2014年6月

ことばドリル「ひとことで いうと?」 (7/7ほか)


140630kotoba1.jpg

ことばドリル 第7回は、ものごとを一言で、または逆にくわしく表現する方法を学びます。

男の人がファミレスに入ってメニューを見ると、そこに書いてあるのは、「ひきにくをこねて まるい かたちにして やいた にんきりょうり」といった、なが~い説明ばかり。男の人は店員に、料理の名前をひと言で書くほうがわかりやすいとつめ寄ります。それに対して店員は、ていねいに書いた方がお客様に親切だと反論。両者が一歩も引かないところに、別のお客さんが・・・。

ほかにも、まぼろしの雪男を探す探検隊のコントや、「ことばアンケート」「うたっておぼえる漢字ドリル」など、言葉のルールを楽しく学べるコーナーがいっぱいです!
番組を見た後は ホームページの「ことばドリル」 で、“ひとことでいう言葉”を練習してみてくださいね!

140630kotoba2.jpg
 
ことばドリル 「ひとことで いうと?」
< Eテレ 7/7 (月) 午前9:00~9:10 >
< Eテレ 7/14 (月) 午前9:00~9:10 >  (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

変わる?学校制度


140627hayakawa.jpg

 政府の教育再生実行会議は、小中一貫教育の制度化や義務教育の前倒しなどを柱とする学校制度改革についての第5次提言をまとめ、近く安倍総理に提出します。どのような内容なのでしょうか。

■ 学校制度をどう変えるのか?

 6・3・3・4制がとられてきたこれまでの学校制度を柔軟に組み替えようというもので、おもな柱は3つです。
▽ 一つは、小中一貫教育の制度化です。義務教育の9年間を継続して指導しようというものです。たとえば小中一貫教育学校を作り、自治体の判断で4・3・2や5・4のように柔軟に区切って指導できるようにするとしています。すでに東京の三鷹や品川などで行われていて、できるところから進めていくべきだとしています。
▽ 二つめは、義務教育の前倒しです。一気に小学校入学を前倒しするわけではなく、3歳児から5歳児までの幼児教育を段階的に無償化し、まずは、5歳児の小学校入学前の認定こども園や幼稚園などでの教育を義務化することを検討するとしています。
▽ 三つめは、高校を3年かけずに卒業できるようにし、大学の入学要件を緩和して飛び入学ができるようにするとしています。これによって、学校制度の違う海外から優秀な留学生を受け入れられるようになるとしています。

■ なぜ変えようと考えたのか?

 大きく二つの理由があります。
 一つは、学校の区切り目で発生している問題への対処です。小学校入学時に、子どもたちが教室を走り回ったりして落ち着いて授業が受けられない「小1プロブレム」、中学校に進学するといじめや不登校が急に増えるといった「中1ギャップ」の問題が指摘されてきました。戦後70年近く続いてきた学校制度が子どもたちの成長とうまく合わなくなってきているのではないかと考えたのです。
 もう一つは、学ぶ内容との不適合。時代がめまぐるしく変化する中で、英語や理数教育の内容が変化し、一部前倒しが必要になってきていること。また、情報通信技術の急速な進展にも対応しなくてはならなくなってきているなど、今の制度のままでよいのかと議論されてきました。

【続きを読む】

投稿者:解説委員 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:早川解説委員の教育コラム | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

いじめをノックアウト「ネットでトラブル!?どう切り返す?」 (6/27ほか)


140626ijime.jpg

AKB48の高橋みなみさんといっしょに、いじめについて考える いじめをノックアウト
今回は、LINEなどのネットで、友達との間でトラブルが起きたときにどう切り返したらいいか、具体的に考えていきます。

高橋さんの前に置かれた5枚のカード。「すぐに返信がない」「なかなか会話が終わらない」「知らないところで自分の話題が出ている」「話をしている時にケータイ・スマホを触っている」「自分が一緒に写っている写真を公開される」という、ネット上のつきあいでトラブルの原因となりやすいケースが書かれています。このカードは、ネットトラブルの防ぎ方を考える授業で実際に使われているものです。この中に、あなたが友達からされたら絶対に嫌だなあと思うものはありますか?

