おしらせ

2018年05月10日 (木)放送教育研究会全国大会(広島大会)へ向けて!スタートアップ研修会開催


20180508hirosima3.jpg

11月16日(金)17日(土)に放送教育研究会全国大会(広島大会)が行われます。公開授業や実践発表を行う先生に広島大会での方向性を確認し、内容を深めるための「スタートアップ研修会」が4月22日(日)に広島市立川内小学校で行われました。
20180508hirosima1.jpg
まず最初に広島大会実行委員会より「広島大会の主旨」が提示されました。
●テーマは“未来型授業”(下図参照)
●今、ICTやNHK for Schoolなどのデジタルコンテンツが開発され、自由に使える環境が整ってきた。
●それを活用すれば、新学習指導要領が求めている「主体的、対話的で深い学び」を効率的、効果的に実現できる可能性がある。
●教育者にはデジタルツールやコンテンツを適切に扱う「技術」、創造的に扱う「工夫・努力」が必要。例えば「指導計画を立てる際に、普段使いでデジタルツールの活用を位置づけられる“技術”」「番組を見ることで生まれた子どもの思考や発言を、コーディネートする力をつける“努力”」のこと。
⇒それらを研究し、よりよい方向性を見いだして“未来型授業”を目指すのが「広島大会の意義」

20180508hirosima7.jpg


それを元に堀田博史先生(園田女子大学 人間健康学部 教授)が、広島大会でのルーブリック(子どもの学習到達状況を評価するための、評価基準)と、そのために必要なチェック項目を挙げてポイントを説明してくださいました。
20180508hirosima5.jpg

20180508hirosima6.jpg

今回、事前に「自分がやろうとしていること、目指しているところ、その方法」などについて授業者に対してアンケートを実施していました。改めてそれが「大会主旨」「大会のルーブリック」に沿っているかどうかのチェックをし、その後、公開授業担当の先生は学校別に、実践発表担当の人はグループ別に分科会を行いました。

20180508hirosima8.jpg

20180508hirosima9.jpg
予定していた内容を今大会に向けてどう軌道修正するか、どのように深めていくか、各分科会で熱く議論が交わされ、30分の討議時間があっという間に過ぎていきました。

最後は各グループの代表が、分科会で再考した結果や、新たな方向性、公開授業や発表を深めていくために、これかやるべきことを発表し、互いの目標を確認しあいました。
20180508hirosima10.jpg
この「スタートアップ研修会」の会場でもあり、広島大会の公開授業校でもある広島市立川内小学校の山田明美校長先生は以下のように語ってくださいました。

20180508hirosima11.jpg
「この研修会前までは“とにかくきれいな公園を作ろう”のように、実践される先生方の目標は漠然としたものでした。それが今日、しっかりと具体的な目標になったと思います。全体はどんなデザインで、どんな仕上がりの公園なのかがわかった。ならばそれを生かすために私はこんな花を咲かせよう、という明確な意欲が各先生に芽生えたようです。
広島大会は“未来型授業”を掲げていますが、それは「難しい機器を無理に使う」授業ではなく、タブレットなどを簡単に授業に取り入れる方法があることを知り、それによって効果的な学習ができるようになることです。
また、NHK for Schoolのコンテンツは全国どこでも繋がり、使える教材です。各学校によってICT機器の環境は違っても、NHK for Schoolならば全国で同様の活用ができます。NHK for Schoolを使った新たな授業の発信が広島からできればと思っています。」

いよいよ本格始動した広島・全国大会。11月に広島で“未来型授業”が花開く瞬間を、楽しみにお待ちください。

放送教育研究会全国大会(広島大会)

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:18:34 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2018年04月24日 (火)Nコンのサイトで「青春のそばにNコン」「課題曲について語ろう!」投稿募集中!


20180424nkon1.jpg

Nコン(NHK 全国学校音楽コンクール)は、全国約2500の小中高校が参加する合唱コンクールです。
2018年度は、「第85回」のメモリアル・イヤーです。昭和7年にコンクールが開かれて以来、Nコンのステージでは様々なドラマが生まれてきました。
そこでホームページでは青春のそばにNコンと題して、青春を彩った、とっておきのNコンエピソードを募集しています。
20180424nkon2.jpg
「合唱で仲間と一つになれた」「上手く歌えず苦しんだ時に先輩の一言に救われた」「一生の恩師と出会えた」など、現役合唱部、元Nコン参加者、ご家族の方からの投稿も大歓迎です。
20180424nkon3.jpg

20180424nkon4.jpg

周りのNコン参加者、Nコンの経験者に、こんなNコンへの思いを語るコーナーがあることをお伝えください。そしてぜひ投稿していただければと、スタッフ一同心待ちにしております。
20180424nkon5.jpg
ホームページにはもうひとつ投稿コーナーがあります。それは課題曲について語ろう!です。今年のNコンの課題曲は、小学校の部 『出発』、中学校の部 『Gifts』、高等学校の部 『ポジティブ太郎 ~いつでも始まり~』(曲名をクリックすると各曲の参考ページにとびます)。課題曲の「歌詞のここが好き!」、「このメロディーがお気に入り♪」など、課題曲への感想を、どしどしお寄せください。
現役合唱部の人はもちろんそれ以外の方々、課題曲を聞いた児童・生徒、番組などで課題曲を聞いた人たちなどからの投稿もお待ちしています。いろいろな人の感想、意見がNコン参加者の練習のヒントになるかもしれません
20180424nkon6.jpg
コンクールに直接参加しなくても、Nコンに思い出や興味のある人、課題曲を聞いて心に響くものを感じた人は、全員が“Nコンの仲間”です。全国各地のみなさんの力で、今年のNコンを盛り上げていきましょう。

Nコン2018ホームページ

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:20:16 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2018年04月16日 (月)ますます広がる動画クリップ活用授業! 「動画クリップ セレクション100」。待望の「小学校社会編」が公開!


