2014年11月01日 (土)「NHK文化祭2014たいけん広場」開催中!(11/1~3)


141101bun1.JPG

11/1(土)~3(月・祝)の3日間、東京・渋谷のNHK放送センターで、公開イベント NHK文化祭2014たいけん広場 を開催しています。1日目の様子を少しだけ報告します!

屋内会場を入ってすぐの所にある「ウェルカムステージ」では、シャキーン!やエデュカチオ!といった人気番組がショーを行っています。
大科学実験 のショーでは、会場のみなさんと一緒に、「振動」をテーマにした実験に挑戦していました(実験の内容は、回によって異なります)。
まず番組の「声でコップが割れる?」の回を見て、人の声でコップが割れることがあるという事実に、会場からは驚きの声が。でも本当に?
そこでみなさんに、空気の入った黄色い袋を配布。顔を近づけて大きな声を出してみると、本当に手のひらにビリビリと振動を感じます。さらに、風船を通して音楽の振動を感じたり、振動を利用したおもちゃ「声コプター」を作ったりしました。自分の作ったおもちゃに「わー!」と声を吹き込んで、肌で振動を感じる子どもたち。とてもうれしそうです。まさに「やってみなくちゃわからない!」です。

141101bun.JPG 141101bun3.JPG

スタジオ501では、銀河銭湯パンタくん のステージショーが行われています。
「銭湯バンド」の生演奏にあわせて、Eテレでおなじみの「オフロスキーのちゃっぽんぶし」をみんなで楽しく歌っていると、突然歌が嫌いなジゴバットが現れます。ジゴバットはみんなにビームを浴びせて音痴にしようとします。大ピンチ!会場のみんなは、パンタと一緒に合言葉「パンパンパンツー」を言います。手を3回打って、チョキの形にしてかかげると・・・人形劇ならではの、驚きの仕掛けが満載のショー。会場には元気な歌声や手拍子がいっぱい響き渡っていました。
ショーのあとで、会場の子どもたちが人形の操作にチャレンジ!宇宙人の人形を操作して、パンタくんのテーマ曲にあわせて動かします。みんな初めてなのに、息がぴったりで動かすことができていました!

141101bun4.JPG 141101bun5.JPG

今日は雨でしたが、会場にはこのほかにも、「はりきり体育ノ介のてつぼう教室」や「ノージーのひらめき工房ワークショップ」など、番組キャラクターとふれあったり、番組の活動を体験したりできる楽しい催しがいっぱいです(屋外ステージは、雨天の時は中止になる場合があります)。お近くの方はぜひ遊びに来てくださいね!

141101bun6.JPG 141101bun7.JPG

NHK文化祭2014たいけん広場ホームページ

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:15:30

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