2015年3月

NHK for Schoolトップページ、リニューアル!


150331sch.jpg

NHK for Schoolでは、学校向けに放送している番組をウェブサイトで配信しています。31(火)からトップページをリニューアルしました!魅力的な動画サイトとして、子どもたちがより使いやすく、そして興味を持って学べるようになりました。

★ アクセス数の高い動画クリップが、大きくランキング表示されます。

★ 4月から、すでに放送が終了した番組の中から、名作番組や今も授業で役立つ番組のいくつかを“くら出し”映像として提供します!「えいごリアン・シリーズ」など、過去の名作番組が見られるようになります!

パソコンから、タブレット端末から、ますます利用しやすくなったNHK for School。
先生向けには、各番組を使った授業プランやワークシートなどを、子ども向けには、楽しみながら学べるゲームコーナーなどを、より充実した内容で用意していきます。ぜひご活用ください!

NHK for Schoolトップページ

 

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:12:40 | カテゴリ:デジタル教材情報 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

新番組「ココロ部!」を、4/3に先行放送!


150326kokoro1-1.jpg

小学校5.6年生、中学生の子どもたちに、考える力とコミュニケーション力、“道徳力”を楽しく身につけてもらう、新番組 ココロ部! が始まります。
舞台は架空の部活動「ココロ部」。お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建さんと児嶋一哉さんが、部員のワタベとコジマにふんします。毎回、コジマが様々な役となり、“ピンチ”(道徳的葛藤)に遭遇する場面をドラマ形式で紹介。その後、コジマはワタベと部室で議論しながら、「どうすればいいか?」を、その理由もいっしょに様々な側面から考えます。

この番組の大きな特色のひとつは、決まった正解を提示しないことです。番組を見ている子どもたちに「キミならどうする?」と投げかけ、考え、話し合ってもらう中で、実社会で生きてくる“道徳的実践力”(他者とコミュニケーションしながら、その場に応じたよりよい関係性を築く力)をはぐくんでもらいます。番組を見た後で、教室や家庭で自然と話合いが始まること必至です!

2014年 秋に試作版を放送したところ、こちらのブログにも たくさんの反響 をいただきました。「子どもが自分なりの答えを考えていました」「レギュラー化を希望します」といった声も多く、スタッフ一同たいへん励みになりました。

小学校高学年~中学生向けの番組ですが、大人にも十分見応えのある知的エンターテインメントです。コントのスペシャリスト・アンジャッシュならではの確かな「演技力」、そしてコジマが、毎回様々な役になりきる「七変化」に注目です!堅苦しくない“道徳”番組を目指します。

第1回は「こまったプレゼント」。
コジマはパティシエとなり、ピンチに遭遇。「思いやり」や「友情」について考えます。コジマは小さい頃からの夢が叶って、オシャレなケーキショップを開くことになりました。開店日、友達の鈴木君がやってきて、開店祝いに、手作りの巨大なテングのお面をコジマにプレゼントします。オシャレなケーキショップにテングのお面…かわいいお店の雰囲気が台無しです。でも、プレゼントを飾らないと、友達をガッカリさせてしまう・・・キミならどうする?

150326kokoro2.jpg

番組内の「キミならどうする?」の問いかけに対して、あなたならではの意見や考え方を、ぜひ番組ホームページにお寄せください!

番組ホームページは、4 /1 (水)に公開される予定です。
4/10(金)には、番組ホームページの「みんなの意見大募集」コーナーもオープン。授業に役立つ「指導案」「ワークシート」などの教材も掲載される予定です。どうぞご活用ください!


ココロ部! (小学校5・6年生、中学 道徳)
4 /10 (金)より
〈Eテレ 金曜 午前9:50~10:00〉 (10月上旬まで)
〈Eテレ 月曜 午後3:30~3:40〉  (10月上旬~12月)
※新年度に先立ち、4/3(金)午前9:00~9:10、午後3:30~3:40にEテレで第1回「こまったプレゼント」を先行放送します。

※また、4/1(水)から、「ココロ部!」のホームページ内の‘予習動画’のページで、放送に先立ち、番組の先行動画配信(一部)を行う予定です。予習動画の「キミならどうする?」の問いかけに対して、自由に発想して、自分なりの答えを考えてみてください。そして、放送の時に、コジマくんとワタベくんの意見も聞いて、自分の考えを広げたり、深めたりしてみましょう。今後も放送前に、ホームページ内で、番組の一部を先行配信していきます。
また、放送を見逃しても、4/10(金)の放送後からは、番組ホームページでいつでも放送動画が見られます。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:50 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

新番組「未来広告ジャパン!」を、4/2(木)に先行放送!


150327japan1.jpg

未来広告ジャパン! は、日本の国土と産業を学ぶ、小学校5年生向けの社会科番組です。
舞台は、CMを制作する「ジャパン広告社」。この会社ではこのほど、「日本の“今”を20のテーマで深く取材して、CMの形にまとめ発信する」というプロジェクトを立ち上げました。そのCMをきっかけに、人々に、日本の未来をともに考えようと呼びかけるのがねらいです。プロジェクトの局長は芋洗坂(芋洗坂係長さん)。メンバーは、自称イケメン・ディレクターのカノ(狩野英孝さん)と、後輩ディレクターのキラト(若山耀人さん)が務めます。局長秘書のミツキ(遠藤三貴さん)が二人をサポートします。

番組では豊富な空撮映像や記録映像を織り交ぜながら、彼らが、取材やCMづくりを通して日本について学ぶ姿を描きます。その中で、日本は特徴的な自然環境や、さまざまな人の活動で成り立っていることを伝えていきます。
子どもたちが自ら考える力を育てる「課題解決型」の番組を目指します。視聴後はぜひ教室で、番組を見て感じたことや疑問に思ったことなどを調べたり話し合ったりしてもらえればと思います。

番組ホームページは、3 /31 (火)にオープン。
4 /8 (水)には、授業に役立つ豊富な「動画クリップ」や「指導案」「ワークシート」などの教材も掲載する予定です。どうぞご活用ください!

