2015年2月 9日

おはなしのくに「かさじぞう」 授業リポート


150209ohanashi1.JPG

おはなしのくに は、一流の語り手が、古今東西の物語を魅力的に読み聞かせる国語番組
です。2015年1月16日(金)、さいたま市立仲町小学校2年1組で、おはなしのくに「かさじぞう」を使った授業が行われました。

★ 番組を見て心に残ったことを自由にかいてみよう!

授業が始まると、担任の鶴田裕子先生は子どもたちに「今日は、おはなしのくに『かさじぞう』を見ます」と言ってテレビをつけました。子どもたちは画面が見やすいように机をコの字型に移動しました。

===【おはなしのくに「かさじぞう」あらすじ】===
昔々あるところに心優しいおじいさんとおばあさんがいました。
ある年の大晦日、二人はスゲで笠を作ってそれを町で売り、お正月用のおもちを買おうと考えます。おじいさんは5つの笠を持って町へ出かけますが、笠は売れませんでした。
帰り道、おじいさんは、6体のおじぞうさまが雪をかぶっているのを見て、売ろうとしていた笠をすべてかぶせてあげます・・・。
=========

視聴中、子どもたちは真剣にテレビに見入っていました。チーンポクポクという効果音とともにおじぞうさんたちがつぶやく場面では「フフフ」と笑い声があがりました。

150209ohanashi2.JPG 150209ohanashi3.JPG

番組が終わると、子どもたちはすぐ教壇に紙を取りに行きました。そこには便せん、原稿用紙、しおり、画用紙といったさまざまな種類の紙が用意してあります。子どもたちはそこから好きなものを取り、思い思いに、番組の感想や登場人物へのお手紙を文章に書いたり、心に残ったシーンを絵にかいたりしていきました。先生はその様を見守りながら、一人ひとりに「これは何?」「わー、すてき!」などと声をかけていました。

150209ohanash4.JPG 150209ohanashi4-2.JPG

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:授業リポート | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