photos/t_title.jpg (4164 バイト)  

初夏 白山 




 

白山は北アルプス以西で唯一2500mを越える独立峰です。そのため山頂付近では周囲の山には少ない高山性の動植物が豊富に見られます。また地形に加えて、日本海の季節風がもたらす豪雪は生態系に多様性を与えています。その白山の初夏は雪が解けて山麓を潤す季節です。

番組では初夏を迎えた山中を訪れ、活動する大地と厳しい気候が作り出した風景とそこに棲息する多様な動植物の姿を通じて、白山の豊かな自然の特徴を浮き彫りにします。

 

夏が近づいても、雪が残る白山。残雪と複雑な地形が独特の自然を生み出しました。 山頂付近の岩場をすみかにしているイワヒバリ。

 

雪どけが始まるぐらいにいち早く花を開くのはこのハクザンコザクラです。 白山の山麓は実りも多く、カモシカなどの多くの動物達にとって暮らしやすい場所です。

 

(語り)

石井 庸子アナウンサー

(取材地・取材時期・交通手段)

白山(石川県白峰村別当出合より砂防新道を経て南竜ヶ馬場および室堂に登る登山道沿い。室堂から山頂までの登山道。白峰村市ノ瀬からチブリ尾根へ至る登山道。岐阜県白川村大白川周辺)
取材時期:平成12年7月11日〜19日
交通手段:一般の方が白山に登山する場合はJR金沢駅から北陸鉄道の白山・別当出合行きのバスに乗り終点下車。そこから4時間ほどで山頂に登ることができます。尚、白山は国立公園に指定されているため動植物の採集は禁止されているのはもちろんですが、登山道以外への立ち入りも禁止されている保存地区もあります。
(登場する生き物、植物) (鳥類)イワヒバリ 
(哺乳類)カモシカ
(高山植物)アオノツガザクラ・ガンコウラン・イワヒゲ・ハクサンコザクラ・クロユリ・コシジオウレン・イブキトラノオ・ハクサンフウロ・テガタチドリ
(木)ブナ
(滝)白水滝・不動滝・姥ヶ滝
(より詳細な情報の入手先 ) 石川県白山自然保護センター
 石川県石川郡吉野谷村木滑 電話07619−5−5321
* 白山の自然に関することであれば、各分野の専門家が相談にのってくれます。 

高山植物のガイドブックとしては
栂 典雅著「白山・花ガイド」(橋本確文堂発行)がお勧めです。




今年の白山は例年に無いほどの残雪。山頂に至る登山道には大きな雪渓が残り、重い機材を背負った撮影班のメンバーはアイゼンを着用することもありました。苦労して登った高山帯では下界とは全く異なる動植物を目にすることができ、別の世界に来てしまった様な気がしました。白山は山岳信仰の山としても有名で登山者のマナーも良く、登山道や山小屋周辺にはゴミ一つ落ちていないことも印象に残りました。この美しい白山の自然がいつまでも続くことを願わずにはいられません。