2014年12月

大人のピタゴラスイッチ~数(すう)ピタ!たのしい数学~ (1/2ほか)


141231pita.JPG

昨年、一昨年の正月に放送した 大人のピタゴラスイッチ 。子どもにはちょっと難しい概念や考え方を楽しくわかりやすく紹介して、話題を集めました。ご好評の声にこたえて、今年もパワーアップして登場します!
 
今回のテーマはズバリ“数学”。といっても、公式や計算を紹介するわけではありません。「数学の楽しさ」を斬新かつ豊富な映像クリップで見せながら、「規則性を見いだす」「変換して考える」などの“数学の考え方”を、ピタゴラ流のなるほど&わかりやすい解説で紹介していきます。

番組を進行するのは、ピタゴラスイッチ でおなじみの「百科おじさん」と、ラーメンズの片桐仁さんです。もちろん、ピタゴラスイッチ で人気のピタゴラ装置や歌、アニメコーナーも、グレードアップして登場します!

ピタゴラスイッチファンにはたまらない、40分間の知的エンターテインメント。この番組を見たら、“数学”のイメージが変ること間違いなし!


大人のピタゴラスイッチ~数(すう)ピタ!たのしい数学~
< Eテレ 1/2(金) 午後11:10~11:50 >
< Eテレ 1/3(土) 午後4:00~4:40 > (再)
< 総合 1/10(土) 午前3:15~3:55 >  =1/9(金)深夜 (再)
< Eテレ 1/31(土) 午後4:00~4:40 > (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック(0)

「歴史にドキリfeat.花燃ゆ フラワー・バーニング・スペシャル」前山田健一(ヒャダイン)さん・振付稼業air:manさんにインタビュー!


141225dokiri1.jpg

1/4(日)に、歴史にドキリ がスペシャル番組で登場します!その名も 歴史にドキリfeat.花燃ゆ フラワー・バーニング・スペシャル 。1/4 午後8:00にスタートする、大河ドラマ 花燃ゆ とのコラボレーションです。山口県・長州藩で運命に翻弄されながらも強い志を持って生き抜く、吉田松陰の妹・文(ふみ)を主人公にした「花燃ゆ」。その登場人物や時代背景の特色を押さえながら、幕末の知識を楽しく身につけていきます!

「歴史にドキリ」の名物といえば、歌舞伎俳優の中村獅童さんが歌い踊るドキリ・ソング。今回は、山口県・長州藩ゆかりの人物にふんし、新しく3曲を披露します!そのうち2曲に、俳優の石丸幹二さんが、「花燃ゆ」の周布政之助(長州藩の重臣)として登場。獅童さんと一緒に、華麗に歌って踊ります♪

ドキリ・ソングの作曲を担当しているヒャダインこと前山田健一さんと、振り付けを担当している振付稼業air:man(ふりつけかぎょうエアーマン)さんに、新曲のポイントを聞いてみました。

★ これまでにない曲調で、パワーアップ!~前山田健一さん~

ドキリ・ソングの収録におじゃまして、前山田さんにお話を聞きました。
「『歴史にドキリ』の久しぶりの制作で、うれしいですね。しかも3曲も作れるなんて!
今回の3曲は、ジャンルもバラバラ。これまでのドキリ・ソングにない曲調なんです。パワーアップした曲を、皆さんにお届けしますよ」と笑顔で話してくれました。
3曲のうち2曲に石丸幹二さんが参加されるのも、大きな見どころです。「なにしろミュージカルで活躍されてきた方ですからね。石丸さんだからできることをうまく引き出したい。獅童さんの声と合わさってどんな化学反応を起こすか、本当にも楽しみです!」と意欲満々の様子でした。

そして歌の収録。獅童さんも石丸さんもノリノリで、とても盛り上がりました。

収録を終えた前山田さんは「すごい!2人ともすごいとしか言いようがない!きっとまたネットがざわつきますよ」と、感激さめやらぬ様子でした。昨年度に放送したスペシャル番組では、放送中からネットでの書き込みが大変盛り上がりました。
改めて感想を聞くと、「芸能界の超一流のお2人をつかまえて、何やってるんだ。やっちまったな!という感じです」とうれしそうに話してくれました。
今回の3曲も、子どもたちに人気が出そうですね。「そうですね。子どもたちがドキリ・ソングを歌っているという話は、ぼくの耳にもよく入ってきて、とてもうれしいです。きっと、大人の心にも刺さる物が、子どもたちにも受け入れられるんだと思います。みんなから愛されるドキリ・ソングであってほしいです」。

141225dokiri2.jpg

★ さまざまなスタイルの振り付けを盛り込みました!~振付稼業air:man主宰の杉谷一隆さん~

ドキリ・ソングの振り付けを手がけているのは、振付稼業air:man。CM、映画、ミュージックビデオなどさまざまな分野の振り付けを手がける振り付け師ユニットです。主宰の杉谷一隆さんに、スペシャル番組放送の感想を聞くと「『歴史にドキリ』は、ぼくらにとって特に愛着のある番組なので、待ってました!とうれしかったですね。大河ドラマとのコラボで、さらに幅広い世代の人に知ってもらえることでしょう。とても楽しみです」と、笑顔でこたえてくれました。

今回振り付けた3曲の、振り付けのポイントを聞いてみました。
「1曲目の、黒船を舞台にしたペリーと松陰のデュエットソングは、獅童さんがペリーと吉田松陰の二役で踊ります。ディレクターから、キレよくクールなダンスにしてほしいと言われていたので、最近のスタイルで振り付けてみました。ドキリの中では異色です。

2曲目は、獅童さんが吉田松陰、石丸さんが周布政之助役です。これは王道のミュージカル風に振り付けました。お二人の表現力が圧巻のナンバーです!

