2013年5月

「お伝と伝じろう」レ・ロマネスクさんにインタビュー!


130530otuta.JPG

お伝(つた)と伝(でん)じろう は、コミュニケーションの本質を楽しく伝える番組です。個性的なファッションでお伝と伝じろうを演じるのは、パリを拠点に活躍する日本人デュオ「レ・ロマネスク」のトビーさんとミーヤさんです。伝じろう役のトビーさんにお話を伺いました。

――伝じろうは、主人公・サトルのクラスにフランスからやって来た転校生という設定ですね。演じていていかがですか?

ドラマで役を演じるのは初めてだったので、最初は緊張しました。でも、ヒゲの生えた小学生なんてSFみたいでおもしろいし、リアルに演じる必要がないのでのびのびとやらせていただいています。年齢のギャップなんてまったくなく溶け込んでいる・・・と思います。子どもたちはどう思っているかわからないけど(笑)。

――番組の舞台は学校のほかに、独特な雰囲気の “伝じろうの心の中”がありますね。ここにお伝がいて、伝じろうと一緒にサトルにコミュニケーションのコツを教えます。

お伝はセリフをしゃべりません。コミュニケーションはことばだけではないことを伝える、謎の女性なんです。レ・ロマネスクのステージでも、歌ったりしゃべったりするのはぼくですが、ミーヤはコーラスや合いの手を入れるだけでなく、存在そのものが重要な役割なんです。そんなぼくらのパフォーマンスを生かした番組を作りたいということだったので、最初にお話を聞いたときすごくうれしかったです。

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:16:00 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

銀河銭湯パンタくん「銭湯先生はおせっかい?」 (5/31ほか)


130529panta.jpg

困っている人を助ける「パンパンパンツー」。メンバーのパンタとパンキチが、困っている人はいないか探していると、銀河ノ湯の前でウロウロしているバースを見つけます。バースは前から銭湯に入りたかったけど、入り方がわからくて入れなかったと言うのです。それを聞いた二人は、はりきってバースに銭湯の入り方を教えることにします。
まず入り口でお金を払って、脱衣所で服を脱いで・・・。でも、バースはなんだか困った様子。実は熱いお湯が苦手なのです。でも二人は気づかず、強引にバースを湯船に連れて行きます。すると・・・。

今回のドッヂポイントは「銭湯の入り方を教えていたらバースがなぜか困った様子。このまま指導を続ける?or やめる?」
番組のねらいは「身近にいる人に温かい心で接し、親切にする」です。

銀河銭湯パンタくん  「銭湯先生はおせっかい?」
〈Eテレ 31(金) 午前9:15~9:25〉
〈Eテレ 31(金) 午後3:30~3:40〉 (再)
〈Eテレ 6/7(金) 午前9:15~9:25〉 (再)
〈Eテレ 6/7(金) 午後3:30~3:40〉 (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:12:30 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

新番組 「白熱教室海外版 ハリウッド白熱教室」 (6/7~)


130528hakunetsu.jpg

世界の名講義の様子を紹介する 白熱教室白熱教室海外版 ハリウッド白熱教室 では、アメリカの南カリフォルニア大学(USC)のドリュー・キャスパー教授の講義を紹介します。

「ハリウッドに一番近い大学」と呼ばれるUSC。現役でハリウッドで活躍している卒業生の数は1万人以上で、これまで50人以上がアカデミー賞を手にしています。
ここで映画製作を目指す学生たちがその基礎を学ぶ講義が、ドリュー・キャスパー教授の「映画論入門」です。ハリウッド映画を題材に、さまざまな切り口から映画制作の基礎が学べる大人気講義です。
古今のハリウッド映画に精通し、映画界の表も裏も知り尽くしたキャスパー教授は、まさに“ハリウッドの生き字引”。気に入った作品の話になると思わず演技を始めるなど、講義では笑いが絶えません。

今回はUSCの学生だけでなく、映画産業を目指す一般の人も参加する特別講義。脚本・ビジュアルデザイン・撮影・編集・音響効果といった、ハリウッド映画を構成する重要な5つのテーマに分けて取り上げます。
これであなたも、明日から映画の見方が変わるはず。ハリウッド白熱教室の開演です!

