花の名山 夕張岳



花の名山として知られる夕張岳は、石狩平野の東にそびえる標高1,668mの山です。6月下旬、雪解けが終わった山は、10種類の夕張岳固有の高山植物や、およそ170種類もの北海道を代表する高山植物が、色とりどりに咲き乱れます。高山植物の種類と固有植物の数は、はるかに広い大雪山にも匹敵するほどです。
夕張岳に固有の高山植物が多いのは、夕張岳が蛇紋岩という鉄分を多く含む岩石でできているためだといいます。特異な地質に適応した限られた植物しか生育できないため、世界でもこの山にしかない固有種を育んできたのです。
夕張岳固有の高山植物の営みを丹念に描き、色とりどりの花をつけて咲き乱れる高山植物をハイビジョンの美しい映像でご紹介します。