トンボの楽園 都会のため池 (2017年 10月30日(月)放送  神奈川県 横浜市)

大都会、横浜市の住宅密集地にある小学校の校庭に水草の茂る小さなため池がある。かつて里山だった地域の原風景を子供達に伝えようと学校の先生や親が作ったものだ。今、学校の校庭にこうしたため池や棚田を作り都会に里山を作る取り組みが行われているが、このため池もその一つ。「トンボ池」とも呼ばれるこの池には10種を越えるトンボが飛び交い、カワセミもやってくる。そして夜とうとう里山を象徴する鳥、フクロウもやってきた。

「里山 色とカタチ」取材で見つけた、里山の古くて新しいデザインやグッズを紹介しています。