定置網は魚たちのゆりかご (2019年 2月25日(月)放送  富山県 氷見市)

寒ブリで知られる氷見の浜。そのブリは400年の歴史を持つ伝統の「越中式定置網」で捕ってきた。毎年冬、街には脂ののったブリ料理が並び、海には空から見ると網の幾何学模様が絶景を作り出す。この漁法は網の口を開けたままなので魚は出入り自由。入り口付近は網目を大きくし、成長途中の魚が逃げられる工夫なども施されて、入った魚の2〜3割程しか捕獲できない。海の恵みを絶やさない漁法は世界からも注目されている。

「里山 色とカタチ」取材で見つけた、里山の古くて新しいデザインやグッズを紹介しています。