2015年5月

はりきり体育ノ介「器械運動(鉄棒)シリーズ」 授業リポート


150529tai1.JPG

はりきり体育ノ介  は、一流アスリートによる「お手本映像」などを見せることで、その実技のポイントをわかりやすく伝える番組です。2015年5月13日、東京都板橋区立上板橋第四小学校5年1組で はりきり体育ノ介 「器械運動(鉄棒)シリーズ」 のクリップ映像を視聴しながら、ICT活用の授業が行われました。

★ タブレットを活用して、鉄棒の技に挑戦!

今日は鉄棒の授業の5時間目(全6時間)。子どもたちは準備体操を終えると、グループごとに、タブレット端末1台と個々の学習カードの入ったかごを持って、鉄棒に向かいました。

まず、1人ずつ鉄棒で「とび上がり、とび下り」「つばめ」などをして、体をほぐします。

150529tai2.JPG 150529tai3.JPG

次に〈上がり技〉の練習です。グループごとに「安定したひざ掛け上がり」「ひざ掛け上がり」「逆上がり」の技に取り組みます。
懸命にそれぞれの課題に取り組む子どもたち。時折グループでタブレットを開いて、はりきり体育ノ介のクリップ映像をチェックします。そこにはオリンピック金メダリストの冨田洋之さんによる「お手本映像」が。映像には実技のポイントも簡潔に記されています。子どもたちはこれらのポイントを確認すると、すぐ練習を再開します。「足を伸ばして!こう、サッカーをやる感じで!」「わあ、あと1回でできそうだよ」・・・と、グループの仲間たちからアドバイスや声援の声が飛び交っていました。

150529tai4.JPG 150529tai5.JPG

ここで担任の浅井勝先生は、全員を集めました。そして「友達が、自分がどうしてできないかわからない様子なら、その演技を撮影してあげること」「友達を補助するときは、自分の力をあまり加えないようにすること」とアドバイスしました。子どもたちは真剣な顔でうなずき、待ちきれないようにして鉄棒に向かいました。

タブレットで友達の演技を撮影すると、それをまたみんなでチェック。「足を振るのが早いんじゃないかな」「一度止まっちゃうから、勢いがなくなるんだと思う」と、どうしたらできるようになるかみんなで考えます。みんなのアドバイスを受けた子は「わかった!もう1回やってみる!」と、鉄棒に走り出していました。

150529tai6.JPG 150529tai7.JPG

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:30 | カテゴリ:授業リポート | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「すくどう」クラムボンの原田郁子さんが、アオムシに音楽を提供!


150528scd.jpg

NHK for School の動画特集ページ 「すくどう(=スクール動画アイランド)」

今回の特集では、人気バンド「クラムボン」のボーカル&キーボードの原田郁子さんが、なんとアオムシのクリップに曲を作ってくださいました!
NHK for Schoolの中でもアオムシのクリップは、最もたくさん視聴されている人気コンテンツのひとつ。たまごからモンシロチョウになるまでの成長の様子を、すばらしい音楽とともに、4本のクリップでたどる事ができます。

曲の提供にあたって、原田さんがこだわって準備したのはたくさんの「楽器」。
うまれたてのアオムシはチェレスタ、アオムシがムシャムシャと葉っぱを食べる様子はマリンバ・・・。原田さんは、たまごから生まれて成長していくアオムシの様子を、めずらしい楽器も駆使しながら、音楽で表現していきます。その姿は、真剣そのもの!
アオムシがいよいよチョウチョになるクリップでは、ヴィブラフォン、シンセサイザー、ピアノ、そして原田さんのヴォーカルも加わり、その神秘的な音楽に、スタッフ一同、思わずうっとりしてしまいました。

いったいどんな曲ができあがったのでしょうか?
原田さんとアオムシのコラボレーションを、どうぞご覧ください!

