2017年5月25日

小学校理科専科の先生が語る!新コンテンツ「りかまっぷ」のおすすめ活用法


170525rika1.jpg

NHK for School に、新コンテンツ りかまっぷ が登場しました!
りかまっぷ は、小学校理科・中学校理科の学習指導要領をテキスト解析し、学習項目どうしのつながりを構造化・可視化したものです。
早速、筑波大学附属小学校の辻健(たけし)先生が「子どもの学びにたいへん役立ちます!」という声を寄せてくださいました。りかまっぷ は、先生の立場から見てどう役に立つのでしょうか。辻先生に詳しくお話を伺いました。

★ まず、まっぷ全体を眺めてみましょう!

――辻先生は小学校で理科を専門的に教えていらっしゃいますね。理科の先生から見て、りかまっぷのどんなところが役立つと感じたのですか?

まず、まっぷ全体のデザインにぐっと来ましたね。まっぷ上には空や山などが描かれていて、その上にさまざまなカプセルが散りばめられています。よく見るとその一つ一つに、小・中学校で学ぶ理科のテーマが描かれています。
これを眺めていると、「台所にこんなにカプセルがある。台所って理科が関係しているんだな」といったように、自分の生活と理科を結びつけることができます。私はいつも、理科は教室の中で勉強するだけでなく、それを生活に結びつけるようにしたいと思っているので、いいなと感じました。
そして、いろいろな学年のカプセルがごちゃまぜになって散らばっていることで、学年の壁を越えて理科をとらえることができるのもいいですね。

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:デジタル教材情報 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