第1回は「日本の国土を調べよう」。
多くの島からなっている日本。最南端の沖ノ鳥島はとても小さな島ですが、国では750億円もの費用をかけて、波に削られてなくなるのを防いできました。なぜそこまでして島を守るのでしょうか?その疑問から、思いも寄らぬ日本のもうひとつの「広さ」が見えてきます。

150327japan.jpg 150327japan3.jpg

未来広告ジャパン! (小学校5年生・社会科)
4 /8 (水)より
〈Eテレ 水曜 午前9:35~9:45〉 
〈Eテレ 水曜 午後3:30~3:40〉(再)  (後期)
※新年度に先立ち、4/2(木)午前9:00~9:10、午後3:30~3:40にEテレで第1回「日本を調べよう」を先行放送します。

※また、4/1(水)から、「未来広告ジャパン!」のホームページ内の‘予習CM’のページで、放送に先立ち、番組の一部を先行動画配信する予定です。今後も放送前に、ホームページ内で、番組の一部を先行配信していきます。
また、放送を見逃しても、4/8(水)の放送後からは、番組ホームページでいつでも放送動画が見られます。

 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:12:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

新番組「ウワサの保護者会」 (4/2~)


150326uwasa.jpg

新番組 ウワサの保護者会  は、“教育”や“子育て”についての親の悩みにこたえる教育情報番組です。小・中学生の親たちが“ホゴシャ~ズ”としてスタジオに集まり、“尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹さんと本音のトークを繰り広げます。

各回のテーマは、「新学期のお悩み」「夫婦の教育観の違い」「発達障害とどう向き合う?」など、さまざま。皆で話し合い、尾木ママからのアドバイスや、癒やしの言葉を交えながら、子育て・教育の悩みや不安について、解決のヒントを探っていきます。

番組ホームページでは、放送の最新情報をお届けするほか、保護者の皆さんの悩みや経験談、知恵やアイディアをどんどん紹介していきます。ぜひ声をお寄せください!

4/2午後10:25~放送の第1回のタイトルは「子どもが朝起きない!」。
朝、何度声をかけても起きてこないわが子。どうしたら気持ちよく起こせるの?そんな悩みに、とっておきの対策を考えていきます。


ウワサの保護者会
4/2(木)から
〈Eテレ木曜 午後10:25~10:49 〉
〈Eテレ土曜 昼0:00~0:24 〉  (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「いじめを考えるキャンペーン ホームページ」リニューアル!


150330ijime.jpg

AKB48の高橋みなみさんといっしょに、いじめについて考える いじめをノックアウト
この番組を中心に、NHKでは2013年の夏から「いじめを考えるキャンペーン」を行っています。このキャンペーンの柱とも言うべき活動が、いじめを減らすために何ができるのかを考え、“自分がやろうと決めたこと”を書く「100万人の行動宣言」です。

このたび、いじめを考えるキャンペーン ホームページ が大きくリニューアルしました!
〈個人で参加する〉〈学校で参加する〉コーナーに分かれ、「行動宣言」の閲覧や参加がよりしやすくなりました。さらに・・・

〈個人で参加する〉コーナーでは、掲示板でいじめについて語り合ったり、著名な方たちからのメッセージ動画を見ることができます。

〈学校で参加する〉コーナーでは、全国の先生たちによるいじめについての授業の指導案や、「行動宣言」を使った取り組みなどを紹介しています。さらに!授業の指導案や取組事例について、全国の先生たちと意見交換ができる機能もついています!

みんなが少しずつ動いていけば、いじめもその分減っていく。
皆様も、いじめについてのご意見や取り組みなどをぜひお寄せください。スタッフ一同、お待ちしています!


いじめを考えるキャンペーン ホームページ

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:13:30 | カテゴリ:デジタル教材情報 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

NHKスペシャル「命と向きあう教室~被災地の15歳・1年の記録~」 (3/29)


150325nsp.jpg

「命は、強くて弱い、美しいもの。でもぼくは答えを出せていません」(東日本大震災で母と姉を亡くした男子生徒の作文)。

震災から4年。宮城県東松島市の鳴瀬未来中学校の3年生82人が、1年間かけて授業で「命」と向きあっています。その内容は、震災を体験した生徒どうしが、毎月1回、作文を発表し、それに対する感想を伝え合うというもの。親しい人を失った悲しみを抱え込む生徒たちを心配した教師が、児童心理や教育学の専門家と相談しながら始めました。涙ながらに体験を吐露する友人に、同級生が言葉を掛け合うその授業は、心のケアにつながるだけでなく、人が抱える痛みに思いをはせ、いたわり支え合うという、人として最も大切なことを学ぶ場になろうとしています。
卒業式、そして3月11日をへて、それぞれの未来へ一歩踏み出していく15歳の1年を見つめます。

NHKスペシャル 「命と向きあう教室~被災地の15歳・1年の記録~」
< 総合 29(日) 午後9:00~9:49 > 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:35 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「人生デザインU-29」、3/30からリニューアル!


150325u1.jpg

人生デザインU-29  は、“自らの人生をデザインしようと奮闘中のU-29 (29歳以下)代表”を密着ドキュメントする番組です。働き方も生き方も自分の手でつかみ取る時代、新しい意識・価値観を持って未来を切り開こうとしているU -29世代を毎回一人取り上げ、仕事や暮らしの様子をまるごとドキュメントします。悩みや不安を抱えながらも、新たなチャレンジなどをしていく姿を通して、“社会に出ること”“働くことの意味”を考えます。

新年度 (3/30)からは、新シリーズにリニューアルしてお届けします!
俳優の松坂桃李さんがU-29世代の一人としてナレーターを務めます(写真上)。
そしてテーマ音楽は、秦 基博さんが担当します(写真下)。

松坂さんは「同世代たちと“一緒に走って行く”つもりでナレーションをやっていけたら」。秦さんは「不安や葛藤を抱えながらも、それぞれの日々を突き進んでゆく、生きてゆく、力強さを表現できれば」と、それぞれ意気込みを語ってくれました。

中高生のキャリア教育の補助教材としてぜひご活用ください!

リニューアル第1弾は、3/30(月)放送。主人公は、札幌でゲストハウスを経営する河嶋峻さんら23歳の3人組です。“自分たちにしかできない仕事”をつくりだしたいと就職活動をやめ、自分たちで稼いだアルバイト代300万円を元手に去年11月、ゲストハウスをオープンしました。開業したばかりにもかかわらず、海外からの観光客で連日にぎわっています。でも、いざ開業してみるとフロント業務や清掃などルーティンワークに追われる毎日・・・。開業までのワクワクした日々に比べて何かもの足りなさを感じている河嶋さんたち。どう仕事と向き合っていくのでしょうか?
ぜひ、ご覧ください。

150325u2.jpg

人生デザインU-29
〈Eテレ 月曜 午後7:25~7:50 〉
〈Eテレ 水曜 午後11:25~11:50 〉  (再)
※再放送の曜日が4月から変わります!

