デジタル教材情報

2017年12月13日 (水)動画クリップ活用授業 まずはここから!「動画クリップ セレクション100 小学校理科編」が公開されました!


20171212clip1.jpg

NHK for Schoolサイトで配信している動画クリップは約7000本あります。その中から小学校理科の学習指導要領に即して厳選したコーナーが動画クリップ  セレクション100 小学校理科編です。

学年ごと、単元ごとにまとめられているので、選びやすく、すぐ授業に活用できます。また、利用するのにおすすめのタイミングを示す「利用場面タグ」が、以下のようについています。
導入…単元の冒頭できっかけとして
発問…疑問をもとに興味関心を引き起こすきっかけとして
予想…予想する事象の提示や予想の手がかりとして
準備…実験や観察の方法の提示や調べ方を考えるために
分析…予想を確かめる実験や観察映像から結論を考えるために
まとめ…知識定着のために
発展…生活の中での活用場面や発展的内容

例えば「小学校5年生」の「 振り子の運動」で、「おもりの重さや糸の長さと振り子 」を選ぶと

20171212clip2.png

20171212clip3.jpg

上記の6本のクリップが出てきます。
その中から「発問」・「予想」用として「ミニチュアブランコのふれ方」を使い、「分析」用として「ふりこの往復する時間とおもりの重さ」などを見せ、「発展」用として「ふりこ時計」の映像を出す…というように授業デザインが自由自在です。
動画クリップには、教室では見られない映像や早回し・スローモーションなどの特撮映像、比較映像、クラスで共有するための実験/観察結果の映像が収録されています。授業の場面に合わせて動画クリップを取り入れると、子どもたちを深い学びに導く一助となるでしょう。

また、単元ごとにまるごとプレイリストへ登録することもできます。ちょっとした時間にプレイリストに登録しておいて、後からじっくりと授業プランを練ることもでき、そのプレイリストを教室で子どもたちと共有することも可能です。ぜひご活用ください!

動画クリップ セレクション100 小学校理科編
※クリックするとページへとびます。

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:15:41 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年11月10日 (金)NHK for School 公式アプリ「一括導入用パッケージ」の検証にご参加ください!


20171110matuse5.jpg 

自治体・学校単位で公式アプリを導入する際に役立つ「ウィンドウズ10版公式アプリの一括導入用パッケージ」をご案内します。

文部科学省の「学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議」が、2017年8月に「最終まとめ」を公表しました。そこでは、学校に配置すべき「学習者用コンピュータ(児童生徒用)」の台数について、以下のように言及されています。

最終的には「1人1台専用」が望ましいが、当面(の最低ラインとして)、3クラスに1クラス分程度の配置を想定することが適当

文科省による平成28年3月調査結果の「6.2人に1台」のおよそ2倍にあたる台数です。
このような流れを受けて、学校では今後よりいっそう、児童生徒用コンピューターの整備が進められていくことでしょう。

NHK for School は、ウェブサイトに加え、児童・生徒用コンピューターでの動画視聴により適したアプリも提供しています。このアプリでは、ウェブサイトで配信している動画(番組約2000本、動画クリップ約7000本)はもちろん全て視聴できます。

20171110matuse6.PNG

20171110matuse8.PNG

20171110matuse9.PNG

さらに、タブレットや2in1型PCなどのタッチパネル操作に対応していたり、動画のプレイリストを先生や友だちと共有できたりするなど、授業で動画を見る活動が主体的・対話的なものになるような仕掛けが施されています。対応する端末は、iOS、アンドロイド、ウィンドウズ10の各OSです。各社のアプリストアから無料でインストールいただけます。

しかしながら、ウィンドウズ10の場合、アプリストアからできる1台ずつのインストールしていたのでは、学校現場で求められる数百〜数万台単位への導入は現実的ではありませんでした。
そこでNHK for Schoolはいくつかの自治体に参画いただき、一括導入の方法について検証を行う「先行トライアル」を実施してきました。大阪市では、市内小中学校の2万台を超えるパソコンに対し、市のセンターから遠隔操作で導入(インストール)していただくことができました。

20171110matuse4.jpg

今後は、さらにこの「ウィンドウズ10版公式アプリの一括導入用パッケージ」の検証を広げていきますので、参画自治体・教育委員会を募集します!

学習者用コンピューターの追加配備や入替えを検討中の自治体・教育委員会のみなさんはぜひご検討の上、以下の問い合わせフォームよりお申し込みください。

NHK オンラインふれあいセンター 問い合わせフォームアドレス(クリックしてください)

★このタイトルでお願いします→ 「NHK for School 公式アプリの一括導入」

★本文に以下の情報を含めて下さるようお願いします。
・地域名
・担当者 連絡先

・ネットワーク管理事業者
・担当者 連絡先

・端末のタイプ (デスクトップ、ノート、2in1、タブレット 他)
・OSバージョン
・導入規模

ご連絡いただきましたら後日、担当者からご連絡を差し上げます。

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:16:00 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年06月23日 (金)「メタモル探偵団」の"おっちゃん"(市川力さん)にインタビュー!


