2013年1月

ざわざわ森のがんこちゃん「にげだした かげっこ」 (2/8ほか)


120131ganko.jpg

ざわざわ森に雪が降って、みんな大喜び。がんこちゃんは弟のがんぺーと雪だるまを作る約束をしますが、友達が来たのでがんぺーを置いて遊びに行ってしまいます。
がんこちゃんたちと遊びたくて、家を飛び出して追いかけてきたがんぺー。みんなはがんぺーと遊びますが、影踏みでがんぺーはすぐ追いつかれてしまいます。みんながおもしろがってその影をどんどん踏みつけていると、なんとがんぺーの影が体から離れて逃げ出してしまいます!

今回のねらいは「身近にいる幼い人に温かい心で接し、親切にする」です。

ざわざわ森のがんこちゃん  「にげだした かげっこ」
< Eテレ 2/8(金) 午前9:00~9:15 >
< Eテレ 15(金) 午前9:00~9:15 > (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

歴史にドキリ「北里柴三郎・野口英世~世界で活躍した日本人~」 (2/6ほか)


120129dokiri1.jpg

歴史にドキリ 第18回は、海外に学んで伝染病の治療法を研究した、北里柴三郎と野口英世の功績を学びます。

中村獅童さんふんする北里柴三郎は、顕微鏡をのぞきこんで細菌を研究しています。弟子たちの研究報告書を見ると。それまでのおだやかな様子から一転「まじめに研究しろ!」と怒り出します。こうした気性から柴三郎につけられたあだ名は「ドンネル先生」。ドイツ語で「雷おやじ」という意味です。

ドイツに留学して破傷風の研究に取り組み、世界で初めて「血清療法」を発見した柴三郎。帰国後は日本で初めて伝染病の研究所を作り、世界で活躍する学者の育成に力を注ぎました。その門下生には、黄熱病の研究で世界的に注目された野口英世がいました。

今回のドキリ★ソングは「世界のドンネルおやじ(雷おやじ)」。ドンドンというリズムにのせた力強いメロディとダンスをお楽しみください。

120129dokiri2.jpg

歴史にドキリ 「北里柴三郎・野口英世~世界で活躍した日本人~」
< Eテレ 2/6(水) 午前9:40~9:50 >
< Eテレ 13(水) 午前9:40~9:50 >  (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

NHK学園 創立50周年記念講演「『不登校』を考えるシンポジウム」参加者募集中 (2/15必着)


130130ngaku.jpg

NHK学園 では創立50周年を記念して、精神科医の斎藤環さん(写真)をお迎えして「不登校」を考える講演会を開催します。また、不登校生のために教育現場が取り組んでいる事例を紹介します。

● 日時  2/23 (土) 13:30~16:00  開場13:00
● 会場   NHK学園(東京都国立市富士見台2-36-2)
● 内容 
    〈第1部〉 基調講演 斎藤環さん「不登校とひきこもり いかに向き合うか」
    〈第2部〉 実践報告 「不登校生のための教育現場から」~教員と保護者より~
                     NHK学園高等学校 Do it コースでの取り組み
    ※希望者のみ、シンポジウム終了後、NHK学園高等学校入学個別相談会を行います。

入場無料。お申し込みは2/15(金)まで。はがきの場合は必着です。なお、定員になりしだい締め切らせていただきます。
詳しい日程や参加申し込み方法などは、こちら をご覧ください。(NHKのサイトを離れます)

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:11:05 | カテゴリ:イベントなど | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

おはなしのくにクラシック 「短歌」 (2/4)


130128ohacla.jpg

おはなしのくにクラシック 第18回は、明治時代から現在の短歌を取り上げます。出演は俳優の白井晃(あきら)さんです。

長い歴史と伝統がある短歌の世界に、大きな変化が訪れたのは、明治時代でした。世の中の仕組みや人々の考え方が一変する中、歌人たちは、新しいテーマや表現方法で歌を詠むようになりました。

自由で情熱的な生き方を歌にこめた与謝野晶子、生活の貧しさや辛さを歌った石川啄木。家族への思いを、見たまま感じたままに表現した斎藤茂吉・・・。

代表的な歌人の作品を、作者の略歴や現代語訳とあわせて紹介します。CGや実写を用いたイメージ映像とともに、作品の世界をじっくりと味わってください。

130128ohacla2.jpg

おはなしのくにクラシック  「短歌」
< Eテレ 2/4(月) 午前9:15~9:25 >

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

10min.ボックス生活指導 「電子マネー」 (2/1)


