2015年02月26日 (木)クローズアップ現代 「子どもの心が"折れて"いく~震災4年 被災地からの報告~(仮)」 (3/5ほか)


150226clo1.jpg

最近の社会世相問題や注目のトレンドなどを、ドキュメンタリーと解説者のトークを絡めてお伝えする情報番組 クローズアップ現代 。今回のテーマは、被災地の子どもたちの心の問題です。

震災直後、深刻な被害を受けた被災地の子どもたちに急増した、PTSDなどの心の病。そうした症状は時間の経過とともに改善傾向にありましたが、4年たった今、別の形で異変を訴えるケースが出てきています。
その背景にあるのが、子どもたちの「頑張り疲れ」です。家族を心配させたくないと、自らの心の傷を封印し、頑張ってきた子どもたちの心が限界に達しはじめているのです。また、震災の恐怖を言葉にできなかった幼い世代の子どもたちが、はき出せなかった思いを抱え込んだまま、精神状態が不安定になったり、不登校になったりするケースも相次いでいます。

震災から4年を経て現れはじめた、新たなSOS。専門家は「震災による“余波”の影響が出始めた」と指摘します。NHKが被災地の小中学校に行ったアンケートでも、今後こうした問題がさらに深刻化するのではないかと懸念する声が相次いでいます。

番組では、今、被災地の子どもたちの心に何が起きているのか伝え、社会がどう支えていけばいいのか考えます。

スタジオゲストは、児童精神科医/宮城県こども総合センター所長の本間博彰さんです。

150226clo2.jpg

クローズアップ現代 「子どもの心が“折れて”いく~震災4年 被災地からの報告~ (仮) 」
<  総合 3/5(木) 午後7:30~7:56  >
<  総合 3/6(金)  午前0:10~0:36 > =5(木)深夜  (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:30

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