170623meta4.JPG

NHK for School では、子どもが自ら取り組んで楽しめるコンテンツを集めた〈放課後モード〉を、今年4月からスタートしました。
この放課後モードコンテンツのひとつ、すくどう小学校放課後クラブ メタモル探偵団  は、すくどう小学校のキャラクターと現実の子どもたちが、「おっちゃん」とともに探究的な活動に取り組む様子を描くマンガスタイルのコンテンツです。
登場人物「おっちゃん」であり、ブレーン・監修も務めている市川力(いちかわ・ちから)さんにお話を聞きました。

★ 子どもとおっちゃんで、この世の謎に挑む!

――「メタモル探偵団」とは、NHK for School 内の架空の小学校「すくどう小学校」で放課後に行われているクラブ活動という設定ですね。

はい。もともといる「すくどう小学校」のマンガのキャラクターたちと、現実の小学生の子どもたち3~4人と、「おっちゃん」こと私が、放課後にこども探偵団を結成して、NHK for Schoolの動画クリップも利用しながら、いろいろな謎に探究的に挑んでいく、という設定です。
これは、放課後の活動であるところがポイントなんです。私は、子どもの学びを支える好奇心は、通常の授業以外のところで起こることもあると考えています。そこをもっと豊かにできたらいいなと思っていたので、このお話をいただいた時はとてもうれしかったです。

――「メタモル探偵団」のメンバーに、大人が入っているのはなぜですか?

NHK for Schoolのコンテンツは、学校で見るのはもちろん、放課後に家庭でも楽しめるものです。理想を言えば、これを見て遊びのひとつにしてほしい。でもいきなり「子どもだけでやってみなさい」と言っても難しいでしょうから、私も含めた探偵団というスタイルにしました。

おっちゃんは、親でも地域の人でも学校の先生でもない、子どもの放課後の遊びと学びを支える大人のイメージです。正解を知っていて教えるのではなく、一緒になって本気で謎を解こうとする。だから、子どもたちが「言いたいことを言っていいんだ」と思える雰囲気が生まれるのです。子どもにとっては放課後、大人にとっては仕事外、ともに遊びながら学び合う姿を具体的に示せれば、とも思っています。

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:14:00 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年05月25日 (木)小学校理科専科の先生が語る!新コンテンツ「りかまっぷ」のおすすめ活用法


170525rika1.jpg

NHK for School に、新コンテンツ りかまっぷ が登場しました!
りかまっぷ は、小学校理科・中学校理科の学習指導要領をテキスト解析し、学習項目どうしのつながりを構造化・可視化したものです。
早速、筑波大学附属小学校の辻健(たけし)先生が「子どもの学びにたいへん役立ちます!」という声を寄せてくださいました。りかまっぷ は、先生の立場から見てどう役に立つのでしょうか。辻先生に詳しくお話を伺いました。

★ まず、まっぷ全体を眺めてみましょう!

――辻先生は小学校で理科を専門的に教えていらっしゃいますね。理科の先生から見て、りかまっぷのどんなところが役立つと感じたのですか?

まず、まっぷ全体のデザインにぐっと来ましたね。まっぷ上には空や山などが描かれていて、その上にさまざまなカプセルが散りばめられています。よく見るとその一つ一つに、小・中学校で学ぶ理科のテーマが描かれています。
これを眺めていると、「台所にこんなにカプセルがある。台所って理科が関係しているんだな」といったように、自分の生活と理科を結びつけることができます。私はいつも、理科は教室の中で勉強するだけでなく、それを生活に結びつけるようにしたいと思っているので、いいなと感じました。
そして、いろいろな学年のカプセルがごちゃまぜになって散らばっていることで、学年の壁を越えて理科をとらえることができるのもいいですね。

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:17:00 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年05月17日 (水)「しぜんとあそぼ」よりすぐりの25本を公開中!


170518sizen.jpg

NHK forSchoolのホームページで、幼児に人気のある しぜんとあそぼ をいつでも見られるようになりました!

しぜんとあそぼ は、身近な生きものの生態をじっくり見ていくことで、自然の不思議や命の輝きを感じてもらう番組です。自然と縁遠くなったといわれる子どもたちに、生きものに共感する、優しい心がはぐくまれることをねらいとしています。

NHK forSchoolでは、しぜんとあそぼセレクション として、これまでに放送した番組の中から厳選した、「つる」(写真)「くまのみ」「うま」など25本の公開を始めました。

見たいときにいつでも番組を丸ごと見られるので、とても便利です。幼稚園保育所で、学校で、ご家庭で、子どもたちと一緒にぜひお楽しみください!


しぜんとあそぼセレクション

しぜんとあそぼ
〈Eテレ 火曜日 午後3:45~4:00 〉
〈Eテレ 金曜日 午前10:00~10:15 〉 ※ミミクリーズと隔週で放送するため、ラインナップは異なります。

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:16:00 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年05月12日 (金)「こどもにんぎょう劇場セレクション」よりすぐりの10本を公開中!


