2016年2月25日

家で勉強するようになったけれど


 160225hayakawa.png

 「今どきのこどもたちは勉強しない」と言われ続けてきたこどもの家庭での学習時間が増加傾向にあることが民間の教育研究所の調査から浮かび上がりました。

■ この調査は

 こどもたちの学習への意識やその実態を調べようと、民間の教育研究機関、ベネッセ教育総合研究所が1990年からほぼ5年ごとに行っているもので、今回が5回目です。今回は、全国の71校の小中学校と高校を通じて去年の6月から7月にかけて行い、小学校5年生と中学校2年生、それに高校2年生の合わせて9726人から回答を得ました。前回からの間に東日本大震災が起きたこともあって、9年ぶりに行われました。

■ 調査から浮かび上がったのは

 おもに3点です。一つは、家庭での学習時間がいずれの学年でも伸び、全体として増加傾向にあること。二つめは、中学校の理科を除いて各教科とも軒並み「好き」の割合が増え、授業の理解度も高まっていること。三つめは、勉強をすることを将来「お金持ちになるため」や「幸せな生活を送るため」に役に立つと考える子が増えたこと。これらの結果から、調査にあたった専門家は「学習離れを起こしていたこどもたちの学びの回帰がみられる。90年代初頭レベルに回復した」としています。保護者や学校の先生たちが聞いたら喜びそうな結果かもしれません。

■ 家庭の学習時間の増加について

 今回は、この点にこだわってみていきます。学習時間の平均の推移をみると、小学生の場合は、90年の第1回には87.2分だったのが、2001年の第3回で底を打ち、今回は95.8分と大幅に伸び、調査開始以来最長になっています。中学生の場合も、小学生と同じように第3回で底を打ち、前回の87.0分から90.0分に伸びています。これは、第2回目の96年調査と同じ長さです。高校生の場合は、第1回の93.9分以来、これまで4回の調査とも減り続けてきましたが、今回は前回の70.5分から84.4分と初めて増加に転じました。

【続きを読む】

投稿者:解説委員 | 投稿時間:15:00 | カテゴリ:早川解説委員の教育コラム | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