20180410syakai3.jpg
NHK for Schoolのサイトで配信している学習内容のエッセンスを簡潔にまとめた動画クリップは、約7000本あります。その膨大な中から、学習指導要領に即して厳選した動画を集めたのが「動画クリップ セレクション100」シリーズです。

既に公開している小学校理科編には「見たい動画クリップがすぐ見つかった」「学年と単元で探せるので効率的」「今まで見たことのなかった動画に出会えた」と現場の先生方から好評をいただいています。
そしてお待たせいたしました!「社会科はないの?」「社会科も欲しいのに・・・」といったお声にお応えし、小学校社会編が公開です!

まずは現行の学習指導要領に合わせた小 5と小 6の内容がオープンします。「明日の授業にすぐ役立つ」ように、各単元で、必須のポイントを含むもの、映像で理解を深めたいもの、資料として使用頻度が高いものなどを選び抜きました。
使い方は簡単!学年を選び、次に単元名をクリックするだけで、その授業に最適なクリップが出るしくみになっています。
例えば【6年生の社会科、(1)我が国の歴史上の主な事象「天皇を中心とした政治、日本風の文化」の学習】を想定してみましょう。

① 学年を選ぶ→6年生を選びました。

201809410syakai1.jpg

② 単元を選ぶ→(1)我が国の歴史上の主な事象 の上から2つめ「天皇を中心とした政治、日本風の文化」をクリックしました。
20180419syakai2.jpg
③ クリップが出てくる→12種類のクリップが出てきました。どれも「天皇を中心とした政治、日本風の文化」に関係する、重要な動画です
20180410syakai4.jpg
ここで便利なのが、プレイリスト機能です。小単元ごとにまとめて一括登録することが可能です。先生が選んだプレイリストを、教室で子どもたちのタブレットなどと共有することもできます。
20180410syakai5.jpg
グループ学習をしたい場合、子どもたちにプレイリストを送り「貴族制度など、人々の暮らしから調べる係」「文化や技術の発展から調べる係」「外国との関係から調べる係」などに分かれて分担視聴できます。
それぞれわかったことを話し合うアクティブな学習を行う際にも便利です。また、プレイリストを基に、子どもたちで自主学習することもできます。
※「プレイリスト機能」詳細についてはNHK for School 2018 番組&WEBガイド(PDF)の2~3ページ、もしくはNHK for School公式アプリサイトをご覧ください。

学習のさまざまな可能性が広がる動画クリップセレクション100 小学校社会編。ぜひ社会科授業の即戦力としてご活用ください。
今回は第一弾として「小5・小6」ですが、今後、小3・小4や中高向けも順次追加してゆく予定です。ご期待ください。

動画クリップセレクション100 小学校社会編
※コンテンツ名をクリックするとサイトへとびます

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:07:00 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2018年04月02日 (月)全日本なわとびかっとび王選手権、チーム参加受付スタート!


20180301kattobi2.jpg
全日本なわとびかっとび王選手権は、全国の小学生が参加し、跳び手が8の字を描きながら1分間次々と大縄を跳びぬけていく「8の字跳びタイムアタック」でチームが跳んだ、のべ人数を競う大会です。昨年度は全国から73チームが参加しました。
20180402kattobibosyuu1.jpg
たかがなわとび?されどなわとび!昨年、4・5・6年生の学年混成チームを率いたキャプテンは「僕にとっての『全日本なわとびかっとび選手権』は『成長』でした」と力強く語っています。参加すれば、仲間と心を一つにすることで、新しい『成長』と出会うきっかけになるはずです。

そんな全日本なわとびかっとび王選手権への参加申し込みがいよいよ4月2日(月)からスタートします。新学期を迎えたクラスが一体となる良いチャンスです。
募集締め切りは6月15日(金)。7月の1次予選のビデオ審査でベスト8が、10月の2次予選でベスト4が決定。そして12月、東京で行われる決勝大会で日本一が決まります。

20180402kattobibosyuu2.jpg

さらに今年度は特別企画として、少人数でも参加可能な1分間ノーミスチャレンジも行われます。クラスを越えたスーパー選抜チームや、強い友情で繋がれた幼なじみチームなど、12人以上の小学生なら、どんなチームでも参加できます。勝ち負けに関係なく、仲間と一緒に1分間ノーミスで8の字跳びを達成するのが目標です。

なお、「本大会」と「ノーミスチャレンジ」の両方への参加も可能です。みなさんの参加をお待ちしています!