170512nin1.jpg

NHK forSchoolのホームページで、なつかしい人形劇をいつでも見られるようになりました!

こどもにんぎょう劇場 は、古今東西の昔話や名作などを、人形劇で紹介する番組です。子どもたちの豊かな感性と、すこやかな想像力を育てることをねらいとしています。
NHK forSchoolでは、これまでに こどもにんぎょう劇場 で放送したものの中からセレクトして、「こどもにんぎょう劇場セレクション」として公開しています。

現在公開しているのは、「てんぐのかくれみの」(写真)、「賢者のおくりもの」「たのきゅう」「タイムマシンのぼうけん」「かたあしだちょうのエルフ」「ハーメルンのふえふき男」「三枚のお札」「ねずみのすもう」「くもの糸」「ないたあかおに」の10本です。

見たいときにいつでも丸ごと見られるので、とても便利です。幼稚園保育所で、学校で、ご家庭で、子どもたちと一緒にぜひお楽しみください!


こどもにんぎょう劇場セレクション

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:40 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年05月01日 (月)リニューアルした「NHK for School ポータルサイト」、もう使いましたか?


170501po1.jpg

NHK for School のポータルサイト が、4月からデザインを一新しました!大きく変わったポイントを2つお伝えしましょう。

 

1 トップページ(ホーム)が、2つのモードに切り替わります!

NHK for School のポータルサイトの右上に、〈学校モード〉〈放課後モード〉という切り替えスイッチがあることに気づきましたか?

 170501po2.jpg

太陽マークの〈学校モード〉では、授業での利用におすすめのコンテンツが、
月マークの〈放課後モード〉では、家で子どもたちが楽しめるコンテンツが、トップページ(ホーム)に並びます。
アクセスする時間帯に応じて自動的に切り替わる仕組みになっていて、9:00~16:00は〈学校モード〉、16:00~翌朝9:00は〈放課後モード〉になります。
時刻に関係なく、切り替えスイッチでお好みのモード画面に切替・固定することもできます。2つのモードをお楽しみください。

 

2 あなた専用のプレイリストを作成、みんなと共有できます!

【あなた専用のプレイリストを作成できる!】
プレイリストとは、後で見せたい/見たい動画をリスト化しておける機能です。公式アプリでは先行して備えていた機能です。

NHK for Schoolでは、9000本以上の番組や動画クリップを配信していますが、その中の動画を再生すると、「りれき」に追加され、あなただけのプレイリストを作ることができます。動画の順番は自由に入れ替えることができます。

 170501po3.jpg

 

例えば、授業で子どもたちに一斉に見せたい動画が何本かある時。先生のPCで事前に動画をプレイリストにしておくと、提示したいタイミングですぐに呼び出して見せることができます。
授業中に動画を探す手間がなくなり、その時間が有効に使えます。

【ほかの人とプレイリストを共有できる!】

自分が作ったプレイリストを公開し、ほかのPCやスマートフォン、タブレットから読み込んで共有することができます!
例えば、子どもたちが1人1台タブレットを持っている時、子どもたちのタブレットにあらかじめプレイリストを設定しておくのは、とても面倒な作業になります。
そこで役に立つのが、プレイリストを公開する/もらう 機能による共有です。
先生が自分で作ったプレイリストを、他のタブレットやスマートフォンから読み込むことができるのです。
プレイリストを公開すると、何桁かの数字(公開番号)が発行されます。

子どもたちのタブレットで
プレイリストメニューから
「ともだち・せんせいのプレイリストをもらう」を選択して
「もらうプレイリストのばんごうを入れてね」の入力欄に、先ほどの公開番号を打ち込めば、先生が作ったプレイリストが一瞬で子どもたちのタブレットに入ります。
これで、子どもたちが授業と関係ない動画を見て、活動時間が長引いてしまうといったお悩みを解決します。

もちろん、先生どうしでプレイリストを共有することもできます。
「ぼくはこの単元の授業で、この動画をこの順番で見せたよ」といった感じで、同僚の先生に動画活用法を紹介することも。

新しくなったNHK for School、活用のしかたはあなたしだいです。周りの先生とも情報交換して、ぜひ使ってみてくださいね。


NHK for School ポータルサイト

※ プレイリストの公開番号は発行から3日間有効です。期間が過ぎると使えなくなります。

※ 改めて公開すると違う番号が発行されますので、ご注意ください。

※ 動画そのものは、パソコンにはダウンロードされません。

 

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:12:15 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年04月24日 (月)「しまった!」番組 ホームページに、新コーナーが誕生!