番組では、カードを使った授業の様子を紹介。いじめに発展しかねない“悪口”の書き込みがあったとき、どう返信したらいいのか、高橋さんや中学生たちと一緒に考えていきます。たかみな流の切り返し方とは!?
番組を見終わったあとに、ぜひクラスで話し合ってみてください!
 

いじめをノックアウト  「ネットでトラブル!?どう切り返す?」
< Eテレ  27(金)  午前9:25~9:35>
< Eテレ  27(金)  午後7:50~8:00>  (再)
< Eテレ  28(土)  午前6:35~6:45>  (再) ほか

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ストレッチマンV「キュース怪人おちゃっちゃ番長」 (6/26ほか)


140624sman1.jpg

今回の ストレッチマンV(ファイブ) では、ストレッチマン・レッドが「キュース怪人おちゃっちゃ番長」と戦います。

急須から入れた熱いお茶を、おいしそうに飲むストレッチマンたち。熱いものが苦手なレッドは、「おれは冷たいお茶が好きなだけなんだ!」と言い残し三重県四日市市へ・・・。いい景色を眺めながらペットボトルの冷たいお茶を飲もうとすると、三重県に怪人が現れたという連絡が入ります。最近の子どもたちはペットボトルの冷たいお茶ばかり飲むことに怒り、無理やり熱々のお茶を飲ませるというのです。
子どもたちがピンチ!レッドは学校に向かい子どもたちを助けようとしますが、こん身のギャグ攻撃がきかず、苦戦してしまいます。

今回の感覚運動あそびは「はことばし」です。
ふくらませたビニール袋や箱に足をひっかけ、遠くに飛ばしたり、輪っかに入れたりします。みなさんもぜひ挑戦してみてください!

140624sman2.jpg

 ストレッチマンV  「キュース怪人おちゃっちゃ番長」
〈Eテレ 26(木) 午前9:20~9:30〉
〈Eテレ 27(金) 午後3:30~3:40〉 (再)
〈Eテレ 7/3(木) 午前9:20~9:30〉 (再)
〈Eテレ 7/4(金) 午後3:30~3:40〉 (再)

 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

すくどう「人気声優小林ゆうさんが選ぶ!いろんな声のクリップランキング」&「梅雨まっさかり 梅雨って?雨って?ランキング」


140623scd1.jpg

すくどう(=スクール動画アイランド) 、23(月)の特集は・・・

人気声優小林ゆうさんが選ぶ!いろんな声のクリップランキング

「さんすう犬ワン」のワンの声を担当している小林さんが、コウモリの超音波や、ウグイスのさえずりなどなど、おもしろい声が出てくるクリップをセレクト!小林さんの七色の声による、オリジナルのナレーションもお楽しみください。“画伯”という異名を持つ、小林さんお手製の壁紙も付いていますよ。ぜひダウンロードしてみてくださいね。

梅雨まっさかり 梅雨って?雨って?ランキング

パラパラ、しとしと、ザーザー。今年もやって来ました、梅雨の季節。そこで、雨にちなんだクリップを集めてみました!
雨が降ってきたら、昆虫はどうするの?丸い雨粒ってどうやってできるの?などなど・・・。これを見れば、きっと梅雨が楽しくなりますよ!

140623scd2.jpg

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:15:00 | カテゴリ:デジタル教材情報 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

キミなら何つくる?「えがこう!私の好きな図工室」 (6/25ほか)


140619kimi.jpg

キミなら何つくる? 第6回は、大好きな場所を絵に表します。

多田さんとうぶちゃんが図工室に入ると、よしさんから「ストップ!」と言われてびっくり。よしさんは二人が図工室に入った姿を、割り箸ペンでスケッチしようとしていたのです。それを見て多田さんとうぶちゃんも、大好きな図工室を描いてみることにします。

多田さんは図工室のカラフルなところが好き。でも、それを表すには図工室のどこを描いたらいいのでしょう・・・。悩んでしゃがみこんだ多田さんは、その拍子に思わぬ発見をします!

番組では、3人がさまざまな道具を使いながら絵を描く過程を紹介。随所で、絵がうまく描けるようになるポイントを伝えていきます。

※ 番組ホームページ では、子どもたちがつくった作品の写真を募集しています。学校やご家庭から、ぜひお寄せください!