130528hakunetsu2.jpg

白熱教室海外版 ハリウッド白熱教室
< Eテレ 金曜  午後 11:00 ~11:54 >
 6/7  第1回「脚本~人生をストーリーにする」
          (取り上げる映画:「いつも二人で」「サンセット大通り」「ショーシャンクの空に」)
14  第2回 「ビジュアルデザイン ~映画は見た目がすべて」
          (「カサブランカ」「若草の頃」「マイレージ、マイライフ」)
21  第3回 「撮影 ~すべてのショットには意味がある」(仮)
           (「陽の当たる場所」「ワイルドバンチ」)
 28  第4回 「編集 ~時間と空間の魔術」(仮)
           (「ファーゴ」「チャイナタウン」「フレンチコネクション」)
7/5  第5回「音響効果 ~世界は音でできている」(仮)
           (「ティファニーで朝食を」「知りすぎていた男」「ジョーズ」)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ストレッチマンV「タオルでつなひき」 (5/30ほか)


130527sman.jpg

ストレッチや遊びを通して体を動かす楽しさを伝える番組 ストレッチマンV(ファイブ) 。第4回は広島の怪人と戦います。

広島城の天守閣から、いい気分で景色をながめるレッドとピンク。そこにオレンジ・グリーン・パープルから「広島に怪人が現れた!」という連絡が入ります。2人が早速現場である学校に駆けつけると、漬物怪人ヒロシマーナヅケヅケが、子どもたちを漬物にしようとしています。子どもたちが危ない!2人はあわてて怪人を倒そうとしますが・・・。

今回の感覚運動あそびコーナーは「タオルでつなひき」。ストレッチマンと子どもたちがタオルを引っ張り合って遊びます。学校だけでなく、おうちでも親子で遊んでみてください。

130527sman2.jpg

ストレッチマンV
〈Eテレ 30(木) 午前9:20~9:30〉
〈Eテレ 30(木) 午後3:30~3:40〉 (再)
〈Eテレ 6/6(木) 午前9:20~9:30〉 (再)
〈Eテレ 6/6(木) 午後3:30~3:40〉 (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「歴史にドキリ」 振付稼業air:manさんにインタビュー!


130524dokiri1.JPG

歌舞伎俳優の中村獅童さんが毎回さまざまな歴史上の人物にふんする 歴史にドキリ 。特に人気を集めているのが、その人物の業績や思いを歌い上げるドキリ・ソングのコーナーです。このコーナーの振り付けを担当しているのは、振付稼業air:man(ふりつけかぎょうエアーマン)さん。CM、映画、ミュージックビデオなどさまざまな分野の振り付けを手がける振り付け師ユニットです。主宰の杉谷一隆さんにお話を伺いました。

――放送開始から2年目を迎え、もう20本以上のドキリ・ソングを放送していますね。振り付けをするとき大事にしていることはありますか?

子ども向けだからといって絶対に手を抜かず、最高のミュージックビデオを目指す振り付けをと思っています。ドキリ・ソングは1分半~2分で、飽きずに見られる一番いい時間なんです。でも何もないと流れてしまうことがあるので、振り付けにちょっとしたギミック(仕掛け)も入れるようにしています。
例えば「伊藤博文」では、クレージーキャッツのイメージということで、毎カット、出演者が画面から出たり入ったりするフレームイン・アウトにこだわった振り付けにしました。「西郷隆盛」では、80年代の歌番組のようにしたいという演出のリクエストを受け、振り付けがよく生きるカメラワークのアイデアも提示させてもらいました。このような、見ている人をぷっと笑わせたりはっと驚かせたりするギミックは、ドキリ・ソングの振り付けで重要視している部分でもあります。ぼくたちにとっても勉強になります。

130524doki2.jpg 130524doki3.jpg

――特に印象に残っている回はありますか?