3曲目は、獅童さんが伊藤博文、石丸さんが周布政之助役で踊ります。ラッツ&スター風に、80年代初頭の日本の歌謡曲と洋楽を混ぜ合わせたような感じで振り付けました。子どもたちがマネして踊ってくれたら、うれしいです!」。

ダンスは、黒船の甲板や、ミュージカル風の華やかなステージなどをイメージしたセットで行われました。獅童さんと石丸さんの華麗なる歌とダンスに、どうぞご期待ください!

141225dokiri3.JPG

「歴史にドキリfeat.花燃ゆ フラワー・バーニング・スペシャル」についての
・中村獅童さんのインタビュー記事は、こちら
・要潤さん、石丸幹二さんのインタンビュー記事は、こちら に掲載しています。

歴史にドキリfeat.花燃ゆ フラワー・バーニング・スペシャル
< 総合 1/4(日) 午後 0:15~0:55(昼) >
< Eテレ 1/25(日) 午後 4:00~4:40 >   (再)
 

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:13:50 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(3) | トラックバック(0)

なわとびかっとび王選手権2014 (12/31)


141222nawa1.jpg

「なわとびかっとび王選手権」は、跳び手が8の字を描きながら次々に縄を飛び抜けていく競技「8の字跳びタイムアタック」に全国の小学生が参加し、1分間にのべ何人が跳べるかを競う大会です。ことしは全国の小学校から41チームが参加し、その中から予選を勝ち抜いた5校が決勝で日本一を目指します。

今回の番組では、この決勝の模様を中心にお伝えします。
東京のNHKのスタジオに集まったのは、茨城県鉾田市立旭北小学校5・6年生、静岡県富士市立原田小学校6年生です。
鹿児市立花野小学校6年生、北海道札幌市立平岡南小学校6年生、福岡県八女市立筑南(ちくなん)小学校5・6年生とは、現地からの中継で参加します。

それぞれの学校の、これまでの練習風景も紹介します。
大会の出場の条件は、クラス全員が参加すること。なわとびの技術や体力はもちろん、一人ひとりの強い気持ちとチームワークが問われます。時には涙を流しながら、本気で仲間と向き合い、練習を重ねてきた子どもたち。番組が派遣したプロのなわとびパフォーマーのアドバイスを受けながら、自分たちの限界を超えようと努力する子どもたちの姿にご注目ください!

MCは、昨年度に引き続き、キャイ~ンの天野ひろゆきさんとウド鈴木さん。解説は日本ロープスキッピング連盟顧問のSADAさん。実況は中谷文彦アナウンサーです。
そして、札幌会場は元・ボクシング世界王者の内藤大助さん、福岡会場はあさりどの堀口文宏さんが、鹿児島会場はずんの飯尾和樹さんが、それぞれの会場を盛り上げます。

子どもたちは決勝の場でベストを尽くすことができるのでしょうか?そしてどの学校が日本一の栄冠をつかむのでしょうか?涙あり、笑いありの決勝大会の様子をぜひご覧ください!

141224nawa2.jpg

なわとびかっとび王選手権2014
  < Eテレ 31(水) 午前 9:00~10:00 >

※ 上記番組の放送の前に、なわとびかっとび王選手権2014への道 を再放送します!(放送はすべてEテレ)
・ 「パート1」 26(金) 午前10:00~10:10
・ 「パート2」 29(月) 午前10:00~10:10
・ 「パート3」 30(火) 午前10:00~10:10

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:13:40 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(2) | トラックバック(0)

NHKスペシャル「子どもの未来を救え~貧困の連鎖をどう断ち切る~(仮)」 (12/28)


141223nsp.jpg

過去最悪の16.3%。これは、今、子どもの6人に1人、およそ300万人が、国が基準としている“貧困ライン”(一人世帯122万円未満)以下で暮らしていることをあらわす数字です。今年8月、政府は「子どもの貧困対策に関する大綱」を閣議決定。関連法の整備に乗り出すなど、国をあげた課題となっています。

「子どもの貧困」の背景にあるのは「女性の貧困」です。ひとり親世帯の8割を占める母子世帯。その半数以上の50万世帯が貧困状態に置かれています。そうした世帯で育った子ども、中でも女性は、成人しても貧困状態に陥ることが多く、さらなる連鎖を生む悪循環が起きているのです。

番組では、現場の克明なルポを通して、連鎖の実態や社会保障制度の課題を探ります。識者との議論も交えながら、次の世代へ「貧困連鎖」を生まない社会のあり方を考えていきます。

 

NHKスペシャル 「子どもの未来を救え~貧困の連鎖をどう断ち切る~(仮)」
< 総合 28(日) 午後9:00~9:58 > 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「のばしてのばして20年!ストレッチマンとあそぼう」新旧ストレッチマンと豪華な怪人たちにインタビュー!


