2014年03月05日 (水)全放連「生きる力を培う放送学習プロジェクト」成果報告会リポート


140305seika1.JPG

2014年2月22日(土)、東京・渋谷のNHK放送センターで、全放連(全国放送教育研究会連盟)「生きる力を培う放送学習プロジェクト」の、3年間の活動の成果報告会が行われました。全国各地から幼稚園や保育所・学校の先生が集まり、学校放送番組の活用について、番組制作者を交えて熱心に議論が交わされました。

「生きる力を培う放送学習プロジェクト」では、子どもたちの生きる力を育むうえでの学校放送番組の効果について、実践を重ねて検証してきました。この会ではその実践の内容を、A~Dの4グループに分かれて報告。それをもとに参加者と意見交換をしていきました。

★ Aグループ~子どもたちの共感的理解や自己肯定感を高めよう!~

Aグループでは いじめをノックアウトカラフル! といった番組を使った実践が報告されました。
いじめをノックアウト を見て初めていじめの授業をしたという先生は、視聴後一人ひとりに感想を書かせ、名前を消して全員の感想を1枚にまとめたものを配り、それにまた意見を書く「紙上討論」を行いました。するとふだんは発言をしない子が自分の思いを書くようになり、それをもとに話し合いを深めることができたそうです。
視聴後子どもたちにスケッチブックに自由なものを書いてもらうという先生は、そのスケッチブックを取り出し、番組を継続して見せることで子どもの心が耕され、クラスの雰囲気もよくなる実感があると話しました。 

140305seika2.JPG  140305seika3.JPG

★ Bグループ~子どもたちの論理的思考力・判断力・表現力を高めよう!~

Bグループでは 歴史にドキリ考えるカラス などの実践が報告されました。
歴史にドキリ の実践では、視聴後一人ひとりに番組の内容をまとめさせて、情報整理力や表現力を高めているということでした。初めは教師がまとめ方のモデルを示したけれど、回を重ねるごとに子どもたちは自分の力で的確にまとめられるようになり、他の教科でも役に立っているそうです。
考えるカラス の実践報告では、番組の実験が実演されるひとこまも。その意外な実験結果に驚きの声があがっていました。

140305seika4.JPG 140305seika5.JPG
  
 
★ Cグループ~子どもたちの問題解決能力・探究力を高めよう!~

Cグループでは げんばるマンふしぎがいっぱい などを使った実践が報告されました。
ある先生は、宿泊体験学習の事前の調べ学習の導入に げんばるマン を見せました。そして課題の切り口が見つからない子などに ミクロワールド理科番組 のクリップを見せて手助けをしたということです。
その後の議論では、課題の「習得・活用・探究」のしかたで盛り上がりました。ある先生からは「例えば竹を使った制作活動をしたら、そこで行き詰まってしまう。“活用”から“探究”へどう発展したらいいかわかりません」という悩みが相談されました。それに対して、おはなしのくにクラシック「竹取物語」 を見せるなど、違った視点を出すことで学習が楽しく広がるのではというアドバイスがありました。子どもの状況にあった番組を見せることで、次の学習に意欲的に取り組めるということが確認されました。

140305seika6.JPG 140305seika7.JPG

★ Dグループ~その他の力を高めよう!~

Dグループでは ノージーのひらめき工房 といった幼児向け番組や、10minボックス といった中高生向けの番組などの実践が報告され、校種や教科も違う実践の中から共通するものを見つけていきました。
議論の中では、実践に共通するものとして「子どもの実態に応じて番組を活用すること」と「番組の後の活動の時間を保障すること」の大切さが確認されました。さらに、今いろいろな教材がある中で、放送なら何ができるかを頭に置きながら実践すること。その実践をどう広めて共有するかを考えていきたいという意見が出されました。

140305seika8.JPG 140305seika9.JPG  

【会を終えて】

こうして、3時間半にわたる会は幕を閉じました。
参加した先生に感想をうかがうと「ほかの学校の先生と話す機会があまりないので、各地の先生や番組制作者と話すことができて楽しかったです!」。
福岡からやって来たという先生は「学校でパソコンを使いやすくなったので、ちょっとした時間にも放送番組を利用できるようになりました。きょうは、この場面だったらこう使えるというヒントをいっぱいもらえました。来てよかったです!」と笑顔で話してくださいました。
番組制作者も、「番組が子どもたちに親しまれている様子を聞いて、作ってよかったと励まされました。実際に利用している先生たちとお話しすることで番組の課題もわかり、とても勉強になりました!」とうれしそうに話していました。

※  「生きる力を培う放送学習プロジェクト」の詳しい活動内容は こちら をご覧ください。
全放連やNHKが主催する 放送教育全国大会 は、今年は11/21(金)に神奈川県川崎市で授業公開と分科会、11/22(土)に国立オリンピック記念青少年総合センターで団体別研究会と合同全体会を開催する予定です。   (NHKのサイトを離れます) 

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

生きる力を培う放送学習プロジェクト 成果報告会

NHK放送センターで開催された全国放送教育研究会連盟「生きる力を培う放送学習プロジェクト成果報告会」に参加した。この会は、番組制作者、研究者、実践者が集ま...続きを読む

受信日時 : 2014年03月06日 07:55 | 細見の一日

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