2019年03月05日 (火)Pick Up!春のテレビクラブ① よろしく!ファンファン「特色ある地域~国際交流をいかした地域づくり~」「水をくりかえし使う工夫」


yorosikufun02190321.png

3月18日(月)~4月5日(金)、「春のテレビクラブ」 として、
Eテレで、学校放送番組の特集や新作などをまとめて放送します。
★ 「春のテレビクラブ」番組表 (PDF形式)

今回はよろしく!ファンファンの新作を2本ご紹介します。

yorosikufun01190321.png
よろしく!ファンファンは、小学校4年生向けの社会科番組です。「時間」「空間」「人」の3つの視点に注目し、社会的な「見方・考え方」を育みます。登場人物は、高性能ロボット・ファンファンと、3人の小学生の宇宙人トッキー(写真中央)、チズル(写真右)、ココロ(写真左)です。彼らは社会科の宿題で日本の暮らしを調べているのです。


3月21日(木・祝)午後3:30~3:40の放送は、「特色ある地域~国際交流をいかした地域づくり~」です。
yorosikufun06190321.jpg
現在、日本には260万人以上もの外国人が暮らしています。「言葉や習慣が違うのにどうやって暮らしているんだろう」と疑問に思った3人を代表してココロが調査に出かけます。向かったのは、日本の中でも、特に多くの外国人が暮らしている地域のひとつ、静岡県・浜松市です。
yorosikufun08190321.jpg
ココロが取材を進めると浜松市のスーパーマーケットには、日本人になじみのない商品がたくさん。ココロも外国の食文化に触れてみます。
yorosikufun11190321.jpg
さらに、言葉や生活習慣の違う人たち同士がともに暮らすためのサポートをしている「多文化共生コーディネーター」の松岡さんにも出会います。浜松のように、外国人も日本人もお互いに気持ちよく暮らすためにはどんなまちづくりをすればいいのか、松岡さんの活動を通して考えていきます。


3月22日(金)午後3:30~3:40に放送するのは、「水をくりかえし使う工夫」です。以前、上水道の仕組みを知った3人は、使った水がどうなるのか疑問に思います。そこでチズルが調査に出かけます。
ファンファンに転送された先は、首都・東京…の地下にある下水道管の中!東京23区の下水道管をつなげると、長さはなんと 16,000km。東京とオーストラリアのシドニーを往復できる距離だそうです。
20190301fanfan9.JPG
下水の中には、大量のゴミも混ざっています。下水処理場(水再生センター)で15時間かけ、目に見えない汚れも取り除き、きれいな水によみがえらせていました。
安全な水を当たり前のように使っている日本ですが、そこに至るまでには問題を改善しようと働く人の努力と、仕組み作りの歴史があったのです。

20190301fanfan10.JPG

私たちの生活は、さまざまな人の努力や、それを作り上げた歴史の上になり立っていることを改めて感じます。子どもたちの社会科学習の参考に、ぜひよろしく!ファンファンをお役立てください。

よろしく!ファンファン
「特色ある地域~国際交流をいかした地域づくり~」
<Eテレ 21(木・祝)午後3:30~3:40> 
<Eテレ 26(火)午前9:40~9:50>(再)

「水をくりかえし使う工夫」
<Eテレ 22(金)午後3:30~3:40> 
<Eテレ 27(水)午前9:40~9:50> (再)

番組ホームページでも視聴できます。      

                    

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:18:19

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