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:20 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

新番組「ミミクリーズ」 (3/30~)


150324mimi1.jpg

“ミミクリー(mimicry)”とは、「擬態」・「似ているもの」・「形態模写」という意味。
自然界には、形・模様・動きが似ているものが数多くあります。そうした「似ているもの」をじっくり観察・比較し、共通点や規則性、そして違いを考えてみると、いろいろな発見や驚きがあります。
ミミクリーをキーワードに、3~7歳の子どもたちの知的好奇心を触発し、「科学する心」を育て「自分で考えること」を促す自然科学番組。それが ミミクリーズ です。

この番組の監修を務める、生物学者の福岡伸一さん(青山学院大学教授)は、「似ているものを見つけ、そこに共通の理由があるのか、それとも、たまたま似ているだけなのか、ということを知識や想像力を駆使して考える。それが科学(的思考)の原点である。」と考えています。この考え方をベースにし、子どもたちの科学的な考え方を育み、さらに「なぜ?」「どうして?」という発展的な思考を促すことで、子どもたちの考える力を育てたいと思っています。

番組は、さまざまなコーナーで成り立つセグメント構成。多種多様なミミクリーを、スタイリッシュな実験映像やCG、歌などを駆使して見せていき、子どもたちに直感的に「おもしろい!」「わかった!」と思ってもらえるような番組を目指しています。

 <主なコーナー>
◇「なぜだ!」
カタツムリとチョウの口の、似ているところは「うず巻き」。ほかにもうず巻きのカタチがある生き物や植物がいるけど、なぜうず巻きなの?
実験などを通して、似ている理由やメカニズムを考えます。

150324mimi2.jpg

◇「ミミクリーアカデミー」
ダンゴムシとネコは、どうして同じように丸くなるの?
こうした問いに、子どもたちに自由な発想で答えてもらいます。

◇「そっクリー」
風景ソックリに擬態している生き物を、クイズ感覚で探してみます。

◇「カタチのルール」
つくしとジャガーにある「網目の模様」。この模様の共通点とは?
自然界の共通の法則や数学的ルールを、CGアニメで見せていきます。

150324mimi3.jpg

さらに、番組専用のアプリで子どもたちに「ソックリさん写真」を送ってもらい、紹介します。視聴者の皆さんが積極的に参加できるインタラクティブな番組を目指します!
 

ミミクリーズ
3/30より
〈Eテレ 毎週月曜 午後5:35~5:45 〉
〈Eテレ 毎週土曜 午前6:50~7:00 〉  (再)
〈Eテレ 隔週金曜 午前10:00~10:10 〉  (再)

 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:16:40 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

カガクノミカタ「見方を変える」 (3/31)


150324kagaku1.jpg

“ふしぎだと思うこと これが科学の芽です”  朝永振一郎

カガクノミカタ は、この「科学の芽」をはぐくむ、新しいタイプの理科教育番組です。

ふだん何気なく見ている物の中にも、たくさんの「ふしぎ」がひそんでいます。しかし、ただ眺めているだけでは、それに気づくのは意外に難しいものです。カガクノミカタでは、そうした「ふしぎ」を見つけるために役立つさまざまな「科学の見方」を紹介します。

今回取り上げるのは、子どもたちにも身近な「イチゴ」。迫力ある特撮映像も織り交ぜながら、「見方」を持つことで浮かび上がってくるイチゴのふしぎに迫っていきます。

ほかのイチゴと比べてみると・・・?
どんどん近づいて大きくしてみると・・・?(写真上)
中の様子をMRIを使って見てみると・・・?

さまざまな「見方」を身につけることで、見慣れた周囲の風景が少し違ってみえることが番組の目標です。子どもたちがみずから「問い」を見つけ、学んでいく。そうした力の育成につながればと願っています。自由研究はもちろん、総合的な学習の時間など、理科以外の教科でもぜひご活用ください。

※この番組は、2015年後期(10月~3月)に10本放送する予定です。ぜひご感想をお寄せください!

150324kagaku2.jpg150324kagaku3-1.jpg

 

カガクノミカタ 「見方を変える」
〈Eテレ 31(火) 午前9:00~9:10〉
〈Eテレ 31(火) 午後3:30~3:40〉  (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「はりきり水泳ノ介~クロールに挑戦だ!~」水泳ノ介&監修の大越正大先生にインタビュー!


150323suiei1.JPG

はりきり体育ノ介 は、「体育ができると人生がより楽しくなる!」がキャッチフレーズの、小学3~6年生向けの体育の番組です。体育ノ介は超人サイボーグですが、博士が「体育の力」をインプットし忘れてしまったため運動が苦手。博士はそんな彼に体育の力をつけさせるため、日夜研究をしています。番組では、体育ノ介による「つまずき映像」と、アスリートによる「お手本映像」を提示。比較して見せることで、体育のポイントをわかりやすく伝えます。
5月から始まる水泳シリーズでは、体育ノ介の兄である水泳ノ介が登場します!水泳ノ介もまた、博士の母・トメが泳ぐ力をインプットし忘れたため、泳ぐことができません。

ここで皆さんにニュースがあります!3/30(月)に「はりきり水泳ノ介~クロールに挑戦だ!~」を先行放送します!お手本を見せてくれる一流アスリートは、北京オリンピック競泳メダリストの宮下純一さん。水泳ノ介は、いったいどんなサイボーグなのでしょうか?気になるロケの様子を、一足早く報告します!(上の写真は左より、監修の大越正大先生、水泳ノ介、宮下純一さん。)

★「自分もこんな風に泳いでみたい!」という泳ぎを見せたい!

