番組について次回の放送予定月間放送予定リスト過去の放送−放送日別過去の放送−地域別
    トップページ >これまでの放送 埼玉 奥武蔵 高麗川

埼玉県の西部、奥武蔵を流れる高麗川(こまがわ)は、東京にほど近い場所にありながら、緑豊かな河岸林が連なり、清流と里山の美しい景観が保たれています。特徴は、蛇行とそれに伴うふちの多さ。変化に富んだ川の流れには、オイカワ、カワムツ、カジカなど多くの魚が見られます。そして豪快に水にダイビングして魚を捕えるのは、宝石のような輝きを放つカワセミです。さらに高麗川には随所にたくさんの「ワンド」がつくられます。大雨のあとに本流からすこし外れた所に残される水たまりです。「ワンド」には逃げ遅れた魚たちが行き場を失い、取り残されます。それを狙って現れるタヌキ。川の流れがもたらすひと時の狩場になります。多彩な生きものが躍動する高麗川の秋から冬を描きます。

番組内容

奥武蔵を流れる高麗川

埼玉県の西部、奥武蔵を流れる高麗川です。東京から30キロほどの近さにありながら、川を包み込むように茂る河岸林や河原など美しい景観が保たれています。

生きものが集まるふち

高麗川の特徴は、曲がりくねった蛇行が多いこと。蛇行すると、ふちができます。ふちは深みをつくり緩やかな流れになり、多くの魚たちの拠り所になっています。

ふちの中で泳ぐオイカワ

ふちの中にはオイカワ、ウグイ、アブラハヤ、カワムツなどたくさんの魚たちが暮らしています。

獲物を捕らえるカワセミ

ふちの魚を狙ってカワセミが頻繁に現れます。カワセミはふちを見下ろせる枝にとまり、魚を見つけると水中にダイビングして魚を捕らえます。

増水がつくりだす水たまり ワンド

大雨が降ると川は増水し、河原の様子も大きく変わります。河原のえぐれた場所には水たまりができます。これをワンドといいます。ワンドのなりたち、形状は、様々です。

ワンドの中の魚を狙うタヌキ

ワンドには魚が多く取り残されます。その魚を狙ってタヌキが現れました。深い水の中に入ることが苦手なタヌキにとって水深の浅いワンドは格好の狩場です。増水がタヌキにもたらしてくれたひと時のごちそうです。

水中を泳ぎ、魚を追うカイツブリ

カイツブリは魚を狙うハンターです。水中に潜るのが得意です。魚の群れを川岸の浅瀬に上手に追い込み、捕まえます。

情報

語り 中村慶子(なかむらけいこ)アナウンサー
取材時期 2015年10月〜2016年1月
取材地 埼玉県坂戸市から日高市までの高麗川
交通手段 西武池袋線高麗駅 (高麗川へは高麗駅から徒歩で15分ほど)
より詳細な情報の入手先 ●埼玉県日高市市役所産業振興課
〒350-1292 埼玉県日高市大字南平沢1020
TEL:042-989-2111
●埼玉県坂戸市商工労政課
〒350-0292 埼玉県坂戸市千代田1-1-1
TEL: 049-283-1331
登場する動物
  • カワセミ
    体長は17pほど。水辺に生息し、枝や石や岩の上などにとまり、主に小魚やエビなどを捕食する。また、ときには水生昆虫なども捕食する。光沢のある羽毛を持つ美しい鳥。
  • カイツブリ
    体長26pほど。一年中みられる留鳥。おもに川や湖沼、池などにすみ、水中に潜って魚を捕らえる。高麗川では少数が生息する。
  • ホンドタヌキ
    体長50〜60pほどの動物。おもに夜行性で、森や林などで暮らす。高麗川では河岸林が多くあり、タヌキはそこから河原に出てきて食べものを探す。魚をはじめ何でも食べる雑食性。
  • オイカワ
    コイ科に分類される淡水魚。体長は成魚で13〜15cmくらい。高麗川ではよくみられる魚のひとつ。
  • シマドジョウ
    ドジョウ科の魚。身体の横に黒斑がいくつも並んでいるのが特徴。砂地や砂利の中などを好む。冬は落ち葉や泥の中に身を潜ませる。
  • カワムツ
    コイ科に分類される淡水魚。体長は成魚で10〜15pくらい。高麗川では比較的緩やかな流れの場所に生息している。冬は深いふちの中の落ち葉の中などに身を隠す。

取材日記



高麗川は、人々の暮らしの近くにありながら、昔から清流の呼び名がぴったりの川でした。今もその流れや景色は変わらず、素晴らしい自然環境が残されています。高麗川を代表する鳥といえばヒスイ色に輝くカワセミでしょう。あのコバルトブルーの羽の美しい輝きは、一度見たらとりこになってしまいます。今回の取材でカワセミをじっくりと観察しましたが、あらゆる光の条件の中でもカワセミは美しく、まさに野鳥の中の「宝石」と呼ぶにふさわしい魅力あふれる鳥でした。そのカワセミにとっても、魚を取ることは決して楽なことではありません。今回、単に色彩の美しさだけではなくカワセミの違った一面、魅力を描いてみたいと思っていましたが、まさかカイツブリの狩りを上手に自分の狩りに利用しているとは驚きでした。カワセミもカイツブリも獲物は魚です。高麗川の豊かな自然が保たれ、守られているからこそ、彼らの暮らしも、しいては私たちの暮らしも成り立ちます。高麗川が清流の名にふさわしく、いつまでも清らかな流れを保ち続けていることを願ってやみません。
>>   よくあるご質問    >>   おすすめのホームページ    >>   ご意見・ご感想       

copyright NHK
さわやか自然百景トップページへ