2015年4月

東北発☆未来塾「シリーズ 言葉のチカラ・ドリアンさんと行く!言葉探しの旅」 (5/4~)


150428tohoku.jpg

各界のスペシャリストを講師として招き、高校生や大学生とともに東北の未来を考える番組 東北発☆未来塾 。5月はドリアン助川さんを講師に迎えて、「言葉のチカラ」について考えます。
「叫ぶ詩人の会」で一世をふうびした、詩人であり、パフォーマーでもあるドリアン助川さん。ドリアンさんは3年前、折り畳み自転車で東北を旅し、肌で感じた震災について、雑誌やステージで表現してきました。言葉にこだわり続けているドリアンさんから学ぼうと、言葉を使った表現の世界に興味を持つ6人の塾生が集まりました。ドリアンさんと若者の、“言葉探しの旅”が始まります!


東北発☆未来塾 「シリーズ 言葉のチカラ・ドリアンさんと行く!言葉探しの旅」  
第1回 「"足りない"からスタート!」
< Eテレ 5/4(月) 午後11:00~11:20 >
< Eテレ 5/9(土) 午前11:20~11:40  > (再)

第2回「気仙沼から石巻へ!」
< Eテレ 5/11(月) 午後11:00~11:20 >
< Eテレ 5/16(土) 午前11:20~11:40  > (再)

第3回 「福島から栃木へ!」
< Eテレ 5/18(月) 午後11:00~11:20 >
< Eテレ 5/23(土) 午前11:20~11:40  > (再)

第4回 「栃木からいよいよ花の都へ」 
< Eテレ 5/25(月) 午後11:00~11:20 >
< Eテレ 5/30(土) 午前11:20~11:40  > (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:20 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

新年度にぜひ!「100万人の行動宣言」大募集!


150427ijime.jpg

AKB48の高橋みなみさんといっしょに、いじめについて考える いじめをノックアウト
この番組を中心に、NHKでは2013年の夏から「いじめを考えるキャンペーン」を行っています。その柱とも言うべき活動が「100万人の行動宣言」です。

いじめを減らすために何ができるのかを考え、“自分がやろうと決めたこと”を「行動宣言」として書く。「できること」をつないでいって、ひとりじゃないとわかったら動く勇気がでてきます。そして、みんなが少しずつ動いていけば、いじめもそのぶん減っていく…それが「行動宣言」のねらいです。

いただいた行動宣言は、 いじめを考えるキャンペーン ホームページ で公開するほか、「いじめをノックアウトスペシャル」でも紹介させていただきます(2015年度は10月と3月に放送する予定です)。

参加は個人でも、学校単位でも、どちらでもOKです。
個人の場合は、いじめを考えるキャンペーン ホームページ から直接投稿できます。
学校単位で参加する場合は、NHKから専用の宣言用紙を郵送いたします。参加申し込みは いじめを考えるキャンペーン ホームページ から。すでに全国から3000校以上の小・中・高校・特別支援学校が参加しています。都道府県単位、市区町村単位での参加あり、これまで寄せられた行動宣言は83万件を突破!今も増え続けています。

新年度、新しい仲間と出会うこの時期にぜひ「行動宣言」を!皆さんのご応募をお待ちしています!!「よりよいクラス作り」の一環として、皆さんのクラスや学校でも参加してみませんか?

 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:12:20 | カテゴリ:おしらせ | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック(0)

新番組「NHK高校講座 お悩み解決!ベーシック数学」取材会報告


150423koukou.jpg

NHK高校講座 は、高校生の自学自習に役立てていただく番組です。お悩み解決!ベーシック数学 では、探偵事務所の所長と探偵たちが、数学を基礎から学びながら事件を解決していきます。その取材会がNHK放送センターで行われ、出演の(写真右より)けみおさん、小野真弓さん、石丸佐知さんが出席しました。

