2014年08月19日 (火)「君が僕の息子について教えてくれたこと」アンコール放送決定!(8/28、9/13)


140819kimi.jpg

16(土)に放送し大反響をいただいた 君が僕の息子について教えてくれたこと 。多くの再放送希望の声におこたえして、28(木)と9/13(土)にアンコール放送することが決定しました!

君が僕の息子について教えてくれたこと は、自閉症である自分自身の心の内をエッセイに書いた東田直樹さんと、それを英訳した作家のデイヴィッド・ミッチェル氏の交流を描いた番組です。自身も自閉症の息子を持つミッチェル氏は、この本を読み息子の気持ちがわかってきたと言います。日本の若者と外国人作家の出会いから生まれた、希望の物語をお届けします。

君が僕の息子について教えてくれたこと   アンコール放送
<総合 8/28(木) 午前1:30~2:29 >  ※一部地域を除く
<総合 9/13(土) 午後3:05~4:04 >

★ NHKオンデマンド での配信も開始しました。こちらもぜひご利用ください!
 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:45

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

アンコール放送の決定、本当に喜ばしい限りです。
番組制作スタッフの皆様、ありがとうございます!!。

今度は連休中とはいえ、日中の放送なので、
多くの皆さんの眼に触れて、少しでも自閉症の方への理解と協力が進むように心から願っています。
再放送、今からとても楽しみです。
私たちもこれからは価値観を変えて暮らしていきたいです。

投稿日時:2014年08月19日 16:57 | チッチ☆

この番組はNHKだからこそ作れたものと思います。
伝える側の感性がとても大切です。
何を伝えたかったのかちゃんと視聴者に伝わっていると思う番組です。これからもドキュメントのNHKでいてください。

投稿日時:2014年08月19日 18:46 | kanazawa shinichi

18日の放送を見ました。
一言で言い表せないほど感動しました。

まだ幼児の我が子が重度の自閉症です。
一年ほど前から東田さんのことを知り、
東田さんの本は何冊も読んでいましたが、映像での直樹さんは初めてで、
ポインティングの様子は、実に興味深く拝見しました。

投稿日時:2014年08月19日 20:52 | わかば

「君が僕の息子について教えてくれたこと」、追加再放送が決まりました。8/28(木)午前1:30~2:29 総合テレビ ※一部地域を除く
よろしくお願いいたします!


投稿日時:2014年08月20日 15:08 | 番組制作スタッフ

自閉症に対する見方が変わりました。東田くんの純粋で温かい心が伝わってきて、「自ら閉ざす」という自閉症という名前は変えるべきでは…と思ったりしました。
自分の中に自閉症に対する誤解と偏見があったことに気づきました。
素晴らしいドキュメンタリーをありがとうございました。

投稿日時:2014年08月21日 09:37 | ほんてり

「君が僕の息子について教えてくれたこと」、NHKオンデマンドでの配信も開始しました。こちらもぜひご利用ください!
https://www.nhk-ondemand.jp/

投稿日時:2014年08月21日 14:04 | 番組制作スタッフ

息子が自閉症です。
同じように自閉症の子どもをもつママさんから、
番組のことを教えてもらいました。

少しでも子どものことを理解したいので、
ぜひ見たいと思います。

投稿日時:2014年08月21日 19:45 | ☆☆☆

以前より東田さんのエッセイを読んでいましたが、会話ができないのに文章が書けるということの意味が良く理解できず、この番組を見て初めて納得がいきました。言葉とは何か、コミュニケーションってどういうこと?人間は何のために生まれて生きていくのか、人の幸せって何?色々なことを考えさせられました。「健常者」こそ見るべきだと思いました。

投稿日時:2014年08月25日 20:54 | yamanamiyuki

自閉症の児童にかかわる仕事をしています。
自分の思いを表現できない中にいる彼らの苦悩を改めて知り、また東田さんの言葉によって苦悩とはまたちがう自由な思いも知り、自閉症の人たちへの理解をひとつ深められた素晴らしい番組でした。
100人に1人いるといわれる自閉症の方たちがすこしでも幸福に生きられるようかかわる私たちはどうしたらよいか、希望を持って考えてゆくことができる機会となりました。