キミなら何つくる? 「えがこう!私の好きな図工室」
〈Eテレ 25(水) 午前9:10~9:20〉
〈Eテレ 26(木) 午後3:30~3:40〉 (再) ほか

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:50 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

さんすう犬ワン「なんばんめ?~順番~」 授業リポート


140620wan1.JPG

さんすう犬ワン は、警察犬のワンが、算数を使って町のトラブルを解決していくコメディドラマです。2014年5月28日(水)、さんすう犬ワン「なんばんめ?~順番~」を使った授業が、東京都杉並区立西田小学校1年1組で行われました。

★ ワンと一緒に、前の授業の復習! 

授業が始まると担任の増本(ますもと)敦子先生は、「今日は昨日に続いて、さんすう犬ワン を見ながら学習をします」と言ってテレビをつけました。

【さんすう犬ワン「なんばんめ?~順番~」前半あらすじ】
キュウベイがテンコに、3番目のファイルを取ってくれと頼みます。テンコが上から3番目のファイルを取ろうとすると、違うと怒られてしまいます。ワンは「うーん、3番目ってこれしかないよね」と考え込みます。

140620wan2.jpg 140620wan3.JPG
 
先生はここで番組を止めて、子どもたちに「テンコは3番目を指しているのに、キュウベイは『ちがーう』って言っているね。どうしてだろう?」と問いかけました。ここは昨日学習した内容。そして先生は、テンコがファイルを取ろうとしている場面の写真を黒板に貼りました。子どもは前に出てその写真を指しながら説明しました。「キュウベイは下から3番目のファイルのことを言っているんだけど、テンコは上から3番目だと思っています」。
人に何番目かを言うときは、どこからかを、伝えることが大事なのですね。 

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:12:30 | カテゴリ:授業リポート | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

さんすう犬ワン「まるい形をしらべよう~円~」 (6/23ほか)


140618wan1.jpg

算数が得意な警察犬ワンが、さんすう交番の仲間(テンコとキュウベイ)と一緒に街のお困りごとを算数の力で解決していく さんすう犬ワン 。第6回のテーマは〈円〉です。

くしゃみをした拍子に、壁に貼ってあった、円の形をした「掃除当番表」を破ってしまったキュウベイ。いばって、テンコに作り直すように命令します。
テンコは紙に大きく円を書いてみますが、何度書いてもうまく書けません。いったいどうしたら上手に円を書けるのでしょうか?ワンはいい方法がひらめきます。

次は、コマ職人がコマを作っているときに事件が発生!職人がコマの中心に軸を差そうとしている時にカズラーが現れ、職人を惑わして中心を分からなくさせてしまったのです。知らせを受けて、テンコは急いで現場に向かいます。

140618wan2.jpg

さんすう犬ワン 「まるい形をしらべよう~円~」
〈Eテレ 23(月) 午前9:10~9:20〉
〈Eテレ 23(月) 午後3:30~3:40〉 (再) ほか

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

プレキソ英語「12の月の物語 ・・・ is in March.」 (6/21ほか)


140617pre1.jpg

プレキソ英語 第11回では、月の名前を学びます。

今日はおまわりさんの誕生日!スシタウンのみんなは、集まってお祝いをしました。
おまわりさんがみんなに何月生まれなのか尋ねると、Tunaは November(11月)、AkamiはFebruary(2月)、ShrimpはJanuary(1月)など、さまざまな答えが返ってきます。
ここでSoy sauceから、スシタウン恒例の祝福が!でもおまわりさんは、初めてのことにびっくりしてしまい・・・。

 ほかにも、外国の街で好きな月とその理由を尋ねたり、ガイドさんに四季折々の高尾山を案内してもらったりして、さまざまな形で月の名前を練習します。

140617pre2.jpg

プレキソ英語  「12の月の物語 ・・・is in March.」
< Eテレ 21(土)  午後 6:50~7:00 > 
< Eテレ 26(木)  午前 10:05~10:15 >  (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

学ぼうBOSAI シリーズ 地球の声を聞こう「猛暑と熱中症」 (6/19ほか)


140617bosai1.jpg

学ぼうBOSAI シリーズ 地球の声を聞こう では、3回にわたり自然災害を取り上げています。3回目である今回のテーマは「猛暑と熱中症」。子どもたちが気象予報士の佐々木恭子さんと一緒に、猛暑が起こる仕組みや熱中症の対策を学んでいきます。