すくどう 「Music for アオムシ たまごからモンシロチョウになるまで原田郁子さんとたどってみよう!」

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:11:40 | カテゴリ:デジタル教材情報 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ココロ部!「みんなに合わせる"友情"」 (5/29ほか)


150526kokorobu1.jpg

ココロ部!は、小学校5.6年生、中学生の子どもたちに、考える力とコミュニケーション力、“道徳力”を楽しく身につけてもらう番組です。お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建さんと児嶋一哉さんが、架空の部活動「ココロ部」の部員のワタベとコジマに扮します。

第4回は、スマホの無料通信アプリをめぐって起こるピンチから、「友情」について考えます。

今回のコジマは高校生役です。コジマは無料通信アプリで、仲のいいクラスメートたち12人が入っているグループトークで、メッセージのやりとりをしています。新着メッセージが届いているので見てみると、「今度の休日にみんなで遊園地に行かない?」という提案があり、みんなで盛り上がっています。結局、「塾で行けない」というナナミ以外の全員で行くことになりました。楽しそうなみんなのやりとりに、ナナミが「みんなヒマでいいね」と書き込むと、そのメッセージを最後にやりとりがとぎれてしまいました。
しばらくするとコジマのもとに、ナナミ以外のメンバー全員が登録されたグループ招待状が届きます。中を見てみると、そこにはナナミへの悪口ばかり。そしてコジマも、「ナナミってひどいと思うよね」と、同意を求められてしまいます。
空気を読んでみんなに合わせるか、勇気を出してみんなにナナミの悪口を言うのをやめさせるか、悩むコジマ。そして事態は思わぬ方向へ・・・!

みなさんも番組を見て、「自分ならどうするか」を考えてみませんか?そして、ぜひ 番組ホームページ にご意見をお寄せください!

150526kokorobu2.jpg

ココロ部!「みんなに合わせる“友情”」
〈Eテレ 29(金) 午前9:50~10:00〉 
〈Eテレ 6/5(金) 午前9:50~10:00〉 (再) 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

SEKAI NO OWARI 中学生に贈る「プレゼント」 (5/30ほか)


150525ncon1-2.jpg

ことしの NHK全国学校音楽コンクール(Nコン)  中学校の部の課題曲は、今、大人気の4人組バンドSEKAI NO OWARIが書き下ろした楽曲「プレゼント」です。作曲はNakajin、作詞はSaoriが担当。4人全員でアイデアを出し合い、中学生たちへの思いを込めて作り上げました。曲の中では、子どものころからの仲間である彼らが、絆を深めるきっかけとなった、中学時代のエピソードも描かれています。

番組では、合唱曲「プレゼント」を歌い始めた中学生たちとセカオワの対話を伝えるほか、セカオワのレコーディング現場に密着し、彼らの曲に込めた思いに迫ります。そして、SEKAI NO OWARIの「プレゼント」(Nコン2015バージョン)を初披露します!

150525ncon2.jpg
 

SEKAI NO OWARI 中学生に贈る「プレゼント」
〈総合  30(土)  午前9:30~9:55 〉
〈Eテレ 6/6(土)  午後4:20~4:45 〉(再)

MUSIC JAPAN  でも、SEKAI NO OWARIの「プレゼント」(Nコン2015バージョン) を放送します。
MJ loves Nコン
〈総合 6/8(月) 午前0:49~0:54 = 7(日)深夜 〉

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:30 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

いじめをノックアウト「いじめが起きにくいクラスって?」 (5/29ほか)


150522ijime.jpg

AKB48グループの高橋みなみさんといっしょに、いじめについて考える いじめをノックアウト
今回は、クラス替えをしたばかりの中学3年生のクラスに潜入!出会ったばかりの友達にどう話しかけたらいいのか悩む二人の女子の姿を通して『いじめが起きにくいクラスづくり』について考えます。