170424motto.jpg

新年度、しまった!~情報活用スキルアップ~ に新しいコンテンツが誕生しました!しまった!は、調べ活動や協働学習などで役に立つ「情報活用スキル」を学べる番組です。「しまった!」というタイトルには、子どもたちがつまずいたり、失敗したりした時にあげる「しまった!」という声に加え、「し(しらべて) ま(まとめて) つた(伝える)」という意味がこめられています。

番組で、情報活用スキルを身につけようと悪戦苦闘する子どもたちを導くのは、“あらゆる情報活用のスキルを体得している”デーモン閣下です。
アーティスト活動を中心に幅広く活躍している閣下は、コンサートでトークをしたり、番組でインタビュアーやコメンテーターを務めたりといったさまざまな場面で、情報活用能力を駆使しています。

そんな閣下の、番組で伝えきれなかったワザをまとめて紹介しちゃおう!というのが、番組ホームページの新コーナー もっと教えて閣下! です。
このコーナーは、担当ディレクターがそれぞれの回のスキルについて閣下にアンケートを取っていたものの、番組内では紹介しきれなくて、「子どもたちにも教えてあげたい!」「オトナが知っていてもいい話だな」など、もったいないなぁーと思っていたところから生まれました。

このコーナーでは、〈インタビュー〉〈写真撮影〉など、番組で紹介した「調べる」「まとめる」「伝える」際に必要なスキルについて、閣下が駆使している技やこころがけている事などを、Q&A形式で紹介しています。
10万年間もの経験で培い、磨き上げたという閣下のワザの数々を、ぜひご覧ください。きっと総合的な学習の時間のほか、社会科、理科、国語など、さらには日常生活の(!?) さまざまな場面での指導で役に立つはずです。


しまった!「もっと教えて閣下!」コーナー

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:20 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年03月09日 (木)新番組「JAPANGLE」の予告動画を公開中!


170308ja.jpg

JAPANGLE(ジャパングル)  は、NHK初の4K子ども番組シリーズで、日本のすばらしさを発見していくEテレの番組です。NHK for Schoolでは、このJAPANGLEの予告動画を配信中です(「JAPANGLE」予告動画は こちら )。英語版は、NHKワールドTVで海外に向けても放送される予定です。

番組のナビゲーターを務めるのは、人形キャラクターのアロー教授(声:笹野高史さん)とベクター助手(声:杏さん)。2人は「JAPANGLE」という本を完成させるべく、日本を調査しています。そして毎回「すし」「トイレ」「マンガ」など1つのトピックに注目し、それを4つのアングル(〈デザイン〉〈ヒストリー〉〈テクニック〉〈スピリット〉)で観察していきます。
第1回放送の「公衆トイレ」では・・・
〈デザイン・アングル〉は、便器の種類やアルコール除菌装置などの「おもてなしのデザイン」を紹介。
〈ヒストリー・アングル〉は、同僚300人の肛門の位置を調査し、お尻をやけどしてまで開発に励んだ技術者たちのエピソードを紹介します。
〈テクニック・アングル〉は、日本で発明された「最新の洗浄技術」が、どうやって「節水」と「掃除のしやすさ」の両方を実現させたかを解説します。
〈スピリット・アングル〉は、「世界一清潔な空港」と言われる羽田空港で、カリスマ清掃員として名をはせるある女性の、技と思いに迫ります。

総合指導にグラフィックデザイナーの佐藤卓さん、映像監修に映像作家の菱川勢一さん、音楽にコーネリアスさんという、一流のデザイナーやクリエーターを迎えて制作した映像を、一足早くお楽しみください。

 

JAPANGLE (小学4~6年生・中学生向け、総合的な学習の時間)
〈Eテレ  27(月)~30(木) 午前9:30~9:50〉 
27(月) 第1回 「公衆トイレ」
28(火) 第2回 「マンガ」
29(水)  第3回 「すし」
30(木) 第4回 「駅」
※詳しい番組の内容は、このブログで近日中にご紹介する予定です!

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:30 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年02月06日 (月)「すくどう」 に曲を提供した、青葉市子さんにインタビュー!


170206sc1.jpg

NHK for School の動画特集ページ すくどう(=スクール動画アイランド) 。
6(月)の特集 「Music for 冬の星座」 では、3組のアーティスト〈杏窪彌(あんあみん)さん、王舟(おうしゅう)さん、青葉市子さん〉が、星の動画クリップに曲を作ってくれました!
その中で、「ほっきょくせい」という曲を作った青葉市子さんに、お話を伺いました。

ーー「ほっきょくせい」は、満点の星空をながめながら聴きたい、ロマンチックな曲ですね。

ありがとうございます。この曲は、クラシックギター、クラリネット、アルトホルン、ガムランボールといった楽器で演奏しました。あと、よく天井からぶらさがっている貝殻のオーナメントを揺らして、星が流れるようなシャラランという音を出しました。夜空にキラキラとまたたく星を思い浮かべてもらえたらうれしいです。

