番組について次回の放送予定月間放送予定リスト過去の放送−放送日別過去の放送−地域別
    トップページ  これまでの放送 北アルプス 鹿島槍ヶ岳

北アルプスの名峰・鹿島槍ヶ岳(標高2889m)は双子のような尖った二つの頂上を持ちます。山頂へ続く標高2500mのりょう線は強風が吹きつけ、乾燥にさらされる極限の地。ここに群落を作るハイマツが防風林となり小さな高山植物が群生し小さな花畑を作ります。ライチョウの親子は、天敵に襲われないように木陰で身を潜めます。ハイマツの種子は高山では貴重な栄養価の高い食べ物。サルの群れやホシガラスが食べに来ます。りょう線には、他にも生き物が集う場所があります。真夏でも残る小さな池です。貴重な水場には、高山のトンボが産卵に訪れます。夏の鹿島槍ヶ岳を舞台に、厳しい高山の自然を上手に利用して生きる、たくましい生き物たちの姿を見つめます。

番組内容

後立山連峰の主峰・鹿島槍ヶ岳

富山県と長野県にまたがってそびえる鹿島槍ヶ岳。(標高2889m)双子のような2つの頂を持ち、雲の上のりょう線には厳しい自然が広がります。

りょう線に生きる小さな命

標高2500m付近、風がふきすさぶりょう線の近くで見つけたモンキチョウ。平地から高山の草地で見られるチョウです。

ハイマツ帯のニホンザル

夏の終わり頃、熟したハイマツの実を求めてサルの群れが山のりょう線に上がってきます。

りょう線を飛び回るホシガラス

2年かけて熟すハイマツの実は栄養たっぷり。山に生きる多くの命を支えています。

りょう線の池

りょう線上に残る数少ない水場には、クロサンショウウオの姿もあります。

高山の風景

りょう線からは壮大な自然を望むことができます。朝日の中、滝雲が流れていきます。

秋の足音

9月になると夏から秋へと山の装いは変わっていきます。りょう線で一足早く色付くのは、ウラシマツツジです。

情報

語り 森山春香(もりやまはるか)アナウンサー
取材時期 2012年8月下旬〜9月上旬
取材地 北アルプス 鹿島槍ヶ岳
交通手段 (鹿島槍ヶ岳)
【列車】JR中央本線特急・あずさ「松本駅」下車→JR大糸線「信濃大町」路線バスかタクシーで扇沢へ
扇沢より登山開始、徒歩約4時間で種池山荘、さらに2時間で冷池山荘(登山道あり)
より詳細な情報の入手先 長野県・大町市観光協会 TEL 0261-22-0190
登場する動物
  • モンキチョウ
    平地から高山に広く分布するチョウ。開けた草地で見られる。
  • クモマベニヒカゲ
    標高2000m近くでよく見られる蝶。本州では高山蝶の一種とされている。
  • エゾコゼアカアメンボ
    高山に棲息するアメンボ。水面に落ちてきた虫を生きている。
  • ルリボシヤンマの仲間
    高山のトンボ。山地の湿地や標高が高い場所にある小さな池沼などに生息する。
  • クロサンショウウオ
    流れのない水溜りを好み、山岳地帯にある地塘や池などに産卵する。
  • ニホンザル
    高山のハイマツの実が熟してくると、群れで山を上がってきます。50匹ほどの群れ。
  • ライチョウ
    特別天然記念物。体長35cmほど。冬になると白い毛に変わる。
  • ホシガラス
    全長35cmほど。木の実、ハイマツやブナの種子、昆虫などを食べる。
  • ウソ
    体長15cmほど。木の実の他、昆虫を食べることもある。秋には里に下りて来る。
登場する植物
  • ハクサンフウロ
    夏の北アルプスを代表する花。高山草原によく見られる。
  • クルマユリ
    高さ1m近くになる高山植物。和名は茎に輪生する葉を車に見立てたもの。
  • ヤマハハコ
    白い花びらのように見えるのは葉が変形した総苞片(そうほうへん)。花は中の黄色い部分。
  • ハイマツ
    常緑低木。和名ははうように生長する姿から付けられた。森林限界の上に群落を作る。
  • イワハゼ
    高さ10cmほど。アカモノという別名は、赤い実をつけることから「赤桃」が変化したもの。にちなんでつけられた。
  • ウラシマツツジ
    高山で最も早く紅葉します。高山の砂れき地によく咲きます。

取材日記




今回の舞台は北アルプスのりょう線の上。立山、剱岳といった名だたる名峰を望みながらの撮影でした。山の上を覆うハイマツの群落は不思議で興味の尽きない世界です。たくさんの生き物がその下でひっそりと息づいているかと思うと、思わずその中にもぐりこんでみたくなります。子供の頃、森の中にこっそり作った基地に遊びにいくような感じでしょうか。ニホンザルの群れがハイマツ帯を移動しながら実を食べている姿も見ていてあきませんでした。口のまわりを真っ黒にしながら実においしそうに食べているのです。思わず落ちていた実をかじってしまいました。とても香りの高い、おいしい松の実でした!いたずら好きのサルは、時々登山道に石をおとしたりします。線の道でサルに出会ったら上の方にいるサルの行動を注意しながら歩いてください。
>>   よくあるご質問    >>   おすすめのホームページ    >>   ご意見・ご感想       

copyright NHK
さわやか自然百景トップページへ