130125seikatsu.jpg

現金を使わずに、支払いができる電子マネー。電車やバスを利用したり、簡単な買い物したりするときに利用している人は多いのでないでしょうか。

番組では、電子マネーをよく使う女性を取材。この女性が利用するショッピングセンターでは独自の電子マネーを発行し、ポイントなどの特典をつけています。女性は電子マネーを積極的に使ってポイントをため、買い物に利用していると話します。

便利でさまざまなサービスを得られる電子マネー。しかしほんとうにメリットばかりなのでしょうか?電子マネーの仕組みや、発行会社のメリットなどを解説し、そうしたことをわかったうえで賢く利用するように伝えます。

10min.ボックス生活指導  「電子マネー」
< Eテレ 2/1(金) 午前 1:30~1:40 >  1/31(木)深夜

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「スーパー合唱教室inふれあいホール~第80回NHK全国学校音楽コンクール課題曲講習会~」参加者&観覧者募集中


130124ncon1.jpg

第80回を迎えるNHK全国学校音楽コンクール、Nコン2013 。2月に小学校、中学校、高等学校各部門の課題曲を発表しますが、それを受けて3/16(土)に東京・渋谷のNHKみんなの広場ふれあいホールで スーパー合唱教室inふれあいホール~第80回NHK全国学校音楽コンクール課題曲講習会 を実施します。

今年のNコンの課題曲は、「スタート!」をテーマに作られました。この講習会では、それぞれの課題曲について、歌い方のポイントなどを伝えます。歌うのは、公募で集まった一般の児童・生徒のみなさんからなるモデル合唱団です。

Nコンでは、この中で指導を受ける各部門のモデル合唱団と、観覧者を募集します。入場無料です。お申し込みは、
モデル合唱: 郵便はがきで学校ごとにお申し込みください。2/20(水)必着です。
観覧: 郵便往復はがきでお申し込みください。2/26(火)必着です。

詳しい日程や申し込み方法などは、PCサイトでは こちら を、携帯サイトはNHKトップ→ネットクラブ→観覧→番組観覧/イベント情報 からご覧ください。

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:イベントなど | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

道徳ドキュメント「大切な場所を守りたい」 (1/25ほか)


130123doutoku1.jpg

道徳ドキュメント 第17回は「大切な場所を守りたい」。"シリーズ キミならどうする?" のなかの1本です。

今回の主人公は、和歌山県の熊野川町嶋津地区に住む平野皓大(こうだい)さんです。嶋津地区は8世帯14人しかいない小さな集落。住民のほとんどが70歳以上のお年寄りです。平野さんは代々ここで暮らしていましたが、山での仕事が少なくなってきたこともあり、しばらくふるさとを離れていました。3年前に戻ってみると、人口は減って急速な高齢化が進んでいました。

自分の大切な場所をなんとかしたい。そんな思いから平野さんは、観光協会を立ち上げます。そしてツアーで話すおもしろい情報を集めるため地域をまわります。かつて木材の一大生産地として栄えたこの地域には、自然と共存してきた話がいっぱい。参加者は平野さんの話を聞きながら自然に触れ、自分のふるさとにも思いをめぐらせます。
こうした努力のおかげで、少しずつ活気を取り戻してきた嶋津地区。しかし、そんなやさきに思わぬ事態が起こります・・・。

130123doutoku2.jpg

道徳ドキュメント  「大切な場所を守りたい」
< Eテレ 25(金)午前9:30~9:45 >
< Eテレ2/1(金)午前9:30~9:45 >  (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(6) | トラックバック(0)

スマイル!「おちつく魔法」 (1/24ほか)


130122smile1.jpg

スマイル!第17回は、音などが気になって集中できないときの落ち着き方を学びます。

魔法石を探して、とあるお屋敷にやって来たショウとエミ。そこで赤べこの姿をした「ベコベェ」に、たくさんのコップをピラミッドのように積み上げることができたら魔法石をあげると言われます。

魔法石をゲットしようと、一つずつコップを積み上げていくショウ。でも、時計などの物音が気になって集中できません。ショウはとうとう怒って、せっかく積み上げたコップをバラバラにしてしまいます。
そんなショウを、静かな場所へと連れ出すスマイル。そして「もっと頑張ってよ」とショウを責めるエミに、ショウが感じた世界を体験させます。エミは、さっきの音がショウにとってとても嫌な音だったのだとわかります。
落ち着きを取り戻したショウにスマイルは、イライラしたときに唱える魔法のことばを教えます。もう一度「いらいらコップ」にチャレンジしてみるというショウ。はたして集中してやり遂げることができるでしょうか?