舞台は、神戸市にある中学3年生のクラスです。
今回カメラが追うのは、あみさんとめいさん。あみさんは、積極的にいろいろな子に声をかけるようにしていますが、隣の席のめいさんにはなかなか話しかけられません。めいさんは、よく読書などをしているので、無視されたらどうしようと思ってしまうのです。一方のめいさんはというと・・・内気な性格で友だちに話しかけるのが苦手。あみさんと話しをしたいと思い会話のきっかけを探すものの、なかなか見つからず悩んでいた・・・。
二人の姿を見た高橋さんは「1対1で話すことが大事」とアドバイス。
その言葉に込められた意味とは・・・

新学期が始まっておよそ2か月・・・
「仲の良い子たちのグループで固まってばかりいませんか?」「クラスの中でまだちゃんと話をしたことがない友だちはいませんか?」
番組では『いじめが起きにくいクラスづくり』に欠かせないクラスメイトと話をすることの大切さ、話しをするための“きっかけ”づくりについて考えていきます。ぜひみんなも先生と一緒に考えてみてください!

さらに、番組ホームページ では、高橋みなみさんがAKB48グループ総監督として書く最後(?)の行動宣言を公開!高橋さんの熱い思いが動画で聞けますよ!
皆さんからの行動宣言もお待ちしています!

いじめをノックアウト  「いじめが起きにくいクラスって?」
< Eテレ  29(金)  午前9:25~9:35>
< Eテレ  29(金)  午後7:50~8:00>  (再)
< Eテレ  30(土)  午前6:35~6:45>  (再) ほか

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:50 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「はりきり水泳ノ介」 宮下純一さんにインタビュー!


150518suiei1.jpg

はりきり体育ノ介 は、「体育が出来れば人生がより楽しくなる!」がキャッチフレーズの、小学3~6年生向けの体育の番組です。体育ノ介(たいいくのすけ)は、博士が「体育の力」をインプットし忘れてしまったため運動が苦手という、サイボーグ。水泳編では、体育ノ介の兄である「水泳ノ介」が登場します!水泳ノ介もまた、「泳ぐ力」をインプットしてもらえなかったため、泳げません。博士は彼に泳ぐ力をつけるため、研究を重ねているのです・・・。

はりきり水泳ノ介 は、水泳ノ介による「つまずき映像」と、アスリートによる「お手本映像」、そしてアニメコーナーで構成しています。「お手本映像」に出演する、北京オリンピック競泳メダリストの宮下純一さんにお話を伺いました。

――今回の収録は、屋内プールで複数のカメラを設置して行われましたね。いかがでしたか?

水中カメラを含めて7台ものカメラで撮影しました。ぼくは子どもたちの見本になるように、クロールだったら、手でかく動作を急がなかったり、肩の延長線上で入水したりという、基本の動作を丁寧に泳ぐようにしました。収録の合間に映像を確認させてもらったのですが、自分の泳ぎをスーパースローカメラで撮って見たことなどなかったので、気づく部分がいろいろあり勉強になりました。

150518suiei2.jpg 1505suiei2-1.jpg

水泳ノ介は「できないポイント」と「できるポイント」を撮っていましたが、最初は下手だった泳ぎがどんどんうまくなっていくのを見て、ちゃんとポイントをおさえたらいい泳ぎができるようになるんだなと、改めて思いました。水泳ノ介は体育ノ介よりロボットっぽく見えるので、最初から泳ぎがうまいかなと思ったのですが、そんなことはありませんでしたね(笑)。背びれも逆についているので、水の抵抗も余計受けてしまうし。水泳ノ介を開発した、博士のお母さん!もっとちゃんと開発しないと!(笑)。(下写真 左:宮下さんの泳ぎと比較しての、水泳ノ介の「できないポイント」。右:水泳ノ介による「できるポイント」実演)

150518suiei4.jpg 150518suiei5.jpg

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

キミなら何つくる?「重ねてワクワク!スチレンボード版画」 (5/27ほか)