本格的なドキリ・ソング第1弾の「卑弥呼」ですね。演出ディレクターから、椎名林檎さん風のテイストを獅童さんにぶつけてみたいと言われ、とてもおもしろそうだと思いました。やってみたら獅童さんの妖艶な感じが出ていて最高でした!あと「近松門左衛門」もおもしろかったです。サカナクションみたいなテクノの曲に、歌舞伎や人形浄瑠璃が登場するという企画で、踊りの部分は「黒衣(くろこ)のロボットダンスを!」と。一見「なにそれ?」という感じだけど、コンセプトが明確でわかりやすい。制作にかかわる人すべてがまじめにふざけているのがいいですね。

130524dokiri2.jpg 130524dokiri3.jpg

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック(0)

友 ~旅立ちの時~ ゆずから中学生へのメッセージ (5/26)


130522ncon.jpg

ことしの NHK全国学校音楽コンクール(Nコン) 中学校の部の課題曲は、ゆずが手がけた「友 ~旅立ちの時~」です。作詞・作曲をしたゆずの北川悠仁さんは、自分の中学時代の心の葛藤と友の存在を思い起こしながら、「悩み多き中学生たちに勇気を与えたい」と、この曲を書き上げました。

番組では、ゆずが10代の合唱団と一緒にこの「友 ~旅立ちの時~」を歌い、曲に込めた思いを語ります。ナレーションは、現役中学生で俳優の朝倉ふゆなさんです。

友 ~旅立ちの時~ ゆずから中学生へのメッセージ
〈総合 26(日) 午後1:05~1:20 〉
※ 一部、地域により放送時間が異なります

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

おはなしのくに 「かえるのえんそく」 (5/27ほか)


130523ohanashi1.JPG

古今東西の物語を、一流の語り手が表情豊かに語る おはなしのくに 。1学期4本目のお話は、「かえるのえんそく」(作:石井桃子)。語り手は、落語家の林家たい平さんです。

京都を見物したいと思っている大阪のかえると、大阪を見物したいと思っている京都のかえる。この2匹のかえるが、天王山のてっぺんで出会ってお国自慢を始めます。「大阪には大きな海があります。日本一いいところです」「いやいや、京都には大きな山があります。日本一いいところです」・・・。意地を張ってゆずらない両者。いったいどうなるのでしょうか?

今回の見どころは、林家たい平さんが落語調で語る2匹のかけあいです。通天閣や京都タワーといったおなじみの名所を織り交ぜ、ユーモラスに語り上げます!

130523ohanashi2.JPG

おはなしのくに 「かえるのえんそく」
< Eテレ27(月) 午前9:00~9:10 >
< Eテレ6/3(月) 午前9:00~9:10 > (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:12:10 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

考えるカラス~科学の考え方~「第4回」 (5/28ほか)


130522karasu1.jpg

4月から放送が始まった新しい科学教育番組 考えるカラス ~科学の考え方~
番組ホームページ では、蒼井さんが実験をする「考える練習」のコーナーや「あなたの今日のはっけん」について、みなさんの投稿を募集しています。

先日放送した「風船をつけた台車に透明な箱をかぶせて押すと、風船は前に傾く」という実験では、その理由について「空気が慣性で後ろに集まる。すると、前方の空気が薄くなって、風船が引き込まれる」という興味深い考察や、「煙を箱の中に発生させれば、空気の流れが確認できるのでは」という面白い実験の提案も届いています。いただいた投稿は番組ホームページでいずれ公開する予定なので、みなさんもどんどんご投稿ください。

さて、第4回となる今回の目玉は、新コーナー「考えるヒント」です。みなさんが問題を見つけて考える時に、どのように考えればよいのか、その糸口となるヒントをお伝えするコーナーです。今回のヒントは「逆から考える」。逆から考えることが、どのように問題解決につながるのか、ぜひご覧ください。

130522karasu2.jpg

また、大好評の「蒼井優の考える練習」では水と天びんを使った問題を蒼井さんが出してくれるほか、アニメーション「デデニオン」ではかわいらしいリスが登場、ふわふわとなびくしっぽが必見です。

みなさん、今回も、よ~く考えてくださいね!