「スマイル!ハルトくん」のコーナーでは、「約束の時間に遅れる」がテーマです。約束に遅れると、相手が心配したり、不安になったりすること、そして、相手のことを大事にしていないと思われることがあると学びます。

130122smile2.jpg

スマイル! 「おちつく魔法」
〈 Eテレ 24(木) 午前9:10~9:20 〉
〈 Eテレ 31(木) 午前9:10~9:20 〉(再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:13:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

イベント「Let's try!プレキソ英語 in 神戸」参加者募集中 (2/18必着)


130121prekiso.jpg

3/3(日)にNHK神戸放送局トアステーションで、小学生向け英語番組 プレキソ英語 のステージショーを開催します。ただ今、参加者を募集中です。狂言師の茂山童司さんふんするCowdoji (カウドージ) や、おなじみAhh(アー)&Zee(ジー)といっしょに、英語クイズやゲーム、絵描き歌などにチャレンジしてみませんか?

入場無料。対象は小学生とその保護者(小学生以下でも入場可能)です。お申し込みは郵便往復はがきで。2/18(月)必着です。
詳しい日程や参加申し込み方法などは、PCサイトでは  こちら を、携帯サイトでは NHKトップ→ネットクラブ→番組観覧/イベント情報 をご覧ください。

※ これまで行った「Let's try!プレキソ英語」の会場リポートは、こちら で掲載しています。

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:14:30 | カテゴリ:イベントなど | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

おはなしの旅 (1/23~2/1)


130120tabi.jpg

「おはなしの旅」は、古今東西の名作を朗読やドラマで伝える国語関連の番組です。

【ラジオ第2放送】

★ おはなしの旅 (小学校低学年)

1/23(水) 午前 9:30~9:45
1/30(水) 午前 9:30~9:45

「おにはうち、ふくはそと」
作:日本昔話
声の出演:一龍斎貞友 ほか

あるところに、それは貧乏な夫婦がいました。節分の夜、主人がつい間違えて"福は外、鬼は内"と言ってしまいます。これを聞きつけた赤鬼・青鬼がこの夫婦の家に入ってきますが、あまりの貧しさに驚いて・・・。

★ おはなしの旅 (小学校中学年)

1/24 (木) 午前 9:30~9:45
1/31 (木) 午前 9:30~9:45

「星のひとみ」
作:トペリュウス
声の出演:小川真由美

ある夫婦が狼の群れに追われ、おかみさんはひざの上の赤ん坊を落としてしまいます。その後赤ん坊は拾われて美しい少女に育ちますが、何でも見通す力をもっていたため魔女だと疑われてしまいます。 

★ おはなしの旅 (小学校高学年)

1/25(金) 午前 9:30~9:45
2/1(金) 午前 9:30~9:45

「おじいさんのランプ」
作:新美南吉
声の出演:大滝秀治

少年・東一が倉の片隅から見つけた古いランプを見て、東一のおじいさんは、ランプにまつわる貧しい少年・巳之助の話をして聞かせます。古い時代から新しい時代のうねりの中を生きた、一人の少年の物語。

 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

メディアのめ「どうしてタダ?インターネットのサービス」 (1/21ほか)


130118media.jpg

メディアのめ 第17回では、インターネットでさまざまなサービスが無料で提供されている理由を見ていきます。

泰我 (たいが)くんは池上さんの家にくるなりくしゃみをして、駅前でもらったポケットティッシュを使います。なぜティッシュが無料でもらえるのか、池上さんに尋ねられた泰我くん、「お店の広告としてティッシュを配っていて、そのお店がティッシュのお金も出しているから」と答えます。すると池上さんは「それと同じことがインターネットにもあるって知ってる?」と言い、あるポータルサイトを見せます。たしかに、あちこちに広告が掲載されています。さらに、インターネットの広告には、他のメディアにはまねできない仕組みがあるといいます。

インターネットならではの広告の仕組みとはなにか? ポータルサイトを運営する会社で広告を担当する戸田広美さんに、その仕組みについて聞きます。さらにもう一つ、子どもたちも楽しむ機会の多い無料ゲーム。なぜタダで遊べるのか、その秘密に迫ります。