141222sman1.JPG

ストレッチマンが誕生して、今年でなんと20年!これを記念したスペシャル番組の公開収録が、「NHK文化祭2014 たいけん広場」で行われました!
ストレッチマンV(ファイブ) (2013年4月から放送)の5人はもちろん、先代ストレッチマンも駆けつけ、怪人と戦いました。そのスペシャルステージの様子を紹介します。

まずステージに、ストレッチマンVのレッド、グリーン、パープル、ピンクが登場。会場のみんなと楽しくストレッチをしていると、オレンジから「怪人にさらわれた」という連絡が入ります。その怪人とは、KABA.ちゃんふんする「カバの女王」と、キンタロー。さんふんする「キンのタロ子」。2人は、20年もの間ストレッチマンに倒されてきた怪人たちの恨みを晴らしにやって来たのです。4人のストレッチマンは懸命に戦いますが、レッドとグリーンは「暗黒ベルト」を巻きつけられて怪人の手下になってしまいます。ストレッチマンV、危うし!そこにさっそうと先代ストレッチマンが登場しますが・・・。

手に汗握る、ドキドキのステージ!会場では、新旧ストレッチマンや怪人のパフォーマンスに、何度も拍手喝采が起こりました。そしておなじみのテーマ曲に合わせてダンスをして、子どもも大人も盛り上がりました。

★ ステージを終えたメンバーに、話を聞きました。

〈笑って踊って、盛り上がったステージ〉

ストレッチマンVになって初めての公開収録!和気あいあいとした雰囲気で楽屋に戻ってきた8人に、お話を聞きました。

まずレッドが「ぼくがギャグをやると、テレビの向こうでいつも子どもたちがあんな笑顔をしてくれているんですね。これからもどんどんギャグをやっていきたいです!」と目を輝かせて話すと、「受けないことの方が多いよね」とすかさず突っ込みが。
会場で一番爆笑が起きたのは、レッドが子どもたちに暗黒ベルトを渡そうとしても、なかなか受け取ってもらえなかった時でした。「あれは冷や汗が出ましたね」とレッド。「先代が渡したらすぐにもらってくれたよね」「やっぱり子どもは本質がわかるんだね」とまた鋭い突っ込みが!みんなで笑いが絶えません。

今回の目玉のひとつは、ストレッチマンのテーマ曲に合わせたダンスでした。この振り付けは、怪人役のキンタロー。さんが手がけました。
「みんなが一生懸命踊る姿がすごくかわいかった!私の一押しはおしりをフリフリするところなんですが、とても楽しそうにやってくれていたので、うれしかったです!」。
キンタロー。さん。もKABA.ちゃんも、とてもノリノリで怪人を演じていました。「私、いつオファーが来るかなと、ずっと待っていたんですよ!」とKABA.ちゃん。その悪役っぷりはストレッチマンたちからも「スタイリッシュでかっこよかった」と、大好評でした。

141222sman2.jpg 141222sman3.jpg

〈番組20周年を迎えて、さらにパワーアップ!〉

今回は、ストレッチマン誕生20周年を記念したスペシャルステージでした。先代に感想を聞くと「子どもたちがストレッチマンVを見る時の表情が、『何かおもしろいことが始まるぞ!』と期待に満ちていたんです。ぼくのころとはまた違った反応だなって、新鮮に感じました」と、感慨深そうに話してくれました。

20年目という大きな節目を迎えたストレッチマン。ストレッチマンV の5人に、改めて意気込みを語ってもらいました。
「この1年半だけでも学ぶものがいっぱいあったので、きっとこれからもたくさんあると思います。全部吸収したいです!」とピンク。
「ディレクターから、5人の中でぼくが一番先代の雰囲気に似ていると言われてすごくうれしかった。先代の志を受け継いでがんばろうと思います!」とグリーン。
「命がけでやります!」とオレンジ。
「子どもたちに、車いすに乗ってもパープルのようにかっこよくなれるんだって思ってもらいたい。ずっと子どもたちのヒーローでありたいです」とパープル。
「強い心臓がほしいです。ギャグはレッドの特技なのに、やったあとシンとする瞬間があって・・。そんな時も堂々と立っていられるようになりたいです」とレッド。

5人は「これまでストレッチマンは一人で200体近い怪人を倒してきた。おれたちは5人なんだから、さらにがんばっていこう!」と、力強く決意表明をしました。その様子を見て先代は「1年半前に番組が始まった時に比べて、それぞれのキャラクターがはっきりしてきた。いい感じだよ」と、エールを送っていました。

この20周年スペシャルステージの模様は、大みそかに放送する予定です。ぜひご家族でお楽しみください!