150518kimi2.jpg

27(水)の キミなら何つくる? では、スチレンボードで版画をつくります。

スチレンは、食品トレーや納豆のパックなどで使われています。本当に版画をつくれるの?と、多田さんとうぶちゃん。よしさんは粘土ベラでひっかいたり、ペットボトルのキャップで型押したりしてスチレンボードに模様をつけて、インクをつけて刷ってみせます。すると、きれいな版画ができあがりました!スチレンボードはやわらかいので、フォークやドライバーなど、身の回りにある物で簡単に版画をつくることができるのです。

これはおもしろそう!3人は身の回りのさまざまな道具を使って、アイデアいっぱいにスチレンボード版画をつくります。いったいどんな作品が出来上がるのでしょうか?みなさんも番組をヒントに、ぜひ挑戦してみてくださいね。

※ 番組ホームページ では、子どもたちがつくった作品を募集しています。学校やご家庭から、ぜひお寄せください!

150518kimi1.JPG

キミなら何つくる? 「重ねてワクワク!スチレンボード版画」
〈Eテレ 27(水) 午前9:10~9:20〉
〈Eテレ 6/3(水) 午前9:10~9:20〉 (再)  ほか

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

できた できた できた 学校生活編「こんなときどうする?」 授業リポート


150514dekita1.jpg

できた できた できた  は、 小学1年生の子どもたちの生活を応援し、生活習慣や学校のルール、コミュニケーションの方法を、歌とドラマで楽しく伝える番組です。2015年4月23日、東京都杉並区立久我山小学校1年3組で できた できた できた 学校生活編 「こんなときどうする?」 を利用した授業が行われました。

★ ガッツ王子のような経験をしたら、どうしたらいいかな?

授業が始まると担任の丹羽富美先生は、「今日はある人の話です」と言って子どもたちに1枚の写真を見せました。あちこちから「ガッツ王子だ!」という声があがります。「そう!ガッツ王子はできた小学校の1年生です。今日は何か困ったことがあるらしいけど、知りたい?」「知りたい!」。子どもたちが喜ぶ声を受けながら、先生はテレビをつけました。

===【できた できた できた「こんなときどうする?」あらすじ】===
できた小学校のトイレは和式トイレ。ガッツ王子はそんなトイレを見たことがないため、使い方がわからず困ってしまいます。そこに校長先生が通りかかります。王子は「トイレの使い方を教えてください」と尋ねて、使うことができました。
そして授業が始まります。王子のところにプリントが回ってこなかったため、王子は「先生、プリント!」と言います。でも「プリント!」だけでは、先生は何のことだかわかりません・・・。
番組では、困ったことがあったら、先生や友達に、きちんとその内容を話して相談しようと伝えます。
「花まるロック」のコーナーでは、歌で和式トイレの使い方を伝授。「おしごとたんけんたい」のコーナーでは、おまわりさんの仕事を紹介します。

150514dekita2.jpg
======

視聴中、先生は時折子どもたちに「ガッツ王子は何か困ったことがあるみたいだね。何だろう?」と問いかけていました。
「和式トイレは知ってるけど使えないな」という子に先生は「できないよね。この歌でやり方を知ろうね」とほほえんでいました。「花まるロック」が流れると子どもたちは、楽しそうにリズムにのっていました。

150514dekita3.JPG 150514dekita3-2.JPG

番組が終わり先生が「みんなもこんなことあった?」と尋ねると、すぐに「あったよ!」という声。先生は、番組のキーシーンの写真を黒板に貼りながら、子どもたちと一緒に内容を振り返っていきました。

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:授業リポート | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「NHK for Schoolアワード」ホームページで、新作動画第1弾を公開!