ーーこの曲では、2分20秒たらずの中に、北極星に関するいろいろな情報が入っています。

曲を作るときに「すくどう」の担当者から、「北斗七星」とか「ひしゃくの先」といったキーワードを入れてほしいと言われました。それを織り込みつつ、北極星とはどんな星なのかということを少ない歌詞に凝縮するのは、ある意味挑戦でした。
さらに、私の見方も入れたいと思いました。それが最後の「地球は何色に光っていますか」という部分です。そこまでの歌詞は、地球にいる私たちの視点で北極星を見ているのですが、最後の「地球は何色に光っていますか」という歌詞で、北極星から地球を見る視点にコロッと変わります。そこを楽しんでもらえたらと思います。
学校の授業では、北極星はいつも真北の方角で輝いていて、私たちに北の方向を教えてくれるんだよといった知識は教えてくれますが、そこから先は想像力を働かせて、自分なりの視点で星をみるのもステキなことだと思います。

――北極星について、興味を持たれたようですね。

今回の仕事で、北極星のことをいろいろ調べました。その中で、現在の北極星はこぐま座α星のポラリスだけど、2000年周期で別の星に移り変わると知って、感動しました。このことを、ぜひ曲にしてみたいです。もう少し時間があったら「ほっきょくせい」の2番として作りたかったな。
この「ほっきょくせい」はお気に入りの曲なので、私のライブでも演奏してみたいです。

ロマンチックでためになる、「ほっきょくせい」のクリップ。青葉さんと一緒に、神秘的な星空の世界を楽しんでみませんか?

 

すくどう 「Music for 冬の星座」

 170206sc2.png

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:15:50 | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック(0)

2017年01月20日 (金)ch.18 シリーズ「シケセン」で、国会議員の一日の動きを紹介!


170120shi2.png

ch.18(チャンネルじゅーはち)  は、18歳の視点を通して、社会の動きを、18歳に伝わるように紹介するサイトです。

シリーズ 「シケセン (試験に出る?選挙) 」 では、実際に出された入試問題を引用しながら、学校のテストや入試で役に立つような知識を伝えています。

今週更新した最新号のテーマは、「国会議員の一日」です。
政治家といえば、テレビでは国会でヤジをとばす姿などを見かけますが、実際にどんな仕事をしているのか、ピンとこない人が多いのではないでしょうか。
そこで今回は、架空の若手国会議員“若者党 衆議院議員 さわやか太郎” さんに、女子高生がインタビューする形で、国会議員の一日の様子を紹介していきます。

さわやかさんは、まず午前7時に宿舎を出発。8時に党の政策審議会に参加します。そして9:00には衆議院委員会に出席し、国会に提出された法案などについて議論します。お昼は地元の支援者に国会を案内しながら食堂でランチをとります・・・。記事ではこうしたさわやかさんの1日の動きを、イラストや写真を交えて紹介していきます。

みなさんは、さわやかさんの一日の様子についてどんな感想を持つでしょうか?ぜひTwitterやFacebookなどで投稿してください。いま18歳の人だけでなく、気分はまだまだ18歳というみなさんも大歓迎です。投稿をお待ちしています♪


ch.18

【 「シケセン (試験に出る?選挙) 」 ラインナップ (全10回予定) 】
 <基本的に毎週木曜日に記事を掲載する予定。記事の内容は変更する場合があります>

第1回 「今さらだけど・・・なんで『18歳選挙』?」 
第2回 「気になる!政治家のお財布事情」
第3回 「のぞいてみよう!国会議員の一日」 ※現在掲載中!
第4回 「そもそも、選挙ってなんだ?」
第5回 「不思議!選挙制度のマジック」
第6・7回 「選挙で振り返る戦後の日本 (2回シリーズ)」
第8・9回 「業界用語で知る、リアル選挙 (2回シリーズ)」
第10回 「投票・開票あるある」
 

 

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:12:20 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2017年01月06日 (金)ch.18で、新シリーズ「シケセン(試験に出る?選挙)」がスタート!


170106si.jpg

2016年の夏から、選挙権年齢が20歳以上から18歳以上 に引き下げられました。そこでNHKでは18歳の視点でいろいろな声を発信するサイト ch.18(チャンネルじゅーはち)  を立ち上げました。編集部は、17歳~19歳の男女。若者ならではの感性で、知っておきたい「選挙」の知識をわかりやすく伝えていきます。なんとなく近寄りがたい「選挙」のイメージを打破するコンテンツとして、注目を集めています。

ch.18 では、1月から新しく 「シケセン (試験に出る?選挙) 」 というシリーズを開始しました!NHK「選挙プロジェクト」の記者が、“選挙初心者”である18歳が抱く、選挙や政治についての素朴なギモンにやさし~く答え、解説するという内容です。選挙の仕組みから歴史まで、実際に出された入試問題を引用しながら、すぐ使える知識を伝授していきます。楽しく読めてタメになって、さらに大学受験にも役立ちますよ!

