2015年2月27日

道徳はどう新しくなるのか?


150227hayakawa.jpg

 教科化されることになった「特別の教科 道徳」の学習指導要領案が2月4日に文部科学省から公表されました。そのポイントと今後の課題について考えます。

■ 教科になることで

 文部科学省は、「読み物道徳」と揶揄(やゆ)されてきた現状を改めて、「考える道徳」あるいは「議論する道徳」といった問題解決型の道徳に変えると説明しています。これまでは道徳というと副読本に書いてある郷土の偉人ですとか、世界的に活躍している人たちの物語を読んだりする座学のイメージがありましたが、それを払しょくして、テーマごとに子ども同士で調べて話し合ったりして、自分たち自身で問題を解決していくような授業にしたいとしています。「必修化、教科化されることで、一方的に価値観を押しつけるような授業になりはしないか」と心配する声に対して、「そうならないように現場で工夫できるように配慮した内容になっている」と言っています。

■ 「考える道徳」をめざすのは

 必修化の議論にさかのぼります。道徳必修化の議論は、大津のいじめ事件をきっかけに高まりました。何がよいことで何が悪いことなのか善悪を判断できない今の子どもたちに道徳性を身につけさせることでいじめをなくそう。そのためには、道徳教育を充実させる必要があると総理直属の教育再生実行会議が教科化を提言したことが始まりでした。今回の指導要領案にも、たとえば「自分と異なる意見を大切にすること」や「誰に対しても分け隔てをせず、公正、公平な態度で接すること」が学習内容として示されるなどいじめへの対応を意識した内容が盛り込まれています。
 さらに、必修化される道徳の時間だけでは指導が十分ではないとして、各教科や特別活動、総合的な学習の時間を通じて道徳の授業時間では指導しきれなかった内容を補完するようにも求めています。

■ これでいじめはなくなる?

 それは未知数です。理由は2つあります。一つは、言うはやすく、実行するとなると難しい。もう一つは、身につけさせる内容は変わらない。この2つです。
 言うはやすく、実行するとなると難しいというのは、考えたり、議論したりした先に期待する答えが待っているからです。価値を押しつけないとは言っても、導き出す結論が決まったものである限り、結局は、誘導されてそこに至ることにしかなりません。考えたり、議論したりする学習として先行して始まった総合的な学習すら学校教育に根づいていません。そんな中で、道徳だけが理想的にことが運ぶのかというと疑問が残ります。

【続きを読む】

投稿者:解説委員 | 投稿時間:10:30 | カテゴリ:早川解説委員の教育コラム | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