収録は東海大学の屋内プールで行われました。カメラの台数は、水中カメラも含めて計7台!陸上と水中に1台ずつハイスピードカメラが。水中の様子は、2人の潜水カメラマンが撮影します。

水泳ノ介の泳ぎの撮影をひととおり行った後、宮下さんの撮影が始まります。その泳ぎに合わせて陸上ハイスピードカメラ担当のカメラマンがプールサイドに敷かれたレールにそって移動撮影するのですが、宮下さんのスピードがあまりにも早いため、カメラマンは大慌てで追いかけていました。映像をモニターを見ているスタッフたちからは「おお、すごい!」「動きに無駄がない!」と、感動の声があがっていました。宮下さんは、軽く何回か水をかくだけで25メートルを泳ぎ切ってしまいます。うっかり息継ぎをしなかったため、撮り直しをした一幕もありました。

150323suiei2.JPG

水泳シリーズの監修を務めるのは、大越正大先生(東海大学体育学部体育学科准教授)です。大越先生は随所で、水泳ノ介に泳ぎ方をアドバイスしていました。「指導するときに心がけていることは、水泳初心者の子どもたちが見た時に、ポイントをつかみやすい泳ぎ方を、ということです。同時に、子どもたちが“自分もこんな風に泳いでみたい!”とモチベーションを上げるような泳ぎを見せたいと思ってます」と話してくださいました。

150323suiei3.JPG 150323suiei4.JPG

★ 初公開!水泳ノ介のスーツのヒミツ

体育ノ介に負けないインパクトを持つ水泳ノ介。頭の「泳」という文字、大きなゴーグル、赤い背ビレなどが印象的です。水泳ノ介と初めて会った宮下さんは「この背ビレの向きだと、逆に水の抵抗を受けちゃうよー」と、思わず大笑い。
水泳ノ介を演じているスーツアクターの松本拓巳さんは「水に入っていると、体温でスーツの中が温まるので、実は中は熱いんですよ」と、知られざる苦労を話してくれました。そして「水泳ノ介は体育ノ介のお兄さん役なので、めちゃめちゃ気合が入っています。体育ノ介に負けないようにがんばります!」と抱負を語ってくれました。

これを見れば、あなたもきっと泳ぎたくなる!春休みの先行放送を、どうぞお見逃しなく!

150323suiei5.JPG

 

はりきり水泳ノ介~クロールに挑戦だ!~
〈Eテレ 30(月) 午前9:00~9:10〉
〈Eテレ 30(月) 午後3:30~3:40〉(再)


 

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

学びをサポート2015 NHK for School パワーアップ!(3/23 ほか)


150320manabi1.jpg

もうすぐ新年度。特集番組 学びをサポート2015 NHK for Schoolパワーアップ! では、この春新しくなるNHK for Schoolのホームページの主な刷新ポイントと、新番組の見どころを一挙紹介します!
案内役は、「スマホ・リアル・ストーリー」でおなじみの鈴木福くん。鉄棒が苦手な福くん。逆上がりができるようになりたいと見始めたのが・・・NHK for School。

いつでもどこでも見られる動画が満載のNHK for Schoolのホームページ。「はりきり体育之介」では、逆上がりの「できるポイント」「できないポイント」がチェックできます。自分の姿を撮影して、お手本映像と比べることができるアプリも登場!
さらに、検索機能が充実したり、「えいごリアン」など今は放送していない番組も視聴できる特集コーナーが加わったり、と盛りだくさんです。

今回の番組では、新番組の出演者とタブレットを通して会話して、見どころを聞き出していきます。

紹介する新番組と出演者は・・・
★ 「ココロ部!」 (小学校5・6年生、中学 道徳) 渡部健さん・児嶋一哉さん(アンジャッシュ)
★ 「未来広告ジャパン!」 (小学校5年生 社会) 狩野英孝さん、若山耀人さん、遠藤三貴さん、芋洗坂係長さん
★ 「ミミクリーズ」 (幼稚園・保育所)

150320manabi2-1.jpg

150320manabi3.jpg

新番組のホームページは、4/6(月)以降順次アップする予定です。新年度の指導計画を立てる際に、ぜひご活用ください。

 

学びをサポートNHK for School 2015パワーアップ!
・4分バージョン
< Eテレ 23(月)  午前9:06~9:10 >
< Eテレ 24(火)~26(木)  午前9:06~9:10 > (再)
・10分バージョン
< Eテレ 30(月)  午前9:10~9:20 >
< Eテレ 31(火)~4/3(金)  午前9:10~9:20 > (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:13:35 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

第2段階の教育改革 号砲か空砲か


150319hayakawa.jpg

 安倍総理直属の教育再生実行会議は、3月4日、8か月ぶりに第6次の提言をまとめました。その内容と課題について考えます。

■ 提言の意味合いとは

 教育の未来図を描くというねらいがありました。これまで5次にわたる提言は、安倍総理が掲げる戦後レジームからの脱却、つまり戦後間もないころにできた今の教育体制が古びてしまったとしてその立て直しに力点が置かれてきました。その総決算が一段落したので、次の段階として数十年先を見据えた教育の未来図を描こうとしたのです。第2段階に入ったことを示すように、これまでは1年半の間に次々に提言をまとめてきたのが、今回は8か月の間をおいての提言でした。

■ 提言の内容は

 2つの柱があります。誰もが学び続けられる社会の実現をめざすというのが一つの柱です。そのために大学などで社会人が学び直せるように、▽社会人向けの教育プログラムをつくったり ▽ネットやスマホで授業を簡単に受けられるようにしたり ▽奨学金や教育訓練給付金などで経済的な後押ししたりすることを考えています。
 また、女性の活躍を支援するためとして、▽女性の職場復帰や再就職を支援する教育プログラムをつくったり ▽子育て中の女性が学べるように大学の保育環境を整えたりすることなどが盛り込まれています。
 これらを実施することで、職に就けない若者が職業選択の幅を広げられるようになったり、出産や子育てで仕事を離れた女性が能力を高めたうえで仕事に復帰できたり、定年前後のベテランが新たな道を切り拓いたりできるような下地ができるとしています。

■ もう1つの柱は

 教育を安倍政権が進める「地方創生」の推進役にするというものです。具体的には、▽大学が地域産業の担い手を育てるための「実学」により一層力を入れるようにすること ▽地方から都市部への人口流出を防ぐため、都市部の大学の入学定員を厳格に守るようにすること ▽すべての学校を地域住民が学校の運営に参加する「コミュニティ・スクール」にすることを検討する などの方策を示しています。
 これらを実施することで、小中高を通じて子どもたちが地域に愛着が持てるように教育し、無理して都会の大学に進まなくても地域の大学で職に就くための教育を受けられるようにし、ひいては地域活性化のための担い手になってもらおうというのです。

【続きを読む】

投稿者:解説委員 | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:早川解説委員の教育コラム | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

かおテレビ (3/23ほか)


150318kao1.jpg

かおテレビ は、主人公を自分で作ることができる初めてのテレビ番組です。
視聴者自身がスマートフォンで作った「かお」が、家のテレビに登場、番組進行にあわせて動いたり歌ったりする、まったく新しい視聴者参加型子ども番組です。

参加するためには、ハイブリッドキャスト対応テレビをインターネットに接続する必要があります。また、事前にテレビの機種に合った専用アプリをスマートフォンにインストールしてください。
番組が始まったら、スマートフォンをWiFiでインターネットに接続し、アプリを起動。目・鼻・口などあなたの好きな「かおパーツ」を選んで「かお」を作りましょう!パーツを組み合わせて、作ることのできる顔はなんと16000以上!ご自身の作った「かお」が、ご自宅のテレビに登場します!(ハイブリットキャスト非対応テレビの方は、「かお」を作ることはできませんが、番組はデータ放送で番組をお楽しみいただけます。)
皆さんが作った「かお」は、番組ホームページで紹介するほか、翌日以降のデータ放送で表示する「かお」に選ばれるかも?