141222sman4.jpg


のばしてのばして20年!ストレッチマンとあそぼう
< Eテレ31 (水)  午前 10:00~10:30  >

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:40 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「平成26年度 第2回 教育放送企画検討会議」報告


141219kikaku.JPG

2014年12月13日(土)、東京・渋谷のNHK放送センターで、「平成26年度 第2回教育放送企画検討会議」が行われました。全国各地の幼稚園や保育所・学校の先生40名近くにお集まりいただき、来年度の教育放送やNHK for Schoolのウェブサイトのあり方について、研究者や番組制作者たちとともに意見交換を行いました。

〈全体会〉
まずNHKより、来年度のNHK for School関連の番組やウェブサイトの方針について説明し、その中で、今年から放送している図工や体育の番組が好評であること、実技系の番組をもっと作ってほしいという要望に向け、開発の準備を進めていることなどをお話ししました。
また、NHK for Schoolのウェブサイトについては、今年は昨年よりユーザー数が1.5倍に伸びたこと、放送法改正に伴い、サイトの充実を図ろうとしていることなどを報告しました。

〈分科会〉
その後、幼保・小学校・中高の部会に分かれて、それぞれの対象番組の制作者に対し、より細かい要望を提案していただきました。
先生たちからは、ふだんはどんな風に番組を活用しているか、子どもたちは番組のどんなところに反応しているかなど、現場での視聴の様子を詳しく伺いました。研究者からも、現場の要望や反応を生かした番組作りをしてほしいなどの提案が出されました。

141219kikaku2.JPG 141219kikaku3.JPG

ここで練り上げられた内容は、さらに各教科・シリーズごとの「学校放送番組委員会」にはかられ、そのうえで来年度の具体的な番組内容を決めていきます。
新番組については、来春、決まりしだいこのブログでお伝えします!

 

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

おんがくブラボー (12/26)


141218o.jpg

おんがくブラボー は、小学校3~6年生向けの音楽教育番組です。
カエルのブラボーと一緒に、お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さんと、小学生のそら、ひなたが音楽の魅力に迫ります。

ブラボーはまず3人にある曲を聴かせ、そのタイトルを考えてもらいます。それはある生き物の名前だとか。3人は曲のイメージをふくらませて、思い思いの生き物の名前をあげ、そう感じた理由を話していきます。
でも、感じた理由を説明するのって、難しい・・・!そんな3人にブラボーは、ブラボー特製の楽譜を見せます。それを見ているうちに3人は、自分の描いたイメージと、楽譜からわかる音楽的な特徴が、結びつくことに気づいていきます。

子どもたちに、感じたことを考え語ることで音楽の仕組みを知り、より音楽を楽しめるようになってほしいと願い制作しました。冬休み、ぜひ音楽のおもしろさを感じてみてください♪

※ おんがくブラボー は、2015年10月からの新番組化を視野に制作しました。皆さんの感想を、ぜひこのブログにお寄せください!

※   この番組は放送後から、おんがくブラボーホームページ でストリーミング配信します。

 おんがくブラボー
< Eテレ26(金) 午前 9:00 ~9:10 >

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:15 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(6) | トラックバック(0)

カラフル!スペシャル~弟にナイスプレーと言えた日~ (12/26)


141217co1.jpg

さまざまな環境でくらす子どもたちの生き方を、子ども自身が語るドキュメンタリー番組 カラフル!。26(金)は冬休みスペシャルとして、20分間に拡大して放送します!

今回の主人公は、10歳の竜太郎(りょうたろう) くんです。
2歳の時に交通事故にあい、車いすで生活を送っている竜太郎くん。日常、不便なことがある時は、弟や友達が自然と手伝ってくれます。

そんな竜太郎くんの夢は、車いすテニスでパラリンピックに出場すること。だから絶対に弟に勝ちたいのですが、なかなか勝てません。
ある日竜太郎くんは、試合中に弟のボールをうまく打ち返すことができず、怒ってラケットを投げてしまいました。その様子を見てお父さんは、竜太郎くんに目標を与えます。ひとつは、イライラしても気持ちを落ち着かせられるようになること。もうひとつは、相手がいいプレーをしたら「ナイスプレー」と言えるようになること。

たしかにそうすれば、相手も自分も気持ちよくなって、もっと楽しくテニスをすることができる。そうわかっていても、竜太郎くんはなかなか弟に「ナイスプレー」と言うことができません・・・。
はたして竜太郎くんは、心から弟に「ナイスプレー!」と言えるようになるのでしょうか?そして、弟に勝つことはできるのでしょうか?

141217co3.jpg

141217co2.jpg

カラフル!スペシャル~弟にナイスプレーと言えた日~
< Eテレ 26(金) 午前9:10~9:30 >

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック(0)

「歴史にドキリfeat.花燃ゆ フラワー・バーニング・スペシャル」ゲストの要潤さん・石丸幹二さんにインタビュー!


141216dokiri.jpg

1/4(日)に、歴史にドキリ がスペシャル番組で登場します!その名も 歴史にドキリfeat.花燃ゆ フラワー・バーニング・スペシャル 。1/4午後8:00にスタートの大河ドラマ 花燃ゆ とのコラボレーションです。山口県・長州藩で運命に翻弄されながらも強い志を持って生き抜く、吉田松陰の妹・文(ふみ)を主人公にした「花燃ゆ」 。その登場人物や時代背景の特色を押さえながら、幕末の知識を楽しく身につけていきます!