「お悩み解決!ベーシック数学」で大きな話題となっているのが、Twitterのフォロワーが41万人を突破するなど、中高生に爆発的な人気を誇るけみおさんが出演することです。けみおさんはこれがNHKのレギュラー番組初出演となります。タレントとして活躍中のけみおさん。数学については「物心ついたころから嫌いでした。テストもいつも散々な結果でした」と、にこやかに告白。「でも、だからこそ、数学が苦手な人の気持ちは一番わかります。そんな人がこの番組を見て、楽しくハッピーになれるようにがんばりたいです!」と意欲をみせました。
「ベーシックシリーズ」は、高校講座の中でも特に基本を学ぶシリーズです。勉強に苦手意識を持つ子を学びの場に引き戻すことをねらいとしています。担当プロデューサーは「数学の問題を見たときの『わかんない』『なんで?』という趣向を自然に演じることができていた」と、けみおさん起用の理由を語ります。けみおさんのキャラクターが、まさに役柄にぴったりだったというわけです。

番組の舞台は、とある探偵事務所です。ここにはなぜか、数学にまつわる事件ばかりが舞い込んできます。けみおさん演じる新米探偵のカケルは、事務所所長や先輩探偵と一緒に、事件を解決していきます。
「わかんない」「なんで?」を連発するカケルに、所長がやさしく数学を説明するところは、この番組の大きな見どころ。その説明のわかりやすさは、監修の先生も感心するほどだとか。
その所長を演じるのは、女優の小野真弓さんです。「数学はあまり得意ではなかったのですが、収録を何回かするうちに『あれ?もしかしてちょっと楽しいんじゃないかな?』って思い始めています。すごくかみくだいて説明をするので、数学が苦手な人も絶対に楽しく見ていただけると思います!」と笑顔で語りました。

先輩探偵役の石丸佐知さんは、「所長とカケル君とドタバタしながら楽しくやっています。最後までがんばりたいと思いますのでよろしくお願いします」と、元気にチームワークのよさをアピールしました。

楽しく番組を見続けるうちに、数学の基本がしっかり身につく!各回を見たうえでさらに「おさらいの回」を見ると、本格的な探偵モノのドラマが楽しめます!3人の探偵がいどむ謎解きに、皆さんもぜひチャレンジしてみてくださいね!


NHK高校講座 お悩み解決!ベーシック数学
〈Eテレ  月曜 午後2:00~2:10 〉

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

高橋英樹特別講義「"花燃ゆ"井伊直弼  悪人にあらず!」 (4/26ほか)


150422koukou1.jpg

今年の大河ドラマ 花燃ゆ の前半のクライマックスは、主人公・文(ふみ)の兄である吉田松陰の死です。松陰の最大の敵役ともいえる井伊直弼を演じるのは、名優・高橋英樹さん。高橋さんは現在、NHK高校講座「日本史」 のMCも務めています。そこで、高橋英樹特別講義「“花燃ゆ”井伊直弼  悪人にあらず!」 では、高橋さん自らがそのゆかりの地を訪ね、専門家の話を聞いていきます。さらに、「花燃ゆ」で直弼を演じる中で見えてきた、松陰との関係などを語ります。

幕末、日本を開国に導きながら、安政の大獄によって松陰ら反対派を数多く処刑した直弼。一方で、対照的な考え方を持つと思われがちな直弼と松陰ですが、「日本を変えたい」という志は同じだったとも考えられます。
二人はどのように交わり、そして決裂したのでしょうか?桜田門外の変で悲運の死をとげるまでの、直弼の波乱の人生から迫ります。

150422koukou2.jpg

高橋英樹特別講義  「“花燃ゆ”井伊直弼  悪人にあらず!」
〈総合 26(日) 午後5:00~5:29 〉
〈総合 28(火) 午前1:00~1:29 〉 ほか

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

Nコンミニ番組「地球をつつむ歌声」


150421ncon.jpg

Nコン(NHK全国学校音楽コンクール)  は、全国2600校、10万人が参加する国内最大規模の合唱コンクールです。第82回Nコン小学校の部の課題曲は「地球をつつむ歌声」。戦後70年の今年、103歳の医師・日野原重明さんが平和への思いを込めて詞を書き下ろしました。
ミニ番組  「地球をつつむ歌声」 では、日野原さんの指揮のもと、Nコンを応援するお笑いコンビのニッチェと子どもたちが一緒に歌い、仲間と歌うことの楽しさを伝え、Nコンへの参加を呼びかけます。

