コイと湧き水が育てる田んぼ (2017年 10月2日(月)放送  熊本県 産山村)

田植えが終わった田んぼで泳ぎ回るのはなんとコイ。熊本県産山村の農家が農薬に頼らずお酒の原料になる酒米を育てようと始めた取り組みだ。コイは田んぼの害虫や雑草の種を食べる上、土を巻き上げて泳ぐため草が根付くのも防ぐ。田の水を抜く7月中旬、コイは地元の子供たちの手で捕獲され近くの池に避難させる。山から湧き水が流れ込む田んぼは清らかな水を好む生き物の大切な住みか。夏にはホタルが乱舞する。

「里山 色とカタチ」取材で見つけた、里山の古くて新しいデザインやグッズを紹介しています。