2017年02月15日 (水)「ぼくの絵わたしの絵」ゲストの西野亮廣さんにインタビュー!


170215boku.jpg

ぼくの絵わたしの絵~第76回全国教育美術展から~ は、全国教育美術展に集まった子どもたちの絵を通して、その成長を見つめる番組です。

ことしで76回目を迎える全国教育美術展には、全国の幼稚園、保育園、小学校、中学校から、およそ12万点の応募がありました。特選作品を紹介するこの番組では、お笑いコンビ キングコングの西野 亮廣(あきひろ)さん(写真中央)と、美術展の審査員で筑波大学名誉教授の画家・山本文彦さん、渡邉佐和子アナウンサーが、子どもたちの思いを読み解いていきます。

収録を終えた西野さんに感想を聞くと、「いやー、楽しかったです!!」と、興奮さめやらぬ様子。「じっくりと子どもの絵を鑑賞したのは初めてでしたが、どれもすばらしいですね。『実物とはちょっと違っちゃうけど、私はここを描きたいの!』」という思いがビシビシ伝わってきました!」と話してくれました。

番組では、<幼稚園、保育園の部><小学校の部><中学校の部>の順に作品を紹介していきます。「年齢を重ねると、絵に奥行きが出てくるんです。子どもの1年2年ってこんなに大きいんだな、子どもってこんなに早いスピードで、見える景色が違ってくるんだなって、びっくりしました」と西野さん。絵を鑑賞しながら、子どもたちの成長を実感されたようです。

お笑いタレントとして人気の西野さんですが、実は絵の腕前は個展を開くほどです。最近では絵本作家としても注目を集めています。クリエイターとして子どもたちの絵をどう感じましたか?
「子どもたちの絵に共感したり、刺激を受けたりしました。ぼくは絵を描くとき、“正しく描く”より“楽しく描く”ようにしています。例えばお城を描くとき、瓦があった方がいいなと思うと、実際には見えていなくても瓦を描いちゃいます。そんなところが、通じるのかもしれませんね」。

実物とはまた違った色使い、大胆な構図、驚くようなち密さ・・・。西野さんも舌を巻いた子どもたち絵の数々を、ぜひお楽しみください!

ぼくの絵わたしの絵~第76回全国教育美術展から~
< Eテレ 18(土) 午後 3:00~3:30 >


※ 展示のお知らせ
「ぼくの絵わたしの絵展」 は、2/21(火)から3/5(日)まで、東京・渋谷のNHKみんなの広場ふれあいホールギャラリーで開催されます。また4月から9月にかけて、各都道府県の優秀作品をNHK各放送局のロビーなどで展示します。



投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:30

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

是非再放送してください!
もう一度観たいです
子供たちの発想力すごいですね
録画すればよかったー

投稿日時:2017年02月18日 15:40 | はまだやすこ

コメントの投稿

ページの一番上へ▲