150514aw1.jpg

4月から始まった NHK for Schoolアワード では、NHKの教育コンテンツを使った実践を大募集中です!教育番組を保育や授業で活用している先生や、ホームページで動画を見て学んでいるお子さん、グループやサークル活動に生かしている方などから、アイデアあふれる活動を募集しています。

早速おもしろい投稿をいただいたので、スタッフがビデオカメラを持ち、現地に追加取材に行ってきました!その様子を短く動画にまとめて、ホームページ内の「アワード通信」で公開しています。

今回動画で紹介しているのは、東京都杉並区久我山小学校と、神奈川県にある科学館の活動の様子です。

久我山小学校の3年生は、理科の授業で「ふしぎがいっぱい3年生」を利用しました。ふだんじっくり見ることができない虫たちの生態が映像に映し出されると、教室中に、驚きの声があがりました(写真上)。
入学してまもない1年生は、「できたできたできた 学校生活編」を視聴。大好きなガッツ王子と一緒に、学校生活のルールを楽しく学んでいきます。

学校以外からも投稿をいただきました!
今回投稿を寄せてくれた科学館では、「考えるカラス」をヒントにして、子どもたち自身が、さまざまな実験を考案。結果を予想しては、みんなで楽しく実験に取り組みます(写真下)。

150514aw2.jpg

さあ、次はあなたの番!
投稿していただいた中のすぐれた取り組み、意外な活動、びっくり仰天のプレゼンには、来年、東京・渋谷のNHK放送センターで行われる表彰式にご招待。ぜひ投稿フォームから、PR文や写真や動画をお送りください。お待ちしています♪

「NHK for Schoolアワード」ホームページ

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:14:40 | カテゴリ:デジタル教材情報 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ココロ部!「遅れてきた客」 (5/15ほか)


150512kokoro1.jpg

ココロ部!は、小学校5.6年生、中学生の子どもたちに、考える力とコミュニケーション力、“道徳力”を楽しく身につけてもらう番組です。お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建さんと児嶋一哉さんが、架空の部活動「ココロ部」の部員のワタベとコジマに扮します。

第3回は「思いやり」と「決まりを守ること」について考えます。

今回のコジマは美術館の警備員になり、ピンチに遭遇します。
コジマが閉館後の美術館を警備していると、おばあさんが娘に付き添われてやってきます。今回展示されている絵は、亡くなったおじいさんとの思い出の絵で、見るのをとても楽しみにしていたのだそうです。でも悪天候で電車が遅れてしまい、入館時間に間に合わなかったのだとか。それを聞いたコジマはこっそり中に入れてあげようかと思い悩みます。しかし「閉館後には入場できないという、決まりは決まり」ということで、やはり入れてあげることはできないと断ります。おばあさんはあきらめて帰ろうとしますが、娘の口から、おばあさんが今日この絵を見に来た、さらに切実な事情が語られます。さあ、どうするコジマ?
みなさんも番組を見て、「自分ならどうするか」について、ぜひ 番組ホームページ にご意見をお寄せください!

150512kokoro2.jpg

ココロ部!「遅れてきた客」
〈Eテレ 15(金) 午前9:50~10:00〉 
〈Eテレ 22(金) 午前9:50~10:00〉 (再) 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

教科書検定はどう変わったのか


 150508hayakawa.jpg

 来年4月から中学校で使われる教科書の検定が終わり、4月6日に開かれた審議会で、検定に申請したすべての教科書の合格が決定されました。

■ 今回の教科書検定は

 おもに来年4月から中学校で使われるすべての教科の教科書など104点が対象になり、いったん、不合格になった「社会」の2点も含めて、最終的にはすべてが合格になりました。検定の結果、どう修正されたかはのちほど述べますが、「社会」のすべての教科書に尖閣諸島や竹島の記述が盛り込まれ、領土に関する記述の量は2倍に増えました。

■ 今回の検定、どう変わった?

 2点の変更がありました。一つは、新しい検定基準が初めて適用されたことです。論議を呼ぶことの多い「社会」で見てみますと、これまでの検定基準に3点加わりました。① 評価の定まっていない歴史的事象について特定の事柄を強調しすぎないこと ② 近現代について通説的な見解がない場合、通説的な見解がないことを明示すること ③ 政府の統一的見解がある場合は、それに基づいた記述をすること、これらの3点です。また、教科書をつくる指針となる「学習指導要領の解説書」が改訂され、それに基づいた記述も求められました。解説書では尖閣諸島と竹島を「我が国固有の領土」と明記することを求めています。このように記述の厳格化が求められたのが特徴です。

■ もう一つの変更点は?

