サンゴと育む海の畑 (2017年 3月6日(月)放送  沖縄県 恩納村)

美しいサンゴ礁の海が広がる沖縄を代表するリゾート地・恩納村。この海で行われてきたのがモズクの栽培だ。しかし最近、海水温の上昇などでサンゴが死滅する白化現象が進み、水が濁りモズクの栽培にも影響がでている。そこで地元の漁師たちが始めたのがサンゴの養殖だ。水槽で育てたサンゴを花の苗のように海に植え、サンゴの再生を図るのだ。漁師たちが育てるサンゴの海には多くの魚が集まり、おいしいモズクもとれる。

「里山 色とカタチ」取材で見つけた、里山の古くて新しいデザインやグッズを紹介しています。