考えるカラス~科学の考え方~ 「第4回」
<  Eテレ28(火) 午前9:10~9:20 >
<  Eテレ28(火) 午後3:30~3:40  >  (再)
<  Eテレ6/4(火) 午前9:10~9:20 >  (再)
<  Eテレ6/4(火) 午後3:30~3:40 > (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

エデュカチオ!「"学校に行きたくない!"」 (5/25ほか)


130520edu.jpg

エデュカチオ! は、子どもたちを取り巻く教育の問題をわかりやすく伝える、新しいタイプの教育ジャーナル番組です。MCは、尾木ママこと教育評論家の尾木直樹さんと、東山紀之さんです。

もしあなたが子どもに“学校に行きたくない!”と言われたら、どうしますか?
親にとって深刻な悩みのひとつである子どもの不登校のきっかけは、大人から見るとささいなことから。そしてその芽の多くは小中学校時代にあるといいます。番組では、独自にとったアンケートや、実際に子どもの不登校を経験したお母さんのインタビューなどを通して、子どもから“学校に行きたくない!”と言われたとき親はどう対応したらいいかを考えます。

自らの体験もふまえながら、不登校について真剣に語り合う尾木ママと東山さん。いま悩んでいるお母さんや子どもたちに送る二人からのアドバイスとは?

番組ホームページ では、皆さんのご意見、ご感想をお待ちしています!
 
エデュカチオ! 「“学校に行きたくない!”」
< Eテレ 25(土) 午後9:00~9:29 >
< Eテレ 31(金) 午前10:30~10:59 > (再)
 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック(0)

銀河銭湯パンタくん「もったいない!ゴミほどお宝!?」 (5/17ほか)


130517panta.jpg

パンタとパンキチが「パンパンパンツー」の作戦会議をしていると、お母さんから、フリマに出す物や捨てる物を分けるように言われます。しかたなく部屋の整理を始める二人。でもすぐ面倒くさくなって、まだ使える物も窓から放り捨ててしまいます。すると窓の下から悲鳴が!二人があわてて駆けつけると、ゴミまみれになったピエールさんが倒れていました。

お母さんに怒られたパンタとパンキチは、罰として近所の掃除をすることになります。しぶしぶ近所のゴミを集めていると、電化製品やおもちゃなど、まだ使えそうなものが次々と見つかりました。物を大切にすることや、「もったいない」という言葉を学んだパンタとパンキチは、物の修理を始めますが・・・。

今回のドッヂポイントは「部屋の片づけをしないといけないけれど、まだ使える物を捨てる?or 捨てない?」
番組のねらいは「物を大切にする」です。

銀河銭湯パンタくん  「もったいない!ゴミほどお宝!?」
〈Eテレ 17(金) 午前9:15~9:25〉
〈Eテレ 17(金) 午後3:30~3:40〉
〈Eテレ 24(金) 午前9:15~9:25〉 (再)
〈Eテレ 24(金) 午後3:30~3:40〉 (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

いじめをノックアウト「"いじり"が暴走するとき」 (5/17ほか)


130515izime.jpg

AKB48の高橋みなみさんといっしょに、いじめについて考える いじめをノックアウト  。第3回は“いじり”について考えます。

このごろよく耳にする“いじられキャラ”ということば。友だちからツッコミを入れられたり、からかわれたりすることで笑いを取る。そして、本人もそれを楽しんでいる・・・。でも、本当にそうなのでしょうか?自分も“いじられキャラ”だという高橋さんは、「いじられるということは、どこか自分を殺さなければならない」と語ります。

番組では、“いじり”がエスカレートした“いじめ”を苦に自ら命を絶ってしまった真矢(まさや)くんについて紹介します。いじられるときは笑っていることが多かったという真矢くん。何が彼をそこまで追い詰めてしまったのでしょうか。

番組の最後、ノックアウトくんは問いかけます。「なぜ真矢くんへの“いじり”はエスカレートしていったと思う?」
この問いについて、ぜひクラスのみんなで考えてみてください。

いじめをノックアウト 「“いじり”が暴走するとき」
< Eテレ 17(金) 午前9:50~9:58>
< Eテレ  18(土) 午前6:35~6:43>  (再)
< Eテレ 24(金) 午前9:50~9:58>  (再)
< Eテレ  25(土) 午前6:35~6:43 > (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