今回のテーマは「トイレ」。視聴者自身の作った「かお」が、古今東西のさまざまなトイレの「かお」になって、トイレの気持ちを歌にしてくれます
自分で作った「かお」がテレビに登場することで、子どもたちに楽しみや驚きを感じてもらうとともに、自作の「かお」をのせたトイレの声を聞き、正しい使い方などを学んでもらうことがねらいです。皆様も、ぜひご参加ください!

※ Hybridcastアプリのダウンロードは こちら から。

※ 放送と同じ体験ができるイベントを2か所で開催します。ハイブリッドキャスト対応のテレビを持っていない方にも、「かおテレビ」を体験していただくことができます。
【NHKスタジオパーク】  3/14(土)~31(日)  春のスタパまつり期間中「はてなルーム」で展示
【東京タワー】 3/19(木)~22(日) 放送90年イベント会場で展示

150318kao2.jpg 150318kao3.jpg

かおテレビ
< Eテレ 23(月)午前 9:00~9:06 >
< Eテレ 24(火)~26(木)午前 9:00~9:06 > (再) 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:15:20 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「NHKなわとびかっとび王選手権2015」参加校募集中! (5/29締め切り)


150317nawa1.jpg

NHKでは、全国から小学生のチームを募集して「なわとびかっとび王選手権2015」 を開催します。跳び手が8の字を描きながら、1分間で次々と大縄を跳びぬけていく8の字とび(長なわとび)で跳びぬけた延べ人数を競う「8の字とびタイムアタック」の全国大会です。
1次予選、2次予選はビデオ審査で行います。予選を勝ち抜いた5チーム(予定)が、10/31(予定)に行われる決勝大会に進出。その模様を後日Eテレで放送します。

事前エントリー申し込みの締め切りは、5/29(金)です。詳しい内容や申し込み方法は NHKなわとびかっとび王選手権2015 参加校募集 ホームページ をご覧ください。
目標は日本一!その目的はクラスの絆作り!!ふるってご参加ください。

※ 決勝大会の日程は、変更する場合があります。詳細はお申込みいただいた学校にお知らせします。

※ 写真は、番組 今年もやります!なわとびかっとび王選手権2015 より。昨年の決勝大会の様子や、参加した子どもたちの声などをお伝えします。

今年もやります!なわとびかっとび王選手権2015
< Eテレ 3/20(金) 午前9:55~10:00 >
< Eテレ 3/28(土) 午後1:50~1:55 >
< Eテレ 4/1(水) 午前10:10~10:15 >
< Eテレ 4/2(木) 午前10:00~10:05 > (再)
< Eテレ 4/3(金) 午前10:10~10:15 > (再)
 

150317nawa2.jpg

 

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:11:45 | カテゴリ:イベントなど | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

いじめをノックアウトスペシャル第5弾「小さな思いが、つながるとき・・・」 (3/21)


150316ijime.jpg

「たかみな」ことAKB48の高橋みなみさんといじめについて考える いじめをノックアウト 。21(土・祝)は生放送でスペシャル第5弾をお送りします!

レギュラー放送で高橋さんは、VTRで全国の子どもたちの様子を見ながら、いじめや友だち関係についてコメントをしています。収録を重ねていく中で、「実際に学校現場に行って、直接子どもたちと話してみたい!」という気持ちが強くなっていったそうです。その願いがかない、東京都・四谷の小学校で、6年生28人を相手に、高橋さんが丸1日先生となり授業を行いました!番組ではその様子を、たっぷりとお伝えします!
〈ちょっとだけ先取りリポート〉は こちら

また、高橋さんと中学生たちがいじめについて徹底的に語り合う「いじめをノックアウトサミット」の様子を紹介します。今回のサミットのテーマは「SNSいじめ」。特にスマホの普及で子どもたちの間で急速に広まっている「LINE」 について話し合いました。中学生の本音が満載!白熱した議論の様子を、ぜひご覧ください!!〈ちょっとだけ先取りリポート〉は こちら

もちろん、全国から寄せられた“行動宣言”も紹介します。
ノックアウト隊from AKB48が、参加を呼びかけます。あなたもぜひご参加ください!
「100万人の行動宣言」の投稿は こちら から。(クラスや学校単位で参加の場合は、専用の宣言用紙をお送りします)


いじめをノックアウトスペシャル第5弾 「小さな思いが、つながるとき・・・」
< Eテレ 21(土・祝) 午後7:00~7:55、午後8:00~8:55 >

※ 番組ホームページ で、みなさまからのあつーい投稿を募集しています!今回のテーマは“SNSいじめ”。LINEなどで飛び交う悪口を防ぐにはどうしたらいい?体験談や、「こうして防げる!」というアイデアなどを、ぜひ投稿してください!
 いじめをノックアウトスペシャル掲示板

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:30 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「平成26年度『教育の情報化』推進フォーラム」リポート


150312kyoiku1-1.JPG

3/6(金)、7(土)、東京・渋谷の国立オリンピック記念青少年総合センターで「平成26年度『教育の情報化』推進フォーラム」が開催されました。教師や研究者、電子教材を扱う企業の人たちが参加し、学力向上に有効なICTの活用方法について情報交換などがされました。

この中で「ICT夢コンテスト」の表彰式が行われました。このコンテストでは、ICTを活用した取り組みを全国から募集。今年度は学校や地域などから349件の応募があり、その中から大賞などを決定しました。