【  「シケセン (試験に出る?選挙) 」 ラインナップ (全10回予定)  】
 <基本的に毎週木曜日に記事を掲載する予定。記事の内容は変更する場合があります>
       
第1回 「今さらだけど・・・なんで『18歳選挙』?」 ※現在掲載中!
第2回 「政治家のお財布をのぞいてみよう」
第3回 「ドキュメント!政治家の一日」
第4回 「そもそも、選挙ってなんだ?」
第5回 「不思議!選挙制度のマジック」
第6・7回 「選挙で振り返る戦後の日本 (2回シリーズ)」
第8・9回 「業界用語で知る、リアル選挙 (2回シリーズ)」
第10回 「投票・開票あるある」
 

記事を読んで自分の意見を投稿したくなったら、TwitterやFacebookなどで投稿してください。いま18歳の人や、もうすぐ18歳になる人だけでなく、気分はまだまだ18歳というみなさんも、投稿をお待ちしています♪


ch.18

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:11:00 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2016年11月21日 (月)「すくどう」3組のアーティストがどんぐりの音楽を提供♪


161122do1.png

NHK for School の動画特集ページ  すくどう(=スクール動画アイランド)  。

秋が深まり、公園などを散歩すると、さまざまな種類のどんぐりを見かけます。コロコロしていてかわいいどんぐりを、拾って集めたことがある人も多いのではないでしょうか?

今回の特集 「Music for どんぐり」 では、3組のアーティストが、どんぐりの動画クリップに新たに曲をつけました!

★ 1曲目は、蓮沼執太さんが作った 「クヌギのどんぐり」
どんぐりには1年でできるものと2年でできるものがあります。蓮沼さんは、2年かけて実となっていくクヌギのどんぐりの気持ちを、やわらかな曲調で歌い上げます。インドの打楽器タブラの音色が、優しい雰囲気を醸し出します。

161122do2.png

 

★ 2曲目は、‘その他の短編ズ’による 「どんぐりって実なの?種なの?」
どんぐりって実なのか、種なのか・・・。たしかに、考えれば考えるほどわからなくなりますね。その他の短編ズさんは、そんなどんぐりの謎(!)が気になって、頭の中がぐるぐるする様子を歌にしました。「どんぐりって実なの?種なの?」というフレーズが頭から離れなる1曲です。

161122do3.png

 

★ 3曲目は八木類さん(チェコノーリパブリック)の 「ハイイロチョッキリだ!」
どんぐりと虫との関係をうたった歌。ハイイロチョッキリとは、あごでドングリに穴を開けて、そこに卵を産みつける虫の名前です。産卵が終わると枝をチョッキリ切り落とします。八木類さんの作った歌は軽快で、聴いていると思わず踊り出してしまいます。チビッコたちにもおすすめです♪

161122do5.png

 

秋のにおいが感じられるこの3曲。動画クリップとあわせて楽しんだら、歌を口ずさみながら秋を探しに出かけてみませんか?


すくどう 「Music for どんぐり」

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:13:00 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2016年09月01日 (木)みんなでプログラミングを楽しんじゃおう!「ワイワイプログラミング」


160901wai1.png

この8月、NHKforSchoolに新たなプログラミング・コミュニティーサイトが誕生しました!その名は ワイワイプログラミング」 。春休みと夏休みに放送した番組 Why!?プログラミング の兄弟ページです。

★ 番組を見たら、みんなでワイワイ楽しもう!

NHKの制作者は、プログラミングの学習を次の3つのステップで考えました。
① やり方を楽しく「知る」
② 自分のアイデアを「表現」し、作品を創る
③ 作品を公表して評価を受けたり、協働したりして「交流」する

番組 Why!?プログラミング では主に①を、ホームページ 「ワイワイプログラミング」 では、主に②と③をねらいとしています。番組を見て「プログラミングって面白そうだな」と興味を持ったら、「ワイワイプログラミング」 で自分の作品を創って投稿したり、ほかの人の作品で遊んだりしてみてください!
番組を入り口にして、プログラミングに挑戦してほしい。それをみんなでワイワイ楽しんでほしい・・・。「ワイワイプログラミング」には、制作者のそんな願いが込められています。

すでにオープンしている4つのコーナーをご紹介します!

【Why!?大喜利】

月ごとに決められたお題に応じた、みんなの作品を募集するコーナー。
9月のお題は「ハロウィンパレードに参加しよう!」です。オリジナルキャラクターを作って、ハロウィンパレードに参加しましょう!
基本となる素材は、Why!?プログラミング でおなじみのスクラッチ(Scratch)で用意されています。すぐれた作品は、編集部が作者にインタビューして顔写真とともに紹介しちゃいます!

160901wa2.png

 

【スクラッチをはじめよう】

「Why!?プログラミング」やこのサイトで主に扱っている、スクラッチの始め方を説明するコーナーです。
スクラッチとは、米国マサチューセッツ工科大学(MIT)が教育用に開発、公開している、小学生でも簡単にプログラミングができるソフト。
スクラッチを使って、みんなの作品で遊んだり、自分でオリジナルの作品を作ったりする方法が、わかりやすく説明されているので、まずはここから始めてみてください!