★ 獅童さんに囲まれながら、楽しくクイズ!~要潤さん~

番組を進行するのは、3年連続でMCを務める、中村獅童さんふんする“卑弥呼”。さらに、北条政子・足利義政・武田信玄・伊藤博文といった日本史を代表する偉人たちが集合し、クイズ形式で幕末のミニ知識を紹介していきます。演じるのはもちろんすべて獅童さん!・・いや今回は俳優の要潤さんが、「花燃ゆ」の入江九一(松下村塾の四天王の一人)として登場!「チーム長州」として、獅童さん演じる伊藤博文とタッグを組んでクイズに挑戦します。

要さんが演じる入江九一は、松下村塾の四天王の一人に数えられる人物です。その生真面目で礼儀正しい姿に、卑弥呼もいちころです!

収録は、終始楽しい雰囲気で行われました。収録を終えた要さんに感想を聞くと「とてもおもしろかったです!入江九一として出演しましたが、ドキリでは現代の言葉もどんどん取り入れて、所作も役を逸脱して演じました」とこたえてくれました。
そして「登場人物は6人いますが、ぼく以外はすべて獅童さんというところもおもしろいですね。さすが獅童さんは、幅広い演技力を持っているなあと実感しました」と話してくださいました。

★ 歌とダンスで、獅童さんとコラボ!~石丸幹二さん~

「歴史にドキリ」の名物といえば、獅童さんが華麗に歌い踊るドキリ・ソング(作曲:前山田健一、振付:振付稼業air:man)。今回は長州藩ゆかりの人物にふんし、新しく3曲を披露します!そのうち2曲に、俳優の石丸幹二さんが、「花燃ゆ」の周布政之助(すふ・まさのすけ/長州藩の重臣)として登場。獅童さんと一緒に、華麗に歌って踊ります。

その収録の様子を、少しだけ特別にお伝えしますと・・・。
獅童さんが吉田松陰に、石丸さんが周布政之助にふんしての競演があります。この曲はミュージカル風で、「オペラ座の怪人」でデビューした石丸さんにとっては、ぴったりの曲。そのすばらしい歌声に、スタッフも思わずうっとり。

さらに、 獅童さんが伊藤博文として、石丸さんと歌います。
石丸さんは、獅童さんの歌声とメリハリをつけるため、自分の歌声を変えてみたり、獅童さんの声にハモらせてみたりして歌っていました。

ダンスもノリノリで収録を終えた石丸さん。感想を聞くと「時代劇のふん装で踊ったのは初めてだったので、とても新鮮でした!曲もダンスも、映像も美術も、クオリティが高くてびっくりしました。作り手の方たちの本気度が高いなあと思いました」と、興奮冷めやらぬ様子。
周布政之助としての出演については「周布のキャラクターを超えて、楽しく挑戦させてもらいました。もしこんなチャンスがあったら、周布も楽しんでやったかもしれないな」と楽しそうに振り返っていました。

歴史上の偉人たちが、クイズに歌にダンスにと大活躍!
スペシャル番組ならではの、豪華な顔合わせに、どうぞご期待ください!

 141216doki2.jpg

141216doki3.jpg

歴史にドキリfeat.花燃ゆ フラワー・バーニング・スペシャル
< 総合 1/4(日) 午後 0:15~0:55(昼) >
< Eテレ 1/25(日) 午後 4:00~4:40 >   (再)

※ NHK for Schoolブログでは、今後何回かに分けて、歴史にドキリfeat.花燃ゆ フラワー・バーニング・スペシャル の出演者やスタッフのインタビュー、舞台裏リポートを紹介していきます。どうぞお楽しみに!
     中村獅童さんのインタビュー記事は、こちら です。

 

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

16歳不屈の少女 ~マララ・ユスフザイさん~ (12/21)


141215ma.jpg

イスラム過激派が支配していたパキスタンで、女性が教育を受ける権利を訴えてきたマララ・ユスフザイさん。「一本のペンが世界を変える」と語る彼女は、2014年ノーベル平和賞を受賞しました。マララさんの発言に共感する女性たちが、世界各地で地位向上のために立ち上がっています。

16歳不屈の少女 ~マララ・ユスフザイさん~ は、日本メディアとして初めて、マララさんへのロングインタビューを行いました。
なぜ彼女の言葉は世界の人々を共感させるのか、彼女の強い信念はなぜ生まれたのか、探っていきます。

 ※この番組は、1/29(水)にBS1で放送した再放送です。


16歳不屈の少女 ~マララ・ユスフザイさん~
< 総合 21(日) 午後4:40~5:29 > 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:12:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック(0)

ロンリのちから「三段論法」「逆さまのロンリ」 授業リポート


141212ronri1.JPG

ロンリのちから は、中高生に論理的思考力の基礎を伝える番組です。2014年11月20日(木)、ロンリのちから「三段論法」と「逆さまのロンリ」を使った授業が、神奈川県立光陵高校1年7組で行われました。

★ 国語の教材を使って、「三段論法」を学習! 

