2016年2月18日

「おんがくブラボー」出演の3人にインタビュー!


160218b1.JPG

おんがくブラボー は、「演奏」や「音楽の聴き方」のコツを伝え、音楽の楽しさを味わう番組です。音楽のことならなんでも知っている、カエルのブラボーの友達を演じる、“しらとり”ことたんぽぽの白鳥久美子さん、“そら”こと富沢そら君、“ひなた”こと加瀬ひなたちゃんに、番組への思いなどを聞きました。

★ 自分の感性で、自由に音楽を感じよう!

おんがくブラボー は、10月から3月まで、10本シリーズで放送中です。3人は<演奏する><歌う><作る><聴く>といったテーマで、音楽のことを学んだり、挑戦したりしていきます。この日は最終収録日だったので、10本の中で特に印象に残ったことを尋ねてみると、第1回「音を感じて考えよう」 があげられました。「曲を聴いてどんなことを思い浮かべるかなんて、聞かれたことがなかったので新鮮でした!」「ひとつの曲について感想を話し合うのが楽しかった!」と、出演者にとっても印象深かった様子が伝わってきました。

160218b2.png

学校の音楽の授業でも鑑賞の時間がありますが、少し違うのでしょうか?現役小学生のそら君とひなたちゃんは、授業でクラシック音楽を聴いた後は、一人ずつワークシートに書くことはあっても、意見交換することはないと話します。白鳥さんは「名曲を聴いてタイトルを覚えるという感じだったな」と振り返りました。
同じ曲の感想を話し合うと、どこが楽しかったのでしょう?と聞くと白鳥さんは「とにかく二人の感想がみずみずしいんですよ!!第1回では、あるメロディが流れて、そのタイトルを自分なりに考えるんですが、そらは『海の中で優雅に泳いでいる感じが浮かんできたから“ウミガメ”。ひなたは『木の上でスヤスヤねているようだから“リス”って。たしかにその曲を聴いていると、水がキラキラしている情景が目に浮かんできたり、すごく気持ちいい感じがしてくるなぁって思いました!」と、若い二人の発想に感心している様子。
それを聞いたそら君とひなたちゃんは、「白鳥さんの“テレビを見てぐうたらしているお母さん”という感想だって、笑っちゃいました!すごく面白い表現だなって思いました!」と、白鳥さんの感性を大絶賛。「いやー、それほどでも・・・」と照れる白鳥さんの様子に、笑いが広がりました。

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:12:00 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