サシバが子育てする田んぼ (2017年 10月9日(月)放送  栃木県 市貝町)

里山のタカ・サシバが日本で最も繁殖にあつまる市貝町。谷戸田という独特の環境に餌のカエルやヘビ等が豊富だからだ。しかし、耕作放棄される田が増えたため、農家を市民が手伝い、稲作を復活させる取り組みが行われている。また、古くから行われてきた小麦の裏作もカエルを増やすのに役立つ。小麦栽培が続く様にサシバの名をつけたうどんも売り出し、サシバのゆりかごを守る活動が続いている。

「里山 色とカタチ」取材で見つけた、里山の古くて新しいデザインやグッズを紹介しています。