2015年12月07日 (月)とことん知りたい!ノーベル賞 (12/12)


151207toko.jpg
 
今年のノーベル賞は、医学・生理学賞の大村智・北里大特別栄誉教授(80歳)、物理学賞の梶田隆章・東大教授(56歳・写真)の2人の日本人の受賞が決定しました。
 
大村さんは、各地の土壌から5万を超える微生物を取り出して培養。微生物の作る化学物質から、医薬品のもとを見いだしてきました。今回の受賞理由は、放線菌の一種が作る「エバーメクチン」の発見です。アフリカなどで発生する寄生虫感染症の特効薬につながっており、現在までに何億もの人が恩恵を受けています。
 
梶田さんは、素粒子・ニュートリノが姿を変える「ニュートリノ振動」を発見。これによって“質量ゼロ”と考えられていたニュートリノが質量を持つことを示し、物理学の基本法則を変える大発見として注目されました。
 
ノーベル賞授賞式は、日本時間12月11日の未明に行われる予定です。番組では受賞の興奮冷めやらぬ夜に、偉大な業績を成し遂げたお二人の研究の内容や、研究者となるに至った半生、そしてノーベル賞受賞の秘話などを、とことんご紹介していきます。
そこから見えてくるのは、仕事に対する情熱や、プロジェクトを活かすリーダーシップなど。研究の世界にとどまらず、私たちの心に刻みこみたいメッセージです。
 
スタジオゲストは、梶田隆章さん(写真)、荒俣宏さん、オスマン・サンコンさん、菊地亜美さん、水道橋博士さん、西田ひかるさん(50音順)。司会は鎌倉千秋アナウンサーです。
 
 
とことん知りたい!ノーベル賞
 〈総合 12(土)  午後10:00~11:00〉
 
 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:15:40

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