目(8/9放送予定)「留守番の注意」では留守番中に起こる危険から身を守るための注意点を紹介します。
2本目(8/10放送予定)「夜に出歩くと…」では、遊びに夢中になって帰りが遅くなってしまったときに危険から身を守るため、子どもが気をつけること、親が気をつけることを紹介します。

170803ko2.png

VTRでは実話に基づいたドラマのリアルさで、子どもたちに危険を感じてもらいます。さらにスタジオで、何に気をつければ身を守れるのかを解説します。夏休みの今だからこそ、子どもと一緒に改めて安全について話し合うきっかけになる番組です。

 

子ども安全リアルストーリー「留守番の注意」
<Eテレ 9(水)午前9:00~9:10>

子ども安全リアルストーリー「夜に出歩くと…」
<Eテレ 10(木)午前9:00~9:10>

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:19:54 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年08月03日 (木)体育ノ介が、この夏も新作2本ではりきります!(8/7, 8/8)


170803tai1.jpg

はりきり体育ノ介 はタブレットなどのICT活用授業に対応した、小学3~6年生向けの体育番組です。体育ノ介は天才科学者の博士博士博士(はくしひろしはかせ)が開発した超人サイボーグ。

でも「体育の力」をインプットされ忘れたため、運動が苦手です。そこで体育ノ介は、一流アスリートのお手本「できるポイント」をインストールされることで自分の「できないポイント」を克服し、体育の力を身につけていきます。今回は、そんな体育ノ介が8/7,8/8に新たな種目にチャレンジ!

8/7放送の「スポーツクライミングに挑戦だ!」ではプロフリークライマーの安間佐千さんのお手本をもとに、ボルダリングに挑戦します。ボルダリングとは、高さ5メートル以下の壁に設定された複数のコースを、制限時間内にいくつ登れたかを競う種目です。スタートからゴールまでの「課題」を攻略しながら登りきる楽しみ方を紹介します。

170803tai2.jpg

8/8放送の「空手に挑戦だ!」では形競技の若手ホープ、尾野真歩さんから、空手の美しい立ち方をはじめ、受け、蹴り、突きの基本技を学びます。

スポーツクライミング、空手ともに2020年の東京オリンピックから正式種目になり、今後ますます注目される競技です。体育ノ介とともにそれらの競技の魅力を感じて、この夏、新しいスポーツにチャレンジしてみてはいかがですか?

はりきり体育ノ介「スポーツクライミングに挑戦だ!」
< Eテレ 7日(月) 午前9:00~9:10 >

はりきり体育ノ介「空手に挑戦だ!」
< Eテレ 8日(火) 午前9:00~9:10 >

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:19:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年07月27日 (木)「Q~こどものための哲学」のページがオープンしました!


170727q.jpg

夏のテレビクラブで、日本で初めての子ども向け哲学番組「Q~こどものための哲学」が8月に放送されます。この番組は、幼少期に誰しも抱く疑問について、深く深く考える哲学対話の人形劇です。対話をするのは、小学3年生の少年Qくん(声・本田翼さん)とQくんが大切にしているぬいぐるみのチッチ(声・ガッツ石松さん)です。2人は、毎回、日常の中で抱く疑問「なんで勉強しなきゃいけないのか?」

「かっこいいってなんだろう?」「死んだらどうなるんだろう?」といった疑問を
対話しながら深めていきます。そして、その末に納得できる「自分なりの答え」を見つけていくというストーリーです。 

この番組は、そうした2人の対話劇を見ることで、正解のない問いについて、どのように考えを深めていけばいいのかを学び、アクティブ・ラーニングにおいて不可欠と言われる
思考力と対話力を育むことを目指しています。詳しい番組内容はまた改めてご紹介します。
まずはこちらのページをご覧くださいね。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:17:30 | カテゴリ:おしらせ | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

2017年07月27日 (木)夏休みWhy?!プログラミングアワード開催中!


20170727why.png

プログラミングをする子どもたちのコミュニティーサイト「ワイワイプログラミ
ング」では、「夏休みWhy!?プログラミングアワード」を開催しています。
小学生から高校生までのU-18を対象に、「ハート」「マス目」「回転」の3つの
お題の中から1つを選んだオリジナル作品を募集しています。
評価基準は、アイデア、情熱、プログラミング技術。初心者にもチャンスがあり
ます。
受賞した作品は秋に放送予定の特番で紹介する予定です。ぜひ、応募してみてく
ださい。応募の締め切りは8/31(木)です。詳しくはこちらのページからご確認ください。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:30 | カテゴリ:おしらせ | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

ページの一番上へ▲