全日本なわとびかっとび王選手権
<Eテレ 12月に決勝大会放送予定>

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:07:00 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2018年03月30日 (金)「NHK for School 2018 番組&WEBガイド」がみなさんの学校へ!


20180329riyou5.jpg

 NHK for Schoolでは、このたび、放送番組やウェブコンテンツ、教育イベントなどをご紹介する『NHK for School 2018 番組&WEBガイド』 を作成しました。この冊子はEテレで学校向けに放送、インターネットで配信しているすべての番組を掲載しています。
20180330gaido1.jpg
アクセス数が大きく伸びているウェブサイトや、公式アプリの新機能の情報のほか、新学習指導要領にどう対応していくか、といった特集記事も多数載せています。
20180329riyou4.jpg201803302.jpg
また “現場の先生方がどのように番組を役立てているか”についての実践例、“教育関係者からおすすめしたい番組活用のポイント”なども数多く紹介しています。
20180329riyou2.jpg
どの内容も❛公共メディア❜NHKが経験豊富な先生方の知恵を集め、総力を挙げて執筆いたしました。この機会に、多くの先生方にご覧いただき、『主体的・対話的で深い学び』の実現に向けてお役立て頂ければ幸いです。

このガイド冊子は全国の小学校、中学校、高校、特別支援学校や教育委員会、教職課程のある大学等へ順次お送りしています。
他にも「今度行われる研修で活用したい」「先生方の勉強会で役立てたい」などのご希望がありましたら、手配可能な範囲で送付いたします。その際には、このブログのコメント欄にご一報ください。
新年度もNHK for Schoolを、どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:06:30 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2018年03月29日 (木)今さら聞けない!?NHK for Schoolの著作権


20180327tyosaku1.jpg

まず最初に、NHK for Schoolで制作している番組や動画クリップ、アプリなどは児童、生徒の学習の助けになることを目的としています。ですから、録画の場合もWEBの場合も学校(※1)の授業(※2)内での使用は問題ありません。今回は「4月からさらに活用したい!」とお考えの先生方が「この使い方はどうなんだろう?」と迷わないよう、よくある質問についてまとめてお答えします。

########################

Q番組や動画クリップなどをキャプチャーして、その静止画を授業でのワークシートのような教材や、資料に使用しても良いでしょうか?
A大丈夫です。校内の試験問題などに使用することも可能です。

Q:NHK for Schoolのコンテンツを使って、教育的な出版物・DVDなどの教材を制作することができますか?
Aこの場合「NHKの著作物の通常の利用」に該当するため、所定の手続きが必要です。NHKふれあいセンターへお問い合わせください。

Q:番組や動画クリップのキャプチャーした写真を使って、学級だよりや、校外への報告に使用してもよいでしょうか?
A著作権法上の「引用」にあたる範囲であれば、問題ありません。ただ「引用」する場合は、次の5つの要件を満たす必要があるとされていますので、利用者ご自身の責任において下記をご確認ください。

①区別を明らかにすること
引用する映像や文章と、例えば先生自身が撮影した映像や文章との区別を明確にして下さい。
②出所の明記
NHK for Schoolからの引用であること・番組名・放送日・URLを明記して下さい。
③主従関係が明確であること
引用の部分は必要最小限におさえ、説明や補強のために使用して下さい。静止画の大きさが必要以上に大きかったり、動画が長すぎたりすると「引用」と認められないことがあります。
④必然性があること
文章中、その画像の掲載が説明に必要かどうかを考えた上で使用して下さい。
⑤改変しないこと
伝えたいことを明確にするために、キャプチャーした静止画に矢印のような記号を加えることは問題ありませんが、カラーの画像をモノクロの画像に変えて掲載してはいけません。ただし、カラーの画像を掲載した文書でも、モノクロで印刷することはかまいません。

################
その他、NHK for Schoolの著作権に関する疑問がありましたら、下記NHKふれあいセンターまでお問合せください。
なお、より法律に即した説明が、NHK for Schoolを使用するにあたって のコーナーに記載してあります。こちらもご参照ください。

《お問合せ》
NHKふれあいセンター
https://www.nhk.or.jp/css/goiken/mail.html
ナビダイヤル 0570-066-066

20180327tyosaku2.jpg

※1:この場合の「学校」は文部科学省が定めたもので、小学校、中学校、高等学校、大学、高等専門学校、特別支援学校および幼稚園のほか、専修学校、各種学校、大学校、保育所などが含まれます。
※2:この場合の「授業」は、教育機関での通常の授業(ふだんの授業だけでなく、公開授業や研究授業などでの利用も含まれます。)のほか、特別教育活動の運動会等の学校行事、必修のクラブ活動、林間学校、生徒指導、進路指導などが含まれます。
いずれの場合も、営利目的でなく、かつ当該視聴等に関する直接の対価等を徴収しない形で行うことが前提です。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:00 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2018年01月18日 (木)いじめをノックアウト キャンペーンソング「あの空」"うたってみた" 動画募集中!


