2017年02月23日 (木)TVシンポジウム「人工知能の時代 今必要な教育とは」 (2/25 )


170223tv.png

シンポジウムやパネルディスカッションなどの様子を伝える番組  TVシンポジウム  。今回は、人工知能が本格的に普及する時代に向けた教育のあり方についての、パネルディスカッションの模様をお届けします。

今、さまざまな分野で、人工知能、いわゆる「AI」の活用が広がっています。人口減少社会において、これまで人間が行っていた仕事の多くをAIが担うことについての、期待や不安の声が高まるとともに、人間には、AIを活用するうえで必要なクリエイティビティーや判断力などが、今まで以上に求められると言われています。

本格的な「AI時代」の到来を前に、学校教育は「人間ならでは」の能力を鍛え伸ばすために、何をすべきなのでしょうか?
今回のパネルディスカッションでは、プログラミング教育やプレゼンの制作、美術教育などを通して子どもたちのさまざまな力を育もうとする学校現場の取り組みをVTRで紹介。その様子を見ながら5人のパネリストが議論します。

〈パネリスト〉
石川正俊さん (東京大学大学院情報理工学系研究科長)
落合陽一さん (筑波大学図書館情報メディア系助教 /メディアアーティスト)
白川寧々さん  (タクトピア(株)北米統括・共同創業者/MIT Global Entrepreneurship Bootcamp公認講師)
西 和彦さん (須磨学園学園長/元マイクロソフト社副社長)
美馬のゆりさん(公立はこだて未来大学システム情報科学部教授)

〈司会〉
早川信夫解説委員


TVシンポジウム 「人工知能の時代 今必要な教育とは」
〈 Eテレ 25(土) 午後2:00~2:59 〉

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:00

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