ニホンミツバチが集まる鎮守の森 (2017年 12月4日(月)放送  長崎県 対馬)

家々の庭先や畑に置かれている不思議な形の木の箱。人々が木で作った蜂洞(ハチドウ)と呼ばれる蜂の住まいだ。長崎県の対馬では昔から野生のニホンミツバチに繁殖の場を提供し、代わりに蜂蜜を分けてもらってきた。対馬は神々が宿る島として知られ鎮守の森が多い。初夏、森にはスダジイなどの照葉樹の花が咲き、蜂は蜜を集めに森に向かう。森の恵みを蜂と人が分け合って暮らしている。

「里山 色とカタチ」取材で見つけた、里山の古くて新しいデザインやグッズを紹介しています。