 20171127SING1.png

いじめをノックアウトは、「たかみな」こと歌手の高橋みなみさんと、いじめについて考える番組です。番組ホームページ内Sing,Think,Link.「あの空」を歌おうプロジェクト特設サイトでは、「いじめをなんとかしたい!」と思う全国の子どもたちから寄せられた1,308通の歌詞を元に高橋みなみさんが作詞したキャンペーンソング「あの空」を聞くことができます。

20171127SING2.JPG

「あの空」が文科省「全国いじめ問題子供サミット」」のフィナーレを飾ることになりました。高橋みなみさんもサミットにゲスト参加し、全国から集まった小・中学生と一緒に「あの空」を合唱します。

「全国いじめ問題子供サミット」は、いじめ問題に積極的に取り組む地域や学校の児童生徒が集い交流することを通して、このような活動の中心となるリーダーを育成するとともに、創意工夫をこらした多様な取り組みを全国各地で一層進めることを目的に、文部科学省が2015年から毎年開催しています。

「あの空」は去年もサミットのフィナーレを飾る歌に採用されました。今年のサミットは1月20日(土)に東京の文部科学省講堂で行われます。高橋みなみさんは林文部大臣とともに出席し、全国から集まった小・中学生や先生たち285名といっしょに「あの空」を歌う予定です。

*この様子は後日、Sing,Think,Link.「あの空」を歌おうプロジェクト特設サイトでご紹介します

また、特設サイトでは「あの空」を “うたってみた” 動画を募集しています。サイトからは無料でカラオケがダウンロードできます(ピアノ伴奏譜もついた混声3部合唱の楽譜は、楽譜サイトからご購入いただけます)。

曲をそのまま歌っても、自分なりの歌詞で歌っても、ダンスや振り付けをしてもOKです。自由に歌ってください。ひとりで歌うのはもちろん、友だち同士やクラス、学年、学校単位での投稿も受け付けています。投稿していただいた動画は、特設サイトや番組でご紹介する場合があります。

 20171127SING3.JPG

20171127SING4.JPG

詳しくは特設サイト内の専用投稿フォームをご覧ください。いじめを考える一歩として、「あの空」を歌うみなさんの動画をお待ちしています!

 

いじめをノックアウト

<Eテレ 毎週(金)午前9:50~10:00>

<Eテレ 毎週(土)午前6 : 35~6 : 45 , 11 : 30~11 : 40>(再)

※DVDなどのメディアでも投稿可能です。宛先は、

〒150-8001  東京都渋谷区神南2-2-1

NHK「いじめをノックアウト」キャンペーンソング係

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:30 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年12月07日 (木)いじめをノックアウト LINKプロジェクト 意見・アイデア大募集中!


20171127LINK2.jpg 

高橋みなみさんといじめについて考える番組いじめをノックアウトでは、「いじめを減らすために子どもたちが思いついた取り組みやアイデア」をLINKプロジェクトとして募集しています。

 20171127LINK3.JPG

「いじめを減らすために活動しているが、行きづまっている」
「いじめを減らすアイデアを思いついたけど、どうすればいいのかわからない」
そんなみなさんは、相談やアイデアをプロジェクトアイデアを応募するのバナーからどんどん書き込んでください。アイデアが採用されると、実現化に向けてプロジェクトが動き出します。実現させるための情報やメッセージを掲示板でやりとりしながら、ときには実現化に必要な人と会ったり、応援をしてもらったりすることが出来ます。NHKのスタッフもバックアップしていきます。

 20171127LINK4.jpg

そんな中で今日は実現化目前の取り組みを紹介します。沖縄県出身の島尻優楓(しまじり・ゆか)さんがアイデアを出したいつでも相談できるスマホアプリを作りたい!です。

12171127LINK6.jpg

20171127LINK5.JPG

目標達成期限は今年の12/25(月)。冬休み前の実現を目指しています。今現在、掲示板で語りあわれているのは「アプリの概要(機能)についての意見」と「いじめにあったとき“こんな言葉を言われて自分は救われた”というリアル体験談」。目標の実現にはみなさんの力が必要です。今すぐ投稿するバナーからみなさんのご意見を届けてください!

いじめをノックアウト
<Eテレ 毎週(金)午前9:50~10:00>
<Eテレ 毎週(土)午前6:35~6:45、午前11:30~14:40>(再)

LINKプロジェクト
※プロジェクトアイデアを応募するには期限はありません

いつでも相談できるスマホアプリを作りたい!
※目標達成期限は12/25。投稿するバナーから今すぐご意見をどうぞ!

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:15:22 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年11月14日 (火)未来広告ジャパン!みんなの作ったCMをさらにお待ちしてます!


 btn_new_02_on.png

未来広告ジャパン!は5年生の社会科の学習に欠かせない映像が10分の放送時間の中に凝縮した番組です。日本の国土、地形や気候の特徴、現場で働く人のインタビューなどをわかりやすくまとめられていて、ホームページでは動画クリップや参考写真も充実しています。

舞台は芋洗坂局長、秘書のミツキ、CM制作をするディレクターのキラトやTan-Qたちがいる「ジャパン広告社」。日本を広く取材し、CMにまとめて、みなさんに情報をお届けしています。番組では「ジャパン広告社」に負けない、子どもたちが作ったCMを大募集中です!