Nコンミニ番組 「地球をつつむ歌声」
5分版
〈 Eテレ 24(金)  午後3:55~4:00  〉
〈 Eテレ 25(土)  午後4:20~4:25  〉
※ このほか、総合テレビ、Eテレでショートバージョンも随時放送予定。

Nコンマガジン スーパー合唱教室  (4月~6月 Eテレ毎週土曜 午後4:50~5:00)   の中でも放送します。

 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:20 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

新学期 事件を繰り返さないために


150417hayakawa.jpg

 川崎市の中学校1年生の男子生徒が殺害された事件を受けて、文部科学省は当面の対応方策をまとめ、新学期を前にした3月31日に学校ごとの取り組みを求めました。

■ どんな取り組みを求めたのか

 主なものは、①被害のおそれのある子どもへの速やかな対応、 ②地域社会や警察などと連携しての取り組み、 ③子どものSOSを受け止める窓口の充実 の3点です。

■ 被害のおそれのある子どもへの速やかな対応とは

 子どもが病気やけがなどのハッキリした理由もなく続けて休んだ場合、担任や養護の先生は3日を目安に校長や教頭に報告すること。それが7日以上に及んだら、学校から教育委員会に報告を行うことを求めています。川崎の事件では、学校内の情報共有にとどまり、教育委員会を含めた組織的な対応につながらなかったからです。クラスだけ、学校だけの抱え込みをやめ、より多くの人たちが関わることで知恵を出しやすくしようというのです。今回の事件に限らず、日頃の子どもの実態をつかんでおく必要があります。文部科学省が2月末の時点で緊急調査したところ、7日以上学校を休んでいて本人と連絡が取れない、もしくは学校外の集団との関係で命や体に被害が及ぶおそれのある子どもは合わせて400人に上りました。この400人の安否確認をなによりも急ぐ必要があります。ちょうど学年の変わり目ですので、十分な引き継ぎを求めたいと思います。

■ 地域社会や警察などと連携しての取り組みは

 事件のあと盛んに言われましたが、その中心的な役割を「スクールソーシャルワーカー」という専門職の力を借りることを求めています。川崎の事件では、亡くなった上村君に危険が迫っているかもしれないということに学校をはじめとする周囲の大人たちが気づけなかったからです。クラスの子どもたちや元の小学校の同級生たちの間では、ある程度の情報があったのにそれが大人に伝わっていませんでした。スクールソーシャルワーカーは、学校にとどまらず、子どもを取り巻く地域や警察、関係機関のつなぎ役、大きな意味で教育と福祉をつなぐ役割を担っています。今回の事件の教訓を生かす意味では、身に危険の迫っている子どもの情報をその周囲の子どもたちの間に入ってつかみとる役回りが期待されます。とは言え、文部科学省が学校への配置を進めるようになってから8年と日が浅く、全国におよそ3万校ある小中学校に対しておよそ1000人が配置されただけにとどまっていて、その役割は重要ですが、過剰な期待はまだ酷な状況です。

【続きを読む】

投稿者:解説委員 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:早川解説委員の教育コラム | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「NHKティーチャーズ・ライブラリー」 平成27年度新規貸し出し開始


150416tea.jpg

NHKの番組を高画質DVDで、無料で学校の先生方に貸し出している NHKティーチャーズ・ライブラリー 。平成27(2015)年度は、6つのカテゴリーで、合わせて170タイトルがご利用できます。

★  「情報」」カテゴリーでは、生徒のスマホの使い方やリテラシーについて取り上げた、週刊ニュース深読み「JK(女子高生)があぶない 知ってほしいスマホの世界」 、小学校向けの スマホ・リアル・ストーリー (写真上)などの番組をラインナップに加えました。ほかにも、 スーパープレゼンテーション 、  課外授業 ようこそ先輩 などの新しい番組の貸し出しを始めています。
 