まず、みんなで〈暑いのはどっち?クイズ〉に挑戦します。
「はれ」と「くもり」ではどっちが暑い?・・・答えはもちろん「はれ」!では、「ないと暑くて、あると涼しいもの」って、いったい何?
その答えをつきとめるべく、やって来たのはビニールハウス。先生は子どもたちに温度計と風車を渡し、ビニールハウスの中と外の違いを調べてもらいます。するとそこから、猛暑の原因になるものが見えてきます。

140617bosai2.jpg

猛暑の時に一番気をつけなければならないのが、熱中症。佐々木さんは、熱中症に詳しい昭和大学病院の三宅康史医師に、その予防法などを直撃インタビュー。さらに子どもたちにクイズを出して、熱中症を防ぐ正しい知識を伝えます。

学ぼうBOSAI  シリーズ 地球の声を聞こう「猛暑と熱中症」
< Eテレ 19(木) 午前9:30~9:40 >
< Eテレ 22(日) 午後6:30~6:40 > (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

白熱教室海外版 宇宙白熱教室 (6/20~)


140612haku.jpg

世界の名講義の様子を紹介する 白熱教室白熱教室海外版 宇宙白熱教室 では、アリゾナ州立大学の気鋭の物理学者、ローレンス・M・クラウス教授の講義をお伝えします。

クラウス教授は、1995年に「宇宙の真空のエネルギーは非常に小さいがゼロではない」という奇想天外な仮説を提出。当初無視されたその説は、その後数々の発見で裏付けされ、クラウス教授は世界でも最も注目される物理学者の一人となりました。近著「宇宙が始まる前には何があったのか?」は日米でベストセラーとなり、同じ題名で行った講演はYouTubeで200万ビューに迫るセンセーションを巻き起こしています。多くの人々の好奇心をかきたてるその話法が、今多くの注目を浴びています。

今回の集中講義では、4回シリーズで現代宇宙物理学の入門編から、最先端の研究まで伝えます。クラウス教授皆さんを、魅惑的な宇宙ミステリーツアーへとご案内します!

白熱教室海外版 宇宙白熱教室  4回シリーズ
< Eテレ 金曜  午後 11:00 ~11:54 >
6/20   第1回「入門編1 宇宙のスケールを体感する」
  27    第2回 「入門編2 物理学者の秘密のお仕事」
7/4    第3回 「ここまでわかった!宇宙の始まり」(仮)
 11    第4回 「宇宙・私たちの惨めな最後」(仮)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ETV特集 「本当は学びたい~貧困と向き合う学習支援の現場から~」(6/14ほか)


140612etv1.jpg

いま、子どもや若者の「貧困」が、学力格差や不登校、高校中退などを引き起こし、「学び」に深刻な影響を及ぼしていることがわかってきています。
塾、携帯電話、インターネット・・・。現代では、「平均的な家庭」が、いろいろな物を手に入れられるようになりました。しかし、経済的に苦しい家庭の子どもはどんどん取り残され、やがて挽回できないほどに差が開いていきます。この「差」に苦しめられる、いわゆる「相対的貧困」の子どもが今、増え続けているのです。

そんな中、元高校教師の青砥恭さん(下写真・右)は、子どもや若者たちに無料で「学び直しの場」を提供するため、3年前にNPO「さいたまユースサポートネット」を設立しました。不登校や高校中退などのさまざまな理由で学校から去った子どもや若者に、ボランティアたちが勉強を教えています。
ここに集まる若者の半数以上が、経済的に困窮した家庭に育っています。勉強できる十分な環境が無く、学びの場からこぼれ落ちた子どもたち、生活のために日雇いの現場で働く学生、夜の仕事をする高校生・・・。貧困の中、ますます学びの場から遠ざかっていく若者たちの姿がありました。

学ぶことを通して、「居場所」や人とのつながり、そして自信を取り戻してもらいたいと願う青砥さんの取り組みと、そこに集まる若者たちの思いを見つめます。
語りは、俳優の山本耕史さんです。

140612etv2.jpg

ETV特集 「本当は学びたい~貧困と向き合う学習支援の現場から~」
< Eテレ 14(土) 午後11:00~11:59 >
< Eテレ 21(土) 午前0:00~0:59 > =20(金)深夜