130118media2.jpg 130118media3.jpg

メディアのめ  「どうしてタダ?インターネットのサービス」
< Eテレ 21(月) 午前9:25~9:35  >
< Eテレ 25(土) 午前6:35~6:45  > (再) ほか

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:30 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

げんばるマン「災害に強い町って?」 撮影現場リポート


130116genbaru1.JPG

げんばるマン は“現場に出かけ現場に学ぶ”をキャッチフレーズに、お笑いコンビのはんにゃがさまざまな現場に出かけ、世の中のしくみを学んでいく、総合的な学習の時間向けの番組です。9/4(火)に行われた、第17回「災害に強い町って?」 の撮影の様子をリポートします。

今回のロケは、山梨県大月市の猿橋・伊良波地区で行われました。山間にある集落で、橋が崩れると外部から孤立してしまう恐れがあるため、防災に力を入れている地域です。子どもたちが「子ども防災マップ」を作る現場に、げんばるマンが密着しました!

130116genbaru2.JPG

★ 防災キッズに学べ!

「子ども防災マップ」とは、災害の時危険と思われる場所を、子どもの目線で探して反映させた地図のこと。作るのは、小中学生10人ほどでなる”防災キッズ”たちです。げんばるマンこと、はんにゃの川島章良(かわしまあきよし)さんと金田哲(かなださとし)さんが子どもたちを見つけてあいさつすると、みんな元気にあいさつをかえしてくれました。そして田んぼやがけなどの危険な場所を次々と案内してくれました。げんばるマンの2人は防災キッズたちと、そこがどのように危険なのか話し合ったり、「はんにゃだ!」と近づいてくる子に声をかけたりして、子どもたちと積極的にふれあっていました。

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

復興支援ソング「花は咲く」ミュージックビデオを、中高生から募集!(5/31必着)


130115ncon1.jpg

NHK杯全国放送コンテスト は、平成25年に中学校が30回、高校が60回の記念大会を迎えます。その記念事業の一環として、NHKが東日本大震災の被災地復興を応援するテーマソングとして制作した55秒の「花は咲く」ミュージックビデオを中高生から募集します。「花は咲く」の曲をBGMとして、その曲から連想される被災地への想いや復興への希望などを中高生ならではの感性で映像化してください!

第30回NHK杯全国中学校放送コンテスト 第60回NHK杯全国高校放送コンテスト 記念事業   復興支援ソング「花は咲く」~中高生が制作するミュージックビデオ~
[応募期間]平成25年1月15日(火)~25年5月31日(金)必着

※「中学校の部」・「高等学校の部」それぞれに入賞作品を選び、NHKの放送・イベント・ホームページなどで紹介します。
※ 楽曲を使用する際の著作権使用料は、NHK厚生文化事業団を通じて被災地への義援金として送られます。

応募要項など、詳細は NコンWEB をご覧ください。
 「花は咲く」については、特設ホームページ をご覧ください(歌詞とメロディをご紹介。一部をお聴きいただけます)。

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:おしらせ | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

BS1スペシャル マイケル・サンデルの白熱教室「15歳の君たちと学校のことを考える」 (1/18)


131110hakunetu1.jpg

ハーバード白熱教室 でおなじみのマイケル・サンデル教授が来日し、いじめ問題について中学生に授業を行います。15歳の君たちと学校のことを考える では、その白熱した授業の様子を伝えます。

授業に参加するのは、東京近郊の中学に通う、35人の中学3年生。サンデル教授は彼らに、次々と問いを投げかけます。
「君の教室でいじめが行われています。いじめに加わらなければ今度は君がいじめのターゲットになります。君はならどうしますか?」
「いじめにあったことを親や教師に相談できますか?」
「いじめへの厳罰をどう考えますか?」「もし君が校長先生になったらどんな学校にしたいですか?」・・・。
簡単には答えの出せない難問に、真剣に向き合う中学生たち。スタジオには、過去いじめ経験のあったタレントや教師経験者なども参加し、多角的な議論を展開していきます。

出演は、俳優の冨士眞奈美さん、タレントの中川翔子さん、元プロボクサーの内藤大助さん、漫画家の江川達也さん。そして元中学校校長の藤原和博さんと、現役の高校校長の中原徹さんです。

131110hakunetu2.jpg

BS1スペシャル マイケル・サンデル白熱教室 「15歳の君たちと学校のことを考える」
< BS1  18(金)午後11:00~19(土)午前0:50 >
※ 途中ニュースで、午後11:50から10分間の中断あり