学ぼうBOSAI シリーズ シンサイミライ学校 「アニメで学ぶ "命を守るキズナ"」 (5/15ほか)


130514bosai1.jpg

学ぼうBOSAI  シリーズ シンサイミライ学校。今回は、群馬大学の片田敏孝先生によるアニメを使った授業の様子を伝えます。

授業を受けるのは、和歌山県田辺市立田辺第一小学校の4年生です。海が近いこの学校は、大きな地震が来たら津波が来る可能性があります。では、家に一人でいるときに大地震が来たらみんなどうするのでしょうか?
津波から身を守る方法は、すばやく避難すること。授業の前にとったアンケートでは、7割近くの子が大地震が起こったら一人でも逃げると答えました。でもやっぱり家族のことも気にかかる・・・。悩む子どもたちに先生は、「約束の命」というアニメを見せます。

アニメでは、一人で家にいるときに大地震に襲われたタカシ君の行動を追います。子どもたちはタカシ君の行動を見ながら、自分自身の、そして家族の命を守るために何が大切なのかを考えていきます。

130514bosai2.jpg

学ぼうBOSAI  シリーズ シンサイミライ学校 「アニメで学ぶ “命を守るキズナ”」
< Eテレ15(水) 午前9:50~10:00 >
< Eテレ19(日) 午後6:30~6:40 > (再)
< Eテレ22(水) 午前9:50~10:00 > (再)
< Eテレ26(日) 午後6:30~6:40 > (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

考えるカラス~科学の考え方~「第3回」 (5/14ほか)


130513karas.jpg

自ら問題を見つけ、観察し、仮説を立て、実験(あるいはさらに観察)し、その結果をもとに考える科学教育番組 考えるカラス~科学の考え方~ が4月から始まりました。制作には ピタゴラスイッチ でおなじみの東京藝術大学大学院教授の佐藤雅彦さんと、クリエイティブ・グループ「ユーフラテス」のみなさんも参加しています。
蒼井優さんによる実験や、日常の中の不思議を掘り下げた観察のコーナーに加え、歌やアニメーションなど、盛りだくさんの内容で科学の考え方を伝えると同時に、みなさんが思わず考えたくなるような気持ちを呼び起こします。

14(火)は第3回を放送します。
ペンのキャップを回した時に感じる不思議を観察するほか、蒼井さんは、風船と台車を使った実験を見せてくれます。皆さんは、番組で紹介された現象をどう考えるでしょうか?

考えるカラス ホームページ では、「蒼井優の考える練習」を見て考えたことや、そのためにどんな実験をすればいいか、また「あなたの“今日のはっけん”」を大募集しています。たくさんの投稿、お待ちしています!

考えるカラス~科学の考え方~ 「第3回」
Eテレ14(火) 午前9:10~9:20
Eテレ14(火) 午後3:30~3:40 (再)
Eテレ21(火) 午前9:10~9:20 (再)
Eテレ21(火) 午後3:30~3:40 (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:30 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

初イベントを行ったストレッチマンV にインタビュー!


130510sman1.JPG

4月からスタートした ストレッチマンV(ファイブ) 。そのメンバー5人が、「渋谷DEどーも2013」(5/3~5開催)で初めてのイベントを行いました!その様子を報告します。

快晴に恵まれた「渋谷DEどーも2013」。屋外の特設ステージにストレッチマンVの5人が登場すると、待ちかねていたたくさんの親子連れから歓声が上がりました。まずはみんなでストレッチ!オレンジとグリーンは、お客さんといっしょにストレッチをするため客席の間に入っていきます。

二人がスタンバイしたとたん、「じゃあオレンジとグリーン、ステージに戻ってきて!」。初めてのステージで舞い上がるレッドが間違えた指示を出し、驚き戸惑うメンバーたち。その様子を見て会場は大爆笑に包まれました。そこに怪人ブラックこいのぼりが乱入し、大きな口で子どもたちを吸い取ろうとします。子どもたちが危ない!5人はそれぞれの技を使って戦いますが、なかなか倒すことができません。そこで会場のみんなが運んだ“こいのえさ”でストレッチマンが怪人の口をふさぎます。その間にみんなでストレッチ体操をしてストレッチパワーをためて、見事に怪人をやっつけることができました。

