島根 宍道湖 


 


島根県の東部に位置する宍道湖。淡水と海水が入り交じる「汽水湖」として知られています。日本一の漁獲量を誇るヤマトシジミをはじめ、湖には淡水魚と海の魚がともに泳ぎ、多くの生命であふれています。
 冬、宍道湖には、ハクチョウやガン、カモなど、2万羽を越える鳥たちが北方からやってきます。汽水に棲む豊富な魚や貝を食べ物にしているのです。
 番組では、汽水という環境を巧みに利用しながら暮らす、宍道湖の冬の生き物たちの姿を描きます。

 

宍道湖は人の暮らしに近い湖です。 汽水湖の漁。
シジミを探します。
bandai07.jpg (9114 バイト)
ヤマトシジミ。
味噌汁の具でおなじみです。
海魚スズキもいます。
汽水湖ならではです。
bandai09.jpg (8107 バイト)
シジミを食べるキンクロハジロ。 珍しいアカツクシガモを発見。 bandai08.jpg (11178 バイト)

 

(語り)

館野 直光アナウンサー

(取材地・取材時期)

●取材地:宍道湖(島根県松江市・玉湯町・宍道町・斐川町・平田市にまたがっています)
取材時期:平成13年12月11日〜19日
●交通手段:
交通:松江まではJR(山陰本線)または飛行機(出雲空港からバスで50分)が便利です。
(登場する地形、生き物、植物) 鳥:キンクロハジロ・ホシハジロ・マガン・コハクチョウ・アカツクシガ     モ・コクガン
魚:スズキ・ギンブナ・マハゼ
貝:ヤマトシジミ
(より詳細な情報の入手先 ) 宍道湖グリーンパーク(平田市:0853−63−0787)には、
野鳥観察舎があり、宍道湖の鳥類に関する様々な情報が集 まっています。隣接した宍道湖自然館(平田市:0853−63−7100)は、
宍道湖の生物を中心としたミニ水族館で、汽水の生物に関する情報が得られます。どちらも、出雲空港から車で10分、松江から車で40分です。

●より一般的な島根県の自然については、
島根県景観自然課(0852−22−5347)へ問い合わせください。


locatitle.gif (3064 バイト)

 

私が勤めているNHK松江放送局の目の前に、宍道湖があります。朝は多くのシジミ船が行き交い、夕方になると、湖のむこうに沈む夕陽が刻一刻と色合いを変えます。宍道湖の魅力は、これだけ街の近くにありながら、今なお多くの自然に恵まれていることだと感じています。
 番組では渡り鳥を中心に紹介しましたが、魚介類にも恵まれています。 宍道湖七珍(スズキ、モロゲエビ、ウナギ、アマサギ、シラウオ、コイ、シジミ)は、この湖の代表的な味覚です。ぜひ島根県へ、バードウォッチングと魚料理を味わいにお越しください。  


bandai08.jpg (11178 バイト)