作品募集中のCMスタイルはこの4つです。
●超かんたん!投稿システム
番組ホームページにある、きょうざい画像(写真)を使って、かんたんに投稿できます。ホームページに出ている20のテーマの中からひとつ選び、それにに沿って作ってみてください。

JAPAN12.jpg

●動画で投稿しよう!
子どもたちが撮影した映像を使ったり、お互いに撮影しあったりしたオリジナル動画でCMを作る部門です。テーマは社会科に関係することなら自由です。

JAPAN3.JPG

●静止画で投稿しよう!~新聞・チラシ風~
動画の画面をキャプチャした静止画や、自分で撮影した写真、子どもたちが家の人から借りた写真(許可をもらうよう指導してください)などを使うバージョン。新聞のようにに見出しを工夫したり、写真やイラストを使ったりして、見やすくまとめるアイディアを生かしてください。

JAPAN4.JPG

●音声を投稿しよう~ラジオ風~
動画に自分が映るのは恥ずかしい、動画や写真もいいけれど、現場で働く人たちの話をもっと深く聞きたい!という子どもには特におススメ。話だけでなく、働く現場の音などを入れるとリポートがさらにわかりやすくなり、盛り上がります。

JAPAN5.JPG

投稿していただいたCMは応募条件に合っているかなどをスタッフがチェックして、順次みんなの作品紹介コーナーにアップしています。

JAPAN8.JPG

JAPAN10.JPG

ほかの人の作ったCMを見るのもとても参考になるので、こちらもぜひご覧ください。中にはクラスや学年でまとめて送ってくださっている学校もあって、超充実した内容になっています。

スタッフに話をきくと「今年は本当に応募が多くて、うれしい限りです。撮影機材はスマホやタブレットで十分なので、みんなが実際に撮ってきた動画や写真、音声などを使った作品をもっともっと送ってください!」と、嬉しそうに語ってくれました。

CMの投稿に特に締め切りはありません。「これ、CMにできるかも?」と思ったときが作りどき。子どもたちが考えたこと、感じたことをCMにできるよう、先生からも応援やアドバイスをしてあげてください。

未来広告ジャパン!
<Eテレ 毎週(水)午前9:35~9:45>

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年07月27日 (木)「Q~こどものための哲学」のページがオープンしました!


170727q.jpg

夏のテレビクラブで、日本で初めての子ども向け哲学番組「Q~こどものための哲学」が8月に放送されます。この番組は、幼少期に誰しも抱く疑問について、深く深く考える哲学対話の人形劇です。対話をするのは、小学3年生の少年Qくん(声・本田翼さん)とQくんが大切にしているぬいぐるみのチッチ(声・ガッツ石松さん)です。2人は、毎回、日常の中で抱く疑問「なんで勉強しなきゃいけないのか?」

「かっこいいってなんだろう?」「死んだらどうなるんだろう?」といった疑問を
対話しながら深めていきます。そして、その末に納得できる「自分なりの答え」を見つけていくというストーリーです。 

この番組は、そうした2人の対話劇を見ることで、正解のない問いについて、どのように考えを深めていけばいいのかを学び、アクティブ・ラーニングにおいて不可欠と言われる
思考力と対話力を育むことを目指しています。詳しい番組内容はまた改めてご紹介します。
まずはこちらのページをご覧くださいね。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:17:30 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年07月27日 (木)夏休みWhy?!プログラミングアワード開催中!


20170727why.png

プログラミングをする子どもたちのコミュニティーサイト「ワイワイプログラミ
ング」では、「夏休みWhy!?プログラミングアワード」を開催しています。
小学生から高校生までのU-18を対象に、「ハート」「マス目」「回転」の3つの
お題の中から1つを選んだオリジナル作品を募集しています。
評価基準は、アイデア、情熱、プログラミング技術。初心者にもチャンスがあり
ます。
受賞した作品は秋に放送予定の特番で紹介する予定です。ぜひ、応募してみてく
ださい。応募の締め切りは8/31(木)です。詳しくはこちらのページからご確認ください。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:30 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年07月24日 (月)新しくなったNHKクリエイティブ・ライブラリー


179224cri2.png

NHKアーカイブスの番組や番組素材から切り出した映像や音声を、インターネットで無料で提供しているNHKクリエイティブ・ライブラリー。簡単に楽しく学べる映像制作の授業など、学校での利用も増えてきているサービスですが、今年4月からサイトがリニューアルしました。

新しくなったNHKクリエイティブ・ライブラリーのアドレスはこちらです。
※2018年3月までは、旧アドレスでも、現サイトに転送されるようになっていますが、4月以降は転送がされなくなりますので、今のうちにブックマーク等の登録変更をお願いします。

新しいサイトでは、普及の進むタブレットやスマートフォンでも作品づくりができるようになりました。学校での利用を意識した作品募集テーマとしても、「グリーティング動画」「フキダシ動画」「動画で詠む百人一首」などを用意しています(百人一首は7月中に公開予定)。
どの募集テーマも、PCはもちろん、タブレット、スマホでも作ることができるようになっています。

