2013年11月06日 (水)おはなしのくに 「みにくいあひるの子」 (11/11)


131106ohanashi1.jpg

おはなしのくに 第13回のお話は、アンデルセン童話の「みにくいあひるの子」です。

アヒルのお母さんが卵を温めていると、次々とかわいらしいひながかえります。でも最後にかえったひなは、大きくて灰色の毛をして「グワッグワッ」という汚い声を出す、“みにくいあひるの子”でした。
兄弟たちからいじめられ、母親からも冷たくされて、たまらずに巣を飛び出したみにくいあひるの子。でも、外でもみんなの仲間に入れてもらえません。凍えそうになりながら一人で寒さに耐えるうちに、暖かい春がやって来て・・・。

語り手は、俳優の奥村佳恵さんです。バレエの動きを交え、みにくいあひるの子の気持ちを優美に表現します。

131106ohanashi2.jpg

131105ohanashi3.jpg

おはなしのくに 「みにくいあひるの子」
< Eテレ 11(月) 午前9:00~9:10 >

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