番組について次回の放送予定月間放送予定リスト過去の放送−放送日別過去の放送−地域別
    トップページ  これまでの放送 鹿児島 大隅半島

九州の南、大隅半島には日本有数の照葉樹林が広がります。森に林立するタブノキやスダジイの巨木には、黒潮の影響を受け、亜熱帯性のシダ植物オオタニワタリやランの仲間などが着生して、独特の景観を作り出しています。約2万年前まで南西諸島とつながっていた半島には、南西諸島と共通する昆虫が数多く生息しています。森の多様な木々は、1年を通して実をつけます。この森の恵みを糧に、貴重なクマタカをはじめ、イノシシやサルなどの野生動物が暮らしています。夏、大隅半島の照葉樹林で命輝く生きものたちの営みを見つめます。

番組内容

森の主 イスノキの巨樹

樹齢600年、幹回り3メートル以上のイスノキの巨樹。大隅半島の森の豊かさの象徴です。

希少種ナゴラン

照葉樹の幹の高所に着生する希少種ナゴラン。森の中に甘い香りを漂わせます。

タブノキに着生するシダ植物

大隅半島の照葉樹林では、亜熱帯性のシダ植物がタブノキに着生する独特の風景が広がります。

ガジュマルの実をほおばるニホンザル

ニホンザルは、ガジュマルの実や濃い緑に染まった葉を好みます。

森の番人 アオバズク

青葉の頃、繁殖のためやってくることが名前の由来。夜行性で、森の大型昆虫を獲物にします。

珍しいヒラズゲンセイ

ヒラズゲンセイは、近畿地方より南に見られる昆虫。オスがなわばりをめぐり激しい闘いを繰り広げていました。

夏の使者 アマサギ

夏、繁殖のため、フィリピンなどから渡ってきます。冬の間、真っ白だった毛は、オレンジ色に装いを変えます。

情報

語り 森山春香(もりやまはるか)アナウンサー
取材時期 2011年6月末〜7月上旬。
取材地 鹿児島県 佐多岬周辺・稲尾岳・高隈山・甫与志岳周辺・肝属川周辺
※動植物の保護のため、具体的な取材場所はお知らせできません。
交通手段 鹿児島空港-鹿児島中央駅-桜島-車110分-佐多岬
車・・・垂水港より国道269号線で90分
    根占港より国道269号・県道68号線で40分
登場する植物
  • スダジイ
    照葉樹林を代表する常緑広葉樹。「陰樹」と呼ばれ、暗い森の中でも育つことができる。
  • イスノキ
    常緑広葉樹で照葉樹林を代表する巨木になる。
  • タブノキ
    潮風に強く、海岸近くで自生することができる。
  • オオタニワタリ
    日本南部から台湾など樹木や岩などに着生する亜熱帯性のシダ植物。
  • ナゴラン
    木の枝や幹、岩の表面などに付着する亜熱帯性のランの仲間。絶滅危惧種。
  • ヒロハノカラン
    白く小さな花を咲かせる。ヒマラヤから中国、ベトナムに自生するエビネの一種。絶滅危惧種。
  • ナツツバキ
    朝、開花して、夜花を落とす一日花。
登場する昆虫
  • ヒメハルゼミ
    南方系のヒメハルゼミ属。西日本各地の照葉樹林に生息する。
  • ルリナカボソタマムシ
    奄美大島から九州南部に生息。ホウロクイチゴを食樹とする。
  • ヒラズゲンセイ
    クマバチの巣に寄生して育つ。全国的に発見例が少なく、詳しい生態はわかっていない。
  • ウスキシロチョウ
    亜熱帯に広く分布。日本では主に沖縄より南に生息する。風に乗って飛来することもある。
  • タテハモドキ
    九州南部から南西諸島に分布。目玉模様のタテハチョウの仲間。
  • アオスジアゲハ
    照葉樹林を食樹とする。集団で吸水する。
登場する動物
  • ニホンザル
    木の実などを好むが、雑食性で昆虫なども食べる。群れで暮らし、食べ物を探して移動する。
  • ニホンイノシシ
    熟して落ちたドングリやクリなどの実や木の根を食べる。警戒心が強い。
  • アオバズク
    5月過ぎ、東南アジアなどから渡ってくる。夜行性ですが明け方や夕方にも昆虫などを捕食する。
  • ミサゴ
    海岸、河川、湖などで魚を捕る。海岸の岩の上や、海岸の高木に巣をつくることが多い。
  • クマタカ
    獲物となる鳥類、哺乳類、両生類などが多い森に生息する大型のタカ。

取材日記




東京都とほぼ同じ面積の大隅半島。佐多岬の先端から、半島の付け根までを行ったり来たり、海越え山越えの取材でした。しかし、そこには生き物や、風景とのすばらしい出会いが待っていました。うっそうとした照葉樹の森の中を、やぶこぎしながら進んでいくと、そこには、照葉樹の巨木に亜熱帯性シダ植物やランが生い茂る、独特な風景が広がっていました。森では、今まで見たこともない多くの昆虫が次から次へと飛び出してきて、昆虫相の厚さには驚かされました。いつまでも、このままの自然であって欲しいと願います。一人では、右も左も分からないほど、大隅半島には深い森が広がっていました。取材にご協力いただいた方々に心より感謝いたします。
>>   よくあるご質問    >>   おすすめのホームページ    >>   ご意見・ご感想       

copyright NHK
さわやか自然百景トップページへ