アカガエルを育む棚田 (2017年 3月7日(火)放送  静岡県 菊川市)

菊川市にある茶畑に囲まれた美しい棚田に生息するニホンアカガエル。このカエルの産卵期は冬だが、近年、水が抜かれている田んぼが増え、絶滅が危ぶまれている。しかしこの棚田の水源は湧水。冬でも水があり卵を産める。カエルが春から秋の間を過ごす草はらも、茶畑にある。茶栽培に枯れ草を利用する農家が大切にしている草むら・茶草場だ。貴重なカエルの存在を知った地元の人々が棚田の米作りを守る活動も行っている。

「里山 色とカタチ」取材で見つけた、里山の古くて新しいデザインやグッズを紹介しています。