 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ざわざわ森のがんこちゃん「がんこちゃんのはつゆめ」 (1/11ほか)


130110ganko.jpg

ある日がんこちゃんは、お母さんが焼いたサボテンパンを届けるため、ツムちゃんの家に向かいます。代わりにツムちゃんのお母さんから、花火草を受け取る約束です。
途中でカッパのラッパーに出会い、パンをくれたら代わりに自分の髪の毛を1本あげると言われます。なんでもそれを枕の下に置いて寝ると、いい夢が見られるのだとか・・・。がんこちゃんは迷いますが、ラッパーはがんこちゃんに強引に髪の毛を渡して、パンを全部持って行ってしまいます。

ラッパーからもらった髪の毛を手に、どんなステキな夢がみられるのか想像をふくらませるがんこちゃん。でも頼まれ事をしていないことが、お父さんやお母さんにばれそうになって・・・。

今回のねらいは「うそをついたりごまかしたりしないで、すなおにのびのびと生活する」です。

130110ganko2.jpg

ざわざわ森のがんこちゃん 「がんこちゃんのはつゆめ」
< Eテレ 11(金) 午前9:00~9:15 >
< Eテレ 18(金) 午前9:00~9:15 > (再)

 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

できたできたできた「日本のごはん」 (1/9ほか)


130109dekita1.jpg

できた できたできた〈家庭・社会生活編〉 第16回は、家庭でのごはんの食べ方について学びます。

おばあちゃんの家で食事をとろうとしているガッツ王子。おばあちゃんはひすいちゃんと料理を運んできて、ガッツ王子とりお君に「おぜん立てをしておいてね」と頼みます。でも王子は何のことだかわかりません・・・。
「おぜん立て」とはお茶わんやおはしを定位置に並べること。ごはんやみそしるなどの食べ物の並べ方も決まっているのです。番組ではそれぞれの位置をうたにあわせて、わかりやすく伝えます。
番組ではほかにも「三かくたべ」など、ごはんを気持ちよく食べる日本ならではの知恵を紹介します。

130109dekita2.jpg

「はなまる探検隊」のコーナーでは、茶わん作りに挑戦します。土を練って、ろくろを回して・・。初めての陶芸に四苦八苦する探検隊。どんな茶わんができあがるのでしょうか?

130109dekita3.jpg

できたできたできた〈家庭・社会生活編〉  「日本のごはん」
< Eテレ 9(水) 午前 9:00~9:10 >
< Eテレ 16(水) 午前 9:00~9:10  > (再)
 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:06:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

大科学実験SPECIAL~もっと!やってみなくちゃわからない~ (1/10)


130106daikagaku1.jpg

スケールの大きな実験で自然の法則を検証する 大科学実験 。10(木)に放送する 大科学実験SPECIAL では、これまでの大実験からよりすぐりの場面を振り返るとともに、スタジオの出演者たちが実際に大実験に挑戦します!
出演は、恵俊彰さん、坂下千里子さん、中村昌也さん、スリムクラブの真栄田賢さんと内間政成さん、SUPER☆GIRLSの八坂沙織さんと志村理佳さんと宮崎理奈さん。そして東京大学先端科学技術研究センターの西成活裕教授です。

挑戦その1。スタジオに設けられた全長40メートルのミニゴルフコース。途中には4個の鉄球が並んで置かれています。出演者は直径2センチの鉄球を打って、思いっきり4個の鉄球にぶつけます。はたして、鉄球はどう動くのでしょうか?さらに、「ネオジム磁石」という世界最強の磁石で作った鉄球も登場。これを4個の鉄球にぶつけると・・・?

130104daikagaku2.jpg

挑戦その2。水が詰まった高さ3メートルの筒の中に1個の指輪が!実はこの指輪、千里子さんのもの。出演者たちは、筒のフタを開けることなく、指輪を取り出すことを求められます。不可能にも思える指令に途方に暮れる出演者たち。はたして科学の原理を生かして、指輪を取り出すことができるのでしょうか?

130104daikagaku3.jpg

実験の結果にスタジオは驚きの連続!!番組のコンセプトである「やってみなくちゃわからない!」の精神で、実験の楽しさと科学の不思議を実感していきます。

さらに、視聴者から寄せられた「教室の空気の重さはどれくらい?」「貧乏ゆすりで発電できるのか?」という素朴な疑問に応えて、実際に行った大実験の様子なども紹介します。はたして実験の結果は?