170724cri.png

●動画で「暑中見舞い」をつくってみませんか

サンプル作品動画
「グリーティング動画」では「暑中見舞い」の動画を募集しています。季節感のある動画素材と、好きなBGM、スタンプや文字を組み合わせて、オリジナルの暑中見舞い動画が作れます。作った作品を投稿していただければ、サイト内に公開します。
※投稿してから公開されるまで、1週間から10日ほどかかりますので、余裕をもってご利用ください。

●リニューアルによって新しい機能も加わりました。
昨年度までの編集ツールでは、投稿しない限り作品を保存することができない仕様でしたが、リニューアル後、編集データを保存すれば、投稿しなくても教室で再生することもできるようになりました。
投稿せずに保存した作品は、画面上部右にある[作品を再生する]メニューで再生することができます。.json形式のファイルをデスクトップなどに保存し、生徒の名前や番号にファイル名をつけなおしておけば、整理も簡単です。

さらに、保存した編集データ(.json)をメールで誰かに送ることもできます。送られたデータは、同じように画面上部右にある[作品を再生する]メニューで再生することができますので、作った暑中見舞いをぜひ家族や友だちに送ってみてください。

利用しやすいサイトを目指しています。
一方で、昨年度までのクリエイティブ・ライブラリーのサイト内編集ツールはFlashの技術を用いていたため、一部の編集機能を制限しています。Flashがセキュリティの面で推奨できない技術になってきていることから、Flashの技術を用いない編集ツールへの移行を進める必要があるためです。
現在段階的なリニューアルを行っていますが、暫くご不便をおかけします。
さらに利用しやすいサイトをめざして、今後もさらにサービスを充実させていきたいと考えていますので、クリエイティブ・ライブラリーをぜひ授業でもご利用ください。

クリエイティブ・ライブラリー「先生方/保護者の方へ」ページはこちらです。

 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:30 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年07月20日 (木)いじめをノックアウト』新企画 「LINKプロジェクト」と「マイスイッチ」に参加しませんか?


170720iji1.jpg

 今回は、高橋みなみさんといじめについてホンネで考える番組いじめをノックアウト において、現在進行中の二つの企画をご紹介します。

170720iji2.jpg

まず一つ目は「LINKプロジェクト」。いじめを減らすために立ち上がる学生をみんなで応援する企画で、プロジェクト第1号は、沖縄出身の島尻優楓さん(18)の「いつでも相談できるスマホアプリを作る」というものです。

170720iji3.jpg
島尻さんは小中学校時代に自分自身がいじめを受けた際、担任の先生に相談をしてもいじめがなくなることがなかったこと、スクールカウンセラーに相談しようとしても予約制ですぐに相談できなかったことなどから、このアイデアを思いつきました。
現在LINKプロジェクトの掲示板では、島尻さんからの質問にみんなで答えたり、自分たちの体験談を語り合ったりしながら、島尻さんのプロジェクト実現に向けて活発な議論が交わされています。みなさんからのご意見もお待ちしています。
また、「LINKプロジェクト」ではみなさんがプロジェクトの発案者になることもできます。

「ホンネを書けるいじめアンケートを作りたい」
「いじめている人に、それっていじめだよ、と言葉以外で伝えるツールを作りたい」

など、いじめを何とかするためのアイデアを募集しています。アイデアはまだ思いついていないけど…という人でもOK。同じような悩みをもっている仲間といっしょにつながれば、素敵なアイデアが生まれるかも!
島尻さんへのメッセージ投稿、新しいアイデア投稿などなど、お待ちしています。

170720iji5.png

二つ目の企画は「マイスイッチ」。いじめでツラい日々。
でも、あることがきっかけとなって気持ちが少し切り替えられた・・・。
そんな“きっかけ”となった“あること”=「マイスイッチ」を募集しています。
その「マイスイッチ」が、同じくツラい思いをしている誰かの気持ちの切り替えに役立てば…。
そんな思いから始めました。
「マイスイッチ」は次の6つのジャンルで投稿をお待ちしています。

    ■歌・音楽             (どんな部分か、どんな歌詞か)
    ■マンガ・小説など 本       (どんな部分か、何巻のどんな場面か)
    ■映画・テレビなど 映像      (どんなシーンか)
    ■ゲーム・ネット         (どんな部分か)
    ■ある人の言葉         (誰のどんな言葉か)
    ■その他(スポーツ・趣味)   (詳しい内容を)

各ジャンルのタイトルだけではなく、「マイスイッチ」と出会う前とその後で、
自分の気持ちがどのように変化したかについても、いじめの体験もまじえて
詳しく教えてください。以上の二つの企画の進展は、8月に放送する
特集番組 いじめをノックアウトスペシャル 第10弾 で紹介する予定です。
詳しい内容や応募方法はこちらからご覧ください。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:16:30 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年05月30日 (火)「夏休み子ども文芸」で、小・中・高校生のみなさんの作品を募集中!


170530natsu.jpg

ラジオ番組 夏休み子ども文芸 では、ただ今全国の小・中・高校生のみなさんの短歌と俳句、川柳を募集中です!

