番組について次回の放送予定月間放送予定リスト過去の放送−放送日別過去の放送−地域別
    トップページ >これまでの放送 西伊豆の海

伊豆半島の西側、駿河湾に面した静岡県西伊豆町。駿河湾の深海と沖合を流れる黒潮の影響を受けたその海はたくさんの生きものたちを育んでいます。海底の岩場は色とりどりのソフトコーラルに覆われ、カエルアンコウなど個性的な魚たちが暮らしています。また、砂地の海底にも不思議な姿をしたウニの仲間などが隠れています。そして夏の夜、暗闇の海中に無数の光が輝きます。その正体とは…。個性豊かな生きものたちであふれる西伊豆の海を見つめます。

情報

語り 赤木 野々花(あかき ののか)NHKアナウンサー
取材時期 2017年6〜8月
取材地 静岡県西伊豆町 黄金崎(こがねざき)周辺の海
(詳しい撮影場所は、生息地保護のためお伝えできません)
→→黄金崎(こがねざき)
海底火山の噴出物である安山岩などが高温の温泉水や地熱により変質し、黄褐色の岩へ変わった。黄金崎の地名の由来となっている。
交通手段 ■車を利用
東名高速・沼津IC または新東名高速・長泉沼津ICを降り、伊豆縦貫道自動車道東駿河湾環状道路、国道136号線を“土肥、松崎方面”へ向かう。
東名高速・沼津ICからおよそ1時間30分(渋滞など道路状況で異なります)

■電車やバスを利用
JR東海道線三島駅から伊豆箱根鉄道で修善寺駅(およそ35分)。
修善寺駅から松崎行きの東海バス、黄金崎クリスタルパークで下車(所要およそ1時間20分)。
より詳細な情報の入手先 西伊豆町役場 まちづくり課観光係
  静岡県賀茂郡西伊豆町仁科401−1
  [平日昼間] 電話:0558-52-1966(直通)
登場する動物
  • タカベ
    タカベ科、全長20pほど。主に動物プランクトンを食べる。
  • イサキ
    イサキ科、全長40pほど。春から夏にかけて浅瀬の岩場で大群を作る。主に動物プランクトンや小型の魚類を食べる。
  • メジナ
    メジナ科、全長40pほど。雑食性で、動物プランクトンや小型の甲殻類に加えて、冬には海藻を食べる。
  • クマデフトヤギ
    サンゴの仲間ソフトコーラルのひとつで、ホソヤギ科。体の大きさ30〜60pほど。湾曲した体が熊手のように見えることが名前の由来。
  • トゲトゲトサカ
    サンゴの仲間ソフトコーラルのひとつで、チヂミトサカ科、体の大きさ50pほど。赤や黄色に見える部分はポリプが束になっている。ポリプの中には「骨片」と呼ばれるトゲのように細かくて硬いものが多数あり、触ると「トゲ」のようにチクチクすることから、この名前が付いたという。このポリプの部分で流れてくるプランクトンを捕らえる。
  • オオモンカエルアンコウ
    カエルアンコウ科、大きくなると全長30p近くになる。沿岸の水深45mまでの岩礁、サンゴ礁域に生息。頭の上にあるエビのような器官は背びれの一部が変化したもの。これで小魚などをおびき寄せて捕らえる。
  • ネジリンボウ
    ハゼ科、全長7pほど。砂地の海でニシキテッポウエビと共生する。エビの巣穴のそばで、見張り役をしている。(番組でネジリンボウから追い払われた魚はオニハゼ)
  • ニシキテッポウエビ
    テッポウエビ科、大きさ4pほど。砂地の海底に巣穴を作り、ハゼと共生する。
  • スカシカシパン
    カシパン科、殻の直径が15pほどのウニの仲間。体全体は短いトゲに覆われている。腹側には管足があり、これとトゲを使って砂の中に潜り込み、移動することができる。移動しながら、砂の中の有機物などを腹側の中央にある口へ運び食べる。
  • ヒラタブンブク
    ヒラタブンブク科、殻の直径が5pほどのウニの仲間。体全体が長短さまざまなトゲで覆われている。
  • カワハギ
    カワハギ科、全長15pほど。砂地の海底で、砂に隠れている獲物を探し出して食べる。夏、繁殖期を迎えたオスとメスはお腹を合わせて、砂の中に産卵、放精する。メスは砂に生み出された数万個の卵をヒレを使ってかき混ぜる。卵は直径0.6mmほどで、粘着性があり、砂に絡んで守られる。
  • ヤマドリ
    ネズッポ科、全長8pほど。オスは大きな扇状の背びれを持ち、求愛時に盛んに広げる。夕暮れに求愛が活発になり、オスとメスが上に向かって泳ぎ、放精放卵する。
  • ヒメヒイラギ
    ヒイラギ科、全長10pほど。夏の夜、入り江の浅瀬で体の一部を発光させる。光るのは体の側面の中央部で、体の内部に発光細菌を共生させている。体の中央部分の筋肉組織や表皮は半透明になっている。オスの方がより強く光り、オスとメスは光ながらコミュニケーションをとっていると考えられている。
>>   よくあるご質問    >>   おすすめのホームページ    >>   ご意見・ご感想       

copyright NHK
さわやか自然百景トップページへ