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:50 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(2) | トラックバック(0)

ストレッチマンV「球根怪人チューリッぷんぷん」 (6/12ほか)


140611sman1.jpg

今回の ストレッチマンV(ファイブ)  は、ストレッチマン・パープルが「球根怪人チューリッぷんぷん」と戦います。

楽しそうにチューリップの球根を植えるストレッチマンの5人。もっとたくさん植えたいという声を受けて、パープルは球根を探しに新潟県に向かいます。

到着したパープルのもとに、新潟県に怪人が現れたという連絡が入ります。みんなが花ばかりほめて、球根である自分に注目してくれないことに腹を立て、子どもたちを攻撃するというのです。子どもたちがピンチ!パープルはすぐに新潟県立駒林特別支援学校に行きます。

怪人から必殺の球根アタックを受けて、苦戦するパープル。その時仲間たちから、あるアドバイスが・・・!怪人をも癒やしてしまう、パープルのあまい歌とギターをお楽しみください♪

今回の感覚運動あそびは「からだでゴロゴロ」です。
布団の上に寝転がってゴロゴロ。それができたら、腹ばいで寝ている人の上に布団を置いてゴロゴロ。みなさんもぜひ挑戦してみてください!

 140611sman2.jpg

 ストレッチマンV  「球根怪人チューリッぷんぷん」
〈Eテレ 12(木) 午前9:20~9:30〉
〈Eテレ 12(木) 午後3:30~3:40〉 (再)
〈Eテレ 19(木) 午前9:20~9:30〉 (再)
〈Eテレ 19(木) 午後3:30~3:40〉 (再) 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

いじめをノックアウト「ホンネで話し、書いてみよう!」 授業リポート


140610ijime.JPG

いじめをノックアウト は、AKB48の高橋みなみさんと一緒に、いじめが起きてもみんなで解決するクラスにするにはどうしたらいいかを考える番組です。2014年5月21日(水)、いじめをノックアウト「ホンネで話し、書いてみよう!」を使った授業が、神奈川県横浜市立東汲沢小学校6年1組で行われました。

★ 自分たちの行動を振り返ってみよう! 

授業が始まると担任の吉田圭一先生は「今日は いじめをノックアウト という番組を見ます。自分でいろいろなことを考えながら見てください」と言ってテレビをつけました。

【いじめをノックアウト「ホンネで話し、書いてみよう!」あらすじ】
ある中学校の全校集会。生徒会から、ケータイなどでひどい言葉を受け傷つく生徒がいるので、自分に何ができるのか考えてほしいという提言がされました。それを受けて2年生のクラスでは、いじめについて考えていることを本音で話し合います。そして最後に、いじめをなくすために自分ができることを「行動宣言」として書いていきます。

140610ijime2.JPG 140610ijime3.JPG

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:授業リポート | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

すくどう 「片桐はいりさんが選ぶ、おもわずまよってしまうクリップランキング」&「FIFAワールドカップブラジル特別企画後半戦!世界のクリップ対決」


140609scd1.jpg

すくどう(=スクール動画アイランド) 、9(月)の特集は・・・

時々迷々の片桐はいりさんが選ぶ、おもわずまよってしまうクリップランキング

さまざまな気持ちに揺れる子どもに「迷ってる?」とささやく、時々迷々役でおなじみの片桐はいりさん。ヒツジのメェ~ちゃんと一緒に、思わず迷ってしまうクリップを選んでくれました。昆虫も、歴史の偉人も、み~んな迷いながら生きているのです!

2014 FIFAワールドカップ ブラジル 特別企画後半戦!世界のクリップ対決

6/13(日本時間)から開催するFIFAワールドカップ!その出場国にちなんだクリップを2回に分けてお届けします。後編ではグループE~Hが激突!あなたが勝ったと思う方に、ぜひ投票してみてくださいね。

140609scd2.jpg

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:12:30 | カテゴリ:デジタル教材情報 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

