2015年02月03日 (火)学ぼうBOSAI シリーズ 地球の声を聞こう「大雪災害にそなえよう」 (2/5ほか)


150201bosai1.jpg

さまざまな自然災害に襲われる日本列島。学ぼうBOSAI  は、子どもたちが自然災害を正しく知り、命を守るためにどう行動したらいいか、自ら考えることを目指す番組です。今回は東京の小学5年生が、独立行政法人防災科学技術研究所 氷雪防災研究センターの上石勲さんと、大雪について学びます。
 
世界有数の豪雪国である日本。最近では太平洋側の地域でも大雪による災害があり、雪害はいまや日本の広い地域で起こる災害のひとつです。
大雪から身を守るには、まず雪をよく知ることが大切!上石さんが積もっている雪を掘ってみせると、層に分かれています。上の雪は降ったばかりで軽く、下の雪は固まっていて重いのです。この雪の性質の違いが災害と大きく関係してくるそうです。

そうした点をふまえ、子どもたちは、雪を使った実験に臨みます。屋根の上に積もった雪が地面に落ちる時の衝撃を目の当たりにしたり、風速5メートルほど(小枝を揺らす程度)の風でも、風とともに雪を正面から受けると、耐え切れないほどの辛さを感じたり。
また、ミニチュアの車を利用して、風速10メートルの吹雪ではどのように身動きが取れなくなっていくのかを再現するなど、雪の恐ろしさを感じていきます。そして、雪の性質を知ったうえで、大雪災害に備えるポイントを理解します。

150201bosai2.jpg

学ぼうBOSAI  シリーズ 地球の声を聞こう 「大雪災害にそなえよう」
< Eテレ 5(木) 午前9:30~9:40 >
< Eテレ 8(日) 午後6:30~6:40 > (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