2015年07月30日 (木)「子ども安全リアルストーリー」取材会報告


150730an.jpg

子ども安全リアルストーリー は、小学生(4~6年生)の子どもたちに、さまざまな危険から自分の身を守る方法を教える番組です。〈悪い人=サングラスとヒゲ〉というようなデフォルメされた表現を少なくし、実際にあったケースを織り交ぜ、再現ドラマでリアルに伝えます。扱うテーマは「連れ去り」「熱中症」「自転車事故」。危険にあうとはどういうことなのか、何に気をつければ防止できるのかを解説します。

収録を終えて取材会場にやって来たのは、進行役の芦田愛菜ちゃんと、なんと本物のヤギ!愛菜ちゃんは、「白くてつやつやしていてかわいい!家に連れて帰りたい」と、満面の笑み。ヤギの声が「メー」と響き渡ると、取材会場もなごやかな雰囲気に包まれました。

愛菜ちゃんは現在小学5年生。番組で扱う3つのテーマ「連れ去り」「熱中症」「自転車事故」は、ふだんどれも気をつけているそうですが、特に熱中症の回が勉強になったとか。
「運動会の練習をしていたらしんどくなって、休んだことがあるんです。練習を休みたくなかったからがんばっちゃったんだと思います。気をつけようと思いました」。
そして同世代の子どもたちに、こんなアドバイスをしてくれました。「危険の種類と正しい対処法を知っておくこと。そして家族でたくさん話して、なんでも相談できる環境を作っておくことが大事だと思います!」。

愛菜ちゃんとヤギのヤギ太が進行役を務める、「子ども安全リアルストーリー」。夏休み、ご家族でぜひご覧ください!

 

子ども安全リアルストーリー

第1回「連れ去り」
〈Eテレ 8/4(火)午前 9:05~9:15〉
〈Eテレ 8/10(月)午後 3:30~3:40〉 (再)ほか

第2回「熱中症」
〈Eテレ 8/5(水)午前 9:05~9:15〉
〈Eテレ 8/11(火)午後 3:30~3:40〉 (再)ほか

第3回「自転車事故」
〈Eテレ 8/6(木)午前 9:05~9:15〉
〈Eテレ 8/12(水)午後 3:30~3:40〉 (再)ほか

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