投稿日時:2014年08月26日 22:21 | CHOCOMELON

わたしは、自閉症やアスペルガー症候群、ダウン症等の発達障害の子どもたちの支援に携わっている一職員です。去年の秋に、東田直樹さんの本を手にして読み、子どもたちとの関わり方の手がかりがあるのではないかと、東田直樹さんをもっと知りたいと思っていました。そんな中、NHKでのドキュメンタリー番組を、放送当日のTV欄で見つけ、拝見しました。人を刺すような視線が恐いとのことで、ハッとさせられました。また、親に望むこととして、そのままでいい、充分だと思うとの言葉に、一気に涙が溢れました。わたしは親ではありませんが、携わっている者として、心を打たれました。この言葉を、障害をお持ちの親御さんに聞かせてあげたい。そんな想いが込み上げました。是非、DVD化にしていただけたらと強く願うばかりです。

投稿日時:2014年08月27日 02:23 | kotetsu

たくさんの人が、この番組を観て、自閉症の方への理解が、どんどん広がってほしいと思います。
たいさんの人が観るいい時間帯に、再放送されるといいな。
毎日、本当にたくさんのエネルギーを使い、精一杯の力で生きていらっしゃる姿を見させていただき、いろんな事を感じることができました。
普段の生活の中に、カメラが入ることは、大きなストレスを感じただろうと思います。東田直樹さん、ご家族の皆様、本当にありがとうございました。

投稿日時:2014年08月28日 21:38 | 彰太郎

 先日の再放送を、息子が卒業しました特別支援学校の恩師の方から教えていただき、視聴いたしました。とても感動しましたので沢山の方々へメールでお知らせしております。
 できましたら、ゴールデンタイムでの再々放送も考えていただけると自閉症スペクトラムへの理解ある支援にもっとつながっていくのではないかと保護者として希望をもっております。テレビの影響力はとても大きいものがあります。
 東田直樹さんのご本をデイビッド・ミッチェル氏が翻訳してくださったことで世界中の方々が影響をうけ、テレビの力でまた日本でも話題になる。まさに希望の連鎖ですよね。スタッフさん、感謝しております。

投稿日時:2014年08月31日 19:58 | k太郎の母

いよいよ明日13日また再放送があるので見させて頂きます。
録画を何度も視て感じたことですが、
ナオキさんのお母様が、とても温かい心と態度で見守っておられることを感じました。
私の廻りには、自分の望む通りにならないとすぐに声を荒げて責め続ける人が多くて・・。
色々考えさせられます。

それと濱田岳さんの本の朗読が、声のトーンも語りかたもとてもビッタリで良かったです。
続編が作られるなら、是非また濱田さんの朗読でお願い致します。
こういう番組を作成して世間に広めて下さる事は、NHKさんの大事な「存在意義」のひとつだと思います。

投稿日時:2014年09月12日 15:46 | チッチ☆

再放送をたまたま見つけ見ました。軽度の自閉症な息子ですが、その分、わかりづらく「どうして言わずすぐ泣くの?どうしてすぐ怒る?」理解すまでが時間がかかりました。コミュニケーションの難しさです。

この番組をみて本当にたくさんの方に見てもらい理解していただき、障害を持っている子でも普通の子と同じように社会に出れるよう努めてほしいと思いました。

投稿日時:2014年09月13日 17:48 | coco☆

パニックになったり、雷の音を極度に怖がったり、興味あるもには天才的な才能がある。
自閉症の特徴だったのですね。
マイナスの部分に目を向けるのではなく、その子の優れてる才能を伸ばしてあげる。
自閉症の人の気持ちが、少し理解できてよかったと思う。
大学の授業や講義などでは、実感できなかっただろう。

投稿日時:2014年09月13日 21:00 | nana

再放送である9月13日、本日はじめて見ました。帰ってきた子どもや友達にすばらしいドキュメンタリーをやっていたよ!!と 興奮して話しました。みんな私も見たかった。といっていましたが今日のが再放送だったのですね。再々放送はありませんか? 東田さんの清らかな言葉に心に 心が揺さぶられました。。

投稿日時:2014年09月14日 01:15 | 二宮千佳子

何の気なしに見始めたけど、涙がでるほど心にしみました。主人も是非見たいといってます。他人の視線を鋭く感じてるとは!脳がカバーするため他の脳の部分が発達するとか!飛ぶって心を開放してるんだ!とりとめなくかきましたけど、よろしくお願いします。

投稿日時:2014年09月14日 18:43 | めい

 自閉症児の父です。ちょっと投稿遅すぎですが、すばらしい番組です。
 東田さんが、健常者にあたかも別の世界からの言葉を通訳してくれているように感じます。どんな専門家の文章も、そうなんかなー・・という感覚がぬぐえませんでしたが、この番組を見て息子の心に少し近づけたような気がして感激しました。世界中の自閉症に関係する人の役に立つものです。
 この放送を見たかどうかで一般の方も自閉症への理解は大変違うと思いますし、本だけでは十分理解できないため、ぜひDVD化して、教育関係の方や啓発イベントで使えるようにして頂きたいです。また、数年後、続編の企画を心より希望します。