★  「命・生き方」のカテゴリーでは、人権・国際共生などのテーマと取り上げた その時歴史が動いた「人間は尊敬すべきものだ~全国水平社・差別との闘い~」ヒューマンドキュメンタリー「大きないちょうの木の下で」 (写真下) などの番組が加わりました。

150416tea2.jpg
 
★ 「キャリア」カテゴリーでは、皆様からの要望が多かった プロジェクトX 「運命のゴビ砂漠~人生を変えた三百万本のポプラ」 などの番組がご利用できるようになりました。このほか、防災・環境・平和などの各カテゴリーも、新しい内容の番組が追加されています。

NHKティーチャーズ・ライブラリーホームページ では、利用方法はもちろん、貸出番組の活用のポイントや学習展開例なども掲載しています。利用ガイドブックもダウンロードできます。こちらもぜひご覧ください。
 

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:13:55 | カテゴリ:おしらせ | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

人生デザインU-29「寄宿舎指導員」 (4/20ほか)


150414u1.jpg

“自らの人生をデザインしようと奮闘中の29歳以下代表”の姿を描く番組 人生デザインU-29 。今回の主人公は、島根県の特別支援学校の寄宿舎で指導員として働く、大西賢士(さとし)さん・27歳です。

大西さんの仕事は寄宿舎指導員。知的障害がある子どもたちが卒業後に自立した生活を送れるように、基本的な生活習慣や集団行動のルールを教えています。宿直のときは、生徒たちの恋愛相談やおしゃべり相手にもなります。教師でもなければ、親でもない。“アニキ”のような存在です。

大西さんは、もともと子どもや教育に関心を持っていたわけではありません。中学時代に、いじめにあい「超一流大学に入って周りを見返したい」と難関国立大学を受験し合格。就職活動ではとにかく名のある大手企業ばかり20社以上受験しましたが、ひとつも内定が得られなかったという経験を持ちます。
「自分は社会に不必要な人間なのか・・・?」と悩む大西さんに手を差し伸べたのが、島根にUターン就職していた恋人・美佑紀さんとその家族でした。美佑紀さんに誘われて移住した島根で、「とにかく定職に就こう」と、就職に対する考えを変えた大西さんが出会ったのが、寄宿舎の仕事でした。

大西さんが指導する生徒には、自分の気持ちをうまく表現できなかったり、ちょっとしたことで落ち着きをなくしてしまったりする子が多くいます。そんな生徒たちに、自分の経験から「失敗しても不器用でも、大丈夫」と伝えたい・・・。子どもたちと一緒に成長していく新米指導員・大西さんに密着します。

150414u2.jpg

人生デザインU-29  「寄宿舎指導員」
〈Eテレ 20(月) 午後7:25~7:50 〉
〈Eテレ 22 (水) 午後11:25~11:50 〉  (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:45 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「渋谷DEどーも2015」開催 (5/3~5)


150420shibudo.jpg

NHKでは5/3(日・祝)~5(火・祝)の3日間、東京・渋谷のNHK放送センターで、公開イベント 渋谷DEどーも2015  を開催します。

子どもたちから大人気の「はなかっぱ」などのキャラクターショーや、「みんなのうた」の歌から生まれた歌「つもりヤモリ」など、番組のキャラクターたちと遊べるステージイベントをはじめショーや、放送90年で活躍したなつかしキャラクターたちとのゲームコーナーなど、楽しい企画が盛りだくさんです。NHK for Schoolもブースを用意して皆さんをお待ちしています!