大科学実験SPECIAL~もっと!やってみなくちゃわからない~
< 総合 10(木)午後8:00~8:43 >

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

社会のトビラ「これからの情報社会」 (1/9ほか)


130107tobira.jpg

社会のトビラ 第16回は、暮らしを支える“情報”について学びます。

番組ではまず、東京都新宿区立四谷小学校の様子を紹介。「政治のしくみ」について学ぶ6年生の社会科の授業。各教室におかれたノート型パソコンを使って、グループごとに意見をつぶやいたり、書き込んだりします。みんなの意見は、リアルタイムでそれぞれのパソコン画面やホワイトボードに映し出されます。子どもたちはみんなの意見を参考にしながら、自分の考えを深めていきます。

次に紹介するのは、長野県安曇野市を走るちょっと不思議なバス「あづみん」。このバスはなんと、利用者が乗りたいところから降りたいところまで運んでくれるバスなのです!利用者は「乗りたい日時・乗り降りしたい場所」などの“情報”を電話で伝えます。受付センターのオペレーターはそうした情報をソフトに入力、利用者の体調や道路状況なども考慮しながら、ルートを決定。運転手に伝えます。利用者がバスの時刻表にあわせるのではなく、利用者にバスがあわせるこのシステムは「デマンド型バス」と呼ばれ、地域の暮らしを守る交通システムとして全国に広がりつつあります。

130107tobira2.jpg 130107tobira3.jpg

情報を生かして一人ひとりの声を生かしていく取り組みを伝えながら、これからの社会のあり方を考えていきます。

社会のトビラ 「これからの情報社会」
< Eテレ  9(水) 午前9:30~9:40 >
< Eテレ 16(水) 午前9:30~9:40 > (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

おはなしの旅 (1/9~18)


130109tabi.jpg

「おはなしの旅」は、古今東西の名作を朗読やドラマで伝える国語関連の番組です。

【ラジオ第2放送】

★ おはなしの旅 (小学校低学年)

1/9(水) 午前 9:30~9:45
1/16(水) 午前 9:30~9:45

「しあわせハンス」
作:グリム
声の出演:若山弦蔵

まじめに奉公を終えたハンスは、報酬として主人から大きな金の塊を受け取ります。ハンスは家に帰る途中、馬に乗った人と出会って金を馬と取りかえます。さらに、馬を牛に、牛を豚にと取りかえていって・・・。

★ おはなしの旅 (小学校中学年)

1/10 (木) 午前 9:30~9:45
1/17 (木) 午前 9:30~9:45

「妖精たち」
作:ペロー
声の出演:篠田三郎

いじわるな母と姉からひどい扱いを受けている妹。ある日いつものように泉に水をくみに行くと、貧しそうな女の人に出会います。妹が優しくしてあげると、不思議なことが起こります。

★ おはなしの旅 (小学校高学年)

1/11(金) 午前 9:30~9:45
1/18(金) 午前 9:30~9:45

「ある母親の話」
作:アンデルセン
声の出演:奈良岡朋子

一人の母親と、重い病気の子どもがいました。ある日二人のもとに死神が訪れ子どもを連れ去ってしまいます。母親は子どもを取り返すため、自分のすべてを差し出しながら死神を追います。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

メディアのめ「伝わる!上手なメールの書き方」 (1/7ほか)


130102media1.jpg

メディアのめ 第16回のテーマは、メールの書き方です。
ケーキを買ってきた泰我 (たいが)くんは、池上さんに「一緒にケーキを食べませんか?」とメールを送ります。「いいよ」という返事が来たので楽しみに待っていると、池上さんがやってきて「あれは“いらない”という意味だったんだよ」・・・。電話や手紙に比べて気軽に送れるメールですが、お互いの意図が正確に伝わらないこともあるようです。

そこで今回は、ビジネスマンにメールの書き方を教えている平野友朗(ともあき)さんに、実際にあったちょっと問題ありのメールを例に、どこがだめなのか、どう直したらいいのかを解説してもらいます。
また、メールを送ったらすぐ返事を求める“即レス”の問題も取り上げ、相手の状況を思いやってメールを送ることの大切さを学びます。

130102media3.jpg 130102media2.jpg

メディアのめ  「伝わる!上手なメールの書き方」
< Eテレ 1/7(月) 午前9:25~9:35  >
< Eテレ 12(土) 午前6:35~6:45  > (再)
< Eテレ 19(土) 午前6:35~6:45  > (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