投稿日時:2014年09月23日 01:11 | k1

11/24(月・振替休日)の午前10時から再放送があるようですね。喜ばしい事です。休日だから、たくさんのかたの目に触れる事を願っています。視聴すればきっと今までの固定観念が覆ると思うから、NHKさんには何度でも再放送を望みますし、直樹さんのその後も、短くても良いから自然なドキュメンタリーを作って頂きたいです。再放送 ありがとうございます。

※君が僕の息子について教えてくれたこと アンコール放送
<総合 11/24(月・振替休日) 午前10:00~10:59 >  一部地域を除く

投稿日時:2014年11月20日 10:58 | チッチ☆

番組を観ました
大学三年生の男子です

日常生活で障害者の方を見かけることは多々あります
普段は理解あるつもりでいても電車で隣に座られたりすると正直嫌です
そんな日々の視線がいかに人を怯えさせてしまっているか痛感しました

東田さんの溢れる思いを必死に言葉にする姿とそれを支えるお母さんの姿が本当に格好いいです。

本も読ませていただきたいと思いました。

投稿日時:2014年11月24日 11:38 | watson

24日の再放送みました。
パート仕事とはいえ自閉症の子など数人の障害を持つお子さんと接しています。その子達と映像が重なり、そう感じてるんだ、と知らされたり、ごめんね、解ってあげられなくて、と涙が出てきました。
これからも、笑顔で、何を感じているのか私も感じられるようにしていきたいと思いました。良いところを見出すようにしていきたいです。
自閉症のお子さんと目を合わせうたを歌ったり会話にならない会話をしてるとき、穏やかな気持ちになります。そういう時間でも大事にしていきたいと改めて思いました

投稿日時:2014年11月24日 11:39 | CHUCHU

今までの放送に気づかず、今日11/24(祝)初めて拝見しました。
私は直樹さんが怖いという『刺すような視線』を投げていた一人だった気がします。
‘普通の社会生活’の合間に遭遇する‘特別な人’から、いつもの生活を邪魔されないかという警戒感からだったかも知れません。
直樹さんの脳内の検査で、伝達能力に障害がある分、相手の意図を読み取る能力が、発達しているとの結果が出ました。
私を初め、社会の一員として毎日忙しく働き、税金を払い‘まとも’に生きているつもりの人々の中には、社会人として問題なくやっていく能力と引換えに、もっと大切な本来の能力を犠牲にしてないかという疑問が沸きました。人生で大切なことを判断する能力を失い、優先順位を刺し違え、自分が必死に守っているものが何なのかも見失っていた気がします。

流行りのCMソングの歌詞ではなく、
自閉症の直樹さんから出た言葉だからこそ、
嘘みたいにまっすぐな真実の言葉が、真理として素直に胸に心地よく刺さりました。
直樹さんが、素晴らしい家族の元に生まれたことにも感謝したいです。

何度目になるかわかりませんが、再度アンコール放送を希望します。

投稿日時:2014年11月24日 11:48 | yt

11/24の再放送をたまたま家に居て見ました。主人の妹の子ども次男小1の子が自閉症です。家族として出来るだけ支援していきたいと考えていましたが、具体的に何をやっていけばいいか分かりませんでした。
放送を見て東田さんの思っている事がストレートに伝わってきました。とても感動しました。そして希望が持てました。何度も何度も放送してほしいです。放送を見ながら番組を丁寧に作られているのが読み取れました。本だけでは分からない部分もあるので改めて映像って凄いなと思いました。DVD化を強く希望します。

投稿日時:2014年11月24日 16:41 | たかみ

5月4日(月・祝)の13時05分から14時04分に、総合テレビで再放映があるようですね。有難うございます。このように度々再放映して頂けると有り難いです。
何か忘れてはいけないもの、物事を決めつけないでちゃんと考えなくてはいけないこと。
この番組はそんなことを思い起こさせてくれます。また静かに拝聴したいと思います。

投稿日時:2015年04月28日 15:52 | チッチ☆

 過去の放送を知らずに、今回初めての視聴でした。今まで見れなかった事が残念でなりません。もう1度、いや2度見たいです!ぜひ、再放送をお願いします。

投稿日時:2015年05月04日 14:17 | 福岡志保美

コメントの投稿

ページの一番上へ▲