160901wa3.png

 

【動画でわかるスクラッチコマンド】

スクラッチでよく使われるコマンドと使用例を、動画で解説しています。
犬のキャラクターを「○歩動かす」といった初級編から、キャラクターを指定の位置へ移動させる中級編まで、現在は5本の動画を公開しています。また、目的から使用するコマンドを逆引きできるのも売り。数はこれからどんどん増やしていくので、スクラッチのコマンドで悩んだ時、なにか面白いコマンドがないものかと思った時には、ぜひお立ち寄りください。

160901wa4.png

 

【みんなのプログラム】

投稿していただいたスクラッチ作品の中から、よりすぐりのものを紹介しています!
アクションゲームや着せ替え人形ゲームなど、楽しいゲームがいっぱい!子どもが作ったものだけでなく、おばあちゃんがお孫さんのために作ったというゲームも公開していますよ。

ほかにも、さまざまな世界の第一線で活躍するプログラマーへのインタビューなど、楽しい内容を続々企画中です。プログラムに興味のある子どもだけでなく、大人も楽しめるサイトです。プログラミングをしてみたり、他の人の作品を遊んでみたり、ぜひ、ワイワイしてみてください!

160901wa5.png

 

ワイワイプログラミング

投稿者:解説委員 | 投稿時間:16:50 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2016年07月01日 (金)NHKデジタルアーカイブス「プレゼンテーションツール」


160701arc.png

NHKデジタルアーカイブス とは、NHKアーカイブスで保存している映像から、テーマ別に約1万5千本の映像クリップをご覧いただけるシステムです。会員になると、その豊富な映像クリップの中から、自分だけの再生リストが作れる 「プレゼンテーションツール」 を利用することができます!

★「プレゼンテーションツール」トップ画面で、検索バーに見たい映像のキーワードを入れると、「戦争証言アーカイブス」「みのがしなつかし」「クリエイティブ・ライブラリー」などが有する1万5千本の映像クリップから、映像がピックアップされます。

★あなたの「再生リストプレーヤー」に、再生したいクリップを登録することができます。リストの中から何本かを指定したり、順番を変更して再生することができます。
再生リストは自分のアカウントに保存することができ、100件まで保存できます。

★自分の再生リストのURLをメールなどで知らせ、友達と共有することができます。同僚の先生どうしで情報交換したり、子どもが作ったリストを先生に見てもらうなど、さまざまな形でご活用いただけます。

学校現場や研究の場などで、ぜひご活用ください!

「プレゼンテーションツール」 をご利用いただくには、NHKデジタルアーカイブス(NHKネットクラブ)  への登録が必要です。

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:20 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2016年06月09日 (木)NHK for School 公式アプリを使いこなそう 第1回 プレイリスト(1)


160609ap1.PNG

NHK for School 公式アプリ 制作チームのプロデューサーMです。

NHK for School 公式アプリ(iOS, Android対応版)を公開して、1か月あまり。みなさんご活用いただいてますでしょうか?

NHK for School 公式アプリは、ウェブサイトで配信中の動画を、タブレットやスマートフォンのタッチ操作で快適に見ていただけることを目指したシンプルなアプリです。

でも、ウェブブラウザとは異なるアプリならではの便利機能も備えていますので、それらの使いこなしのヒントを今後複数回にわたってご紹介していきたいと思います。

第1回は「プレイリスト」機能です。

■ 見せたい動画をすぐに呼び出せる

プレイリストは、後で見せたい/見たい動画をリスト化しておけるというものです。

ある授業においてみんなで一斉に見たい動画が何本かあるとします。先生のタブレットで事前にプレイリストにしておくと、授業の流れを止めることなく、提示したいタイミングですぐに呼び出して、見せることができます。

また、子どもたちがタブレットを持っていて、自分たちのタブレットで動画を見るというシーンでも、先生が作られたプレイリスト内の動画だけを見ましょう、ということにすれば、本時と全く無関係の動画に子どもたちがハマってしまい、活動時間がムダになるということも避けられます。

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:14:40 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2016年06月01日 (水)「未来広告ジャパン!」CM投稿がますますしやすくなりました!


160601mirai.jpg

小学校5年生向けの社会科番組 未来広告ジャパン! 
番組ではみなさんの作品を大募集しています!社会の学習で調べたこと、考えたこと、伝えたいことを、CMっぽくまとめて送ってください!

CMのスタイルは、4つ。動画で投稿する「テレビリポート風」と「テレビCM風」。静止画で投稿する「新聞・チラシ風」。音声を投稿する「ラジオ風」です。町の人にインタビューしたり、写真を撮ってかっこよくレイアウトしたり、効果音を添えたりと、子どもたちのアイデアを盛り込んだ、楽しいCMを作ってどんどん投稿してください!!

でも、初めはちょっとハードルが高いなあ・・・という人のために、「超かんたん!投稿システム」を設けました。例えば第1回〈日本の国土を調べよう〉を選ぶと、この回に関連する静止画が60枚提示されます。その中から好きな写真を選んで、コメント欄に言葉を打ち込みます。BGMとして、実際に番組で使っている音楽なども選べるようになっています。タイトルをつければ、あっという間にオリジナルのCMが完成しちゃいます!!