NHK賞は、三重県鈴鹿市立鼓ヶ浦小学校の勝井まどか先生の取り組みにおくられました。

150312kyoiku2-1.JPG

この実践は、知的障害のある5年生のA君が、タブレット端末を活用してショートムービーを制作し、それをもとに交流学級の子どもたちとコミュニケーションを広げるという内容です。
もともとICTに興味がなかったという勝井先生。特別支援の子にいい教材がないか探していたところ、元同僚の先生からタブレット端末をすすめられて使い出しました。A君は、1タップで操作ができるタブレットにすぐ興味を示し、すすんで使っているそうです。勝井先生は、プリント教材が主の時と比べて、教師の支援のしかたが変わったと実感しているそうです。

「教育の情報化」推進フォーラムでは、ほかの実践事例も多数発表されました。また、タブレット端末を活用した模擬授業や、パネルディスカッションなども行われました。基調講演では、文部科学省と総務省の担当者が、教育の情報化政策について話をし、日本の教育の現状や問題点を見据えたうえで、学校でのさらなるICT活用がまったなしになっていることが強調されました。

会場はどこも立ち見が出るほどの盛況ぶり。熱心にメモをとったり、意見交換をしたりする参加者の様子から、「教育現場に積極的にICTを取り入れたい!」という熱い思いがひしひしと伝わってきました。

150312kyoiku3-1.JPG 150312kyoiku4.JPG

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

3/21放送「いじめをノックアウトスペシャル第5弾」の中で、高橋みなみさんが中学生たちとマジ討論!


150311ijime.jpg

「たかみな」ことAKB48の高橋みなみさんといじめについて考える いじめをノックアウト 。いつもは金曜午前9:25から10分間の放送ですが、21(土・祝)には いじめをノックアウトスペシャル第5弾 として、2時間近く生放送でお送りします。
そのスペシャル番組の中で、高橋さんと中学生たちがいじめについて徹底的に語り合う「いじめをノックアウトサミット」の様子を紹介します。先日収録したこのサミットの様子を、特別にちょっとだけお伝えします!

今回のサミットのテーマは「SNSいじめ」、特にスマホの普及で子どもたちの間で急速に広まっている「LINE」 について考えました。LINEは複数の人に一斉にメッセージを送れるため、多くの友達と瞬時に会話することができ、とても便利です。しかしその半面、学校で取材をしていると、「一度悪口が書き込まれると多くの人がそれに加わり、歯止めが効かなくなる」という悩みも多く耳にするようになりました。そこで今回、「LINE上でエスカレートする悪口を止めるにはどうしたらいいのか」を考えることにしたのです。

参加したのは、全国から集まった中学生10人と、高橋さん、ノックアウト隊、そして首藤奈知子アナウンサー。話し合いは、「LINEがきっかけで起こるいじめ」を描いたドラマを見ることから始まりました。実はこのドラマ、横浜市のある中学校の生徒会が自主制作したもの。もとになっているのは、自分たちのまわりでよくある出来事だそうです。その内容は・・・教室でうっかり空気を読めない発言をしてしまった女の子が、放課後にLINEで悪口を書かれ、ついにはクラス全員が登録しているグループからもはずされてしまう。そしてLINEの中で大勢のクラスメイトが彼女の悪口を書込んだ結果、次の日には教室でのいじめにまで発展してしまう、というものです。

ドラマを見て「怖い!」と驚いた高橋さんに対し、中学生たちは「あるある」と共感。実は彼らの中には、「LINE上の悪口を見たことがある」という以外に、「悪口を書いたことがある」「書かれたことがある」という経験をした子がとても多かったのです。
そんな現状を知って、「どうしてLINEでは悪口が書かれやすいのか」という疑問を持った高橋さん。中学生たちの答えは「LINEでの悪口は、現実世界のいじめと比べて参加のハードルが低い」というものでした。相手の顔が見えないからこそ気軽にだれかの悪口を書き込み、さらに賛同してくれる人がいると、「あの子をウザいと思っているのは自分だけではないんだ」と連帯感を感じてどんどんエスカレートしてしまうのだそう・・・。

だれもがイヤだと思いながら、なかなか止めることができないLINEでの悪口。「何かできることはないか」と考える中学生たちの話を、高橋さんは真剣な表情で聞いていました。そして自分自身が学生時代に感じていたこと、大人になったいま気をつけていることなど、体験談も交えながらさまざまな考えを話してくれました。

ほぼ全員が初対面だったにもかかわらず、議論は3時間を超えた白熱したものになりました。果たして、悪口のエスカレートを防ぐアイデアは見つかったのか!?
中学生の本音が満載!サミットの様子を、ぜひ番組でご覧ください!!

同じく いじめをノックアウトスペシャル第5弾 で紹介する、高橋みなみさんによる小学生への特別授業の先取り報告は、 こちら です。

※ いじめをノックアウトスペシャル では、みなさまからのあつーい投稿を募集しています!今回のテーマは“SNSいじめ”、LINEなどで飛び交う悪口を防ぐにはどうしたらいい?体験談や、「こうして防げる!」というアイデアなどを、ぜひ投稿してください! いじめをノックアウトスペシャル掲示板

※ もちろん、行動宣言もまだまだ募集中です!!「100万人の行動宣言」の投稿は こちら から。(クラスや学校単位で参加の場合は、専用の宣言用紙をお送りします)


いじめをノックアウトスペシャル 第5弾 「小さな思いが、つながるとき・・・」
< Eテレ 21(土・祝) 午後7:00~7:55、午後8:00~8:55 >

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

はりきり体育ノ介「さかあがりお助けアプリ」誕生!


150310tai1.jpg

タブレットなどのICT活用授業に対応した、新しいタイプの体育番組 はりきり体育ノ介 から、待望のアプリが誕生しました!その名も「さかあがりお助けアプリ」。

まずスマホやタブレットのカメラ機能を使って、お子さんがさかあがりする様子をビデオ撮影します。すると隣に体育ノ介のお手本映像が出てきて、2画面状態で再生されます!自分と体育ノ介のさかあがりを見比べることで、どこを直したらいいかわかり、ポイントをおさえて練習することができます。

また、オリンピックメダリスト・冨田洋之さんによる【できるポイント】と、体育ノ介による【できないポイント】の映像を提示。両方を見ることで、どこに気をつけたらいいかがわかります。

ご家庭での練習はもちろん、体育の授業でも使えます!アプリをスマホやタブレットにダウンロードをしていただければ、Wi-fiがない運動場でもご利用いただけます。さかあがりができない子どもたち、どう教えたらいいか悩む保護者や先生の皆さん、ぜひ「さかあがりお助けアプリ」をご利用ください!