130510sman2.JPG 130510sman3.JPG

次は「くぐって遊ぼう」ゲーム。ストレッチマンの体で作ったトンネルを、ストレッチマンに触れないようにくぐり抜けるゲームです。会場から選ばれてステージにあがった子どもたちは、ほふく前進などしてクリアしていきました。

「音楽で遊ぼう」コーナーでは、ストレッチマンハイパー でおなじみの、みにまむすも登場!みにまむすが奏でる音楽にあわせて、みんなで手拍子をします。ストレッチマンも子どもも大人も、会場が一体になって楽しみ、大盛況の中でステージは終了しました。

130510sman.JPG 100510sman5.JPG

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:40 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

小学校算数電子黒板教材「さんすう学院ゼロ・イチ課」


130509san.jpg

NHK for School では、小学校4~6年生向けの算数番組 さんすう刑事ゼロ と連動した電子黒板教材 「さんすう学院ゼロ・イチ課」  を開発しました。このコンテンツは、授業での利用と、家庭での子どもの自学自習とに対応するモードをそなえています。

自学自習用の「子どもモード」では、 利用する子どもは“さんすう刑事をめざして学院で学ぶ生徒の一人”となります。男女二人の教官の励ましを受けつつ、同じくさんすう刑事をめざす個性的な仲間と一緒に問題を解いていきます。回答時間制限やステージクリアなどのゲーム的要素を持たせているので、子どもたちが集中して取り組めます。

授業用の「先生モード」にはキャラクターは登場せず、ゲーム的要素もありません。問題は、教師の意図に従って任意に選ぶことができます。子どもたちにじっくり考えさせたいときなどには選択肢を非表示にもできます。また、このコンテンツを授業で使うアイディア=活用案と、児童配布用の問題ワークシートもPDFで掲載しています。どちらのモードでも、例えば「対称な形の性質」といったその単元で扱う算数の概念を解説するアニメと、各問題の解説を見ることができます。

「さんすう学院ゼロ・イチ課」は、番組 さんすう刑事ゼロ の各回で取り扱う単元イメージに合わせた内容になっています。番組視聴と組み合わせれば、子どもたちの算数への興味をより高め、学習内容を広げることもできます。「さんすう学院ゼロ・イチ課」。学校で、家庭で、ぜひご活用ください!

電子黒板教材「さんすう学院ゼロ・イチ課」

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:40 | カテゴリ:デジタル教材情報 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

10min.ボックス 情報・メディア「ネットワークの安全を守る」 (5/17)


130509media1.jpg

10min.ボックス 情報・メディア 第6回は、ネットワークを利用するうえでの危険性や、その対策について伝えます。

インターネットを使ってさまざまな情報を発信したり入手したりしているわたしたち。しかし、ウイルスによる個人情報の流出やインターネット取り引きの詐欺行為など、インターネットにはさまざまな危険が潜んでいることを忘れてはいけません。そうしたなか、急増するサイバー攻撃に対応するため、インターネットで発生する問題を迅速に把握し、有効な対策を講じるシステム「ニクター」も開発されました。
 

番組では、ウイルスに感染したパソコンが遠隔操作される様子や、携帯電話での不当請求の実例などをとおして、身近なインターネット被害の怖さを紹介。警視庁による学校向けのサイバー犯罪の講義の様子も見せながら、インターネットを安全に使うために注意すべき事を伝えます。

130509media2.jpg

10min.ボックス 情報・メディア  「ネットワークの安全を守る」
< Eテレ 17(金) 午前 1:30~1:40 >   16(木)深夜

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

さんすう刑事ゼロ「消えた指輪を探し出せ~四角形~」 (5/13ほか)


130507sansu1.jpg

さんすう刑事ゼロ 第3回のテーマは四角形です。

「結婚式場から、結婚指輪が盗まれた!」という連絡を受け、現場に駆けつけたゼロとイチ。手がかりは、指輪ケースに残された紙。そこには「平行四辺形の中にある」と書いてあります。どうやら犯人は、平行四辺形の形をした何かに指輪を隠したようです・・・。

式場にある四角形を、平行四辺形の定義に照らし合わせてしぼっていくゼロとイチ。長方形やひし形はあてはまるのか?はたして二人は、式が始まるまでに指輪を見つけることができるのでしょうか?