どうなる?大学入試改革


140606hayakawa.jpg

 “将来の高校生”の進路に大きな影響を与える大学入試改革について、中央教育審議会(中教審)での議論が煮詰まりつつあります。

■ 中教審が打ち出した方針は

 「達成度テスト」という同じ名称ながら、発展レベルと基礎レベルという性格の違う二つのテストを新設することです。今回の論議は、安倍総理大臣の私的懇談会「教育再生実行会議」の提言を受けて行われています。
 実行会議が達成度テストの導入を提言したのは、受験生に人気のあるブランド大学では、知識ばかりを詰め込んだひ弱な学生ばかりで、世界との競争に太刀打ちできないと考えたからです。一方、選り好みさえしなければだれもが入れる大衆型の大学では、推薦やAO(アドミッション・オフィス)入試など学力試験を経ずに入学できることから、高校時代から学習離れが進み、学習習慣が身につかないと危機意識を持ったからでした。

■ 発展レベルは

 「大学入試センター試験」に代わるものとして構想されています。受験生から選ばれるブランド大学をめざす受験生が対象です。知識・技能といった従来型の学力に加え、活用力についても測るとしているのが特徴です。また、これまでの「教科型」のテストに加えて、複数の教科、科目にわたる「合科目型」、教科の枠組みにとらわれない「総合型」テストの導入に向けて検討を進めるべきだとしています。実施にあたっては、これまでのセンター試験のようなマークシート方式ではなく、記述式やコンピューター画面上での回答方式が考えられています。
 「一点刻みではなく、段階別に成績を示し、複数回受験できるようにする」とした実行会議の提言は中教審にも引き継がれていますが、具体的な得点の示し方については、段階別のほかに標準化、百分位法など複数科目間で得点のバラつきを修正する方法を例として示し、さらに専門的な検討をするとしています。

■ 基礎レベルはどうなる?

 小中学校で行っている全国学力テストの高校生版といったイメージです。受ければ高校での基礎的な学習の達成状況が自分自身でわかり、推薦やAO(アドミッション・オフィス)入試の学力証明にも使えるようにするとしています。高校生全員に義務づけるべきだとの意見がありましたが、希望参加型として全員への義務づけは見送り、学校単位で受けられるようにして、多くの参加を呼びかけます。
 こちらは、おもに従来型の学力を測るもので、教科ごとに行われます。当初は、国語、数学、外国語、地理歴史、公民、理科の六教科について行う方針です。このうち、英語はさまざまな外部の検定試験がありますので、それらで代替できるとしています。保健体育、芸術、家庭、情報、それに専門学科の各教科については、ペーパーテストになじみにくい面があることから、導入するかどうかは専門的な検討を続けるとしています。また、活用力についても測る必要があるとして、教科融合型問題の出題も検討するとしています。
 気になる「複数回」実施ですが、夏から秋にかけての少なくとも二回の実施が計画されています。秋風が吹き始めるころにスタートする推薦やAO入試に間に合わせる必要があるからです。高二段階から受けられるようにしますが、場合によっては高一から受けられるようにすることも検討するとしています。

【続きを読む】

投稿者:解説委員 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:早川解説委員の教育コラム | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

日本科学未来館で、「キミなら何つくる?」「考えるカラス」のワークショップを開催! (6/15より)


140605mirai.jpg

日本科学未来館(東京都江東区青海)は、日々の素朴な疑問から最新テクノロジーまで、さまざまなスケールで科学技術を体験することができる施設です。このたび NHK for School と連携して、さまざまな展開を行っていくこととなりました。

その第1弾として、6/13(金)よりオープンする新規コーナー「“おや?”っこひろば」(写真)で、キミなら何つくる?  と  考えるカラス~科学の考え方~ のワークショップを開催します!番組で見た工作や実験を、実際に手を動かしてやってみることで、子どもたちの体験をより深いものへ導きます。

【ワークショップ開催概要】
・開始日 : 6/15(日)~
・開催時間 : 土・日・祝日は以下の時間で開催。平日は不定期開催。
     11:00~ キミなら何つくる?
     13:00~、 15:00~ 考えるカラス~科学の考え方~
・参加費 : 無料
・参加方法 : 事前申し込み不要。直接会場へお越しください。

※ 日本科学未来館の開館時間や入館料などの詳細は、日本科学未来館ホームページ をご覧ください (NHKのサイトを離れます) 。

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:イベントなど | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

エデュカチオ!「子育てのお困りエピソード&解決アイデア」 アンケート実施中!(6/16正午締め切り)


