2016年2月12日

メディアのめ「話の流れを作る!構成の工夫」授業リポート


150212me1.JPG

メディアのめ は、小・中学生にメディアリテラシーを身につけてもらうための番組です。2016年1月22日(金)、千葉県柏市立大津ヶ丘第一小学校4年1組で、メディアのめ「話の流れを作る!構成の工夫」を使った国語の授業が行われました。

★ 図書室の先生からお願いが!

今回は、「物語を書こう」という単元全6時間の中の2時間目です。
授業が始まると担任の井上昇先生は、図書室の先生から4年1組の子たちに送られてきたメッセージを披露しました。子どもたちは、以前にも同じようにその先生から「全校のみんながいろいろな本を借りてくれるように、ポップを作ってほしい」と頼まれてポップづくりをしたことがあります。
「4年1組が作ってくれたポップのおかげで、図書室の本はいっぱい借りられるようになりました!そこで今度は、みんなが作ってくれた物語を、図書室に並べたいと思います。おもしろい物語を作って全校の友達を楽しませてあげてください!」という内容でした。
思いがけない申し出に、子どもたちは大喜びです。

★ 構成を工夫して、面白い物語を作ろう!

井上先生は「この前の時間から、みんなで物語づくりをしているよね。いいものを作って、図書館で全校の友達に見てもらおうよ!」と言って、黒板に〈自分たちの考えた物語の構成を考えなおし、よりよいものにしよう〉と書きました。

子どもたちは物語作りの作業として、前の時間に“マトリックスチャート(下図)”を書きました。“マトリックスチャート”には、自分の考えた話の流れを起承転結に分け、それぞれの欄に、あらすじやセリフなどを書いたふせんが貼られています。150212me2.png

ここで、よりよい物語作りの手掛かりとして、番組を見ることになりました。

===【 メディアのめ「話の流れを作る!構成の工夫」  一部あらすじ】===
泰我(たいが)君が池上さんの家に遊びに行くと、池上さんは「番組の構成」の紙を見ていました。それは、いわば番組の設計図のようなものです。池上さんは「構成とは、必要な要素を集めて順番を考え、話の流れを作ることだよ」と説明します。

泰我君は、昔話「桃太郎」の構成を変えて、自分なりの「桃太郎」作りに挑戦します。 おなじみの「桃太郎」の話は、川から流れてきた桃の中から桃太郎が生まれるところから始まります。泰我君は「桃太郎」を、鬼が村で悪さをしているところから始まるようにしました。そして桃太郎は、困っているおじいさんとおばあさんのために鬼退治を決意!お供と一緒に鬼を退治します。
==================

150212me3.JPG

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:11:50 | カテゴリ:授業リポート | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