※ アプリの利用に費用はかかりません。ただし、インターネット接続に必要な費用や通信料、携帯電話のパケット通信料などはご負担いただくことになります。パケット定額契約未加入の場合、通信料が高額になるおそれがありますのでご注意ください。

アプリのダウンロードなど、詳細は こちら をご覧ください。(NHKのサイトを離れます)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:55 | カテゴリ:デジタル教材情報 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「Nコン2015♪」 今年の課題曲の感想を募集中!


150309kadai1.jpg

NHK全国学校音楽コンクール(Nコン) は、小学校・中学校・高等学校の児童・生徒を対象とした合唱のコンクールです。各界の一線で活躍する人たちによる課題曲は、毎年注目を集めています。

82回目を迎えることしの課題曲のテーマは「ピース♪」。
戦後70年を迎える今年、一人ひとりに平和について考えてほしい、という願いをこめたテーマです。
Nコン2015ホームページ では、今年の課題曲の初演の演奏を動画で配信しています。どんな課題曲が誕生したのか、ぜひ聴いてみてください。そして、今年の課題曲についての皆さんの感想を大募集しています。
歌詞の中であなたが好きなフレーズや、いいなと思ったメロディ、練習がんばるゾと思う部分など、課題曲への感想をどしどしお寄せください。

【2015年 第82回 NHK全国学校音楽コンクール課題曲】
  〈小学校の部〉 「地球をつつむ歌声」  作詞:日野原重明 作曲:加藤昌則
  〈中学校の部〉 「プレゼント」  作詞:Saori(SEKAI NO OWARI) 作曲:Nakajin(SEKAI NO OWARI) 編曲:大田桜子
  〈高等学校の部〉 「メイプルシロップ」  作詩:穂村弘 作曲:松本望


Nコン2015♪  課題曲を語ろう!
 感想の投稿は こちら から。
 皆さんのコメントを読むのは こちら から。
 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:30 | カテゴリ:おしらせ | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック(0)

考えるカラス~科学の考え方~ 授業リポート


150305karas1.JPG

考えるカラス~科学の考え方~  は、「科学の考え方」を学ぶ新しいタイプの科学教育番組です。2015年2月10日、東京都立川市立第一小学校3年2組で 考えるカラス「第2回」を利用した授業が行われました。

★ 番組を見ながら、自分でいろいろと考えてみよう!

授業が始まると担任の山崎晃先生は「この授業では、答えが正しいかではなく、なんでそうなるのかを考えます。では番組を見てみましょう!」と言ってテレビをつけました。

【考えるカラス~科学の考え方~「第2回」あらすじ】
まず「考える観察」のコーナー。水に浮かぶ一円玉を容器の端に寄せると、容器の中央に戻ります。ためしに水面に木片をのせると、容器の端にくっつきます。次に容器にあふれるほどの水を足してみます。すると今度は、一円玉が端に寄って木片が真ん中に来ます。

子どもたちは映像を見ながら、「磁石みたいにくっついてる」「なんでだろう?」とびっくりしていました。

「蒼井優の考える練習」のコーナーは、お盆と風船を使った問題です。蒼井さんがお盆と風船を持ち同時に離すと、お盆が先に落ちて、風船は後からゆっくりと落ちます。では、お盆の上に風船をのせて手を離すと、どうなるでしょうか?
① お盆が先に落ちる  ②一緒に落ちる  ③お盆は落ち、風船は上がる  いったいどれでしょう?

150305karas2.jpg

ここで先生は子どもたちに、どれだと思うか尋ねました。3つすべてに手が挙がりましたが、③が一番多かったようです。
答え編の映像が流れ、答えが②だとわかると「え!」「静電気のせいかな?」といった声があがりました。

150305karas3.jpg 150305karas4.jpg

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:15:00 | カテゴリ:授業リポート | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「10min.ボックス理科」春のセレクション (3/6ほか)


150305min.jpg

中学校・高等学校の学習に役立つ映像を、コンパクトにまとめてお送りする10min.ボックス。
6(金)より、「10min.ボックス理科」 から10本を選んで放送します。〈 20(金)と27(金)には、小学校向けの番組を放送します。 〉 どうぞご活用ください!

・6(金) =5(木)深夜
  午前0:50~1:00 10min.ボックス 理科~物理・化学的分野 「原子を探る~原子の発見 」
  午前1:00~1:10 10min.ボックス 理科~物理・化学的分野「原子を探る~原子の中の電子」
  午前1:10~1:20 10min.ボックス 理科~物理・化学的分野「原子を探る~分子をつくる原子」

・13(金) =12(木)深夜
  午前0:50~1:00 10min.ボックス 理科~野外観察的分野 「校内の生きもの~生きものを探す」
  午前1:00~1:10 10min.ボックス 理科~野外観察的分野「校内の生きもの~植物の1年 」
  午前1:10~1:20 10min.ボックス 理科 ~野外観察的分野「校内の生きもの~サクラのなかま 」

・20(金) =19(木)深夜
  午前0:50~1:00 10min.ボックス 理科~生物的分野「血液の研究~血液のなりたち」
  午前1:00~1:05 ミクロワールド「命の不思議 メダカの誕生 」
  午前1:05~1:20 わかる国語 読み書きのツボ「せすじをまっすぐ~ねじれ文を直す~」

・27(金) =26(木)深夜
  午前0:50~1:05 コミ☆トレ「忍者流!おそうじ大作戦!~最後までやりとげよう~」
  午前1:05~1:20  ど~する?地球のあした「ホントにお得?リサイクル 」
 
・4/3(金) =4/2(木)深夜
  午前0:50~1:00 10min.ボックス 理科~生物的分野「血液の研究~心臓のつくりと動き」
  午前1:00~1:10 10min.ボックス 理科 ~生物的分野「血液の研究~血液と血管」
  午前1:10~1:20 10min.ボックス 理科 ~生物的分野「血液の研究~血液と酸素」

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック(0)

学ぼうBOSAI シリーズ 東日本大震災 被災者に学ぶ「商業施設運営者」 (3/12 ほか)


150305bosai1.jpg

俳優の濱田龍臣さんが、東日本大震災の被災地を訪ね、震災を経験した人たちの話を聞く、学ぼうBOSAI  シリーズ 東日本大震災 被災者に学ぶ。今回は、震災当時2300人もの避難者を受け入れた、大型ショッピングセンターのマネージャー秀方純(ひでかた じゅん)さんを紹介します。