授業が始まると笠原美保子先生は「今日は、ロンリのちからという番組を見ます」と言ってテレビをつけました。

===【ロンリのちから「三段論法」前半あらすじ】===
ある高校の映像部が、映画を撮影しています。途中で部員から「私はあなたが嫌い。私は女子。だから女子はあなたが嫌いなの」という、部員の杏奈が書いたセリフがおかしいという声があがります。部員たちは顧問の溝口先生と一緒に、何がおかしいのかを検証していきます。

141212ronri7.jpg
==============================

笠原先生はビデオを止めて、セリフのどこがおかしいのかを尋ねました。すると「『あなた』を嫌いなのは、女子全員でなく私個人だけだと思います」という意見が発表され、先生は「そうだね」とうなずいてビデオの続きを流しました。

===【ロンリのちから「三段論法」続きのあらすじ】===
溝口先生は、先ほどのセリフは、二つの前提から結論を導く「三段論法」という推論方法のひとつだと話します。そして正しい「三段論法」として、「鳥は卵を産む。ペンギンは鳥。だからペンギンは卵を産む」という文章を紹介します。そして言います。「正しい三段論法は、非のうちどころがないくらい当たり前なの」。
==============================

141212ronri2.JPG 141212ronri3.JPG

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:授業リポート | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

10min.ボックス 冬のセレクション (12/19・26)


141211min.jpg

中学校・高等学校の学習に役立つ映像を、コンパクトにまとめてお送りする10min.ボックス。
19(金)と26(金)の2週にわたり、これまでに放送した回から6本を選んでお届けします。冬休みの学習に、どうぞご活用ください!

・19(金) =18(木)深夜
  午前0:50~1:00 10min.ボックス 理科~野外観察的分野 「星をみる~星座の動き」
 午前1:00~1:10 10min.ボックス 現代文 「トロッコ(芥川龍之介)」
 午前1:10~1:20 10min.ボックス 職業ガイダンス 「理容師の仕事」

・26(金) =25(木)深夜
  午前0:50~1:00 10min.ボックス 理科~野外観察的分野 「星をみる~火星の動き」
 午前1:00~1:10 10min.ボックス 現代文 「こころ(夏目漱石)」
 午前1:10~1:20 10min.ボックス 職業ガイダンス 「土木にかかわる仕事~土木工事現場監督」

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ミミクリーズ「きいろとくろのヒミツ」 (12/15)


141210mimi.jpg

ミミクリーとは「似ていること」「似せること」。生き物の姿や動きの中には、たくさんのミミクリーがひそんでいます。

ミミクリーズ は、自然界にある「似たもの探し」を通じて、対象をじっくり観察し、共通点や差異を見つけ出す番組です。3歳から7歳を対象に、「どうして似ているのだろう?」と考えさせることによって、子どもたちの「科学する心」を育てます。

今回注目するのは、ハチのトレードマークである、黄色と黒のしま模様。自然の中をよく見てみると、ほかにも黄色と黒の模様を持つ虫がいます。さらに、踏切や工事中のサインなど、私たちの身の回りにも、黄色と黒のしま模様がいっぱいあります。いったいなぜなのでしょうか?

この他にもさまざまな「ミミクリー」をアニメーションや実写映像、絵描き歌などを組み合わせて紹介し、子どもたちを自然の中の不思議な世界へと誘い込んでいきます。

※この番組は、今年の「日本賞」教育コンテンツ国際コンクール 幼児向けカテゴリー最優秀賞(総務大臣賞)を受賞しました。


ミミクリーズ「きいろとくろのヒミツ」
〈Eテレ15(月) 午前10:00~10:15〉

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

大科学実験「空いっぱいの虹」 (12/13ほか)


141209dai1.jpg

だれもが当たり前だと思っている自然の法則や科学の知識を、スケールの大きな実験で検証する 大科学実験 。13(土)は、台湾のテレビ局・PTS(台湾公共放送)の協力のもと、台湾の台南市でロケを決行!大量の塩と水を使って、何重もの虹を作る大実験に挑戦します。

虹をたくさん作るには、どうしたらいいのでしょうか?
例えば、普通に2か所から水をまいても、できる虹は1本です。でも塩水で虹を作ると、普通の虹より下にできます。この性質を利用したら、空に何重もの虹をかけることができるのではないでしょうか。

141209dai2.jpg

そこで実験レンジャーたちが向かったのが、台南市・七股塩山。昔、塩田があった場所で、実験のために塩水もまくことができる、最適の場所です。

いよいよ大実験の開始!
まず、高さ30メートル、幅40メートルにわたって普通の水をまき、大きな虹を作ります。その手前から、塩2.5トン、水2万5千リットルで作った大量の塩水を放水します。
2重ができたら、次はもっと濃い塩水を用意して、3重や4重に挑戦・・・のはずが、突然雨が!はたして海外での大実験は成功するのでしょうか?

