命にぎわうセリの田んぼ (2017年 3月20日(月)放送  宮城県 名取市)

宮城から全国に広まったセリ鍋。あふれるほどのセリだけでなく根まで鍋に入れる。名取市はそのセリの産地。農家は伏流水を利用し冬の間、セリを育てている。水温14度ほどと温かいセリ田は冬でもゲンゴロウなど水生昆虫が動き回り、カエルも活動しながら冬越しする。その生きものを狙って野鳥も集まる。田んぼの底ではイトミミズも活発に泥を食べて分解し、トロトロのいい土を作り、その土が香りや歯ごたえのいい根を育てている。

「里山 色とカタチ」取材で見つけた、里山の古くて新しいデザインやグッズを紹介しています。