番組について次回の放送予定月間放送予定リスト過去の放送−放送日別過去の放送−地域別
    トップページ  これまでの放送  釧路湿原

北海道東部、日本最大の釧路湿原。水と緑で溢れる野生動物の楽園です。夏、湿原は毎日のように濃い霧に包まれます。冷気を帯びた霧は、太陽の光を遮ります。この霧がもたらす冷涼な気候が、ヨシやスゲの湿原を保ち、キタサンショウウオなどの氷河期の生き残りと呼ばれる生き物を育みます。特別天然記念物のタンチョウは、霧が支える湿原で子育てに励みます。霧の絶景と生き物の営みを通して、湿原と霧の密接な関係を描きます。

番組内容

水の大地 釧路湿原

釧路湿原は広大な盆地に広がる日本最大の湿原です。蛇行した川がいくつも流れます。

湿原は生き物たちの楽園

水と緑にあふれる湿原は、多くの生きものたちでにぎわいます。

湿原が支えるタンチョウの子育て

湿原でタンチョウの親子を見つけました。食べ物が豊富な湿原が子育てに欠かせません。

湿原を潤す霧の到来

夏、毎日のように発生する霧が、湿原を包み込みました。

霧が育む氷河期の生き残り

キタサンショウウオです。霧がもたらす冷涼な気候が、独特な生き物たちを育みます。

秋の訪れ

9月下旬。タンチョウのヒナは立派に成長しました。

情報

語り 村上 里和(むらかみ さとわ)アナウンサー
取材時期 2011年 6月下旬〜7月上旬、9月下旬
取材地 釧路湿原
※具体的な取材場所は、保護のためお伝えできません。
交通手段 釧路湿原展望台まで釧路駅からバスで40分。たんちょう釧路空港から車で25分。
温根内ビジターセンターまで釧路駅からバスで45分。たんちょう釧路空港から車で30分。
より詳細な情報の入手先 ・温根内ビジターセンター TEL 0154-65-2323
・塘路湖エコミュージアムセンター「あるこっと」 TEL 0154-87-3033
登場する動物
  • タンチョウ
    背丈1.5mになる日本最大のツル。国の特別天然記念物。湿原で子育てをする。
  • エゾシカ
    北海道の湿原や森に生息する、日本最大のシカ。
  • エゾカオジロトンボ
    体長4cmほど。釧路湿原で発見された湿原を代表するトンボ。
  • キタサンショウウオ
    体長10cmほど。日本では釧路湿原と北方領土だけに分布する。氷河期の生き残り。
登場する植物
  • ヨシ
    背丈2mを超えるイネ科の植物。釧路湿原の至る所に群落を作る。
  • クシロハナシノブ
    釧路湿原と霧多布湿原などに分布。6月から7月に薄紫色の花を咲かせる。
  • ハナタネツケバナ
    サハリン以北に分布の中心をもつアブラナ科の白い花。

取材日記




今回の撮影地、釧路湿原は、言わずと知れた日本最大の湿原です。その広いこと広いこと、なんと山手線の内側がスッポリと入っても余りあるほどです。その広さゆえ、撮影するのは大変でした。撮影ポイントから次のポイントまで、車で優に1時間以上。そのため湿原に霧が来ても、撮影場所の展望台まで遠すぎて、霧の到来に間に合わず…。タンチョウを探しても、広大な湿原をひたすら動き回るツルには、そう簡単には出会えません…。まさに湿原の広さに圧倒され続けたロケでした。でも時には、広大な湿原だからこそのダイナミックな霧の絶景や、豊かな湿原が育むタンチョウ親子の微笑ましい姿を見せてくれます。広いからこそ残る手つかずの大自然。私たち日本人の宝物です。
>>   よくあるご質問    >>   おすすめのホームページ    >>   ご意見・ご感想       

copyright NHK
さわやか自然百景トップページへ