141209dai3.jpg


大科学実験 「空いっぱいの虹」
< Eテレ 13(土) 午後7:45~7:55 >
< Eテレ 1/9(金) 午前10:05~10:15 >(再)
< Eテレ 1/10(土) 午後7:45~7:55 > (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

課題解決型の授業へ 議論始まる


141208hayakawa.jpg

 学校の授業内容を10年ごとに見直すための議論が、中央教育審議会で10月20日から始まりました。今回は、その内容と課題について取り上げます。

■ この見直しは

 学校の授業内容を規定している「学習指導要領」が時代の要請にあっているかどうかを点検し、新たな課題を提起するために、ほぼ10年ごとのサイクルで行われている、いわば定期点検にあたるものです。小学校では3年前から、中学校ではおととしから、高校では去年から、それぞれ新しい学習指導要領に基づいて授業内容が変わったばかりですので、もう見直しの議論かと思われるかもしれません。しかし、これからの検討に2年、その後教科書検定に4年の時間がかかるため、今から議論しても、次に新しい授業内容に切り替わるのは早くても6年後になるために今から準備が必要なのです。

■ 今回の見直しの柱は

 小学校では、「外国語活動の時間」を今の5年生から3年生に前倒しし、必修教科としての英語を5年生から新たにスタートさせること。中学校では、英語の授業は英語で行うことにすること。高校では、日本史を必修にするなど地理歴史科の内容を見直すこと。また、国が国民投票の投票権年齢を18歳以上とする検討を行っていることを踏まえ、「国家及び社会の形成者」として必要な教養と行動規範を学ぶ、例えば「公共」といった新しい科目をつくる検討をすることなどがあげられています。こうした授業内容の見直しと同時に、学習指導や評価のあり方も一体的に見直すとしていて、とりわけ「アクティブ・ラーニング」という指導方法を取り入れる検討を進めることになったのが、今回の大きな特徴です。

■ アクティブ・ラーニングとは

 「能動的学習」とか「課題解決型学習」と呼ばれています。欧米の大学では広く行われている授業スタイルですが、日本の大学でも、ここ数年急速に広がりを見せています。それを小中学校や高校でも取り入れることを検討しようというのです。先生が課題を与えて生徒が議論をしながら解決していく、学び合いの授業スタイルと言えます。あるテーマについて事前に調べて、発表をして、意見交換をする。そして、解決に至る。大学のゼミを思い浮かべるとイメージしやすいかもしれません。

【続きを読む】

投稿者:解説委員 | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:早川解説委員の教育コラム | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック(0)

クローズアップ現代「"読書ゼロ"急増の衝撃」(仮) (12/10ほか)


141204c1.jpg

最近の社会世相問題や注目のトレンドなどを、ドキュメンタリーと解説者のトークを絡めてお伝えする情報番組 クローズアップ現代 。今回のテーマは「現代人の“読書ゼロ”」です。

9月、文化庁が衝撃的な調査結果を発表しました。調査した2000人のうちおよそ半数(47.5%)が、「1か月に1冊も本を読まない」と回答したのです。勉学にいそしんでいるはずの大学生も、40%が1日の読書時間が“ゼロ”という別の調査結果もあります。

「“読書ゼロ”の影響は深刻」と指摘しているのが、人と情報の関わり方を研究している筑波大学の逸村裕(いつむら・ひろし)教授です。
逸村教授は、スマホやタブレットの普及で接する情報の量は増えたため、人々の情報処理能力は向上している。その一方で、学生の小論文を分析すると内容が均一化していると指摘します。そして、ほとんどの学生は検索サイトの上位に表示される情報を整理するにとどまり、論を展開するのは苦手だと言います。ネット記事の「見出し」「短文」で得られる範囲での情報の蓄積と整理には長けているが、本を読む事で身につく洞察力や論理的思考能力が養われていないのではないかと危惧しているのです。

元来、働きながらでも本を手放さない二宮金次郎(金治郎)を敬ってきたはずの日本人。“読書ゼロ”が何をもたらすのか、最新の研究成果も交え、読み解きます。

スタジオゲストは、  ジャーナリストの立花隆さんです。

141294c2.jpg

クローズアップ現代 「“読書ゼロ”急増の衝撃」(仮)
< 総合 10(水)午後7:30~7:56  >
< 総合 11(木) 午前0:15~0:41 >=10(水)深夜  (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:15:30 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

クローズアップ現代「子どもたちの性同一性障害~揺れる学校の現場から~」 (12/9ほか)


141204clo.jpg

最近の社会世相問題や注目のトレンドなどを、ドキュメンタリーと解説者のトークを絡めてお伝えする情報番組 クローズアップ現代 。今回のテーマは、子どもの性同一性障害です。

今、教育現場は、体の性と心の性が一致しない「性同一性障害」の子どもへの対応に揺れています。文部科学省は今年初めて、自分の性に違和感を訴える子供たちへの学校の対応についての調査結果を公表。全国の小中学校や高校で「性同一性障害」とみられる児童・生徒は、少なくとも600人以上で、その対応に教育現場が苦慮している実態が明らかになりました。自分の性に違和感を抱く子供の中には、悩みを独りで抱え込んだり、周囲に理解されずに、不登校や自傷行為にいたるケースも少なくありません。トイレや更衣室、制服、さらに部活動の選択など、男女の棲み分けが当たり前のように行われてきた教育現場で、本人の精神的負担を減らすにはどう配慮すべきか。さらに周りの同級生や保護者にどのように伝えていくべきか。自らの性に悩む子供たちの現状とともに、対応に揺れる教育現場の模索を伝えます。

スタジオゲストは、岡山大学大学院教授の中塚幹也さんです。

クローズアップ現代 「子どもたちの性同一性障害 ~揺れる学校の現場から~」
< 総合 9(火) 午後7:30~7:56 >
< 総合 10(水) 午前0:15~0:41 >=9(火)深夜  (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:55 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック(0)

「歴史にドキリfeat.花燃ゆ フラワー・バーニング・スペシャル」中村獅童さんにインタビュー!