番組ホームページでは、これまでに寄せられた作品をたっぷり紹介しています。特にキラッと光っているCMには、番組から賞がおくられています。

CMづくりを経験した子どもたちからは、「面白かった!」「また作りたい!」との声が多数。 実際に2回、3回と投稿してくださった学校もありました。学習のまとめで、CMを作ってぜひ投稿してください。スタッフ一同お待ちしています!!


未来広告ジャパン! みんなの作品大募集!コーナー

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:15:40 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2016年05月25日 (水)「ざわざわ森のがんこちゃん」 過去の番組を続々公開!


160524ganko.jpg

新世代恐竜の女の子がんこちゃんが、仲間たちと珍騒動を繰り広げる ざわざわ森のがんこちゃん 。1996年に放送が始まって以来、多くの幼稚園や保育所、小学校で、道徳の教材として視聴され続けています。

今年はがんこちゃん放送開始20周年の、記念イヤー!そこで「すくどう」の よりぬきがんこちゃんコーナー では、これまで放送した200本以上の中から特に好評だった回を、動画でまるごと公開しています。2週間に2本ずつ増えていきますよ。

かつてがんこちゃんに親しんできた子たちも、そろそろ親になる世代・・・。ざわざわ森のがんこちゃん はこれからも、子どもにも大人にも愛される番組・コンテンツをお届けしていきます!

※がんこちゃん20周年特別企画は、ほかにも行う予定です。どうぞお楽しみに!!


よりぬきがんこちゃん

新・ざわざわ森のがんこちゃん
〈Eテレ金曜 午前9:00~9:10 〉
〈Eテレ金曜 午後3:30~4:00 〉(再)

えいごでがんこちゃん
〈Eテレ金曜 午前9:10~9:15 〉

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:30 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2016年05月18日 (水)「いじめを考えるキャンペーン」LINEの"おたすけスタンプ"、500万ダウンロード突破!


160518i.jpg

スマートフォンが普及してきた今。LINEで悪口などのトラブルが発生し、それがもとでいじめに発展してしまうことも・・・。
そんな状況を受けて、昨年度放送した いじめをノックアウトスペシャル の中で中高生から「LINEで険悪なムードになったときに、場の雰囲気を変えるスタンプがほしい!」という声があがりました。そこで いじめを考えるキャンペーン ではLINEのスタンプ案を募集。いじめをノックアウト MCの高橋みなみさんや教育の専門家もアイデアを出し合い、8つのスタンプが決定しました。どれもゆるい雰囲気で、見ているだけでほほえんでしまうイラストです。

今年3月から配布を開始したところ、なんと1か月でダウンロード数が500万を突破!中高生を中心に爆発的な広がりを見せています。
いじめをノックアウト の番組スタッフも、「スタンプの選考会で、中高生が言っていた『いじめという状況にこだわらず、ふだんから使えるものであればあるほど、いざというときに使えるスタンプになる』という言葉が心に残っています。そんなスタンプになってほしいです!」と話していました。
中高生はもちろん、大人にも使いやすいスタンプです。ぜひ使ってみてくださいね!

スタンプは2017年3月17日まで無料配信中です。友だちにプレゼントすることもできますので、どんどん使って広めてくださいね。(LINEアプリがインストールされたスマートフォンで、ご利用ください)

 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:40 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

2016年05月13日 (金)ch.18


150513ch18.jpg

ch.18(チャンネルじゅーはち) は、18歳の視点でいろいろな声を発信するサイトです。
この夏から、選挙権年齢が、20歳以上から18歳以上に引き下げられます。そこでNHKでは、18歳の目線でリアルな“社会”を見つめてみようと、今年このサイトをオープンしました。

ch.18編集部は、17歳~19歳の、今年度、新しく選挙権を得る世代の人たち。みなさん18歳!年齢は一緒でも、高校生、大学生、専門学校生、社会人と、立場はいろいろ。趣味も、スポーツ、ファッション、折り紙などなど、多岐に渡ります。ch.18では、そんな彼らが若者ならではの感性で、社会に起こっている気になる事象について鋭く切り込んでいきます。

これまで取り上げられたテーマは、18歳選挙権をはじめ、「被災地に支援するとしたら、何をする?」「SNSでの犯罪、どうしたら防げると思う?」「保育園新設の建設が中止になったけど、どうやったら解決できると思う?」など、実にさまざま。ちなみにアクセス数が多くて人気がある記事は、「世界選挙紀行」や「選挙トリビア」です。

編集部のメンバーは、それぞれのテーマについて真剣に議論していきます。その様子を見たら、あなたもきっと何か言いたくなるはず!そしたらTwitterやFacebookなどで、自分の意見を投稿してください。いま18歳の人や、もうすぐ18歳になる人だけでなく、気分はまだまだ18歳というみなさん、ぜひご参加ください♪

ch.18

投稿者:解説委員 | 投稿時間:13:10 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