130507sansu2.jpg

さんすう刑事ゼロ  「消えた指輪を探し出せ ~四角形~」
〈Eテレ13(月) 午前9:10~9:20〉
〈Eテレ13(月) 午後3:30~3:40〉 (再)
〈Eテレ20(月) 午前9:10~9:20〉 (再)
〈Eテレ20(月) 午後3:30~3:40〉 (再)

 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:15:05 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「NHKティーチャーズ・ライブラリー」 平成25年度新規貸し出し開始!


130502lib.jpg

NHKの番組を高画質DVDで、無料で学校の先生方に貸し出している NHKティーチャーズ・ライブラリー 。このたび、新たに21番組がラインナップに加わりました!特に充実したのは、〈表現・コミュニケーション〉〈プレゼンテーション〉のカテゴリーです。

〈表現・コミュニケーション〉 では、伝える極意 から6本の番組がラインナップ。スピーチや感想文の書き方、キャッチコピーの作り方などすぐに役立つ番組を用意しました。
〈プレゼンテーション〉 では、世界が注目するアメリカのプレゼンイベント、TED(Technology Entertainment Design)カンファレンスを取り上げた スーパープレレゼンテーション と、TEDをはじめとしたプレゼンの魅力を探る クローズアップ現代 より、それぞれ1本を用意しました。さらに、<防災教育>では釜石の奇跡をとりあげた シンサイミライ学校 など3本、そして<キャリア教育>には人気の 仕事ハッケン伝 8本を加えました。

その他、これまで20本セットでしか借りられなかった あしたをつかめ~平成若者図鑑~ セレクションが1本からでも借りられるようになりました。より利用しやすくなりましたので、授業などでぜひご活用ください。

NHKティーチャーズ・ライブラリーホームページ では、利用方法はもちろん、貸出番組の活用のポイントや学習展開例なども掲載しています。こちらもぜひご覧ください!

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:おしらせ | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

新番組 「白熱教室海外版 ソウル白熱教室」 (5/10~)


130430hakunetsu.jpg

世界の名講義の様子を紹介する 白熱教室白熱教室海外版 ソウル白熱教室 では、韓国随一のエリート校であるソウル大学で、学生たちから最高の先生と呼ばれているキム・ナンド教授の講義を紹介します。

過酷な競争社会である韓国。有名大学への進学熱はすさまじく、2008年の金融危機後、経済格差が広がる中で競争はさらに激化。親は子の受験準備に収入の半分以上をつぎ込む事態が起こっています。大学入試の次には、就職のための競争が待っています。今の韓国では大卒者の5割程度しか就職できない状況で、昨年の大統領選でも格差の是正と就職難の解消は中心テーマでした。

こうした韓国社会において、キム・ナンド教授は「温かい資本主義」を提唱しています。それは、勝者だけが富を独占するのではなく、敗者にもチャンスを与え一緒に成長していける社会の仕組みが、長い目で見れば効率を高められるという考えです。

今回、教授は番組のために「韓国社会の生きづらさをどう乗り越えるか」というテーマで4回の特別講義を行います。それぞれの参加者は〈受験競争を勝ち抜いた学生〉 〈卒業して働き始めた社会人〉 〈挫折の時代を生きる大人、特に女性たち〉 〈子どもの将来を心配する親〉 の4つの層。一般公募で集まった人たちに向けて問題提起と励ましを繰り出し、悩みを引き出していくキム・ナンド教授の講義の様子を伝えます。

白熱教室海外版 ソウル白熱教室
< Eテレ 金曜  午後 11:00 ~11:54 >
   5/10   第1回  「あなたの全盛期は何歳?」
    17   第2回  「大人こどもの君たちへ」(仮)
     24   第3回  「挫折の時代に生きること」(仮)
     31   第4回  「私の子どもはすばらしい大人になれるのか」(仮)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