入場無料。スケジュールや内容などの詳細は 渋谷DEどーも2015ホームページ をご覧ください。

 

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:15:40 | カテゴリ:イベントなど | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

新番組「ウワサの保護者会」取材会報告


150410uwasa1.jpg

新番組 ウワサの保護者会  は、教育や子育てについての親の悩みにこたえる教育情報番組です。小・中学生の親たちが“ホゴシャ~ズ”として、スタジオのファミリーレストラン風セットに集まり、“尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹さんと本音のトークを繰り広げます。その取材会が3月27日、NHK放送センターで行われ、出演の尾木さんと高山哲哉アナウンサーが、番組への思いを語りました。

この番組の大きな特色は、毎回一般の保護者たちが参加し、スタジオで本音トークを繰り広げること。六本良多プロデューサーは「この番組は、教育の最先端の情報を伝えるというよりも、日々子育てに奮闘している保護者の皆さんが、体験に根差した悩みや、こうしたらうまく乗り越えられたという体験談をシェアすることに重きを置いています」と番組のコンセプトを説明します。ちょっと話しにくいことは、覆面を被って語ってもらうことも考えているそうです。番組ホームページでも広く意見を集めて、孤立して悩みがちな保護者の皆さんの“広場”になることを目指しています。

尾木さんは中学・高校の教員をしていたころ、実際に毎月定期的に保護者会を開いて、お母さんたちとの気軽な交流をはかっていました。教室で手作りのクッキーやお新香をつまんでみんなでおしゃべりしているうちに、不思議と悩みが解消することもあったとか。
そんな尾木さんがこの番組の大きな売りだと強調するのは、随所で紹介される、家庭のふだんの生活を撮ったビデオリポートです。「教員生活が長いけど、あんな生の場面見たことないんですよ。リアル過ぎるほどリアルだから、皆さんも自分の家のことを振り返りながら、一緒に子育てのことを考えていけると思います。この番組に20年前、30年前に出ていたら、もっといい教師になっていたかもしれないな」と言い、会場の笑いを誘っていました。

番組を進行するのは、2児の父親でもある高山哲哉アナウンサーです。スタジオでは知らず知らずのうちに、「保護者の1人」の気持ちで参加しているのだそうです。「ホゴシャ~ズの皆さんは、テレビで見て身近に感じている尾木ママに、聞いてほしいことをいっぱいお持ちなんです」と、予想以上のトークの盛り上がりを楽しそうに振り返りました。

「お母さん、お父さんの悩みはいつの時代も変わらないですね。アドバイスは番組の中で小出しにしていくわよ~」と尾木ママ。子育てに悩み、日々奮闘する保護者が、肩の力を抜いて話し合い、励まし合える番組「ウワサの保護者会」に、どうぞご期待ください!

 

ウワサの保護者会
〈Eテレ  木曜 午後10:25~10:49 〉
〈Eテレ  土曜 昼0:00~0:24 〉  (再)

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

スーパープレゼンテーション「テロリストの息子に生まれて」 (4/15ほか)


150408ted1.jpg

世界が注目するアメリカのプレゼンイベント「TEDカンファレンス」。会場には文化・芸術・科学・ITなどの最先端を行く「いま世界を変えようとしている人たち」が次々と登場し、エネルギーと驚きに満ちた渾身のプレゼンを披露していきます。スーパープレゼンテーション は、そのプレゼンの様子を日本語字幕付きで紹介する番組です。

15 (水)のスピーカーは、ザック・イブラヒムさんと、アジーズ・アブ・サーラさんです。幼い頃から暴力に接してきた二人が、戦争やテロによる暴力の連鎖をどう食い止めればよいか、平和を築くためのアイデアを語ります。

ザックさんの父親は、1993年にニューヨークで起きた、世界貿易センタービル爆破事件を企てた人物です。その時ザックさんは10歳でした。彼はその後の苦悩と、平和活動家へ転身するまでの半生を語ります。
もう一人のパレスチナ人のサーラさんは、民族紛争で兄を殺された経験を持ちます。民族や宗教の対立を乗り越えるために立ち上げた、新たな観光ビジネスを紹介します。

150408ted2.jpg(C) Zak Ebrahim
 

スーパープレゼンテーション 「テロリストの息子に生まれて」
〈Eテレ 15(水) 午後10:25~10:50〉
〈Eテレ 20(月) 午前0:45~1:10〉= 19(日)深夜  (再)

 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

Nコンマガジン・スーパー合唱教室 (4/11~)