秀方さんが勤めているショッピングセンターには、飲食店やスーパーなど、113もの店が入っています。地震の強い揺れで店の商品棚が倒れたり、ガラスが割れたりして、大きな被害が出ました。秀方さんは停電で真っ暗になった店内で、お客さんと従業員の安全確保に努めましたが、その後、想定外の事が起こります。津波から逃れた大勢の人たちが、ショッピングセンターに避難しに来たのです。このショッピングセンターは市の指定避難所ではありません。でも目の前にはここを頼ってきた大勢の人たちが…。電話が通じず会社の判断を聞くこともできない中、秀方さんは考えた末、避難者全員を受け入れることを決断しました。さらに秀方さんは店の商品である食料や毛布などを配布。また、物資を求めて押し寄せる人たちに、店に貯蔵してある食料などを2日間無料で配りました。
この秀方さんの決断により多くの人たちが救われました。そして、このショッピングセンターの運営会社は、その後、マニュアルの一部を見直したそうです。

大勢の被災者を支えようと行動した、秀方さんの判断について伝えます。

150305bosai2.jpg
 
学ぼうBOSAI  シリーズ 東日本大震災 被災者に学ぶ「商業施設運営者」
< Eテレ 12(木) 午前9:30~9:40 >
< Eテレ 15(日) 午後6:30~6:40 > (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

スーパープレゼンテーション「絵本作家が贈る 最高の物語」 (3/11ほか)


150304ted.jpg

世界が注目するアメリカのプレゼンイベント「TEDカンファレンス」。会場には文化・芸術・科学・ITなどの最先端を行く「いま世界を変えようとしている人たち」が次々と登場し、エネルギーと驚きに満ちた渾身のプレゼンを披露していきます。スーパープレゼンテーション は、そのプレゼンの様子を、日本語字幕付きで紹介する番組です。

11(水)のスピーカーは、アメリカで今注目されている絵本作家、マック・バーネットさんです。

「本という秘密の扉を開けると、物語が現実へと流れ出す」と語るバーネットさん。海賊、タイムトラベル、スパイ・・・。その作品は、子どもたちの好奇心をくすぐる不思議な“ウソ”に満ちあふれています。
そんな、子どもたちを魅了する物語を次々と紡ぎ出すバーネットさんが、絵本作家になった理由を明かします。さらに、絵本の中に登場するクジラと、読者の少年との心温まる実話が紹介され、観客の感動を呼びます!


スーパープレゼンテーション 「絵本作家が贈る 最高の物語」
〈Eテレ 11(水) 午後10:00~10:25〉
〈Eテレ 16(月) 午前0:45~1:10〉= 15(日)深夜  (再)
〈Eテレ 18(水) 午前6:00~6:25 〉   (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

道徳ドキュメント「男らしさ、女らしさって何?」 (3/6ほか)


150303dotoku.jpg

実際にあった出来事や人生体験を取り上げ、現実の問題と向き合いながら道徳を考える 道徳ドキュメント 。今回は「男らしさ、女らしさ」について考えます。

性の自覚と関心が高まる小学校高学年の時期に、性の多様性に気づき、幅広い見方を養うのがねらいです。
実は性は「男か女か」の2つの区別だけではとらえきれません。体と心の性が異なる“性別違和”や、同性に恋愛感情を抱く“同性愛”などの性的マイノリティーの人たちは、20人に1人、小中学校のクラスにも1人か2人の割合でいるとされています。(電通総研LGBT調査 2012年7月より)
性的マイノリティーの人の多くは、性に目覚める小学校高学年の頃から自分の性が周りの人と違うことを強く意識する機会が増えていきます。一方、日本では子どもが性の多様性について学ぶ機会はきわめて少なく、正しい知識の欠如から性的マイノリティの子どもがいじめや暴力によって傷つけられる例が後を絶ちません。自分自身への戸惑いや周囲との関係に深い悩みを抱え、不登校になったり自殺願望を抱いたりするケースが少なくありません。

番組では、性別違和の生徒の希望をかなえるため、生徒たちに「男らしく」「女らしく」ではなく「自分らしく」生きようと呼びかけて準備を進めた中学校の実例や、自らの性をカミングアウトして広く理解を求める活動を始めた性的マイノリティーの高校生の姿を紹介します。彼らの自然な姿を通して、多様な個性を認め合い、皆が「自分らしく」生きるにはどうしたらいいか考えていきます。


道徳ドキュメント 「男らしさ、女らしさって何?」
< Eテレ 6(金)  午前9:50~10:05 >
< Eテレ 13(金)  午前9:50~10:05 >  (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ストレッチマンV「ヤシの木怪人フラボーイ」 (3/5ほか)


150302sman1.jpg

ストレッチや遊びを通して体を動かす楽しさを伝える番組 ストレッチマンV(ファイブ) 。今回はストレッチマン・ピンクが、福島県立いわき養護学校で「ヤシの木怪人フラボーイ」と戦います。

パープルがウクレレで奏でる曲を聴いて、すっかりハワイアン気分のストレッチマンの4人。ピンクは「すごくいいところがあるから行ってくる」と、福島県いわき市のアミューズメント施設に行きます。そこは1年中南国気分が味わえる所。ピンクがフラガールたちのダンスを見ながらハワイアン気分を満喫していると、基地から、福島県の学校に「ヤシの木怪人フラボーイ」が現れたという連絡が入ります。フラガールばかり人気があることに腹を立て、子どもたちをやしの木にして仲間を増やすというのです。

子どもたちが危ない!ピンクは怪人を倒そうとしますが、怪人からファイヤーダンス攻撃を受けて苦戦します。ピンク危うし!するとそこにパープルが、強力な味方を連れて駆けつけてくれます・・・!

プロのフラガール、フラボーイによるダンスが満載!その華麗な動きに、酔いしれてみてくださいね。

150302sman2.jpg

今回の感覚遊びは「ボールでやわらかたいそう」。まず一人で、ひざを曲げずに床のボールを取り上げます。それができたら、友達と1つのボールをリレーします。みなさんもぜひ挑戦してみてください!

150302sman3.jpg

ストレッチマンV  「ヤシの木怪人フラボーイ」
〈Eテレ 3/5(木) 午前9:20~9:30〉
〈Eテレ 3/12(木) 午前9:20~9:30〉  (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