 教育基本法の目標や学校教育の授業内容を規定している「学習指導要領」の目標などに照らして重大な欠陥がある場合は、不合格とすること。どういう意味かわかりにくいと思いますが、教育基本法の目標には、道徳心を培うことや伝統と文化を尊重すること、我が国と郷土を愛することなどが掲げられています。こうした目標に反する場合は不合格にするというものです。教科書作り全体を通してこれらの目標が意識されているかどうかを確認するという意味合いがあります。

【続きを読む】

投稿者:解説委員 | 投稿時間:15:40 | カテゴリ:早川解説委員の教育コラム | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「キミなら何つくる?和の作品を味わおう!」 出演のCOWCOWさんとうぶちゃんにインタビュー!


150507kimi1.jpg

キミなら何つくる? は、図工が大好きなCOWCOWの二人と、千野羽舞(ちのうぶ)さんが、それぞれの思いを込めた作品をつくり、鑑賞し合う番組です。
13(水)から放送の「和の作品を味わおう!」では、ふすま絵を鑑賞します。昔から日本の家では、ふすまにさまざまな絵を描いたふすま絵を飾り、部屋の雰囲気作りをしていました。そこで今回の収録では、いつもの図工室のセットのとなりに、なんと和室のセットを設置!和室の両側のふすまには、虎と龍(りゅう)の絵が描かれています。収録の様子と、出演のCOWCOWの善しさん(=よしさん)と多田健二さん(=たださん)、千野羽舞さん(うぶちゃん)のインタビューをお届けします。

★ 和室のセットの中で、自由にふすま絵を味わおう!

この番組ではいつも、図工が大好きなよしさんとたださんととうぶちゃんが、図工室のセットで自由に作品をつくり鑑賞し合います。図工室のほかにセットが作られたのは、今回が初めて!たたみなどがしっかり作り込まれている和室のセットに、スタッフの間でも感嘆の声があがっていました。

150507kimi2.JPG

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:11:36 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

未来広告ジャパン!「あたたかい土地と寒い土地」 (5/13ほか)


150505mkj1.jpg

未来広告ジャパン!は、日本の国土と産業を学ぶ、小学校5年生向けの社会科番組です。
舞台は、CMを制作する「ジャパン広告社」。日本の“今”を切り取るCMづくりをきっかけに、日本の未来を考えようと人々に呼びかけます。

今回のCMのテーマは、「あたたかい土地と寒い土地」。
「日本にはあたたかい土地と寒い土地があり、それに合わせて人々の暮らしにも工夫がある。それを調査してもらいたい」という芋洗坂局長のミッションを受けて、自称イケメン・ディレクターのカノと、後輩ディレクターのキラトがCM作りに取りかかります。調べてみると雪で町づくりをしている地域があることがわかり、興味を持ったキラトは、早速現地に向かいます!

キラトがやってきたのは、北海道沼田町。3月なのに雪がいっぱい積もっています。キラトは雪の冷たさを利用して米を保存する、貯蔵庫の様子などをリポート。たくさんの雪を生活に生かす人々の知恵を紹介します。

では、あたたかい地域は?キラトは続いて沖縄県に行くと、一転して夏のような暖かさです。台風が頻繁に来る沖縄では、7割の農家が、台風に強いうサトウキビを栽培しています。キラトは取材の中で、沖縄のくらしには、台風をしのぐ工夫が詰まっていることを知ります。

150505mkj2.jpg

取材から見えてきた、北海道の「雪」と沖縄の「台風」というキーワード。これをもとにカノとキラトは、どんなCMを作るのでしょうか?

番組ホームページ では、授業に役立つ豊富な「動画クリップ」を満載!どうぞご活用ください!

未来広告ジャパン!「あたたかい土地と寒い土地」
〈Eテレ 13(水) 午前9:35~9:45〉 
〈Eテレ 20(水) 午前9:35~9:45〉 (再) 

 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