150406ncon1.jpg

NHK全国学校音楽コンクール(Nコン)  は、小学校・中学校・高等学校の児童・生徒を対象とした合唱のコンクールです。その開幕を知らせる番組が Nコンマガジン・スーパー合唱教室 。毎年多くの反響が寄せられ、Nコン参加校の多くが「練習の参考にした」と答えています。そんな声にこたえて、今年も新作を12本放送!これを見ればきっと、合唱により磨きがかかり、歌うことが楽しくなります。

Nコンの課題曲は、毎年豪華なメンバーが制作しています。今年もSEKAI NO OWARIのみなさんなどが参加し、すばらしい曲が誕生しました。
3月にNHKみんなの広場ふれあいホールで開催された課題曲講習会では、合唱指揮者が公募で集まった子どもたちに、課題曲の歌い方のポイントを伝えました。
「Nコンマガジン・スーパー合唱教室」 ではその模様をお伝えするほか、課題曲の初演に向けたNHK東京児童合唱団の練習などにも密着。特別講師による、バラエティに富んだレッスンの様子を紹介していきます。

150406ncon2.jpg
 
Nコンマガジン・スーパー合唱教室
4/11より
〈Eテレ 土曜 午後4:50~5:00 〉12本シリーズ
※放送日と時間が変わる場合があります。詳しくは Nコンホームページ でご確認ください。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ストレッチマンV「ギョーザ怪人コゲスギータ」 (4/9ほか)


150406sman1.jpg

ストレッチや遊びを通して体を動かす楽しさを伝える番組 ストレッチマンV(ファイブ) 。今回はストレッチマン・オレンジが、栃木県立富屋特別支援学校で「ギョーザ怪人コゲスギータ」と戦います。

ピンクの作ったギョーザを、喜んで食べる5人。とてもおいしくて、あっという間に平らげてしまいます。ごはんのおかわりをしに席を外していたオレンジは、戻って空のお皿を見てがっかり・・・。そして、もっといっぱい食べるために、ギョーザの街として有名な栃木県宇都宮市に行きます。

街を歩くと、ギョーザのおいしそうなにおいが!幸せな気分のオレンジが、早速ギョーザを食べようとすると、基地から「栃木県の学校にギョーザ怪人コゲスギータが現れた!」という連絡が入ります。コゲだらけで食べてもらえない腹いせに、子どもたちをコゲコゲギョーザにしてやるというのです。

子どもたちが危ない!オレンジは怪人を倒そうとしますが、怪人の「おわびにギョーザをごちそうする」という言葉に、あっさりだまされてしまいます。オレンジ、危うし!すると基地からあるアドバイスが入ります・・・。

ギョーザのコゲを強調した怪人のユニークな衣装や、得意のダンスを生かしたオレンジの動きに、ご注目ください!

150406sman2.jpg

今回の感覚遊びは「まねっこあそび」。一人がいろいろなポーズをして、みんなでまねします。それができたら、いくつかのポーズを覚えて再現します。みなさんもぜひ挑戦してみてください!

150406sman3.jpg 150406sman4.jpg

ストレッチマンV  「ギョーザ怪人コゲスギータ」
〈Eテレ 9(木) 午前9:20~9:30〉
〈Eテレ 16(木) 午前9:20~9:30〉  (再)

 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:12:20 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

新番組「ココロ部!」取材会報告


150403kokorobu.jpg

子どもたちに楽しく"道徳力"を身につけてもらう、新感覚の教育番組 ココロ部! の取材会がNHK放送センターで行われ、出演のお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建さんと児嶋一哉さんが、番組への意気込みなどを語りました。

「ココロ部!」は、小学校5.6年生、中学生の子どもたちに、考える力とコミュニケーション力、“道徳力”を楽しく身につけてもらう番組です。舞台となるのは、架空の部活動「ココロ部」。渡部さんと児嶋さんは部員のワタベとコジマに扮します。コジマはパティシエや陸上部のキャプテンなど、毎回さまざまな役に“七変化“し、ピンチ(道徳的葛藤)に遭遇。ワタベと議論しながら、「どう対応すべきか?」を、その理由も一緒に、さまざまな側面から考えていきます。