1412dokiri.jpg

1/4(日)に、歴史にドキリ がスペシャル番組で登場します!その名も 歴史にドキリfeat.花燃ゆ フラワー・バーニング・スペシャル 。1/4 午後8:00にスタートする、大河ドラマ 花燃ゆ とのコラボレーションです。山口県・長州藩で運命に翻弄されながらも強い志を持って生き抜く、吉田松陰の妹・文(ふみ)を主人公にした「花燃ゆ」。その登場人物や時代背景の特色を押さえながら、幕末の知識を楽しく身につけていきます!

番組を進行するのは、3年連続でMCを務める、中村獅童さんふんする“卑弥呼”。さらに、北条政子・足利義政・武田信玄・伊藤博文といった日本史を代表する偉人たちが集合し、クイズ形式で幕末のミニ知識を紹介していきます。ちょっとエキセントリックな政子、気弱で甘えん坊の義政、気合いの入りまくった信玄、お気楽な博文・・・。もちろんすべてを、獅童さんがコミカルに演じ分けます!

また、新作のドキリ・ソングも3曲お届けします!
今回も歌に踊りに大活躍の獅童さん。収録の合間にお話を聞くと
「またこうして出演させていただけてありがたいです。この前、道を歩いていたら小学生の子たちから『あ、卑弥呼をやってる人だ!』と言われてしまいまして(笑)。やっぱり卑弥呼のキャラクターが強烈なんですね」とにこやかに話してくれました。
「今回はドキリ・ソング収録中に、突然新たな歌い方のバリエーションが生まれたんですよ。これまでに40曲以上も歌ってきたのに、まったく違う歌い方なんです。ぜひ見てほしいな」。

その歌い方とは、新作のドキリ・ソング1曲目である、黒船を舞台にしたペリーと松陰のデュエットソングの収録中に生まれました。

この歌では、獅童さんがペリーと吉田松陰の二役で歌います。
歌の収録にあたりディレクターから、ペリーは威厳たっぷりに、なおかつかっこよく歌ってほしいというオーダーが。獅童さんが吉川晃司さん風に歌うと「ロックでかっこいい!」と好評でした。
対する松陰の方は、若々しい感じでとのリクエスト。すると獅童さんはこれまでと全く違った声で歌いだしました。獅童さんは、学生のころよく聴いていたあるシンガーソングライターの歌い方をイメージして歌ったそうなのですが・・・。
これが・・・見事に曲にはまり「これは想像してなかった!」「まっすぐで純粋な若者が、懸命に語りかけている感じがたまらないね」と、前山田健一(ヒャダイン)さんはじめスタッフ全員で盛り上がりました。

さていったい、どんなドキリ・ソングができあがったのでしょうか?さまざまな偉人たちを演じ分ける獅童さんの姿を、ぜひご覧ください!

※ NHK for Schoolブログでは、今後何回かに分けて、歴史にドキリfeat.花燃ゆ フラワー・バーニング・スペシャル の出演者やスタッフのインタビュー、舞台裏リポートを紹介していきます。どうぞお楽しみに!

歴史にドキリfeat.花燃ゆ フラワー・バーニング・スペシャル
< 総合 1/4(日) 午後 0:15~0:55(昼) >
< Eテレ 1/25(日) 午後 4:00~4:40 >   (再)

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:14:20 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(3) | トラックバック(0)

ストレッチマンV「シュワシュワ怪人こうせんダー」 (12/4ほか)


141201sman1.jpg

ストレッチや遊びを通して体を動かす楽しさを伝える番組 ストレッチマンV(ファイブ) 。今回はストレッチマン・グリーンが、福岡県立筑後特別支援学校で「シュワシュワ怪人こうせんダー」と戦います。

ピンクの友だちから、「鉱泉(こうせん)」が送られてきました。体にいいと言われているわき水です。鉱泉の存在を初めて知ったグリーンは、その現場を見てみたいと、この鉱泉がわいている福岡県筑後市の「船小屋鉱泉場」に向かいます。

鉱泉場について、早速鉱泉をぐいっと一杯。シュワシュワしていて体によさそうだけど、あまり飲みやすくはありません。そこに基地から、福岡県に「シュワシュワ怪人こうせんダー」が現れたという連絡が入ります。人間の体にいいものをたくさん含んでいるのに、みんながあまり飲んでくれないことに腹を立て、子どもたちを泡まみれにしてやるというのです。
子どもたちが危ない!グリーンはすぐに現場に向かって怪人と戦いますが、怪人のこそくな作戦にひっかかって苦戦します。グリーン、ピンチ!するとその時仲間たちから、砂糖が送られてきます。どういうことなのでしょうか?

今回の感覚遊びは「ふたりではしろう」。まず、2人で一枚のタオルを持って一緒に走ります。次は左右2枚の段ボール板の上にスリッパをはり付けて歩きます。みなさんもぜひ挑戦してみてください!

141201sman2.jpg

ストレッチマンV  「シュワシュワ怪人こうせんダー」
〈Eテレ12/4(木) 午前9:20~9:30〉
〈Eテレ12/11(木) 午前9:20~9:30〉  (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