140604edu.jpg

※このアンケートは、小・中学生のお子さんのいる保護者の方が対象です※

教育評論家の尾木直樹さんと、俳優の東山紀之さんがMCを務める、教育情報番組 エデュカチオ!では、現在、小中学生のお子さんがいる保護者の方向けのアンケートを行っています。

子育てや教育には、正解もなければマニュアルもありません。答えは親子の数だけあるのかもしれません。
そこで今回は、「子育て」にまつわる悩みや不安、そして「こうして乗り切った」「こうやるとうまくいった」など、前に進むための知恵やヒントを大募集します。

例: ①  いつも祖母が娘に趣味の合わない洋服をくれるので困った。
      →角が立たないようにいただいて、一度だけ着て写真を撮っておく。
   ②  帰宅後、息子が根の生えたように座り込んでゲームばかり。
      →スナック菓子を出さずに簡単なおやつ作りを一緒にしたらゲームの時間が減った・・・など。

視聴者の皆さんのアンケート結果を番組制作に生かしながら、「困った!どうすればいいの?」という悩みに共感し合い、みんなで知恵を出し合う番組にしていきたいと考えています。悩みや解決策は、できるだけ具体的に教えて下さい。締め切りは6/16(月)正午。たくさんの声・アイデアをお待ちしています。

アンケートは

番組ホームページメールフォーム
NHKネットクラブアンケート

どちらでもご回答いただけます。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:おしらせ | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

マイケル・サンデルの白熱教室「これからの学校の話をしよう」 (6/7ほか)


140603hakunetu.jpg

ハーバード白熱教室 で大人気のマイケル・サンデル教授が、日本の中学生たちやゲストと、これからの学校について語り合います!

テクノロジーの導入により、今、世界の学校の形が変わろうとしています。世界の有名大学の授業が無料で受けられるオンライン講座。従来は教室で行っていた授業(主に知識獲得のための内容)を、ビデオ教材などを利用して個々に自宅で行い、教室ではそれを踏まえて議論や演習を行う“反転授業”・・・。また、ビジネスの発想を教育の現場に取り入れようという試みもあります。

これからの学校はどう変わっていくのでしょうか?
「君にとって良い先生とは、どんな教師なのか」「君たちは何のために学校に行くのか」・・・。サンデル教授が投げかける教育の根本的な問いに、中学生38人が本音で答え、議論していきます。

ゲストは、道端カレンさん(ファッション モデル)、安藤桃子さん(映画監督)、井筒和幸さん(映画監督)、藤原和博さん(元中学校校長)、金森俊朗さん(元小学校教師)です。 ※この番組は、4/27(日)にBS1で放送した再放送です。

マイケル・サンデルの白熱教室 「これからの学校の話をしよう」
前編 < Eテレ 7(土) 午後4:00~4:50 > 
後編 < Eテレ 14(土) 午後4:00~4:49 > 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

学ぼうBOSAI シリーズ 地球の声を聞こう「雷から身を守ろう」 (6/5ほか)


140602bosai1.jpg

学ぼうBOSAI シリーズ 地球の声を聞こう では、6/5から3回にわたって自然災害について取り上げます。1回目のテーマは雷。子どもたちが、気象予報士の佐々木恭子さんと一緒に、雷から身を守る方法などを学びます。

雷が電気であることはよく知られています。でも、なぜ雲の中に電気ができるのでしょうか?それを知るために、佐々木さんに雷ができる仕組みをわかりやすく説明してもらいながら、兵庫県にある実験施設で雷を再現して見せてもらいます。雷が木材に落ちると木は粉々に飛び散って、子どもたちは衝撃を受けます。もし人に落ちたら・・・・!

ここで、実際に雷から身を守るために自分たちはどうしたらいいかを、クイズ形式で考えていきます。
「腕時計などの金属をはずせば安全」「長靴やカッパなどゴムのものを身につけていれば大丈夫」など・・・・。正しい答えはどれなのでしょうか?命を守るために必要な知識を、楽しく身につけていきます。

140602bosai2.jpg
 

学ぼうBOSAI  シリーズ 地球の声を聞こう「雷から身を守ろう」
< Eテレ 5(木) 午前9:30~9:40 >
< Eテレ 8(日) 午後6:30~6:40 > (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