藤森チーフプロデューサーはアンジャッシュのお二人を起用した理由を、「堅苦しいイメージを抱きがちな“道徳”への心理的ハードルを下げるため」と話します。たしかに、少しとっつきにくい感じがある今までの道徳とは、だいぶ違った印象を受けます。
初めてのNHK for School の番組出演について、お二人はどう感じているのでしょうか?
「想像もしていなかった道徳番組出演で背筋が伸びる思いです。がんばります!」と渡部さん。「コントを作る時も、子どもからお年寄りまで、みなさんに意味がわかるようにと心がけているので、その意識は今回もそんなに変わりません。ただ、最近はけっこう児嶋にキツく言うことが増えているので、この番組では少しマイルドにしていきたいです。ハラワタは本当に煮えくり返ってるんですけど」と言う渡部さんに対し、児嶋さんは「言わなくていいんだよ!」とつっこみ、会場は笑いに包まれました。

バラエティー番組などで活躍し、大人気の二人。教室でも子どもたちの心をバッチリつかみそうです。児嶋さんは、道を歩いているとよく小学生に「おい、大嶋!」と声をかけられ「児嶋だよ!」と、おなじみの返しをしているのだとか。
また、この番組には、コントのスペシャリスト・アンジャッシュさんならではのたしかな「演技力」が欠かせません。
児嶋さんは「番組を見た子どもたちが将来ディレクターになるかもしれませんよね。今から演技力をアピールしておかないと!」と意気込んでみせ、笑いを誘っていました。

最後に二人は「この番組で扱うのは、子どもたちにとってリアルなテーマ。番組を見た後、考えずにはいられないと思います!」「気軽に見られるけど中身がしっかりしていて、ためになる。大人も勉強になるステキな番組です!」と、番組に太鼓判を押しました。
アンジャッシュのお二人による、新しいタイプの道徳番組に、ご期待ください!


ココロ部! (小学校5・6年生、中学 道徳)
4 /10 (金)より
〈Eテレ 金曜 午前9:50~10:00〉 (10月上旬まで)
〈Eテレ 月曜 午後3:30~3:40〉  (10月上旬~12月)

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:11:40 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「えいごリアン・シリーズ」「おはなしのくに」「にほんごであそぼ」 動画提供スタート!


150402douga1.jpg

4月から放送法が変わり、NHKが提供できるネットサービスの範囲が拡大しました。そこでNHK for Schoolでは、すでに放送が終了したものの中から、今も授業で役立つ番組や動画を“くら出し”映像として提供します!

小学校3~6年生の英語活動の番組「えいごリアン・シリーズ」では、番組とともに、テーマ別の動画クリップも用意しています。
⇒ 「えいごリアン・シリーズ」くら出し映像

また近日中に、物語の語り聞かせの番組として1990年から続く「おはなしのくに」 からも、現在放送のラインナップに入っていないものの中から、名作が再び見られるようになります。日本の昔話など、ジャンル別の検索機能も充実する予定です。

150402douga.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・

さらに、在宅の幼児向けの番組から「にほんごであそぼ」がNHK for Schoolに初参加!「でんとうげいのう」と「ほうげん」の動画クリップが見られるようになります。動画クリップの数は、随時増やしていく予定です。
⇒ 「にほんごであそぼ」くら出し映像

150402douga2.png

“くら出し”映像を、ぜひご活用ください!

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:デジタル教材情報 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「未来広告ジャパン!」「ココロ部!」で、予習動画の配信を開始!


150401yosy1.jpg

4月から新しい放送法が施行され、NHKが提供できるネットサービスの範囲が拡大することに伴い、放送前の動画もホームページで提供できるようになりました。
そこで新番組の「ココロ部!」「未来広告ジャパン!」では4/1(水)から、次回の番組をダイジェストにした予告編を、それぞれの番組ホームページで公開しています。
予習の教材としてもぜひご活用ください!

150401yosyu2.jpg

未来広告ジャパン!予習動画
ココロ部!予習動画

 

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:14:40 | カテゴリ:デジタル教材情報 | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