〈短歌〉
お題「自由題」
選者・・・穂村弘さん(歌人)
締め切り・・・7/26(水)

〈俳句〉
お題「麦茶」「夏の蝶」
選者・・・大高翔さん(俳人)
締め切り・・・7/19(水)

〈川柳〉
お題「力 (ちから・りょく)」
選者・・・やすみりえさん(川柳作家)
締め切り・・・8/19(土)

それぞれの作品は、1人3首または3句までです。
送り先や応募方法など、詳細は 夏休み子ども文芸ホームページ をご覧ください。

なお、番組は、〈俳句〉は7/29(土)〈短歌〉は8/5(土)、川柳は8/26(土)の午前11:05にラジオ第1で放送する予定です。

あなたの作った短歌や俳句、川柳が紹介されるチャンスです!すてきな作品をお待ちしています。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:00 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年05月23日 (火)仲間と一緒にいじめを減らす「LINKプロジェクト」に、参加しませんか?


170523link1.jpg

いじめをノックアウト  は、「たかみな」こと歌手の高橋みなみさんと、いじめについて考える番組です。この春、いじめを減らすために立ち上がる学生を応援する「LINKプロジェクト」を始動。いじめを減らすアイデアを実現させるために動きたい!でも仲間がいなくて心細い・・・と思っている、小学生から大学生、専門学校生までの方を募集します。

まずは、番組のホームページに具体的なアイデアを送ってください。同じ思いを持つ仲間と結びつけ、そのアイデアの実現化に向けて応援していきます。

例えば
「ホンネを書けるいじめアンケートを作りたい」
「友達に『いじめだよ!』と言葉以外で伝えるツールを作りたい」
「いじめで苦しんでいる人が相談できるアプリを作りたい」
といったアイデアがあったらぜひ投稿してください。

また、「アイデアは思いつかないけど、参加したい!」という方も大募集しています。

このプロジェクトの取り組みの様子は、8月に放送予定の特集番組 いじめをノックアウトスペシャル 第10弾 で紹介する予定です。

「いじめを減らしたい!」というあなたの願いは、仲間とつながることできっと形になるはず。

詳しい内容や応募方法は こちら をご覧ください。

170523link2.jpg

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:00 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年05月19日 (金)「NHK for Schoolで授業力アップ!」2017年度版更新


170519zyugyou.jpg

ウェブコンテンツ NHK for Schoolで授業力アップ! は、学校現場の先生方が、実際に授業でNHK forSchoolのコンテンツを使った実践事例を掲載しています。
各実践事例では、番組を視聴させる目的や場面、番組に関連した動画クリップの活用方法などをわかりやすく紹介。それぞれに対し、研究者によるアドバイスも載せています。

今年度は、授業実践のラインナップがさらに充実させました!
具体的には、以下のポイントです。
・幼稚園保育所向け番組の実践では、しぜんとあそぼ  ノージーのひらめき工房 の他 ミミクリーズ の実践を増やしました。
・プログラミング教育の導入で話題を集めている Why!?プログラミング の実践事例は、小学校と中学校の両方のものを掲載しています。
しまった! カテイカ 10min.ボックステイクテック など、2016年度の新番組の実践も掲載しています。

「NHK for Schoolを使ってみたいけど、どう使っていいかわからない」という先生、「いつもと違った使い方をしてみたい」という先生、ぜひご覧ください。きっと授業活用のヒントが見つかるはずですよ。

 

NHK forSchoolで授業力アップ!

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:13:40 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年04月21日 (金)「NHK for School 2017番組&WEBガイド」を掲載!


170421guide.jpg

NHK for Schoolポータルサイト では、2017年度のNHK for Schoolの情報が詰まった 「NHK for School 2017番組&WEBガイド」 を掲載しています。NHK for Schoolに掲載しているPDFは、無料でダウンロードすることができます。

「NHK for School 2017番組&WEBガイド」では、新番組  コノマチ☆リサーチ  エイゴビートWhy!?プログラミング をはじめとした番組の情報はもちろんのこと、NHKが提供しているさまざまな教育サービスについても紹介しています。

学校現場の先生にすぐ役立つ読み物も、満載です!
昨年リリースした NHK for School公式アプリ の機能や使い方、NHK for Schoolを利用した授業でICT機器とNHK for School をうまく組み合わせて授業を作る技を「ビギナー編」「中級編」に分けて、わかりやすく解説しています。
スペシャルインタビューでは、中央教育審議会で新学習指導要領の審議にも携わった東北大学大学院の堀田龍也教授が、新学習指導要領の注目ポイントや新しい時代の教育のあり方などについて語ってくださいました。
また、しまった!~情報活用スキルアップ~ のデーモン閣下、おはなしのくに の壇蜜さん、吉岡里帆さんといった、豪華出演者のインタビューも必見です。

この「NHK for School 2017番組&WEBガイド」の冊子は、全国の小中高等学校、特別支援学校にも配布しました。新年度を迎え年間指導計画を立てられる時をはじめ、授業のお供として1年を通してぜひご活用ください。

 

NHK forSchool 2017番組&WEBガイド  (PDF形式)

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:12:30 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年04月18日 (火)「NHKティーチャーズ・ライブラリー」 2017年度新規貸し出し開始!


170418teacer1.jpg

NHKの番組を無料で、高画質DVDで学校の先生方に貸し出しをしている NHKティーチャーズ・ライブラリー 。2017(平成29)年度は、7つのカテゴリー、合計210タイトルがご利用できます。

★ 「平和」カテゴリーでは、沖縄戦の際に実戦に参加した少年ゲリラ部隊の運命を描く NHKスペシャル「アニメドキュメント あの日、僕らは戦場で~少年兵の告白~」(写真1枚目)や、原爆投下直後の広島市内の実態をモノクロ写真からCGで復元した NHKスペシャル「きのこ雲の下で何が起きていたのか」 などの番組の貸し出しを始めました。

★「キャリア」カテゴリーでは、大学生を中心に大きな社会問題となっているブラックバイトを取り上げ、対処法を解説する オトナヘノベル「ブラックバイト~あなたは 大丈夫?~」を追加しました。

170418teacher2.jpg

 ★ 「ともに生きる」カテゴリーでは、親友へのいじめを傍観し、自殺を防げなかった若者の後悔を描く NHKスペシャル「僕はなぜ止められなかったのか?~いじめ自殺・元同級生の告白~」が加わりました。

170418teacher3.jpg

 また、赤ちゃんポストや養子縁組で小さい命を救おうと努力している病院を取材した ETV特集「小さき命のバトン」、多摩川河川敷で暮らすホームレスの人々と猫たちを見つめ、命の尊さを語りかけるETV特集「ひとりと一匹たち 多摩川 河川敷の物語」などの番組も加わっています。

170418teacher4.jpg

★ このほか、「環境」カテゴリーに、全国で深刻な問題になっている野生鳥獣の急増を取り上げたクローズアップ現代+「急増する野生動物被害~拡大の実態~」、「学ぶ楽しさ」カテゴリーに、高校生の俳句作りの現場に密着して俳句の魅力を伝える 俳句甲子園2012~17音に“思い”をこめて~ など、各カテゴリーに新しく番組を追加しました。

 170418teacher5.jpg

★ 今年度は、先生方からのご要望にお応えして、追加番組のすべてについて内容の区切りに合わせたチャプター分割を行いました。今まで以上に授業での使い勝手が向上しています。

NHKティーチャーズ・ライブラリーホームページ には、全ての貸し出し番組の紹介、利用方法、さらには貸し出し番組の活用のポイントや学習展開例なども掲載しています。 
学校現場の先生が、貸し出し番組の学習展開例を執筆した冊子 NHK ティーチャーズ・ライブラリー「利用ガイド」をダウンロードすることもできます。(ダウンロードは こちら から。)
ぜひあわせてご活用ください。

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:11:50 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年04月06日 (木)「全日本なわとびかっとび王選手権」参加チーム募集中! (5/31締め切り)


170406nawa.jpg

NHKでは、「全日本なわとびかっとび王選手権」に参加する小学生のチームを募集しています。選手権は、跳び手が8の字を描きながら、1分間で次々と大縄を跳び抜けていく「8の字とび」で、チームが跳んだ延べ人数を競う、タイムアタック競技です。チームの単位は、40名以下の学級また学年(複数学級・学年でも可。選抜チームは不可)です。
1次予選(ビデオ審査)、2次予選(立ち会い審査)を勝ち抜いた上位4チームが進出。決勝大会〈10/21(土)か22(日)に開催。確定日は、予選後決勝進出チームにお知らせします〉では、トーナメント戦で日本一を決定します。この模様は、10月下旬に総合テレビで放送します。

参加エントリー申し込みの締め切りは、5/31(水)です。詳しい内容や申し込み方法は、全日本なわとびかっとび王選手権ホームページ  をご覧ください。

この大会で最も大切にしていることは、真剣勝負で取り組む中で「クラスの絆」をはぐくむことです。1つの目標に向かって練習を重ねる中でクラスの団結力が高まり、子どもたちには、相手を思いやり、自分を高めていこうとする姿勢が育っていくことを願っています。小学校時代のかけがえのない経験作りの場として、ぜひご参加ください。

 

全日本なわとびかっとび王選手権ホームページ

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:00 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年01月16日 (月)いじめについて語り合う「かたり場」の参加者を募集中!


170116ijime.jpg

「いじめを考えるキャンペーン」 では、いじめについて語り合う「かたり場」の参加者を募集しています。いじめをノックアウト MCの高橋みなみさんや全国各地からの参加者とともに、学校や家では話せないホンネ・トークをしてみませんか?

応募条件はただ一つ。「いじめについて、ホンネで語りたいことがある!」です。
例えば・・・
「いじめられた経験」を伝えて、いじめ問題にモノ申したい人
自分が「なぜ、いじめる側に回ってしまったのか」語れる人
見て見ぬふりをしたことがある人
お子さんがいじめを経験した父母
学校でいじめ問題に取り組む先生

肩書や職業は関係ありません。中学生はもちろん、先生でも、お父さんお母さんでも、おじいちゃんおばあちゃんでもかまいません。世代を超えて語るからこそ見えてくる、いじめを減らすヒントを一緒に探しましょう!

「かたり場」は2月中旬ごろ東京のNHKで収録予定です。その模様は3月に放送する特別番組 いじめをノックアウトスペシャル第9弾 で紹介する予定です。

「かたり場」出演者急募! 詳しい応募方法については こちら をご覧ください。

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:11:20 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